フィギュア

2018年6月11日 (月)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(7)

ワンフェス2018冬で購入したCARREYさんのメモル、やっと完成です。
オープニングの♪まるでタンポポの綿毛♪をイメージしたベースは、10年越しで実現できました。Cimg6996※本日の写真は全てクリックで拡大します。

一応前回の状態から、地味すぎる体の塗り直しもしたのですが、ほとんど分かりませんね。色味が暗いのを明るくすれば良いかと、一度明るい黄色で全体をオーバーコートしてみました。少し明るい雰囲気にはなったものの、今度は塗り分けているはずの衿・袖・裾が体とほぼ同じ色になっちゃって、これまた失敗。仕方ないので塗り分け部分に白を細吹きして元に戻しました。
白に赤で影吹きしていた元の状態に戻ったというより、赤茶色が透けて見える白になったので、手間の分だけ元よりはマシになった...と思いたい。まったく納得いっていませんが、キリがないのでこの辺で終わりにしました。Cimg7000「自由な色でOK」と思うと、色を決めるセンスのなさが痛いほど実感できて辛いです。
アニメ設定と違う色で塗っている方や、オリジナルフィギュアを原型師さんの作例とまったく違う色で塗る方って、本当にスゴイと思います。

ベースは、春先のタンポポ開花シーズンに用意しておいた綿毛のドライフラワーです。せっかくたくさんできたので、周囲にも配置しました。綿毛同士がくっつかないようにするためには結構な面積が必要になるので、無駄に広くなる円形のベースは諦めて、たまたま家にあった長方形のベースで済ませることにしちゃいました。Cimg7008ベースはオイルステインの赤みがかったマホガニーで着色・ツヤ出ししています。

綿毛の軸は2mmのプラ棒ですが、載っている綿毛が軽いので問題なし。
厳しいのはメモルの重量が掛かる1本です。メモルの重量を支えるため、この1本だけは3mmのアルミパイプにしました。が、アルミパイプとメモルの間の3~4cmほどは、実質的に1mmの針金1本なんですよ。綿毛なんて支えの足しにならないですから。\(^o^)/Cimg7005しかも、髪の毛のボリュームで重心が後ろに寄っているので、この針金がしなってます。ギリギリで支えてるので、ヒヤヒヤものです。Cimg7001まぁドキドキしながらも、飾ってみると狙いどおりカワイイ。色は微妙になってしまいましたが、メモルの造形の良さに救われています。
そして、完成してみるとワタポコのフィギュアも欲しくなりました。Cimg7004

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(6)

さて色塗りですが、造型がアニメの服と異なるので、どんな色にしようか悩むところ。Cimg6939放送当時に購入した絵本を見ると、色は割とフリーダムだったりします。金髪で青い服のメモルや、深緑っぽい服でリュックマンのような雰囲気のメモルとか。Cimg694041さすがにここまで思い切った色にするセンスもないので、ちょっとだけアレンジしてみました。

まず髪です。アニメでは紫ですが、今回は紺色にしてみましょう。ミスターカラーのコバルトブルーに1滴だけ「色の素」のマゼンタを入れた色で陰を吹き、水性アクリルの水色に1滴だけタミヤカラーのパープルを入れて明るい部分を吹きました。紫っぽい紺色になる予定でしたが、入れた紫はまったく効果なし。(><)Cimg6926服は苦労しています。アニメでは黄色い服に白いパンツですが、こちらはリュックマン風の茶系にしてみました。オレンジと黄色と茶を1:1:1で混ぜて吹いた後、シワの陰だけファレフォの茶色を筆塗り。衿や袖はモンザレッドで陰吹き。そして、レッドブラウンをクリアで1:4くらいに薄めたもので全体をコートしました。リュックマンっぽい気もしますが、なんか目指していたのと違う。orz 試行錯誤した割りに、何がしたかったのか分からない色になってます。

顔の面相と頬紅は“ふらっと”へ依頼。
アニメのメモルは白目がないのと、横を向いたポーズで目線の方向をどちらに振るかでだいぶ悩んだようですが、可愛く塗ってもらいました。Cimg6935一応組み立てましたが、服の部分が如何せん地味。黄色かオレンジでさらにオーバーコートして、もう少し明るくできないかやってみて、ダメならドボンして塗り直しかな。
完成までもう一息がんばりましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

【応天の門】菅原道真製作記(2)

「頑張って5月中に原型に目処をつけよう!┗(^o^)┛」・・・と思っていましたが、案の定進んでません。“高木さん”の原型もあるので、気を抜かずにやるつもりだったんですけどねぇ~。(^^; “やる・やらない”にむらっけがあるのは、どうにもなりません。orz Michizane_2とりあえず、今のところ顔と身体に目処が立ってきました。
頭は1パーツにするつもりでしたが、マスキングの手間を無くすために分割しました。すっかりヘー○ルハウスです。(笑)
身体は袖・袴をかなり盛りました。シワとかヒダとか入れて、ボリューム満点です。(笑) またまたキャストの固まりみたいな原型になりました。(笑)

