2017年5月15日 (月)

富嶽「四発掃射機」

夕方のNHKニュースで、富嶽の新たな設計図が見つかったと報じられていました。
(リンク先には動画もあります。ニュースが削除されるかもしれないので、「続きを読む」に全文を引用しておきます。)Fugaku_1六発の爆撃機、輸送機に続き、新たなバリエーションの設計図の発見です。
7.7mm機銃400挺に20mm機銃150挺って、夢物語もたいがいにしろと言いたくなりますが。\(^o^)/ そもそも、いくらエンジンを2つ減らして小型にしてるとは言え、富嶽ほどの大きな機体で地上の掃射などしに行ったら良い的になるだけじゃないの?と心配になります。

なんて考えながらニュースを見ていてビックリ!Fugaku_2設計図を保管していた「中島飛行機の創業家と交流のあった太田市内の自動車部品メーカー経営者」って、正田さんのことじゃないですか!?∑(=゚ω゚=;)
次のラジコンはこれですか?

(byぶらっと)

続きを読む "富嶽「四発掃射機」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

レジャーABC大作戦

たまたま見かけた銀座を取り上げた記事の中で、松屋銀座の中央ホール吹き抜けを使ったディスプレイの写真が載っていました。(画像はリンク先からお借りしました。)S44270x338これ、スバルff-1スポーツとエアロスバルじゃないですか!?
昭和44年(1969年)に「レジャーABC大作戦」ということで、A(Airplane)、B(Bort)、C(Car)を展示したとか。ググってみてもこれ以上の情報が見つからないのですが、デパートの中に飛行機を展示ってスゴイ! そして、当時の富士重工業もスゴイ!!

2年後の昭和46年にはこんなパレードもあったそうです。Leone大らかな昭和の時代、世の中は今よりずっと面白かったのかもしれませんね。

(byぶらっと)

同じサイトに、富士重工業の前身・中島飛行機創立期の物語が載っていました。スバル繋がり、飛行機繋がりということでリンクを貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

#SUBARUと桜 2017

なんか、連日お花の話題が続きますが...
昨日洗車をして、本日撮影に行ってきました。Cimg1406投稿に使わなかったボツ写真をblogに貼っておきます。(クリックで拡大します。)

他の場所も探したのですが、結局いつもの多磨霊園しか適当な場所が見つかりませんでした。Cimg14168年前と似たような写真になってしまいましたが、#スバコミ掲示板に投稿してきました。せっかくなので8年前の「なにも変わってない写真」も。

撮影に行った場所では、業者さんがお墓の設置作業をしていました。その車がこちら。Cimg1399WRブルーの限定サンバーです。
どうしたって映り込む場所に停まっているので、投稿用の写真のアングルには苦労しました。っていうか、そのサンバーの停まっている位置がベストポジションなんですけど!?∑(=゚ω゚=;)
お仕事の邪魔をしては悪いので離れて撮影していましたが、本当なら声を掛けて2台並べて写真を撮りたかったです。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

#SUBARUと桜

SUBARUさんがSNSで桜をテーマにした愛車の写真を募集しています。Subaru_sakura_0

締め切りは4月9日(日)なので、それまでにレガシィと桜の写真を撮って応募したいところです。撮影に行くことより、その前に洗車をしないといけないのが難関ですが。

間に合わなければ、数年前に多磨霊園で撮った写真で応募したいと思います。Subaru_sakura_2これ、タイムスタンプによれば2009年4月5日なので、ちょうど8年前の今日です。車、まったく変わってません。\(^o^)/Subaru_sakura_3同じ場所に行けば、まったく同じ写真が撮れそうですね。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

さよなら富士重工業

本日の@niftyニュースに、こんなタイトルの記事が載っていました。

---(ここから引用)---

さよなら富士重工業、新社名「SUBARU」へ 社名変更にともなう影響は限定的? 2017年03月31日 06時20分

富士重工業は2017年4月1日より、新社名「SUBARU」になります。社内ではこれをどう受け止め、またどんな準備があったのでしょうか。2008年に社名変更したパナソニックにも話を聞きました。

