映画・テレビ

2020年9月18日 (金)

劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

公開が延びていた劇場版、公開初日に行ってきました。前回の外伝では、2日目に観に行ったらパンフは完売、入場特典も終了だったので。
今回は初日だし、新型コロナ対策で定員が半分に制限されているので、パンフも入場特典もゲットできました。それでもチケットの販売状況をチェックすると、どの回もほぼ満席。皆さんの期待の高さがうかがえます。
Cimg6443
「愛してる」が少しは分かるようになったヴァイオレットの長い物語のフィナーレ。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、綺麗な終わり方の一つの在り様だったと思います。

あえてネタバレぎりぎりの書き方をするなら、「女性原作者らしい結末の付け方だなぁ」とだけ言っておきましょう。
テレビシリーズから継続しているエピソードも多いので、また1話から見返したくなります。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

深沢小さな美術館

深沢小さな美術館は、あじさい山から車で5分くらいのところにある、友永詔三さんの美術館。以前から気になっていたので、帰りに寄ってみました。
目的はこれ!
Img_4944
NHKの人形劇「プリンプリン物語」の人形たちです。
Cimg6031
この狭いスペースに、みっちり100体くらいが飾ってあるそうです。すぐに名前が浮かぶものもあれば、見たことあるけど誰だっけ?というものまで。
Cimg6028 
作家さんご本人が美術館にいらっしゃって、来館者にいろいろ説明してくれるのも嬉しいです。写真もどうぞ~と勧めていただきました。

プリンプリンの他にも、多くの作品が展示されています。
Img_4918 
“ふらっと”が一番気に入ったという天馬。見上げると梁の上にも展示があるので、見落とさないように要注意です。
Img_4945
写真だと小さく見えますが、ポニーくらいのサイズがありました。以前は羽もあったそうです。
 
“ぶらっと”が一番気に入った「リンゴをお食べ」。
Cimg6059
魚頭の下駄履きの男女(?)が、お互いが手に持ったリンゴを差し出している不思議な作品です。

こちらの人形は、新型コロナの流行がなければ今年の春に劇をする予定だったそうです。
Img_4922
来年くらい、落ち着いたら仕切り直しを計画しているそうです。

こちらはマレーシアのお寺に依頼された仏像。
Img_4924
若いころ日本に留学した際に友永さんの造形に出会った僧侶の方が、自分のお寺を持てたので制作を依頼されたとか。近々海を渡る予定だそうです。

喫茶室のメニューはコーヒーか紅茶の二択。
Img_4950
スイートポテト付きで、コーヒーも2杯目のお代わりをいただけるうえ、美術館を観たお客さんは割引で400円にしてくれます。
とても落ち着くスペースで、時間を忘れてゆっくりお茶をしてきました。

あじさい山にもたくさん立っていた丸太の人形も、こちらの友永さんが創られたもの。
Cimg6019
街中の家々にも道しるべのように立っていて、移動の目印になります。

追々、プリンプリン物語の人形達をデザインした時のイラストも展示予定とか。これはまた行かなきゃいけませんね。Cimg6024
建物自体もカワイイし、ゆったりした時間の流れる素敵な場所でした。

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2020年6月20日 (土)

映画『ドクター・ドリトル』

映画『ドクター・ドリトル』を見てきました。全然見に行く気はなかったのですが、これが藤原啓治さんが日本語版の吹き替えをした最後の映画作品と言うことで行ってきました。(ivi)
Img_4868
映画としては普通です。動物が可愛かったり楽しかったりですが、ストーリーは凡庸としか言えない。(^^; 小学生くらいの子ども達が楽しんでくれればいいなと。
原作の『ドリトル先生』シリーズにある話なのか、登場人物だけ同じの別ストーリーなのかも分かりません。
「ドクター・ドリトル?それって昆虫記?」「それはファーブル!」って言うくらいズレてる私です。(^^; 
Img_4869
目的は藤原さん!早世されたのを悲しんだのは4月のこと。藤原さんは声を作ってる感じも、強く演じ分けてる感じもないのに、まったく別人になれる希な人だと感じてました。う~ん、うまく表現できないけど、声優さんの中でも不思議な魅力の人だと思っています。こうして映画を見て、惜しい方をなくしてしまったなとしみじみ思いました。