小物も数多くあるので、6月は本気出します。\(^o^)/

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(5)

ベースを木製のボールから綿毛のドライフラワーに変更したので、埋め込んだネオジム磁石を除去することにしました。そのまま残しても良いかと思ったのですが、下から覗くと綿毛を透かして見えちゃうんですよね。

結構しっかり埋まっていたので、磁石の横にピンバイスで穴を開けて精密ドライバーでこじって外し、レジンの端材で穴を埋めました。
Cimg6446パッと見では分からなくなりました。ホワイトで下地を塗ればOKでしょう。

さて、実は今回、すべてを筆塗りで仕上げてみようとチャレンジしてみたのですよ。「リトルウィッチアカデミア」のダイアナで細かいところをファレフォで筆塗りしたら、心配したほどムラにならないし、マスキングの手間も不要で楽だだったので。
しかし、やはり広い面積になると難しかったです。顔と髪を塗りかけたところで断念しました。塗料の濃度の加減が分からず、格子状に刷毛跡が残ってどうにもならなくなっちゃって。そうなるとグラデーションも上手くできると思えなくなったので、丸1日を潰したところで諦めました。
あまりに酷くて「どんなに酷いか」の写真を撮るのも忘れて、ペイントリムーバーでさっさと剥がしてしまいました。

辛うじてタンポポの茎だけは筆塗りです。
Cimg6870ネットで見ていると皆さん筆塗りとは思えない綺麗なグラデーション塗装をされていますが、自分でやってみようとすると難しいものです。もう少し普段から練習しないとダメですね。

ベースは決まったし筆塗りは諦めたしで、次回からは手慣れたエアブラシ塗装に入ります。色合いをどうするか、考えている間が楽しいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(4)

「タンポポの綿毛」をどうするかという前回の課題。
手っ取り早く造花とか売ってないかと検索したものの、やはり綿毛は難しいようでヒットせず。
代わりにドライフラワーの作り方が見つかりました。方法は2通り。
①綿毛が開く前に芯の部分にボンドを充填しておくと、種が固定されて「飛ばない」綿毛ができる。(こちらを参照)
②開いた綿毛にハード系のヘアスプレーを吹きかけて固める。(こちらを参照)

もう、「綿毛っぽいものがないなら本物の綿毛を使えばいいじゃない」ってことでしょうか。
とりあえず①の方法にチャレンジです。
まずは綿毛が開く直前のタンポポの花枯れをゲット。
Cimg6413
芯にボンドを入れて放置します。
Cimg6415

一晩おくと、綿毛が開きます。
Cimg6442
ボンドを押し込んだ針金は貫通させないのがコツらしいのですが、後で重たいフィギュアを乗せないといけないので、敢えて貫通させています。
この針金でメモルを固定すれば、リアル綿毛のベースが完成です。試しに胴体だけ乗せてみました。
Cimg6444

中に詰めたボンドがどの程度の効き目があるのか不安だったので、水で溶いたボンドをスポイトで種の周りに流し込んで補強しています。
Cimg6430 水だけだとはじかれちゃったので、界面活性剤(食器洗い洗剤)を数滴混ぜて染み込みやすくしました。

Cimg6443 なんか上手く行きそうなので、いよいよ本体の塗装に入りましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

高木さんと西片くん製作記(5)

昨年冬のWFで申請ミスして取り下げた『からかい上手の高木さん』を改めて夏の新作として申請しました。 Takagi_5 半年以上前なのに、殆ど変わってないという恐ろしい進捗。(笑) これでも大分手を入れたんですけどね。f(^^;

まず、高木さんと西片くんの顔の大きさが全然違ってたので作り直しました。前回の高木さんの顔に粘土を盛り直して作っていたのですが、やっぱりどんどん小さくなってしまいます。orz 仕方ないので西片くんの顔を複製し、そのサイズを維持しながら目・鼻・口・頬やおでこなどを作り込みました。これなら一応サイズ感は同じはず。(^^;
・・・と言いつつ、その後西片くんの髪型をいじったら、なんだかまた西片くんの方が大きく見えるように・・・。orz ダメダメだなぁ~、自分。

他に二人とも身体が華奢過ぎるので、そこも増やしています。写真の角度によっては、まだまだ頭でっかちに見えるので、調整は続きますが。
これからは分割して全体を整えようと思います。今度は本申請にミスがないと思うけど。書類上でなんかやらかしてないことを祈ります。(-人-)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

【応天の門】菅原道真製作記(1)

かなり泥人形ですが本申請しました。【応天の門】から菅原道真です。 Michizane_1 本や巻物を持った立ち姿にしようと作り始めて、途中から座りポーズに変更して・・・絵巻物から妖怪を飛び出させて・・・と、考え考えやってたら全然進まなくなりました。(^^; やっぱり最初に構想は練っておくべきですよねぇ~。(;´▽`A``
なんとか形をまとめるので精一杯で、造形的にはどうしようもないレベル。これから全部ガンガン盛ったり削ったりがスタートです。まずは顔が似てないという所からだよ。(´Д⊂ 先は長いですが、がんばりますです。(`・∞・´)

