書籍・雑誌

2021年1月28日 (木)

読了【へんな西洋絵画】

これもこの時の本です。じっくり読むタイプの本ではありませんが、絵画鑑賞に「興味が無い」とか「絵画は敷居が高い」と思う人にはお薦めの一冊でした。そういうのを吹っ飛ばす楽しい本です。
絵を見て「なにこれ変なの」って感じたら、それを面白がればいい。それが入り口になって絵を見ていくと、変に描いてる理由が分かってくる。そして西洋絵画の決まり事を知ったりその時代の流行が分かったりして、鑑賞の幅が広がりますよ...っていう本です。

Img_5173
マグダラのマリアでお気に入りになったカルロ・クリヴェッリの聖母子像だってこの通り。幼子イエスはぶすっとしたオッサン顔ですよ。(笑) 「幼子イエスは威厳を持たせる」が決まり事なのですが、結果が斜め45度ですよね。(笑)
Img_5174
これもカルロ・クリヴェッリですが、子どもはみんな『鷹の爪』に出てくる吉田くんみたいです。西洋絵画の子どもは可愛くないのが当然。子どもが可愛く描かれるのは近代の話ですから。
Img_5177
これはクエンティン・マサイスの『醜女の肖像』です。『不思議の国のアリス』の挿絵で見る公爵夫人のモデルと言われています。これは『風刺画』で、年甲斐もなく色気づいてる女性とのこと。
『風刺画』や『教訓画』はお国柄が出るので、変な絵が多く日本人には理解が難しいです。
Img_5179
さて、『官能美術史』でも数多く紹介されていたウィリアム・ブーグロー。艶やかで美しい絵の他に、こんなのもありました。(笑) 綺麗に背中に入った膝!のど元にガブリ!とんだラフプレーのような絵です。『神曲 地獄編』の登場人物らしいです。
さらっと読めて、そのうえ西洋絵画の流れも分かる、とにかく面白い本でした。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

読了【美しいものを見に行くツアーひとり参加】

友人がご機嫌伺い(?)にチョコと一緒に送ってきてくれた本です。
Img_5168
もうずっと会えてないから嬉しい便りです。彼女は益田ミリさんのエッセイが好きなようで、以前一冊貰ったことがありました。これも読み終わったからくれたんだろうと推測。
表紙を何度見ても「美味しいものを~」と読み間違います。だって彼女は食べるの大好きだから。(^^;

さて、著者が美しいの上げた6か所は、北欧のオーロラ、ドイツのクリスマスマーケット、フランスのモンサンミッシェル、ブラジルのリオのカーニバル、台湾の平渓天燈祭、カナダのプリンスエドワード島でした。
Img_5169
私が行ったことがあるのはドイツだけ、友人は台湾の平渓天燈祭ですね。お互いその章は自分の思い出も重ねて読んだんじゃないでしょうか。ただ旅行記として読むには内容が薄くサラッとしています。「友達とした旅の思い出話」のようなものでした。軽く読めて興味を持つきっかけにはなるかな。
Img_5171
私の中にはリオのカーニバルは旅行の候補に入っていないのですが、これを読むとカーニバルのシステムやツアーでの鑑賞の仕方が分かってちょっとだけど興味が出ました。それ以外の場所は候補にしたこともあるので、今後の参考にはなりました。
...と言っても、このご時世です。いつ海外旅行が出来るようになるか分かりません。「あぁ、また旅行に行きたいな~」と、ウズウズするばかりです。その日は来ると信じて情報収集に勤しむか。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

読了【名画の中の植物】

本は買って来た時blogにしちゃうと「読んでもう一回blogにするってどうよ?」って思っちゃうんですよね。でも、最近ネタが拾えないので「まぁ~いっか!σ(^_^;)」ってことで感想です。

この時買った本【名画の中の植物】です。
いわゆる絵画はどこまで正確に花を描いているのでしょう?その花は実在したのでしょうか?
絵を見てもあまり考えたことがないと思いますが、それが結構面白かったりします。
Img_5154
人間の観察眼はいつから鋭くなったのか?最初に紀元前1350年頃の壁画が登場しました。色彩も鮮やかに残っていますが、動植物が多く描かれています。特に動物が生き生きしています。これが紀元前のモノってスゴイ・・・。この壁画で動物や昆虫、魚の種類も正確に特定できるほどです。まぁ、植物はそれに比べると残念ですが。(笑)

