旅行・地域

2019年5月12日 (日)

【2019】神代植物公園

今年もバラ園を見に行ってきました、神代植物公園!昨年は5月13日に行って今年は12日。一日違いですが、今年は満開までもう少しかかりそうです。次の週末辺りかな・・・。本日の写真は全て拡大します。
Rose_8 Rose_1
一枚目の写真を昨年のと比べると、咲き加減の違いが分かります。それでも十分楽しくバラを鑑賞出来ました。
Rose_4 Rose_5
昨年ここでバラを一鉢購入して育てています。一年育てたら結構その成長が楽しくて、今はよりよく育てるためにどうするかとか、苦手な剪定をどうするかとか考えています。なので、今回の鑑賞も花を愛でつつ、根元や剪定跡を観察してきました。(笑)
Rose_6 Rose_3
そして今回もバラの鉢を購入しました。(^o^)v ヤバイ園芸趣味の方向に進んでいるぞ!・・・ということで、どんなバラを買ったかは次回。昨年買った“ミスターリンカーン”同様、その成長もblogネタにするよ。(笑)
Rose_2 Rose_7
こうやって年々バラが増えるのだろうか・・・。あっ、ちなみに最後の一枚の写真は芍薬です。芍薬も庭に植えたい花の一つですが、場所がない。う~ん、欲しいなぁ~。

(byふらっと)



| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

名古屋観光~次回があれば行きたいところ

引っ張りに引っ張った名古屋旅行記も最終回です。
今回の旅行中にパンフレット等をもらった施設で、次に行ってみたいと思った所の自分用メモ。
Cimg2151

◆徳川美術館・徳川園
元々行きたかったけど、タイミングが合わずに時間も足りなくなって断念。次こそは。

◆トヨタ博物館・トヨタ工場見学
ここに行こうと思ってたのに、間違えて「トヨタ産業技術記念館」に行っちゃったからなぁ。まぁ、繊維機械館自動車館もトヨタの底力を垣間見られて面白かったから良かったんだけど、やっぱり世界の自動車の歴史を実車で見たいよね。ついでに工場見学も出来ればなお良しってことで。

◆リニア・鉄道館
鉄な同僚に勧められましたが、正直なところ優先度は低かったです。でも、次は候補にしても良いかな。

◆名鉄資料館
こんな所もあったんだと、初めて知りました。鉄道で攻めるなら押さえておきたい。

◆あいち航空ミュージアム
昨年オープンしたセントレアのフライト・オブ・ドリームスとは別なんですよね。なんで愛知って飛行機の展示施設が多いのでしょう?

◆岐阜かがみがはら航空宇宙博物館
お隣の岐阜県になりますが、こちらも飛行機の展示施設。こちらも充実した展示のようで興味あり。まぁ、岐阜に行くなら他にも行きたいところが出てきちゃいますけどね。

ちょっと写真が寂しいので、帰りに撮った富士山の写真で締めくくりとしましょう。
Cimg1594
富士川を渡る鉄橋からの奇跡の1枚。新幹線の鉄橋は映り込まず、その向こうの東海道本線の鉄橋越しの富士山が綺麗に撮れました。
軽い観光で行った名古屋でしたが、思いの外楽しめました。
次はどこに行きましょうか。食べ物の美味しいところが良いですね。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年4月16日 (火)

