経済・政治・国際

2017年10月21日 (土)

台風に備えて期日前投票

いつもは台風が過ぎた後でひっくり返った植木鉢を直すとか後手に回るのですが、今回は先にプランターを軒下に寄せるなどしっかり備えをしました。備えついでに、明日は家から出ないで済むように期日前投票も済ませてきました。

期日前投票は、投票日がワンフェスと重なった2014年以来です。その時は1週間前だったこともあってガラガラでした。しかし、今回は急な台風接近ということで、考えることは皆一緒。無茶苦茶な混み様でした。Senkyo_1 係の方が持った最後尾札には「40~50分待ち」とか書いてあります。列は廊下を折り返し、市役所のフロアを2度ほど蛇行しながらぐるっと一周し、投票完了まで本当に40分かかりました。

こちらの写真は、廊下の壁に貼られた府中市マスコットの塗り絵コンテスト。Senkyo_2 子供たちのカラフルな塗り絵に混ざって、明らかにクオリティのおかしいのが1枚。Senkyo_3 何ですか、この気合の入った集中線は!?Σ( ̄ロ ̄lll)

台風のせいで投票率が落ちると結果に波乱が起きる可能性もありますが、期日前投票に来ている人も多いですし、どうなることやら。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

声の大きいバカ

うちの会社には一人の困った役員がおります。

業務やシステムについて理解の浅いところがあろうとも、自分が気に入らなければ怒鳴る。怒鳴っているうちに自ら勝手にエキサイトして、机を叩いて怒鳴り散らす。ネットスラングで言うところの「火病(ファビョ)る」という状態です。
周囲も呆れて「また始まったよ」「怒鳴ったって思い通りになるかよ」と影で馬鹿にしています。まったく人望もなく、人として可哀相なほどです。

が、なまじっか権力があるだけに始末が悪い。(;´д`)
理不尽と承知しつつ、実害のないところで落としどころを提示しないと収まりません。
で、余計な仕事は増えるわ、システムは無駄に複雑になるわ、余分な費用も掛かるわ。orz

就任から1週間ちょっとのトランプ大統領を見ていると、妙な既視感があるんですよね。
誤解からくる言いがかりと皆が分かっていながらも、落としどころを提示せざるを得ない理不尽さ。メキシコの新工場を止めたり、アメリカに雇用を創設したり、先回りして便宜を図ることになります。
権力があるヤツの声が大きく、自らを省みない厚顔無恥さを併せ持つって最強ですよね。\(^o^)/

トランプ大統領がそれを分かって傍若無人を演じているなら大したものだと思いますが、「ビジネスマンと言うよりワンマン社長」という論評もあるように、ただの天然なんでしょう。
まぁ、アメリカ国内でも賛否はほぼ二分されているようですし、そもそも他国の大統領なのでこちらに飛び火しない限りは口を出すことでもないんですけど。(いや、火の粉がかかりそうなのが困りものですが。)
トランプ大統領の評価は、歴史が決めてくれることでしょう。せめて世界が悪い方に行かないことを願います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

対抗措置

本日、日韓関係の悪化を決定的に印象付けるニュースが報道されました。
韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置」というものです。(リンク先は産経ニュースです。twitterトップページにリンクがあって見つけやすかったのと、他社のニュースと違ってユーザー登録しなくても全文が読めるのでリンク先に選んだだけで、右寄りの代表だからとかじゃないですよ。(^^;) )

私の感想を率直に言うと「当然だし、むしろ遅すぎるくらい」といったところです。
1年以上前に国同士が約束したことにも関わらず、改善の努力をするどころか更に状況を悪化させるなんて信じられないこと。
韓国が国内の不満を逸らすために日本たたきをするのはいつものことですが、どんなにタコ殴りにしてもやり返されることはないと油断していたのではないでしょうか。

