書籍・雑誌

2017年3月23日 (木)

「シドモア日本紀行」読了

明治時代に日本を旅したアメリカ人女性の旅行記です。
作者はアメリカの首都ワシントンD.C.のポトマック河畔に桜を植えるきっかけを作ったシドモア女史。
何度も来日して日本中を旅して回る中で、年に一度だけ家族や友人で桜の下に集まって花見を心から楽しむ姿に感銘し、祖国アメリカでも同じような集いの場を作りたいと思ったそうです。(と言う話が、タイミング良く先週の「世界ふしぎ発見!」でも紹介されました。)
Sakura

紀行は横浜に上陸したところから始まり、東京へ。日光を観光した後は東海道を下ります。富士山登頂、箱根、静岡、京都、奈良、大阪、神戸、瀬戸内海から長崎まで。
当時は珍しい「外人」という存在と、たぶん一般の日本国民より裕福だったのもあるのでしょう、とにかく旅を満喫しまくり。観菊会(秋の園遊会)に招待されたり、千家の茶室でのお茶会や並河靖之の工房を訪ねたり。先日の並河靖之展でも来訪外国人として紹介されていました。

明治時代の風俗、習慣なども興味深く読めますし、日本文化や日本民族に対する造詣も深く、日本人としても学ぶことだらけ。
ちょっと前に「ブラタモリ」で取り上げていた神戸の成り立ちなんかも、ほぼ正確に把握してるし。
日本人の根本的な性質を見定めた指摘など、100年以上経った今でも通用するのには驚きました。

「読書」という意味では、一つ一つの話題が2~3ページ毎の細切れなので短時間でも少しずつ読み進めやすい反面、のめり込みにくいのが難点です。
通勤電車で読んでいると、ついつい話の切れ目で一休みしてしまい、そのまま睡眠モードへ。(-.-)zZ 座れちゃうと、ついね。
460ページ余りの分厚い本なので、そんなペースだと読み終わるのに数カ月かかりました。読み始めたのが昨年12月6日に「次は少し硬い本を」と書いた直後。
結局3カ月も同じ本を読んでいたんですね。

次はサクサク読める本にしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

着物の事典

着付け教室に通い始め、自分が持っている着物の整理をしていると、どれほど知識が無いかを思い知らされるわけですよ。着物と帯の種類と格とか手入れ方法とか・・・。教室の先生に相談すると「どれでもいいのよ。あなたのセンス次第。(^v^)」と優しく言われる。orz だからそれが一番難しいんでしょーがー。o(;△;)o
やぱり地道に自分で学んでいかないとね。f(^^; と言うことで、一冊買ってみました。とりあえず、自分が持っている着物の種類くらい知らないと帯を決めるのも不安です。
基本的には普段着の知識で十分ですが、着物は奥が深いから知る事自体も楽しそうです。読んだら今度は見たくなり、見てたら欲しくなり・・・沼にハマっていくようすが手に取るようだ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

漫画と小説と

2月は楽しみにしていた漫画が多くでました。『ダンジョン飯』もそうでしたが、今回買った『腐男子社長』もその一つです。Book_4その上、書店別のペーパーは「とらの穴」狙いでわざわざ新宿まで買いに行きました。(^^; ネットで読んでいたので、本当に楽しみにしていました。読んでない話もたっぷりだったので大満足です。既に次巻が待ち遠しい。((w´ω`w))
『新米姉妹のふたりごはん』も出ています。こちらは軽く読みつつ、ついでになにか自分でも作れそうな物はないかと。(^^* 架空(作れないレシピ)の『ダンジョン飯』とはまた違った楽しみ方です。
試し読みで面白そうだった漫画『とんがり帽子のアトリエ』も面白かったのでお薦めです。今後の展開が気になる。(><) 早く次巻が出て欲しい。

小説は最近は溜まるばかりで購入を控えたいところですが、まぁ続き物の最新刊が出ていたので確保!『花魁さん~』も『浜村渚~』も軽い内容なので、一気読みしないでチビチビ読んで行こう。
『ロボット・イン・ザ・ガーデン』はなるべく早く読みたい。主人公がロボットとどんな旅をするのか気になります。次のイベント準備で余裕がなくなるまでに、積み本を消化したい・・・といつも思っているのですよ。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

麗しのドレス図鑑

「こんな本が欲しかった!(゚▽゚*)」という本を見つけました。マール社の“イラストでわかる麗しのドレス図鑑”です。
15世紀(ゴシック期)から20世紀初頭までのドレスをイラストで解説している本です。ドレスだけではなく下着や髪型、靴やバックなどの小物についても書かれています。入門書としては良い内容だと思います。
ただ『ドレスの基礎知識を活用してイラストを描きましょう!ヽ(´▽`)/』というコンセプトなので、各章の終わりにファンタジー風などのアレンジイラストがあるのは・・・。(^^; そのページ数をもう少し突っ込んだ解説ページに割いて欲しかったな。
Book_1内容はamazonのサイトに13点の写真があるので是非。
以前友人にもらったコスチューム本の内容と見比べながら読むと面白いですし、もっと調べたいこともボロボロ出ています。(笑)Book_2これもフィギュアに活かしたいのですが難しいです。(--; 構想がまとまらない。ただその時代のドレスを着た女性にしちゃうのはどうかと思うし。ポーズ?シチュエーション?うーーん・・・。しばらく悩む時間が続きそうです。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