この本は紀元前から遡り、15点の絵画に描かれている植物について解説しています。著者が植物学者なので、植物に関しての説明はちょっと難しく感じました。三出複葉、輪生葉など、聞いたことないよ。(^^;
とは言え、植物の説明に偏らず画家や作品の解説、時代背景なども書かれているので雑学的にも満足いく内容です。
Img_5157_x
“花のブリューゲル”と呼ばれたヤン・ブリューゲル(父)の絵は、華麗で圧倒されますが、どの花も特定できるほど正確です。また、ジャーマンアイリスに見える花は、当時品種としてはまだないので「~イリス・パリダ、なかでもダルマッチア地方に産するイリリカ亜種に似ている~」など、生息地などにも言及します。
そういうことが分かるのも凄いけど、世界各地から珍しい花を集めていたオランダ・ベルギーの貿易もスゴイよね。

植物と絵画の関係や流行なども見えてきて、とても面白い本でした。興味があったら是非お薦めしたい本です。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

「官能美術史」読了

この時に購入した本を読了しました。
てっきり“ふらっと”が読んだうえで薦めてくれたと思っていたら、「まだパラパラと拾い読みしただけ」だって。先に読んじゃったので、読後感など記しておきましょう。

まず、なんといっても通勤電車での読みにくさです!
Cimg7363
大概は座れるのですが、立っている人に上から覗きこまれないよう、隣に座る人に見えないよう、こそこそと読んでましたよ。(^^;)
Cimg7364
絵画に興味がある人なら「あぁ、美術書を読んでいるのね」と分かりそうなものですが、裸に次ぐ裸の絵は、知らない人が見たら「ヘンタイ!」って感じですよね。
Cimg7367
これとか超有名な絵ですが、知らなければ絶対にヤバいヤツと思われますよ。

それはそれとして、神話に絡めたりしながら(官能に関わる)テーマごとに纏めてあるので、絵を知るにも神話の知識を深めるにも良くできた書籍です。一度で覚えきれるほど記憶力が良くないので、折に触れて何度も読み返しても良いと思います。

大きな収穫の一つが、アムステルダム国立美術館で観て“ふらっと”がとても気に入ったカルロ・クリヴェッリの「マグダラのマリア」が掲載されていたこと。
Cimg7368
現地では絵葉書とか買えずにがっかりしていたので。

あと、この著者の方、ブグローがお好きなようですね。(2枚目に貼ったクピドの右側もブグローです。)
Cimg7365
割と多めに掲載されていました。綺麗な絵なので、この本で知ることができて良かったです。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

『連合赤軍事件-50年目の真相-』

先日買った本の感想です。1日くらいでさらっと読める内容でした。予想通りだったけど、もうちょっと期待してたよ。(笑)
まず漠然と“連合赤軍”と呼んでいた人たちの成り立ちを整理します。“共産主義同盟赤軍派(略称:赤軍派)”が一斉検挙され、『(残り)赤軍派+革命左派=連合赤軍』と『(残り)赤軍派=日本赤軍』の2つに分かれ、それぞれが起こした事件について書いてます。

メインは“あさま山荘事件”を中心に、そこに至る事件や当事者の後日談などです。連合赤軍の事件ではありませんが、母体の赤軍派の事件(ハイジャック)や日本赤軍が起こした事件についても少し書かれていました。ハイジャックして北朝鮮に渡った人たちのその後についてもあります。
結局期待した理想や理念は書かれていませんでした。その時代についてもっと勉強しないとダメなんだろうなぁ。学生運動とか60年代安保闘争とか。でも、それでも「山岳ベース事件」→「あさま山荘事件」を理解できるかは不明です。その心理的な状況はオウムの事件にも共通すると感じました。

