2017年7月 9日 (日)

世界で愛される90年代のクルマ35選

msnのサイトで「日本車もランクイン、世界で愛される90年代のクルマ35選」という記事がありました。
35台に入る日本車って何だろうと見てみると...最初に登場したのはR34 GT-R。まぁそうでしょうね。
その後、スープラが出てきました。スープラかぁ...とガッカリしていると、次にアルシオーネSVX キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!Msn_cx
さらに数枚進むと、インプレッサも!!Msn_gcインプレッサは「199年製」になっちゃってますが、「1992年製」ですね。
残念ながら初代レガシィは入りませんでしたが、1989年製だから仕方ない。

35台のうち、日本車は4台だけ。その半分がスバル車ですよ。(^-^)v
誰がどういう基準で選んだのかよく分からない記事ですが、スバル車が世界で愛されていると認められたというのは嬉しい事です。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

群馬製作所見学ツアー

3月の宇都宮工場見学ツアーに続き、今度は群馬製作所の見学ツアーだそうです。Sbr_yjm※画像クリックで元ツイートにリンクします。

開催場所として記されている住所は矢島工場のものですが、工場内の写真はBRZを作っているので本工場? テストコースがあるのも本工場ですしね。
矢島工場と本工場の両方を見られる、超豪華ツアーになりそうです。

このツイートが出た時点で、既に一次締め切りは過ぎています。二次締め切りは今週末。
スバリストの方は、ぜひ応募を!

ちなみに我が家はワンフェス準備の修羅場中なので、絶対に無理!(><)
次の機会がある事を祈ることにします。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

水色のBF5

巡回先で見かけたこの車Bf5※販売終了後も当blogの画像は残ってしまうので、連絡先はモザイクかけてます。気になる方は上のリンクから参照してください。

なんと、2009年のスバリストミーティングに来ていた個体じゃないですか。
当時のオーナーさんは「売却したい」とおっしゃっていましたが、今になって売りに出ているという事は別のオーナーさんに渡った後の売却かもしれませんね。

それにしても、8年も経っているのに綺麗なまま保たれています。大事にされてきたのでしょう。次も大事にしてくれるオーナーさんに渡る事を祈ります。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

ニュルブルクリンク2017~SUBARUメカニック~

スバルの公式twitterの告知で知って録画予約していた番組。Nbr_2録画しながらリアルタイムでも見てしまいました。

スバルはWRCの頃から人材育成のためにディーラーメカニックを派遣しています。そのディーラーメカニックの活躍に焦点を当てた番組でした。Nbr_3レース専門のメカニックに引けを取らない動きは素晴らしい。この活動を通して鍛えられた350人以上のメカニックが全国のディーラーで活躍していると思うと、ユーザーとしても心強いですね。私は車が古すぎるので、今はディーラーのお世話人なっていませんが。(^^;)

途中、ピットで食べられていた「スバル名物ニュルカレー」なるものが登場。Nbr_5スタッフ手作りのカレーにニュルブルクリンクのコースを象ったチーズが乗ったもの。良いなぁ、これ食べたい!

レースの結果は残念なものでした。
終盤、運転ミスをした他車に左後方からぶつけられ、車体の左側がボロボロに。Nbr_4テープで補強しながら完走を目指しますが、あと少しのところでエンジンルームから出火。2008年の初出場以来続いていた完走が途切れてしまいました。
まぁ、結果は知っていたんですけどね。改めてレースを支えるメカニックの視点で見ると、臨場感があって楽しい1時間でした。Nbr_6
(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

今年も15%増し

昨日が自動車税の納付期限だったので、例年どおりギリギリにPay-easyで納付しました。
本来39,500円のところ、5,900円も加算されて45,400円の徴税です。Cimg1682「古い車とはいえ、走行距離が少なければ温室効果ガスの排出量は少ないのに」とか「重量税は道路を痛めることへの課税だったはずなんだから、車の古さに関係ないだろう」など、例年の愚痴も言い尽くした感じです。