トヨタ産業技術記念館【自動車館】

トヨタ産業技術記念館のもう一つの見どころが【自動車館】です。そりゃ~もう~世界のトヨタさんですからね。(笑)
ボディが木造で車体を金槌で打ち出してるのが匠の技です。(笑)
Toyota_4
自動車館は【事業創業期】【しくみと構成部品】【開発技術】【生産技術】というテーマ別に展示があります。過去、スバルの工場見学とか歴代の車の展示などを見たことがあったので、「まぁ~そんな感じかな」と思ってました。
Toyota_5
一部は確かにそうなんですけど、創業期からの車の作り方とか昔の機械を見ることが出来るのが面白いところだと思います。
Toyota_6
何かとこだわりの強い車好きの話を聞くことが多い私ですが、創生期から大衆車を目指していくことの苦労というのも感動するなぁと。
エンブレムが格好いい2台。でも、右側が金のシャチホコをモチーフにしているとは信じられない。
Toyota_9
丁度テレビドラマの『リーダーズ』そのものですね。こちらもガイドツアーで回ったのですが、案内してくれた方が「ドラマの撮影に参加して、ワンシーンに6時間かかって肩だけチラッと映りました。」と話してました。(^^;
Toyota_7
車を見るなら『トヨタ博物館』なのかもしれませんが、こちらの自動車館も面白いのでお薦めです。
Toyota_8
詳しいことが全然分からない私でも楽しめたので。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

トヨタ産業技術記念館【繊維機械館】

久しぶりの名古屋ネタ。(^^; 旅行初日のことになりますが、東京から名古屋に着くと結構な雨模様でした。外観光は無理と判断し、屋内で行けそうな場所と言うことで『トヨタ産業技術記念館』を訪れました。
余り期待せず時間つぶしの気持ちでしたが、正直面白かった。
環状織機(1906年発明)
Toyota_1
最初に『繊維機械館』をガイドツアーで見学しました。糸の原料となる綿をよって糸にするところから始まります。

これをトヨタグループ創始者の豊田佐吉が機械化していく話とか、織機を自動化していく話を年代順に見ていきます。もちろん、その都度展示されている機械を実際に動かしてくれるので、楽しくて仕方ありません。
Toyota_2
初期の織機は、シャトル(横糸)を自動で返す仕組みがカラクリ仕掛けみたいなものでした。

スコーン!スコーン!ってシャトルが動くのが気持ちよかった。(笑) それから“豊田式汽力織機”が発明され、自動でバンバン機織りできるんだけど、縦糸が切れても動いてしまって止めるまで無駄に織ってしまうと言う欠点があったり。それが解決されていくつもの織機を経て、最終的には“無停止杼換式豊田自動織機(G型) ”が発明されていきます。この歴史を辿るのが面白くて仕方ありませんでした。

最終的には現代の織機も出てきて動くところも見ることが出来ます。っていうか、そこで織られたものはミュージアムショップで売られていました。さすがトヨタさん、無駄にしませんね。(笑)
Toyota_3
手織りの機織り機が生まれてから何百年とその姿で使われていた機械が、たった一人の代で完全自動化まで進んでしまったと思うと凄いことだと実感します。いや~佐吉さん、マジパネェ~!(>▽<)
この繊維機械館の見学はとてもお薦めです。特に45分ほどのガイドツアーが断然イイ!面白くてあっという間でした。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

明治村③ 乗り物

明治村レポートの3回目は、園内を巡る乗り物です。
乗り物は1回500円ですが、1日乗り放題券だと1,200円。入場券とセットで購入すると+1,000円とさらにお得。2回乗れば元が取れるのでお薦めです。
Cimg2018
ちなみに、市電とSLは昔の車両ですが、バスはなんちゃってボンネットバスです。

【バス】
入場門を入ってすぐ、雨も降っていたのでバスで一番奥まで移動しました。明治村が山の斜面にあるので、一番上まで行って下りてくるスタイルになります。見どころの優先順としても正解でしたが、最後に西郷従道邸まで下りてくるころにはガイドツアーの最終回に間に合わなくなったのは残念でした。時間配分も考えないといけませんね。
途中に何カ所もバス停があるので、途中下車しながら建物を見学するのもありかもしれません。その場合は乗り放題券が必須ですね。
Cimg1368
バスの運転手さんにお薦めされた食道楽のカレーパン。買ってからしばらく持ち歩いて、帰りの名古屋行バスの待ち時間に食べました。少し冷めていてもサクサクで美味しかったです。