既に死に体となった朴大統領ですが、国中が「当時の大統領が勝手に決めた」などと言って「日韓合意」を反故にしようとしているようです。「心からの謝罪とさらなる賠償」など、毎度のようにゴールポストを動かそうとしています。
今までは言いなりだった日本政府も、今回ばかりは対抗措置を打ち出しました。ここにきて「不可逆的に」という言葉が効いてきています。
対する韓国は、日本に対抗措置を突き付けられると「遺憾の意」とか。(w) 遺憾なのはこっちだってばよ。

隣接する国同士の関係が悪化するのは決して良いことではありませんが、今までのように譲ってばかりでは付け込まれる一方。
最低でも慰安婦像の撤去。できれば捏造された「正しい歴史」の撤回、不法占拠を続ける竹島からの退去まで徹底してほしいところです。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

都知事選

都知事選が公示されましたが、候補者にまともな選択肢がない!Tiji_sen1「当たりの入っていないガチャ」と揶揄される都知事選ですが、今回は特に酷いです。
「舛添を辞めさせたら、次はもっとレベル低いのしか出てこないよ」と言われていたとおりになっちゃいましたね。都知事が変わる度に、どんどんレベルが落ちているのが実感できます。

元々選挙なんて「ゴミの中からまだ使えそうなマシなものを選ぶ」ものですが、それにしても外れ加減が半端じゃありません。「だったら、もうマック赤坂で良いじゃん」と投げやりな気持ちにもなります。

奇抜な格好とお馬鹿な言動で泡沫候補の代表みたいに扱われているマック赤坂氏ですが、選挙公報とか読むと主張自体には真っ当な面もあるんですよね。
先日は“主要候補者”の記者会見で一悶着起こしたようです。でも、マスコミが勝手に立候補者を格付けするのは確かにおかしな話です。Tiji_sen2
まぁ、泡沫候補に投票しても死に票になるのは明白なので、「都政に興味がない」「担がれただけ」「国政に口を出したい」といったトンデモ候補の当選を阻止しようと思ったら、主要候補の中から投票先を決めざるを得ませんが。
とはいえ、過去に散々トンデモ候補が当選してきた東京の選挙なので、結果は「舛添以下」になりそうな予感が...

もうさ、猫のたまで良いよ、都知事は。実務は都庁の職員がキッチリこなすんだろうし。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

選挙に行ってきました

与党が2/3議席を確保するか? それを阻止すべく共闘した野党の策は功を奏するのか?
投票すらしていないと選挙速報の楽しみも半減しますからね。きっちり行っていましたよ。暑い日中は避け、19:10頃いう遅めの時間に。Senkyo_2選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことでも注目の参院選でしたが、地元の投票所の投票率は19:00現在で42%ほど。前回の参院選が同じ時間で38%だったらしいので多少は伸びていますが、それでも低いですね。前回の最終投票率が43%ということは、このあと1時間では50%に届きそうもない感じです。
もうね、ガッカリですよ。半分以下の投票率ってどうなの? それで「1票の格差が!」とか言うなって感じですよ。半分の人が行かないって事は自分の1票は倍の価値になるんだから、地方で投票率の高いところと1票の格差があってちょうどバランスが取れてるって事じゃないの?

投票締め切りの20:00前なので「どこに投票した」とか「誰に入れるべき」とかは言えないけど、まだ行ってない人は今からでも投票所に駆け込んでほしいです。
っていうか、投票に行かずに「アベノミクスの効果を実感できない」とか「戦争法(w)が!」とか文句だけ言うなよと。選挙権のある人が国会前でデモするには、投票済証明書の提示を義務にするべきじゃないかと思ったり。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

自動車税

飽きもせず今年もぼやきますよぉ~。
新車から22年半経過したレガシィくんは、重加算税で15%増しの税金を納めます。Tozei毎年のことで、もうそろそろぼやくネタも尽きてきただろうと思ったところに、私利私欲に走るふざけた都知事のニュースが炎上してきました。
自動車税は地方税なので、うちの場合は都税なんですね。15%増しで収めたお金は、舛添都知事(笑)がファーストクラスで出張に行ったり、出張先でスイートルームに泊まったり、毎週末の別荘通いの交通費やお正月の家族旅行などに使われるわけです。(><)