富士重工業が社名変更、SUBARUへ

 富士重工業株式会社は2017年4月1日(土)より、社名を「株式会社SUBARU」に変更、1953(昭和28)年から64年にわたり使用してきた名前に別れを告げ、創業100周年を機に新たなスタートを切ります。

 同社は1917(大正6)年に創設された飛行機研究所(のちの中島飛行機株式会社)を源流とします。「スバル」は同社の自動車事業におけるブランド名であり、1958(昭和33)年に同社が発売した軽自動車「スバル360」に端を発します。現在は自動車事業を中心に、航空宇宙事業なども手掛けています。

 今回の社名変更は、2014年5月に同社が発表した中期経営ビジョンにおける「スバルブランドを磨く」という取り組みをさらに加速させ、自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させるためといいます。

 同社の吉永社長は、「これまで良い『モノ』をつくろうと努力を続けてきた結果が、『水平対向エンジン』や『AWD』、『アイサイト』などのSUBARUの独自技術であり、それらがもたらす『走りの愉しさ』や『安全性』という価値が、お客様の支持、評価につながっている」とし、社名変更は、「SUBARUを「価値を提供するブランド」としてさらに成長させていく決意表明である」と話します。

 クルマのブランド名として広く知られる「SUBARU(スバル)」を社名に冠することで、たとえばこれまで「富士重工業製」とされたヘリコプターなどが「SUBARU製」と称されることになり、より広くその名を知らしめることになるでしょう。

 では現在、富士重工業に勤める社員はどのように思っているのでしょうか。

社名変更、現場の社員は…?

 富士重工業の広報担当は、「長年、『富士重工業社員』として生きてきたので、この社名にもちろん愛着はあります」という一方で、「それ以上に期待感の方が大きい」ともいいます。

「名実ともに『SUBARUの社員』と名乗れることへの期待感、喜びの方が大きく、『もっともっとスバルブランドを磨いていこう』という気持ちです」

-以下略-

---(ここまで引用)---

ついに会社名が「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に変更になる日がやってきました。Subaru「重工業」という重々しい名前と、「一般に“スバル”と呼ばれながら実は会社名は違う」というマニアックな設定がなくなるのはちょっと残念です。が、社名のややこしさが解消し、世界での認知度が上がるなら、これからのSUBARUの発展に期待しましょう。

(byぶらっと)

【4月2日追記】
三鷹にある東京事業所の看板架け替え社歌など、ニュースを見つけたのでメモ代わりにリンクを貼っておきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

五大陸走破

ここ数日、twitterのタイムラインにトヨタのプロモーションが頻繁に表示されています。Toyota

※画像クリックで元ツイートにリンクします。
なんでもトヨタ車で五大陸を走破する企画が進行中とか。
ん...? なんか聞いたことがあるような...
2012年11月から2013年11月に掛けて、フォレスターが五大陸を制覇していましたね。なんという二番煎じ!\(^o^)/

フォレスターは1台きりで孤高のチャレンジでしたが、トヨタさんは大変な大所帯のようです。お金のあるメーカーは違うなぁ...という訳ではなく、チャレンジの趣旨が違うようですね。
車の性能を実証するために走ったフォレスターに対し、車づくりに関わる人を育てることを目的としたトヨタさん。そのため、フォレスターは1年で一気に走りましたが、トヨタはじっくり時間をかけているようです。うん、こういう人を育てる姿勢って、良いと思いますよ。

公式サイトが見づらくチャレンジの全容を把握し難いのは惜しいですが、日本の自動車産業のためにも頑張っていただきたいものです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

