ガーデニング

2017年9月19日 (火)

彼岸花が絶滅の危機!

ご近所を散策していると、あちこちで彼岸花が満開になっていました。
※本日の写真は全てクリックで拡大します。Cimg3674紅白が咲き乱れて綺麗ですね。今年は涼しくなるのが早かった所為か、お彼岸前に満開になっているようです。

ところが、我が家の彼岸花は絶滅の危機です。赤い花が4本しか咲きませんでした。クリーム色も絶滅!?Cimg37764本目は既に花が終わったので切ってしまいました。
っていうか、このショボイのは何?Σ(゚д゚;)Cimg3779
昨年は分球して土から出てしまった球根を広いところに植え替えたりして手当てしたので、今年は今までより増える予定だったのに...。orz
Cimg3775 Cimg3777

ご近所にある、こんな風になる予定だったのですよ。Cimg3736おかしいなぁ。よそも大して手を掛けているようには見えないんだけど、何が違うんだろう?

毎年ゴミ置き場でボロボロの発泡スチロールのプランターで咲いている彼岸花でさえ、こんなに元気なのに。Cimg3675半日陰で良いとは言っても、やはりモッコウバラの影で日照が足りないんだろうか。
花が咲かないながらも、葉が出れば来年に向けて立て直しようもありますが、このまま絶滅しちゃったら寂しいなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

一人で楽しむ月下美人

“ふらっと”が台湾に旅立った日の夜、我が家の月下美人が開花しました。Cimg3621写真だと昨年までと変わり映えしませんね。(^^;)
今年は花付きが悪く、今のところこの一輪で終わりそう。

昨年は4回も開花したのですが、今年は初夏にも咲かなかったんですよね。
本当にこの一輪だけとしたら寂しいことです。そして、唯一かもしれない開花を一人にしか見てもらえないとは、花も報われませんね。その分、窓を開けて香りを存分に楽しみましたよ。Cimg3625まだ咲いているので寝ちゃうのが勿体ないですが、明日もあるしそろそろ寝るとしましょう。
花が終わったら肥料をやって、来年に備えないとね。

【23:15追記】
朝になったら萎れた花を収穫。Cimg3626宗田節醬油を使ってお手軽に三杯酢を作り、花は軽く湯がいて酢の物に。Cimg3629その後、スタッフが美味しくいただきました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

蜘蛛とアゲハ

産卵除けネットを張っていたにも関わらず、1本だけ元気なシュートがネットを突き破る勢いで伸び、そこに集中して産卵されてしまいました。Cimg3564_s※画像クリックでモザイクなしの拡大表示になります。
写真には3匹しか写っていませんが、少なく見ても倍以上います。(><) まぁ、種から育てた夏ミカンは、実が成るまでまだ数年かかりそうだから良いのですが。

順調に育っている幼虫の中で、要領の悪いのが蜘蛛の餌食になっていました。Cimg3558_sネットの内側に巣を張って、大きい虫は入ってこないから餌に困らないか心配していたのですが、アゲハの幼虫を食べちゃうのか。
可哀相ですが、これも自然の厳しさだから仕方ないですね。

残りのアゲハには無事に育ってほしいので、蜘蛛さんはアゲハに寄生する蜂とかをターゲットにしていただきたいところです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

ヤモリ

先日の通院帰り、つつじヶ丘駅までの道を歩いていたときのこと。
つつじヶ丘から府中競馬場まで続く歩道もある大きめの通りで、街路樹から目の前に何かが落ちてきました。
Cimg3508目の前を通過したときは「落ち葉かな?」と思ったのですが、一瞬後に地面で「ビシャッ」という落ち葉ではあり得ない音が!?Σ( ̄ロ ̄lll)
立ち止まって見たら、ヤモリでした。Cimg3445足でも滑らせたかな? 危なく踏んじゃうところでしたよ。
ヤモリ自身も何が起きたのか把握できずにキョトンとしていましたが、さすがに正面に回って写真を撮ろうとしたら慌てて逃げ出しました。

うちの庭には何匹か棲息しているらしく、よく見かけます。ちょっと前にも門扉を開けたら扉の隙間に張り付いていました。Cimg2906うちの近辺は田舎なので分かるのですが、つつじヶ丘のこんな町中でもいるんですね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

パッションフルーツを収穫

パッションフルーツの花が咲いたのが5月末。次々に開花して結実したのは10個ほど。日増しに実は大きくなりましたが、なかなか色づきませんでした。それが7月くらいから徐々に赤くなり、やっと収穫の時が来ました。ヽ(´▽`)/Passion_1収穫と言ってもこれは勝手にポロリと落ちます。1個目(写真の一番下のヤツ)はまだ青っぽさが残っているのに、朝気がついたら落っこちていたのでびっくりしました。Σ( ̄ロ ̄lll) 追熟で赤くなって甘みが増すとのことですけど。

さて、最初に落ちたのと2番目のは小さい。( ´・ω・`) 小さいから最初に落ちたのかな?色は良くなったけど味はどうでしょう?・・・と言う事で試食タイム!(^▽^)Passion_2皮厚!∑(゚∇゚|||) パッションフルーツって見た目がグロイですよね。
香りも良いし味も甘みと酸味が程よくて美味しかった。(^Q^) 追熟させすぎると種が固くなるのでホドホドで食べましょう。まだ8個残っているので、十分味わえそうです。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

何の実?