「屍者の帝国」読了

劇場版アニメをきっかけに購入した文庫本。友人の薦めもあり読み始めたものの、読了まではずいぶんかかりました。そして、読み終わって感想を書き始めてからも、どうにもまとまらず1年以上経ってしまいました。そのくらい「分からない」作品ですが、劇場版「虐殺器官」公開記念でテレビ放映された「屍者の帝国」を見たのを契機に、blogに記録を刻んでおきたいと思います。

亡くなってしまった作家さんの未完の作品の続きを書くことの是非とか、伊藤計劃氏だったら本当にこう書いただろうかとか、いろんな疑問を感じつつ読んだというのも事実ですが、それ以上に円城塔氏の文章は私には合わなかったというのが大きいです。
先入観を抜きにしても、どうも読んでいてワクワクしてこない。(><)

文章について語れる能力などないので“なんとなくな感覚”だけですが、伊藤計劃氏が書いたプロローグ部分は読んでいてワクワクするんですよ。
ストーリーの展開の仕方なのか、取っ付きやすくて分かりやすい(と錯覚させる?)文章なのか、分かったつもりにさせておいて想像もできない展開になるところなのか。虐殺器官とハーモニーしか読んでいないので、何とも言えませんが。
ところが、円城塔氏の執筆部分に入ると、どうにも頭に入ってこない。情景が浮かばない。これはもう、相性なんでしょうね。もう、ストーリーがどうとか、結末がどうとか以前の問題でした。

もちろん、伊藤計劃氏が自分の死を覚悟して、後に託すためにプロットを残したわけではないという抵抗感もあったのでしょう。
「ゼロの使い魔」のように、作者さん自身が残された時間を悟り、後に託すために完結までのプロットを残し、託された作家さんも匿名のまま出版する。そのくらい徹底していたら、また違った受け入れ方ができたのかもしれません。

劇場版アニメを見てしまって、半端に前提知識を得てしまったのも良くなかったのもあるでしょう。が、アニメを見て、原作を読んで、再度アニメを見て、「自分には合わなかった」と結論づけることとなりました。

さて、劇場版の「虐殺器官」が始まっています。ワンフェス準備の隙を突いて見に行くか、ワンフェス明けに見に行くか。いずれにしても、そちらを楽しみにいたしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

週刊「インプレッサをつくる」

会社帰りに本屋に寄ったら、アシェットより週刊「スバルインプレッサをつくる」なるものが出ていました。どうやら1月5日に発売になったようです。

買い始めると大変なので、チラシだけもらってきました。※チラシの写真はクリックで拡大します。Impreza_2毎号コツコツとパーツを集めて1/8サイズで2003年のWRCarを完成させると、全長55cmにもなるらしいです。仕様は初戦モンテカルロのペター・ソルベルグ車。この年ペターは年間チャンピオンに輝きますが、初戦はリタイアしてたり。(^^;)

大きいだけあって、ギミックもすごいです。

創刊号のみ299円ですが、以降は1,799円。全110号を予定しているということは、完成までに2年で20万円近くかかるということ!Σ( ̄ロ ̄lll) いくらなんでも付き合いきれないなぁ。Impreza_1ただ、マガジンコンテンツの「歴代のスバル車を図鑑風に紹介する」というスバル名車図鑑だけは気になります。110号分となると、グレードや年式など相当細かく紹介するのかな。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

行くぞ台湾!

来週から旦那さまの両親と台湾旅行です。飛行機、ホテル、現地ツアーなど準備はちょっとずつしてきました。でもまだまだ!どこ行こう!なに食べよう!((ノ)゚ω(ヾ))と悩んでいます。それはそれで楽しい。(笑)Taiwan_1・・・と言う事で、買ってしまった雑誌とグルメ本。(^^;
雑誌の方は以前にも同じようなのを買っていますが、新しい情報を求めて購入。もう一つがAiwan氏の『食べ台湾』というblog記事を書籍化したもの。Taiwan_2お店の雰囲気や注文の仕方、食べた感想が漫画で書かれています。読みやすいです。Taiwan_3実際の写真もあります。漫画だけじゃなくて良かった。(;´▽`A``

いくつかのお店は行った事がありますが、ほとんど知らないお店でした。これは一度行かねばなるまい!(*゚∀゚)=3
今回は台湾初めての両親が一緒なので、いきなり地元グルメで攻めるのもどうかと思うので、初心者にも優しそうなお店を探そうと思います。f(^^; 濃そうなお店は自分だけの時に。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