そこで、昨年8月に車齢23年となった我が家のレガシィが、自動車税の割増しをどのくらい払ってきたか振り返ってみましょう。
1800ccのBF3の自動車税は、本来39,500円です。13年目から10%増しとなり、一昨年からは15%増しへ。割増し分だけを計算すると、3,900円×8回+5,900円×3回=48,900円です。

5万円近く!というと大金ですが、11年でこの金額ですからね。この程度の制裁で車を買い替えるかというとバカを言うなと。新車を買ったら200万とか300万とか掛かるんだから、数年で数万ぽっち自動車税を減額してくれるからというだけでは買い替えの理由にはなりませんよ。
これで欺されて車を買い替えるのは余程のバカか、何でも良いから買い替える理由が欲しいだけの「元々買い替えたい人」だけでしょう。

重量税も旧車は割増しの終了から除外されているので、ずっと割増しされた状態が続いています。
うちのレガシィは1.5t以下の区分なので、割増しがなければ24,600円のはずですが、18年超の37,800円と13,200円も割増しです。(ちなみに13年超~17年までは9,600円増しの34,200円です。)
これは2年に一度の車検ごとなので、1年当たり6,600円。こちらも10年で7万弱ですから、大金ではありますが買い替えの動機には弱すぎる金額です。

こうして改めて割増分を計算してみると、この程度の金額には欺されちゃいけないと思いますね。気に入った車を大事に乗り続けることにしましょう。これからも毎年の文句は言い続けますけどね。

そういえば、このニュースはどうなったんでしょう?
ホント、いい加減この悪しき制度を改めてほしいものです。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

富嶽「四発掃射機」

夕方のNHKニュースで、富嶽の新たな設計図が見つかったと報じられていました。
(リンク先には動画もあります。ニュースが削除されるかもしれないので、「続きを読む」に全文を引用しておきます。)Fugaku_1六発の爆撃機、輸送機に続き、新たなバリエーションの設計図の発見です。
7.7mm機銃400挺に20mm機銃150挺って、夢物語もたいがいにしろと言いたくなりますが。\(^o^)/ そもそも、いくらエンジンを2つ減らして小型にしてるとは言え、富嶽ほどの大きな機体で地上の掃射などしに行ったら良い的になるだけじゃないの?と心配になります。

なんて考えながらニュースを見ていてビックリ!Fugaku_2設計図を保管していた「中島飛行機の創業家と交流のあった太田市内の自動車部品メーカー経営者」って、正田さんのことじゃないですか!?∑(=゚ω゚=;)
次のラジコンはこれですか?

(byぶらっと)

続きを読む "富嶽「四発掃射機」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

レジャーABC大作戦

たまたま見かけた銀座を取り上げた記事の中で、松屋銀座の中央ホール吹き抜けを使ったディスプレイの写真が載っていました。(画像はリンク先からお借りしました。)S44270x338これ、スバルff-1スポーツとエアロスバルじゃないですか!?
昭和44年(1969年)に「レジャーABC大作戦」ということで、A(Airplane)、B(Bort)、C(Car)を展示したとか。ググってみてもこれ以上の情報が見つからないのですが、デパートの中に飛行機を展示ってスゴイ! そして、当時の富士重工業もスゴイ!!

2年後の昭和46年にはこんなパレードもあったそうです。Leone大らかな昭和の時代、世の中は今よりずっと面白かったのかもしれませんね。

(byぶらっと)

同じサイトに、富士重工業の前身・中島飛行機創立期の物語が載っていました。スバル繋がり、飛行機繋がりということでリンクを貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

#SUBARUと桜 2017

なんか、連日お花の話題が続きますが...
昨日洗車をして、本日撮影に行ってきました。Cimg1406投稿に使わなかったボツ写真をblogに貼っておきます。(クリックで拡大します。)

他の場所も探したのですが、結局いつもの多磨霊園しか適当な場所が見つかりませんでした。Cimg14168年前と似たような写真になってしまいましたが、#スバコミ掲示板に投稿してきました。せっかくなので8年前の「なにも変わってない写真」も。