もう、納税拒否できないかなぁ。
「ふるさと納税」制度を利用して、都に収める税金を地方に回すのがせめてもの抵抗です。
なんか、今年は旧車を大事に乗るネタじゃなくなっちゃいましたので、過去のネタにリンクを張っておきます。
2007年(初13年超10%割り増し)
2013年(10%割り増し7回目)
2014年(10%割り増し8回目)
2015年(割り増しが15%に)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

朝日新聞の捏造体質は健在

国連で外務省が従軍慰安婦問題を朝日新聞の捏造と釈明したニュース。
遅きに失した感は否めませんが、だからといってこのまま何もしないよりは少しずつでも対応するに越したことはありません。
戦争という極限状態の下、現代においては考えられないようなことが行われた事実は事実として受け止めつつも、ありもしないことはしっかり切り分けるよう、これからもしっかり対処していただきたいものです。

さて、その報道を各新聞社が行っている訳ですが、当事者たる朝日新聞の記事が酷いと話題になっていました。
とても分かりやすく纏めているblogがあるので、紹介しておきます。

各紙が事実をありのまま報道をする中、朝日新聞だけが肝心な部分について「報道しない自由」を発揮して隠蔽。新聞社が行う捏造の分かりやすい事例を示してくれています。
以前の記事が捏造であったことを認めて謝罪したのであれば、今回の記事では反省も踏まえてしっかり触れるべきでしょう。
自らに都合の悪いことを言い難い気持ちも分かりますが、事ある毎に捏造であった事実を周知することこそが本来の姿勢なはず。

一度謝ったから終わりって、朝日新聞が他者を許さないケースで一番使う責めのポイントですよね。
他者に厳しい分、自らも厳しく律することができないようだから発行部数が激減してるんじゃないのかなぁ。

ウリナラファンタジーを振りまくのはいい加減で止めにして、事実を事実として報道するの新聞の役割に立ち返らないと、未来はないと思うのですよ?

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

ヘイトスピーチはダメだよねぇ

twitterで衝撃的な映像が回ってきました。

うわぁ、マジで「ヤンキーゴーホーム」って言ったよ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
動物園のサルのように檻をガシャガシャ揺すりながら、ものすごい剣幕で抗議しています。
しかし、どんなに立場に差があっても、ヘイトスピーチはダメでしょう。説得力を失うばかりです。

情報元の纏めサイトの記事には、こんな動画も貼られていました。

このヒステリックな人たちが、「話し合えば戦争は起こらない」とおっしゃるわけです。自ら、世の中には話が通じない人もいるということを体現してみせながら。┐( ̄ヘ ̄)┌

先日の安全保障関連法成立の際にも、委員会室の前でセクハラを捏造する女性議員や、採決をする議長席周辺の混乱とは別の場所で女性議員に暴行をはたらく男性議員など、とても文明国の議会とは思えない行動が見受けられました。
そして国会前のデモを民意だとして、それを無視するのは民主主義の否定だと言う。議会をないがしろにして暴力に訴えることが民主主義とは、いかなることか。\(*`∧´)/
だいたい、デモに参加した若者たちは、ちゃんと選挙に行ったのかさえ怪しいものです。(^^;)

反戦・非戦を謳うなら、自らが冷静になること。ヘイトスピーチや暴力に訴えないことが大事だと思うのです。
先ほどの纏めサイトから、元在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長の動画も貼っておきます。

とても冷静に根気強く自らの考えを語っていらっしゃいます。
民主主義や報道の中立性がどうあるべきか、沖縄の重要性や抑止力なども分かりやすく説明してくれています。民主主義先進国の見本ですね。少々長いですが、見ておくべき動画だと思います。

今日の本題はここまで。
「続きを読む」にその他雑感を記しておきます。

(byぶらっと)