テロに無縁そうな日本も70年代は世界にテロ輸出していたんだなぁ~と。結構いろんな国で日本赤軍はテロ事件を起こしてました。もう忘れ去られた感は否めません。未だ指名手配という人もいるし、獄中や北朝鮮にいる人も・・・。その人達は何を思うんでしょうね。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

衝動買いだけど興味があるの

先日本屋で衝動的に買ってしまった本。
Img_5152
【連合赤軍事件】
生まれる前から幼少期の頃の事件です。政治的信念と暴力・犯罪が結びつかない平和な時代を生きていると思っているのですが、ちょっとズレてたらもっと身近にこの事件を見ていたかもしれません。
「よど号」「あさま山荘」事件を通して、彼らの理想や理念などについてもっと知りたいです。そして今現在の自分たちや日本についてどう考えているのかも知りたいです。そこまでは書いてないと思いますけどねえ。(^^;

【大本営参謀の情報戦記】
太平洋戦争中、日本は情報収集とその解析を軽視したことで悲劇に見舞われた。その当事者の回顧録らしいので興味が出ました。
説明しても分からない脳筋上司を相手に苦労する話が“実話”という涙無くして語れない本かな。(^^; 難しそうな感じなので、じっくり読みたいと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

今年はなるべく行きたい美術展

昨年はコロナのおかげで行けなかった美術展が沢山ありました。そもそも開催されなかった美術展も。orz 今現在の状況を見て悲観的になりがちですが、希望は失わず「今年こそ...」と。(T-T)
Cimg7307
と言うことで、気持ちをアゲアゲにする為に買ってきました2021年の美術展特集雑誌です。
最初に山田五郎×山下裕二の対談があり、注目の美術展をお薦めポイントなどを語りながら紹介しています。それを読むだけでも気分が高揚しますね。(^v^)
その後、各美術展の内容と目玉をピックアップ。どれに行こうかワクワクします。東京以外の展覧会は涙を飲むけどな。(i_i)

【気になる美術展をメモメモ!】
01.吉田博展 東京都美術館 1/26-3/28
02.奈良・中尊寺の国宝展 1/26-3/21(九州)
03.トライアローグ 横浜美術館 -2/28
04.古代エジプト展 江戸東京博物館/東京富士美術館 (-4/4/秋頃)
05.古代エジプト展 Bunkamuraザ・ミュージアム 4/16-6/27
06.笠松紫浪(最後の新版画) 太田記念美術館 2/2-3/28
07.川合玉堂 山種美術館 2/6-4/4
08.小村雪岱スタイル 三井記念美術館 2/6-4/18
09.絵画のドレス/ドレスの絵画 東京富士美術館 2/13-5/9
10.コンスタブル展 三菱一号館美術館 2/20-5/30
11.あやしい絵展 東京国立近代美術館 3/23-5/16
12.モンドリアン展 SOMPO美術館 3/23-6/6
13.カラヴァッジョ 国立新美術館 3/24-5/10
14.渡辺省亭 東京藝術大学 3/27-5/23
15.ミネアポリス美術館(日本絵画の名品) サントリー美術館 4/14-6/27
16.グランマ・モーゼス 世田谷美術館 11/20-2/27
17.コレクター福富太郎の眼 東京ステーションギャラリー 4/24-6/27
18.聖徳太子と法隆寺 東京国立博物館 7/13-9/5
19.上村松園 京都市京セラ美術館 7/17-9/12(京都)
20.聖徳太子-日出づる処の天子- サントリー美術館 11/17-1/10
21.マティス 自由なフォルム 国立新美術館 9/15-12/13
22.動物の絵 日本とヨーロッパ 府中市美術館 9/18-11/28
23.川瀬巴水展 SOMPO美術館 10/2-12/26
24.曾我蕭白 愛知県立美術館 10/8-11/21(愛知)
25.最澄と天台宗のすべて 東京国立博物館 10/12-11/21
26.印象派・光の系譜 三菱一号館美術館 10/15-1/16