自撮りライト

twitterで話題になっていた自撮りライト。Cancam_1_2※ツイート画像はクリックで元ツイートにリンクします。
フィギュアや小物など、いろいろな物の撮影に効果を発揮しているツイートが続々とタイムラインに流れてきて、思わず買っちゃいました、CanCam 2月号。(≧∇≦)Cancam_2
さっそく「自分史上最強」という自撮りライトを試してみました。Cancam_4※この画像はクリックで拡大します。
左から蛍光灯のみ、自撮りライト使用、自撮りライト使用をフォトショップでカラーバランス調整したものです。
結構明るいLEDなのでホワイトバランスを調整しないと白すぎたり、近すぎると明るすぎたりしますが、手軽なのが良いです。市販フィギュアや仮組み程度でフォトラを出すのは面倒なときに重宝します。

amazonさんで「自撮りライト」を検索すると、単体でも同じような商品があります。が、千円以上するんですよ。(^^;) CanCamは、雑誌付きで720円とお手頃価格。「若い女性のファッション誌なんていらないだろ!」と突っ込まれそうですが、これがなかなか侮れません。
全体のページの半分近くが写真の撮り方特集です。「かわいく自撮り」は置いといて、人+背景のアングルとか、小物や料理の撮り方のコツとか、旅のスナップとか、写真専門誌とは違って素人にも取っつきやすく分かりやすく書かれています。これは思わぬ収穫で、買って正解でした。

朝っぱらからオッサンがローソンで買うのはどうかと思ったけどね。\(^o^)/Cancam_3うん、ちょっと安心した。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

「鹿男あをによし」読了

「あをによし」と言えば奈良の枕詞。先日奈良に行くことになった際、長い移動時間を潰すのに軽い本を読もうと本棚を探し、積んであった「鹿男あをによし」を読むことにしました。
ページ数が多すぎて往復では読み終わらなかったんですけどね。Nara_7 舞台となった奈良の土地勘がないので、観光案内所で地図をもらったり。\(^o^)/
なんか、数年前にドラマ化されたらしいのですが、blogを書くためにググってみるまで知りませんでした。

京都と奈良の違いはありますが、森見登美彦氏の「有頂天家族」に通じる荒唐無稽な展開が面白く、確かにドラマ向きだと思います。
...と思ったら、「鴨川ホルモー」の作家さんでした。何年か前に「四畳半神話体系」とかと前後して京都繋がりで読んだっけ。どうりでね。
本作は「鴨川ホルモー」に続く2作目。今さら?ってくらい、ずいぶん古い本でした。

物語の導入部はちょっと鬱っぽく、面白くなるまでが結構長いので、弾みがつくまでは微妙な感じでした。でも、物語が動き出すとあっという間に読み進めてしまいますし、伏線もしっかり回収されていたり、考古学に新説を唱えたり、読み応えがありました。そして、最後はちょっと良い話になってたりね。(*゚ー゚*)
序盤で諦めないで読み進めて良かったです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

螺旋時空の眼鏡に乾杯?

“ふらっと”が見繕ってきた軽めのお話を立て続けに読んだのでメモ。
読んだ順に「螺旋時空のラビリンス」、「神酒クリニック」シリーズ①②、「時をかける眼鏡」シリーズ①②(既刊④)の5冊分です。

◇螺旋時空のラビリンス
ディストピアな未来でのタイムリープものなのですが、「タイムパラドックス上等!」という展開が斬新です。ギリギリ綱渡りな感じながら、オチもしっかりついてましたし。
これがデビュー作だというので「次回作を読みたい」と言ったら、“ふらっと”は先に「宝石商リチャード氏の謎鑑定」シリーズを読んでいたらしく、「同じ作家さんだと気づいていたらこっちは買わなかった」とまで言い切りました。(><)
え~? けっこう面白かったのになぁ...。

◇神酒クリニックで乾杯を
トップクラスの医療スキルと隠れた裏技を持った医者集団が、患者の周囲の事件をも解決しちゃうお話。
常人離れした個性が集結したり、裏社会との繋がりまであったり、もうベタベタな超絶集団ストーリーです。推理ものとしては犯人が見え見えだったりもしますが、それでも「そう落とすか!」と納得させる展開もあり、軽く楽しく読んで、スッキリする感じは息抜きにピッタリ。
続編が出たら、また読みたいと思います。

◇時をかける眼鏡
監察医を目指す学生がタイムスリップ(?)して、現代の知識で過去の殺人事件の真相を明らかにするというお話。2巻では元の世界に戻れるタイミング待ちということで、あちらの世界での日常系ミステリーになってます。
冒頭のタイムスリップ設定は、中世風ファンタジー世界に現代人を放り込むためだけ? 「時をかける」と言いつつ、行ったきりで駆けてないじゃん?と、始めの発想が面白いだけに勿体ない感じ。
それでも法医学だけでなく、医療だったり料理だったり王政の概念だったり、色々なギャップは読んでいて楽しめます。
ただ、暇つぶしにはなるけど、続編をすぐに読みたいというほどではないかな。(^^;)

他にも「小さいおじさん」とか薦められて読んだんだけど、これはもう何とも言えない...(^^;)
若手作家さんのような軽い文章と薄い内容なのに、プロフィール見ると自分と同年代とか。orz

ちょっと軽い本が続いたので、そろそろ少し堅めの本が読みたくなってきました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