続きを読む "ヘイトスピーチはダメだよねぇ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

水木しげるの戦争と新聞報道展

パルコ1/8計画を見に調布へ行ったついでに、調布市文化会館で開催されていた「水木しげるの戦争と新聞報道展」にも足を運びました。(こちらは9月13日で終了しています。)Mizuki_1水木氏の戦争体験については、以前「水木しげるのラバウル戦記」を読んだことがあります。
今回の展覧会では、この作品も取り上げられていましたが、読んだ当時のことを思い出しました。実際に大変な思いをされ、生還された水木氏の言葉だけに、非常に説得力があります。Mizuki_2※こちらの写真はクリックで拡大します。

思うことはただ一つ、「戦争なんてするもんじゃない」ということです。
戦場に駆り出される人、戦争に巻き込まれる市民。勝っても負けても悲惨な現実は戦後もずっと続きます。
近頃は映画「野火」が若者の間で評判らしいですね。私は見ていませんが。(^^;) 今さら映画で見るまでもなく、これまでの人生で色々なものを見て感じてきましたし、世界に目を向ければ中東やアフリカからのヨーロッパへの難民など、悲惨な状況はリアルタイムで現実の話なのですから。
とにかく戦争なんて絶対にしてはいけません。

ちょうど国会では安保法案の審議が佳境に入っているところです。審議が佳境なのか、審議そっちのけで足の引っ張り合いをしてるのか疑問ではありますが。\(^o^)/
賛成派も反対派も、「戦争反対」の意見に相違はないはず(と思いたい)。 それをどう実現するかというところで、殴られたら殴り返す用意があることを明確にして殴られないようにするのか、右の頬をぶたれたら左の頬も出すことで「戦争」だけは回避するのか、与党と野党の言い分はそんな風に感じられます。

普通に考えたら、国の政治を後者の意見の人に任せるなんてありえないと思うのですが、報道などのミスリードもあって「良く分からないけど反対」という人も多いように感じます。
街頭インタビューなども「賛成か反対か」だけじゃなくて、「なぜ反対か」まで突っ込んで訊いてみてほしいのですよ。
反対意見の中には「違憲だから」という根拠を上げる人もいますが、憲法学者などがそう言っているだけで、最高裁で違憲とされた訳じゃないんですよね。もちろん、明示的に合憲とされたかどうかも怪しいので、そこを論点にするのでなく、どう国を守るかを審議してほしいものです。

あと、今回の「戦争と新聞報道展」で改めて思ったのが、いつの時代も新聞は平気で捏造記事を書くってこと。大事なことは事実のみを報道して、自社のフィルターを通して報道するのは止めていただきたいです。

そうそう、野党の方々。違憲がいかんというなら、最高裁で違憲判決が出まくっている1票の格差を先に何とかしてください。君たちの地位は、違憲の上に成り立ってるんですよ。www 

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

終戦記念日に安倍談話を読む

安倍総理の戦後70年談話が出されました。
生では聞けなかったので、帰宅後にテレビニュースを見たのですが、相変わらずの断片報道にうんざり。「4つのキーワード」が使われているか、どのような文脈で使っているのかばかりを切り出して論じています。

そもそも「70年談話を出す」と聞いたとき、過去の談話を踏襲しなければアジアの特定国は批判するだろうし、丸々踏襲するなら改めて出す意味もないし、どうするんだろうと思いました。
しかし改めて全文を読むと、とても良い談話だと分かります。
戦争という手段を選択せざるを得なくなった当時の世界の状況に触れ、日本の過去を振り返りつつ、これからの世界に貢献していくことを約する。戦争を否定しつつ、次の世代に引きずらないよう謝罪に区切りをつける。
少々長いですが、マスコミフィルターを通さずにしっかり読んで、良いにしろ悪いにしろ自分で考えるべき文章だと思います。

戦後70年ということで、国連で「自虐史観に終止符を」というスピーチをした方がいらっしゃるそうです。フィフィさんのツイートで知りました。
これはこれで極論を含むことに疑問もあるので、直接リンクは貼りません。興味のある方はフィフィさんのツイートへのリンク経由でどうぞ。

いずれにしても、そろそろ過去に一区切りをつけ、未来志向に切り替えても良い頃でしょう。
安倍談話は世界でもほぼ好意的に受け入れられているようですし、これを戦後談話の締めくくりとしてほしいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