免許返納

本日、ちょっと実家まで行ってきました。
現在84歳の父が、免許返納の決意をしたそうです。また一つ親の老いを意識する出来事で寂しくもありますが、高齢者の事故が問題になっている昨今、賢明な判断だと思うべきなのでしょうね。
割とシャキシャキしてるのでまだ大丈夫な気がするものの、事故を起こして他人の将来を台無しにしたり、自らの人生の最期を後悔で終わらせたりするリスクは避けるに越した事はないですから。Cimg1018実家は車がないと生活できない場所ではありませんが、なければないで不便にはなるでしょう。とはいえ気軽にお使いに行ける距離でもないので、元気なうちは自分の足で生活していただきましょう。Cimg1019乗っていたBD5 TS-Rも、ちょうど3月29日で車検が切れるので廃車にするそうです。平成10年登録なので、丸19年ですか。うちの23年半の初代レガシィより、だいぶくたびれてます。年寄りがあちこち擦ったり、ボンネットだけ駐車場の屋根に収まらなかったり、扱いが雑でしたからね。

走行距離は77,096kmと少な目だし、足回りのパーツやタイヤは替えたばかりらしく、廃車にするにはちょっと惜しいところもあります。Cimg1027部品取りに欲しい方がいれば、お譲りしたいところなんですけどね。献体があれば生き延びられるBD5があるなら、最後にお役に立てれば良いかと。
車検を取ってこのまま乗りたいというのは、あまりお薦めできないかな。なにせボディは傷だらけだし、エンジンオイルの漏れもあるらしいので。
いずれにしろ興味のある方がいれば、1週間程度しか猶予はありませんがコメントいただければと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

宇都宮工場見学ツアー

一昨日、富士重工業の公式twitterでお知らせが出ていました。Utsunomiya_1※画像クリックで元ツイートにリンクします。
3月20日に航空宇宙分野の宇都宮製作所の工場見学ツアーがあるとのこと。

申込は2月26日までで、抽選結果は当選者のみ2月28日に通知されるそうです。
当選50人という狭き門。さっそく申し込みましたが、当選すると良いなぁ。

矢島工場や大泉工場は毎年「工場祭」という形で一部の見学ができますが、宇都宮工場が見学できる機会なんて滅多にありません。
興味のある方は申し込まれてみてはいかがでしょう?

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

台湾ジャスティ

今回は親が一緒だったので、レガシィとかフォレスターを見かけても見送ってました。いちいち反応してたら切りがないですから。
そんな無欲の勝利でしょうか。高雄でジャスティとTUTTOを発見です。
Cimg0601 Cimg0606
※本日の写真はすべてクリックで拡大します。
前から見ると、ベースが同じ車ってことが分かりやすいです。

でも後を見ると、とても同じ車とは思えません。Cピラーまでは一緒なんですけどね。
Cimg0600 Cimg0605
しかし、どっちもボロボロ。(><) まぁ、現役でいてくれることが大事なので、これからも永く乗ってほしいです。

それにしても稀少と思っていたTUTTOですが、台湾に行くと高確率で見かけているような。実は意外と多く残っているのかもしれませんね。Cimg0609背景の建物は高雄市立歴史博物館です。旧高雄市役所の建物で、日本統治時代に清水組(現:清水建設)が建てたものとか。
名車には歴史的な建物をが似合います。次はこの博物館の建物も見学したいなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

週刊「インプレッサをつくる」

会社帰りに本屋に寄ったら、アシェットより週刊「スバルインプレッサをつくる」なるものが出ていました。どうやら1月5日に発売になったようです。

買い始めると大変なので、チラシだけもらってきました。※チラシの写真はクリックで拡大します。Impreza_2毎号コツコツとパーツを集めて1/8サイズで2003年のWRCarを完成させると、全長55cmにもなるらしいです。仕様は初戦モンテカルロのペター・ソルベルグ車。この年ペターは年間チャンピオンに輝きますが、初戦はリタイアしてたり。(^^;)

大きいだけあって、ギミックもすごいです。

創刊号のみ299円ですが、以降は1,799円。全110号を予定しているということは、完成までに2年で20万円近くかかるということ!Σ( ̄ロ ̄lll) いくらなんでも付き合いきれないなぁ。Impreza_1ただ、マガジンコンテンツの「歴代のスバル車を図鑑風に紹介する」というスバル名車図鑑だけは気になります。110号分となると、グレードや年式など相当細かく紹介するのかな。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