撮影に行った場所では、業者さんがお墓の設置作業をしていました。その車がこちら。Cimg1399WRブルーの限定サンバーです。
どうしたって映り込む場所に停まっているので、投稿用の写真のアングルには苦労しました。っていうか、そのサンバーの停まっている位置がベストポジションなんですけど!?∑(=゚ω゚=;)
お仕事の邪魔をしては悪いので離れて撮影していましたが、本当なら声を掛けて2台並べて写真を撮りたかったです。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

#SUBARUと桜

SUBARUさんがSNSで桜をテーマにした愛車の写真を募集しています。Subaru_sakura_0

締め切りは4月9日(日)なので、それまでにレガシィと桜の写真を撮って応募したいところです。撮影に行くことより、その前に洗車をしないといけないのが難関ですが。

間に合わなければ、数年前に多磨霊園で撮った写真で応募したいと思います。Subaru_sakura_2これ、タイムスタンプによれば2009年4月5日なので、ちょうど8年前の今日です。車、まったく変わってません。\(^o^)/Subaru_sakura_3同じ場所に行けば、まったく同じ写真が撮れそうですね。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

さよなら富士重工業

本日の@niftyニュースに、こんなタイトルの記事が載っていました。

---(ここから引用)---

さよなら富士重工業、新社名「SUBARU」へ 社名変更にともなう影響は限定的? 2017年03月31日 06時20分

富士重工業は2017年4月1日より、新社名「SUBARU」になります。社内ではこれをどう受け止め、またどんな準備があったのでしょうか。2008年に社名変更したパナソニックにも話を聞きました。

富士重工業が社名変更、SUBARUへ

 富士重工業株式会社は2017年4月1日(土)より、社名を「株式会社SUBARU」に変更、1953(昭和28)年から64年にわたり使用してきた名前に別れを告げ、創業100周年を機に新たなスタートを切ります。

 同社は1917(大正6)年に創設された飛行機研究所(のちの中島飛行機株式会社)を源流とします。「スバル」は同社の自動車事業におけるブランド名であり、1958(昭和33)年に同社が発売した軽自動車「スバル360」に端を発します。現在は自動車事業を中心に、航空宇宙事業なども手掛けています。

 今回の社名変更は、2014年5月に同社が発表した中期経営ビジョンにおける「スバルブランドを磨く」という取り組みをさらに加速させ、自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させるためといいます。

 同社の吉永社長は、「これまで良い『モノ』をつくろうと努力を続けてきた結果が、『水平対向エンジン』や『AWD』、『アイサイト』などのSUBARUの独自技術であり、それらがもたらす『走りの愉しさ』や『安全性』という価値が、お客様の支持、評価につながっている」とし、社名変更は、「SUBARUを「価値を提供するブランド」としてさらに成長させていく決意表明である」と話します。

 クルマのブランド名として広く知られる「SUBARU(スバル)」を社名に冠することで、たとえばこれまで「富士重工業製」とされたヘリコプターなどが「SUBARU製」と称されることになり、より広くその名を知らしめることになるでしょう。

 では現在、富士重工業に勤める社員はどのように思っているのでしょうか。

社名変更、現場の社員は…?

 富士重工業の広報担当は、「長年、『富士重工業社員』として生きてきたので、この社名にもちろん愛着はあります」という一方で、「それ以上に期待感の方が大きい」ともいいます。

「名実ともに『SUBARUの社員』と名乗れることへの期待感、喜びの方が大きく、『もっともっとスバルブランドを磨いていこう』という気持ちです」

-以下略-

---(ここまで引用)---

ついに会社名が「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に変更になる日がやってきました。Subaru「重工業」という重々しい名前と、「一般に“スバル”と呼ばれながら実は会社名は違う」というマニアックな設定がなくなるのはちょっと残念です。が、社名のややこしさが解消し、世界での認知度が上がるなら、これからのSUBARUの発展に期待しましょう。

(byぶらっと)

【4月2日追記】
三鷹にある東京事業所の看板架け替え社歌など、ニュースを見つけたのでメモ代わりにリンクを貼っておきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