その他の声優さんも豪華です。森功至さんにはビックリだよ。正直、声優さん目当てで是非見てほしい!映画の感想としてはどうかと思いますが、声を聞きに映画館に行こう!(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

尾木ママのBC5

BS日テレの「愛車遍歴 No Car,No Life!」に初代レガシィが登場しました。
Cimg5308
教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏がゲストだったのですが、一時期スバルにハマったらしいです。
Cimg5304
3代目レオーネで4WDの走行安定性に惚れ込み、初代レガシィを8年乗った後に2代目レガシィ・ワゴンへ乗り換え。
今まで尾木ママの出演番組をきちんと見たことがありませんでしたが、この車歴から思うに「見た目通りの変わり者」だと確信しました。(褒めてます)

2代目レガシィの後はしばらく車なしの生活をして、テレビ出演で稼いだこともあり“あがり”のベンツへ。やはりベンツの乗り心地は格別だそうで、3台を乗り継がれたとのこと。
その後、高齢者の事故が多い問題を受け、自ら率先して免許を返納し、免許返納の広告塔を自任していらっしゃるとか。車好きとして責任を持った判断は、素晴らしいと思います。

初代レガシィはエアサス付きのセダンだったそうですが、市場に実車がなくてメーカーから貸してもらうという異例の対応。
Cimg5306
いや、工場祭なんか行くと初代レガシィはワゴンの方が多いとは言え、セダンに乗ってる人も結構います。「本日お車をお持ちいただいたのは、所有者の××さんです。」というパターンもありだったのでは? まぁ、EJエンジン終了の話なんかは、メーカーの方が来たからこそでしたけどね。
Cimg5307

それにしても、おぎやはぎのお二方は、相変わらずスバル車に興味がないご様子。国産だとスズキやマツダがお好きなようで、あとはGT-Rやスープラなど高級スポーツカーじゃないとテンションが上がりません。レガシィに乗りながら、「水平対向に乗りたくてBMWのバイク買っちゃった」とか意味不明な話しかしないし。
3週前には岩崎ひろみさんが登場して、CMつながりでレオーネが紹介されていました。
Cimg5314
その時の会話がこちら。
Cimg5315
このいい加減なフォントと斜めな配置が、スバルに対する扱いを物語っています。で、次のシーンがこれ。
Cimg5316
マジでスバル車が出てきたときの「どうでもいい」感は、なんとかならないですかね。ちょっと前に「羊の皮を被った狼」特集で2代目レガシィ・ワゴンが出たときも、「1台目のインテグラ タイプRは良かったね。3台目のアクセラもすごく良い。あれっ、2台目に乗ったのは何だったっけ?」というレガシィをまったく記憶に残さない対応。レオーネ時代のスバルに対する世間の反応を見るようで、懐かしいやら悔しいやら。

かろうじて溜飲が下がったのは、レガシィに乗った尾木ママが「初めて免許返納を後悔した」と認められたこと。
Cimg5309
ベンツに乗りながら返納された訳で、運転の楽しさではレガシィが勝ったということです...よね?
Cimg5310
我が家の車とそっくり同じな運転席で「自分にとっての車とは」を語る尾木ママ。良いですねぇ。

ところで、尾木ママが最初に乗った車として登場したカローラ。車の所有者が紹介されなかったので、販売店ではなく個人所有なのでしょう。
Cimg5295
実家の近所に30年以上前から同じ色の同じ車を1桁5ナンバーのまま維持している家があるのですが、その方が提供したんじゃないかという気がします。確かめる手段はないですけどね。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

「ためしてガッテン」を試してみた

山ちゃん(山寺宏一さん)のナレーションでお馴染み、NHKの「ためしてガッテン」。
毎回欠かさず見ているわけではありませんが、ここ2年くらいで見た中でも「目から鱗が!」となって試してみたBEST3を纏めてみたいと思います。

まずは第3位。ドゥルルル…ジャン!
髪の毛は短時間で乾かす
少し前にtwitterでも見かけた情報でしたが、髪を洗った後はできるだけ短時間で乾かすことが大事だとか。自然乾燥で徐々に乾かすのではなく、ドライヤーで一気に!
しかも、乾かした後はドライヤーの冷風で、これまた一気に冷やす! せっかく温風で乾かしても、徐々に温度が下がることで髪の毛が再び湿気を取り込んでしまうそうです。