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

トレジャーフェスタ・NEO in有明1

コミティアと合わせ技でトレジャーフェスタ・NEOに行ってきました。
・・・ところで、NEOってなに?(^^; 以下、作品の写真は全て拡大します。

表紙より、裏表紙のトレジャーフェスタONLINEって言う方が気になりますね。(笑) Tf_neo_1トレフェスは会場も広くないから焦らず見たつもりでしたが、帰ってきてtwitter見ると随分見落としていることに気がつきます。ひと島丸々見落としたのかな?orz

■テ13 ジェットストリーム ■セ05・06 ATELIER HIRO Tf_neo_5 写真左はジェットストリームの“リトルウィッチアカデミア”です。完成度がメチャメチャ高かった。躍動感があって素敵な作品でした。((w´ω`w))
右はATELIER HIROの“ルナ”。元ネタが分からないのですが、骸骨カッコイイーってなりました。(笑)

■テ21 オクラもけい Tf_neo_3『ゆるキャン』の“各務原なでしこ”と『サクラクエスト』の“小春由乃”。どちらも動きのあるポーズで可愛かったです。

■シ09 造型処御陀仏庵 ■ツ06 3×3×3 Tf_neo_4 左は『FGO』から“デフォルメ・アビゲイル”。これも元ネタ分かりません。でも、小さいのに細かく作り込んであるし、可愛いしよかったな~。
右は『ゆるキャン』から“りんちゃん”と“なでしこ”です。これも小さかった。そして可愛い。カワイイは正義だね。(*´ェ`*)

■コ08・09猥幽亭 Tf_neo_6『からかい上手の高木さん』から“高木さんセット”。これまた小さいです。(^^; 顔の差し替えパーツが沢山あって、その日の気分で変えられるのかな。(^o^)

■ク01 オーケンタウン
Tf_neo_7_2『刀剣乱舞』より“堀川国広”です。
すらりとしたポーズと美しいお顔が素敵でした。『刀剣乱舞』は防具付きの衣装や刀など作り込みが大変だよなぁ~って思うのですが、どのディーラーさんも丁寧に作られてるよなぁ~ってため息が出ます。(;´Д`)=3!

他の作品もそうですが、本当に細かいものもちゃんと作ってあって、なんか自分が恥ずかしいなぁって思います。(^^; 落ち込むためにトレフェスに行ったんじゃないんだから、気を取り直してがんばろう。WFの本申請はもうすぐそこです。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

最後に本日のお買い物。(^v^) Tf_neo_2巷で話題の『塗装の小枝』です。私はエアブラシ使えないけど、旦那さまに頑張っていただきたく。(笑) 肌色のレシピは早速試してもらいたいですね。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(3)

このキットにはベースは付属していません。
というか、どこにでもちょこんと置けるという想定で、ベースは不要なんでしょう。

しかし、今回はやってみたいことがあって、東急ハンズで木製の球体を買ってきました。Cimg6371 大きさが微妙だったので4.5φと5φを買ってみましたが、4.5φの方が良さそうなのでこちらを採用。

据わりが良いように球体の上部を少し平らに削り、ベースとフィギュアの両方にネオジム磁石を埋めてメモルを乗せられるようにしました。Cimg6374

棒に立てて乗せてみると...乗った!!Cimg6412球体を支える棒は、軽く曲げた状態で固定できるように3mmのアルミパイプを使用しています。

オープニングの「♪まるでタンポポの綿毛♪」のイメージで綿を球体に巻いたのですが、どうもイマイチ。Cimg6397 アニメ表現ではフワフワでも綿毛に見えるのに、立体になると綿にしか見えない。(><)
今は仮にざっくり巻いてみただけですが、綺麗に整えたからといって格段に良くなるとも思えません。なにか綿毛に見える方法を模索しないと...

このベース、以前アーク倶楽部さんのメモルを作ったときに思いついたのですが、そのときは付属していた苺のベースが捨てがたく、思いつきで終わりにしていました。
構想10年、なんとか実現したい!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

作ってみる~とんがり帽子のメモル(2)

前回から、ずいぶん時間が経ってしまいました。

パーツ洗浄の後、ゲート処理とパ-ティションライン消しをしっかりと行いました。
デザインナイフとセラミック鉋でざっくり整えたら、240番→400番→600番→1,000番とヤスリの番手を上げながら綺麗にします。
前髪の先、上着の裾、腕の下に各1箇所ずつ微細気泡があったので、ゲートの端材で埋めて整えました。キットはゲートが最小限しかついていなくて、ゲート処理が楽な代わりに気泡を埋める端材が足りないかと思いましたよ。気泡が最小限だったので助かりましたが。

帽子の先端はインストにあるとおり、金属線で補っています。
サフレスにしたかったので、白いビニールコーティングの0.8mmを使用。接合部の段差は瞬間接着剤+ベビーパウダーで補填しました。Cimg6369パーツ同士の接合部に軸打ちもしたので、塗りに入れる状態になりました。
今日はここまでとして、次は塗装の前にベースを用意しましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