歩道にたくさんの赤い実が落ちていました。Cimg2892見上げると、木にたくさん成っています。一見美味しそうですが、何の実なんでしょう。Cimg2893それにしても落ちすぎでは?と思っていると、ぼそぼそと次々に落ちてくる。
風もないし、熟れすぎというわけでもなさそうなのに...と見上げると、鳥がついばんでは落としている!?Σ( ̄ロ ̄lll)Cimg2895慌てて撮ったので、ピンボケしちゃってますが。(><)

食べようとして落としちゃっているのか、落として遊んでいるのか。不思議な鳥の行動でした。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

アゲハ羽化

先週の日曜に保護したアゲハのサナギが羽化しました。
通常は2週間ほどで羽化するということなので、ここ数日は寝る前にチェックしていました。
昨晩、明らかに羽の模様が透けているのを確認。Cimg1862翌朝には羽化しそうだったので、今朝は早起きをして観察することに。

普段は6:20頃起きるところを、4:45に目覚ましを掛けて起床。
10秒ごとに500枚の設定でインターバルタイマーによるタイムラプス撮影を開始しました。

しかし、1時間以上経っていつもの起床時間になってもまったく羽化の気配なし。
この後も1時間くらい撮影を続けるにはバッテリー残量が心許なくなってきたので、朝食の間に一度撮影を中止して充電を始めました。
で、10分後くらいに見に行ったら、すっかり羽化が終わってましたよ。Σ( ̄ロ ̄lll)

羽が伸びきるまでは1時間以上掛かるようですが、サナギから出てくるのはあっという間なんですね。目を離す時間に撮影を止めたのは痛恨の失敗。
っていうか、早起きなんかしないで、いつもどおりにしていれば良かったです。

Cimg2521なにはともあれ、うちの夏ミカンを犠牲にして育った幼虫が無事に羽化できたのは嬉しいことです。
今までたくさんの幼虫が巣立っていきましたが、羽化を確認できたのは初めてだったので、
朝から感動の1日でした。R0041105
(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

パッションフルーツ開花

昨年我が家にやってきたパッションフルーツですが、春から伸びまくり、茂りまくりです。
少し前からつぼみがついていましたが、ついに開花しました。Cimg1851ちょっとビックリするような花の形ですね。
トケイソウの仲間だそうですが、花びらがうねっているのが何とも言えない雰囲気を出しています。

受粉は自然に任せても良いらしいのですが、雄しべをもいで強制的に受粉させました。
つぼみは沢山ついているので、どのくらい実が成るか楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

モッコウバラ剪定とアゲハ蛹化

土日の2日掛けて、花が終わったモッコウバラの剪定をしました。Cimg15361年で伸びるモッコウバラの枝は凄い量で、毎年のことながらヘトヘトになります。Cimg1814

剪定していて驚いたのが、枝の陰にアゲハの幼虫がいたこと。
実は、アゲハ除けが間に合わずに9匹の幼虫が夏ミカンで育っていました。この2日ほど少しずつ数が減っていたので、蛹化のために旅立ったとは思っていたのですが、庭を3mも縦断してモッコウバラにまで達していたとは!∑(゚∇゚|||)

移動距離も凄いですが、目指す場所って餌場にいるときから見えているのでしょうか?
当てもなく歩いていて高いところに行き着いたら登ってみるとか、そんな行き当たりばったりなのかなぁ?

それはともかく、剪定した枝を廃棄していたら、間からサナギがポロッと転がり出てきました。一足先に蛹化した個体がいたようです。
他にもいないか枝を捨てるのに細心の注意を払いましたが、この1匹以外は発見できず。他に巻き込まれた幼虫はいなかったと祈りたい。Cimg1812落ちてしまったサナギは、サナギポケットで保護しました。
無事に羽化できるよう見守りたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

特定外来種?

数年前から街角で目立つようになってきたこの花。Cimg1640先週末くらいにtwitterで話題に上っていました。外来種「ナガミヒナゲシ」というそうです。
外来種にありがちな「在来種を押しのけて蔓延る」という強さを持っているので、一部には駆除対象にしている自治体もあるとか。ただし、「特定外来種に指定されている」というのは嘘松(デマ)らしい。

とはいえ、うちの周辺でも群生地にまでなっているところもあり、放置して大丈夫かなぁと心配になります。Cimg1623ポピーに似た花が咲くので「綺麗」「可愛らしい」というのが放置(一部では保護)される要因と聞いたことがありますが、それにしてはパッとしない色味なんですよね。もう少し鮮やかなオレンジとか、淡い色ならピンクや黄色なら華やかなのに。

どこから種が紛れてくるのか一昨年くらいからうちの庭にも芽を出しますが、芝の中に出るので育つ前に抜いていました。ナガミヒナゲシと知っていた訳ではなく、基本的に「植えてもいないのに次々と芽を出すもの」は駆除対象と認定しているからですが。「どんな花が咲くのだろう」などと様子を見なくて良かったです。

駆除対象といえば、庭に生えて始末が悪い代表格がカタバミです。Cimg1629黄色いチマチマした花が咲いて、種がはじけて広範囲に飛ぶヤツ。しかも太くて立派な根をキッチリ抜かないといくらでも再生する生命力。これが蔓延っちゃうと大変です。

この仲間に紫色の花が咲く「イモカタバミ」というのがあります。黄色いのと違って花もチマチマしてなくて綺麗です。もちろん自宅の庭に生えたら歓迎できませんが、よそに生えてる分には鑑賞対象です。Cimg1626この写真は頭痛外来に通っている医者の隣の団地です。綺麗ですね。
ちなみに、花の中心が白っぽいのは「ムラサキカタバミ」という外来種だとか。西洋タンポポなんかもそうですが、なかなか紛らわしいものです。

外で見かけた花つながりで、近所の公園の藤の花も。Cimg1637この公園の藤は立派だし綺麗なんですが、棚部分の厚みがあって花が埋もれちゃうのがもったいないんですよ。Cimg1634うちの庭にも藤が欲しいなぁ。棚にする広さはないので、ヨーロッパみたいに壁に沿わせるとかね。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