【SL】
Cimg1236
完全に貸切で、運転士さんがいろいろお話をしてくれたり、お薦めレストランの近くで鐘を鳴らしてくれたりとサービスしてもらいました。
Cimg1225
当時の三等車は明かり取りの窓がレトロな雰囲気を演出しています。

てっぺんから中腹まで下りてくる形になるので、乗り放題券なのを良いことに往復乗っちゃいました。
Img_4017
終点に付くと転車台で進行方向を入れ替える一部始終が見学できるので、戻りの発車を待つ時間もあっという間です。

コンパクトデジカメの動画なので、ズームしたらピンとが合わなかったり、歩くと手ブレしたりちょっと残念。

お薦めされた浪漫亭のオムライスは、名古屋メシblogでも書きましたが、本当に美味しかったです。

【市電】
Cimg1300
こちらも貸切に近い状態。車内はつり革や電灯も雰囲気満点。明かり取りの窓は曇りガラスの文様入りです。
Cimg1305
運転士さんに免許の取り方、車両の整備やブレーキのコツなど、面白い話もいろいろ伺いました。

レトロな雰囲気にしては、加速が良いですね。
「♪チンチン」という発車の合図、車掌さんは紐を引いていますが、運転士さんは足下のペダルを踏みます。「ペダル、踏んでみます?」なんて触らせてくれるのも、明治村の「見て、触れて、味わう博物館」というコンセプトの嬉しいところです。

これにて明治村レポート終了です。
見きれていないところやもう一度見たいところなど沢山あるので、いつかまた行きたいです。季節によっては和服で行くと入場料半額というイベントもあるようなので、その時を狙ってみましょうか?

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

明治村② ガイドツアー

岡山観光出張レポートですっかり間が空いてしまいましたが、名古屋の旅行記ももう少しだけ続きますよ。
明治村レポートの2回目は、建物のうちガイドツアーに参加したものです。
ガイドツアーは20~30分毎くらいに実施されていますが、とても全部は参加しきれません。時間があって参加できたのはこちらの3つ。

【呉服座(くれはざ)】
Img_4069
大阪にあった芝居小屋。
ここは絶対にガイドツアーに参加すべきです。通常の見学は入口の土間から内部を覗き見るだけですが、ガイドツアーでは升席に入ったり舞台に上がったり。
Cimg1282
枡席まではここを歩きます。
Cimg1275
舞台の後は奈落に下りて、回り舞台の下部構造を見学。
Cimg1284
そこから花道の下の地下通路を通って客席の後に回り込み、今度は花道を通ってかぶりつき席へ。
Cimg1289
最後には花道で足音を響かせて歩いたり、普通じゃ絶対にできない経験ができました。

【幸田露伴「蝸牛庵」】
Cimg1315
何度も引っ越したことから、家を担いで移動するカタツムリになぞらえた命名だそうです。
こちらは時間を区切ったガイドツアーではなく、ボランティアさんがお客さんを案内してくれます。
Cimg1316
この家は隅田川に面していて、夏でも川風が抜けて涼しかったそうです。
カメラが趣味だったとのことで、小さいながらも暗室まであったりします。
Cimg1318
時間の設定がないのでふらっと行って聞けるし、幸田露伴ファンと思しきボランティアのおじいちゃんが時間制限なく熱く語ってくれます。次のガイドツアーの時間が迫っていたのでちょっと焦りましたが、幸田露伴ファンの人なら話が尽きないんじゃないかと思います。

【西園寺公望別邸「坐漁荘」】
Cimg1332
ギリギリ間に合ったというか、他にお客さんがいなかったのでちょっと遅れてスタートしてくれたガイドツアーです。
Cimg1324
現代の技術では再現できないという杉の樹皮をすき込んだ襖とか贅を尽くしたお屋敷で、お金持ちの悠々自適な老後が羨ましくなります。
Cimg1326
余生を送るためにこんな家を建てられるって、どれだけ贅沢なんでしょうね。

ガイドツアーの時間割はwebサイトで開示されているので、事前に回る順番と時間配分を計画できると良かったです。
次回があれば、今回参加できなかったところに行きたいですが、呉服座はもう一度行きたいです!