【その他】
27.田中一村展 千葉市美術館 1/5-2/28(千葉)
28.日本のたてもの 東京3館同時開催
29.ガンダーラの仏像と仏伝浮彫 半蔵門ミュージアム -2/28
30.きらきらでん 根津美術館 1/9-2/14
31.狩野派と土佐派 根津美術館 2/25-3/31
32.国宝 燕子花図屏風 根津美術館 4/17-5/16
33.鈴木其一・夏秋渓流図 根津美術館 11/3-12/19

こんなの...絶対無理じゃん。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

大塚康生画集

たまたま本屋さんで見かけて、衝動買いしてしまいました。
Cimg6999
「『ルパン三世』と車と機関車と」という副題が付いているとおり、大塚氏の大好きな車と機関車を中心とした画集です。
大塚氏の本といえば、我が家には10年前の「エンスー天国 」とか、「作画汗まみれ」とかがあります。
Cimg7168
後者は何度か改訂版が出ていますが、うちにあるのは1982年の初刷という年季の入ったものです。
Cimg7169
今回の画集に入っている絵も掲載されていましたが、やはり大判の画集は良いですね。眺めているだけで大満足です。
Cimg7170
懐かしい絵を見つけて、30年以上前のプラモのボックスを引っ張り出してみたり。これは、しばらく楽しめますね。

(byぶらっと)

 

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

本だらけ。

元々がニート主婦とは言え、自粛生活のストレスっていうのはあるものですね。「なんかパーッと発散したい(><)」と、本屋に行ったりしてアレコレ気になるものを探してみました。
最終的に選らんで買ったのがこちらです。
Img_5105
【会計の世界史】
前にジェイコブ・ソールの【帳簿の世界史】を読んで、凄く面白かったので興味が湧いた本です。ただ文庫じゃないから迷ってました。
王様や戦争という視点ではなく、お金の視点から歴史を見るのは面白いです。それと帳簿や為替(銀行業務)や紙幣、手形などの発展を合わせるとさらに興味は尽きません。この本はどんな風にそれらを見せてくれるのかとても楽しみです。

【マンガでわかる西洋絵画のモチーフ/西洋絵画の見かた・聖書編】
この手の本は既に持っているのですが、これは代表的な絵と挿絵(マンガ)で読みやすくなっています。解説も端的にまとめられていて分かりやすいので気に入りました。この2冊はダブる部分も多いのですが、聖書編ではより詳しくなっているので両方でも損はないなぁと購入決定。
西洋絵画に聖書とモチーフは切り離せないので、両方読んでガッツリ復習したいと思います。

【名画の中の植物】
これも迷っていた本です。もう一冊【歴史の中の植物-花と樹木のヨーロッパ史】と迷ったのですが、あちらは植物図鑑的な印象だったのでやめました。こちらは画家と描かれている花にスポットを当てているので、読み物として楽しめそうです。

【へんな西洋絵画】
絵画鑑賞してると「なんだこれ?」って思う絵は多いし、そういう突っ込みをしながら鑑賞するのは楽しいです。そんな視点で有名な絵からマニアックなところまで「よくぞ集めたな!」って感心する本です。パラパラめくってちょっと読んだだけで面白いと思えたので購入。これでまた好きな絵や画家が増えそうです。(^^;

(byふらっと)

 

 

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

官能美術史

タイトルを見るとアレなのですが、美術史としては重要な題材です。
Img_5065
「なんで西洋絵画の女性(多くは女神)は裸なの?」って、誰でも一度は不思議に思うことだと思います。そんな素朴な疑問からアトリビュートや図像解釈学(イコノロジー)の話まで解説があるっぽい本です。まだチラ見しただけで読んでないけど。(^^;
200点以上の絵を見ながら、愛に関するアレコレ(恋愛、愛憎、不倫、同性愛などなど)が読めそうです。凄く面白そうです。(^m^*

ちなみに同じシリーズ(?)で以前『竹宮恵子カレイドスコープ展』で『美少年美術史』を買いました。こちらもお薦めよ!(笑)
こういったテーマ別に絵画を見ていくのも面白いです。沢山の知らない絵や画家に出会えるのも収穫です。ここのところ近代や印象派の絵ばかり見ていたので、久しぶりに古典画の話を楽しみたいと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