私は短髪なので、以前は自然乾燥にまかせていました。が、寝て起きると寝癖が酷かったんです。
ところが一気に乾かして一気に冷やすようにしたら、翌朝ほとんど寝癖ができません。これはものすごく楽になりました。

続いて、第2位。ドゥルルル…ジャン!
歯磨きの後は口を濯がない
昔は界面活性剤が口腔内に残ると良くないと言われていましたが、歯磨きの後で残るくらいの量は気にする必要がないそうです。それよりもフッ素を少しでも高濃度で、少しでも長く残すことの方が良いとのこと。
そのためにも、昔は「付けなくても良いが、ミントの爽快感が欲しければ耳かき一杯程度」と言われていた歯磨き粉の量も、CMのように歯ブラシの長さ分たっぷり付けるべきだそうです。

言われてみればもっともですが、始めはちょっと抵抗がありました。
歯磨き前にしっかりうがいをして、ブラッシングもしっかり。まったく濯がないのも落ち着かないので、ほんの少しの水で軽く濯ぐくらいにしてみました。
慣れれば、ミント味の飴やガムを食べたくらいの感覚で、普通に過ごせるようになります。これで虫歯になりにくくなるかは、長い目で見なければわかりませんが。

さぁ、いよいよ第1位の発表です。ドゥルルル…ジャン!
靴下は裏返しで洗濯してください
...って、マジか!? いや、靴下のパッケージにも書いてあるって、そんなの見てないし!
靴下を洗濯機で洗う場合、外側の泥や油汚れは洗濯洗剤で落ちやすく、内側の皮脂汚れは落ちにくい。靴下の編み方としても、外側の天然繊維は洗濯で痛みやすく、内側の化学繊維は傷みにくい。
両方の理由から、裏返しで洗った方が痛みにくく、より綺麗になるとのこと。さらに、干すのも裏返しの方が良いらしいです。

たまに「裏返しで脱ぐ旦那さんと、いちいち表に戻して洗濯する奥さん」の話がネットで流れてきます。
もう戻す必要はなく、裏返しのまま洗えば良いのですよ。履くときに旦那さんが表に戻せば良いだけ。不毛な争いがなくなって、家庭も円満になるという一石二鳥の効果です。

ところが、物心ついてから裏返さずに脱いでいた私としては、意識しないと裏返しに脱ぐことを忘れてしまいます。また、つま先までしっかり裏返しで脱ぐ方が面倒だったりします。
頑張って実践していますが、なかなか慣れません。

番外として、以前のblogで取り上げたえごま油のお話。
1年以上も続けていますが、イマイチ目覚ましい効果というものが感じられません。健康診断の数値も微妙ですし。
“ふらっと”は効果を実感しているらしいので、こちらも当面続けていくつもりです。

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2020年3月 1日 (日)

劇場版「SHIROBAKO」

「どんどんドーナツ◎どーんと行こう!」
と言うことで、昨日から公開された劇場版「SHIROBAKO」を観てきました。TV版からもう5年になるんですね。
新型コロナウィルスの影響で空いているかと思いきや、ファーストデイということもあってそこそこの入りでした。そして、2日目なのに主要なグッズはあらかた完売でした。
Cimg5130
ストーリーは、ネタバレの心配もないくらいのもの。
TV版では1クールで1本ずつテレビシリーズのアニメを制作していました。その4年後から始まる劇場版では、劇場版アニメを作ります。
もちろん、TV版と同じようにドタバタあり、感動あり。オールスターキャストが、それぞれの得意分野で協力して作品を仕上げていきます。久しぶりにムサニの皆さんの仕事ぶりを垣間見て、元気をもらえる作品でした。

途中、ミュージカルシーンがあります。唐突に歌って踊りだし、空想の世界に入っていく展開は、ミュージカル好きにとって楽しめます。アニメづくりの現場の楽しさと、アニメ作品としての楽しさ。1つで2度楽しい作品です。
Cimg5129
こちらは入場特典のミニ色紙。全5種だそうですが、2人で行ってるのに同じ物を配るTOHO府中の気の利かなさにガッカリです。(前にも別の作品で同じ物だったし、今回も前の席の人も同じ物。シャッフルせずに同種のかたまりのまま配っているとしか思えません。)
入場特典は週替わりらしいです。だからといって、何度もは行きませんよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

映画「ハロー・ワールド」

先週末の土曜日、早起きして「ハロー・ワールド」を観てきました。
Hello_world
封切りから1カ月。それほどの話題作でもないためか、朝の1回しか上映がありません。(><)あまり話題としても聞かないのでイマイチなのかと心配しましたが、なかなかどうして。「君の名は。」に続けと制作されたというだけあって、しっかりした完成度でした。まぁ「この物語は、ラスト1秒でひっくり返る-」というキャッチコピーは少々大げさな気はしましたが。

一部の人からは「違和感がある」という感想が聞かれるCGは、ストーリーの面白さの方が勝っているのでほとんど気になりません。
映画向けプロモーション枠の若手俳優によるキャラクターボイスも、主人公の少年役がギリギリではありましたが、3人ともなんとか許容範囲というところでしょうか。

舞台の京都は綺麗な風景として描かれています。そこで繰り広げられるSFは、じっくり考察したいタイプの作品です。
主人公の少年の部屋に置かれたハヤカワ文庫などの書籍や、大人になった主人公の部屋にかけられたアンドリュー・ワイエスの絵画(これは"ふらっと"が気が付きました)とか、DVDが出たらストーリーを理解した上で再度見返したいですね。色々と深掘りしていくと面白そうな作品です。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

銘菓『こもかぶり』

先日の【加賀百万石展】をちらりと覗いてきました。ここで買いたいと思っていたのが『こもかぶり』です。Komokaburi_1
栗を丸ごと1粒餡子で包み、さらにどら焼きの皮みたいなので包んだお菓子です。その包まれ方が独特ですが、これは武家屋敷の壁を雪害から守るために藁で覆った姿を模したらしいです。
Komokaburi_2

さて、どうして『こもかぶり』が食べたかったかというと、HTB(北海道テレビ)の開局50周年記念ドラマ『チャンネルはそのまま!』で見たからです。(笑)
Komokaburi_3
この中でデパートの物産展を生中継するシーンがまったく同じ【加賀百万石展】なんですよ。そのシーンでは藤やんも登場します。
Komokaburi_5
討ち入りのような出で立ちなのが、なかなか笑えました。美味しいものを次々まわる藤やんと主人公。甘いものに目がない藤やんにぴったりのシーンでした。
Komokaburi_4
ドラマでは実演販売されていましたが、今回は個包装のお土産っぽいのしか売ってませんでした。色んなお店が同じ名前の商品を出していることからも、これが金沢の銘菓であることは分かりました。
お味の感想を忘れてましたが、美味しいに決まってます。(笑) この素材の組み合わせで美味しくないわけないじゃないですか!!今度はドラマで登場したお店のも食べてみたいです。

(byふらっと)

| | コメント (2)

2019年9月 7日 (土)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝

昨日から公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形ー」を観てきました。テレビシリーズの頃から素晴らしい作品で、涙なしには見られませんでした。この「外伝」と来年の「劇場版」はとても楽しみにしていました。
まだ公開2日目なのでストーリーには触れませんが、テレビシリーズ同様に感動的なとても良いお話でした。
大きな事件やバタバタした展開はありませんが、個々の心情を静かに表現して全体的に詩的に表現されていました。この辺は好みの差が出るかも知れません。
Cimg3351
あの事件があって公開を心配していましたが、事件の前日に完成していたそうです。来年公開予定だった「劇場版」の方は延期が決まったそうですが、公開目指して制作中とのこと。完成を楽しみに待ちたいと思います。
Cimg3352
あんな事件があったからか、注目度はとても高いようです。
劇場はほぼ満席。公開2日目にしてパンフレットも完売だし、入場特典の小冊子も配布終了でした。
なんとも複雑な気持ちです。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

映画「アルキメデスの大戦」

遅ればせながら、日曜日に「アルキメデスの大戦」を観てきました。
Cimg3240
2019/7/26公開だったので、ちょうど1カ月。レビューを書くにも、そろそろネタバレを気にしなくて良い頃でしょうか。
という訳で、多少のネタバレを含みつつ、「続きを読む」に感想を書いてみたいと思います。

 

続きを読む "映画「アルキメデスの大戦」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