 (byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

後楽園

朝の僅かな自由時間を満喫しまくった岡山出張。日本三名園の一つ、後楽園も無事に観光できました。
兼六園は行ったことがあるので、残すは水戸の偕楽園。一番近くが最後まで残るとはねぇ。
Cimg1876
※本日の写真はすべてクリックで拡大します。
さて、後楽園には前日の狙いどおり朝一に突撃。7:30の開門を待って入園したので、ほとんど人のいない状態からスタート。
その後少しずつ人が増えてきたものの、非常に空いている状態で見学できました。

唯心山から見渡す光景は開放感があります。まぁ、山って言っても小さな築山なんですけど。
Cimg1894

庭園のそこここから岡山城が見えます。
Cimg1877

Cimg1948

桜はまだ3~5分咲きくらいでした。
Cimg1904
桜の根を踏まないようにという注意書きはありますが、桜林の中に入って良いというのも驚きました。
Cimg1906
今日あたりは満開らしいので、さぞ賑わったことでしょう。

桜の奥に見えるのは「流店」という建物です。
Cimg1917
藩主が来賓を案内して庭園を回った際に休憩に使ったそうです。
建物の中央に水の流れが引き込まれ、飛び石がいくつか。とても風流です。
Cimg1903
流店のちょっと下流には八つ橋があるのですが、この板を渡しただけの橋を歩いて渡って良いって珍しくないですか?
Cimg1922
年に何人かは落ちる人がいるんじゃないかと心配になりますが、渡るときは自分が落ちないようにするのが精一杯でした。

後楽園の観光目安は1時間程度とのことですが、8:30までたっぷり1時間の観光で大体見ることができました。
贅沢を言えばもう30分くらいあれば気持ちにゆとりを持って見られたのですが、まぁ1時間で十分だと思います。

今の時期は桜だけでなく、紅葉の新芽も綺麗でした。
Cimg1928
季節ごとに様々な花の見頃が巡ってくるようなので、いつ行っても楽しめる場所だと思います。

空いている時間を狙って、結婚写真を撮るプロ(?)のカメラマンを連れたカップルが4~5組ほど。早朝ならではの光景ですね。
Cimg1926
今までは観光で地方に行っても、「早起きして」ということはありませんでした。今回「早起きは三文の得」というのを実感したので、これからは早朝も狙っていきたいですね。
これにて岡山旅行記出張記録も終了です。さて、次はどこに行かされることやら。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

岡山を満喫中

本日、岡山出張の3日目が終了しました。あとは明日1日。なんとか無事に乗り切れそうです。
9:00から18:30まで、昼休み20分くらいを除いて働き詰めのブラック状態。ですが、職場までは歩いて10分。普段は1時間の通勤時間と電車が遅れたときのために30分程度余裕を見ているので、いつも通り起きると始業前に1時間以上の自由時間が確保できます。

そこで色々と近所を歩き回っています。
まずは前川國男氏による建築巡り。
こちらは岡山県庁。
※本日の写真はすべてクリックで拡大します。
Cimg1781
巨大なピロティ構造が大迫力です。
Cimg1780
まぁ、8時前なので職員でもないのに迂闊に建物に近づいて不審者扱いされたくもないので、遠目に眺めるだけですが。

そして、天神山文化プラザ。
Cimg1821
こちらもオープン時間前なので敷地にすら入れません。
Cimg1822
しかし、ネットで見る正面の写真より、敷地外の横方向から見る方が魅力的です。

もう一つ林原美術館というのがあるのですが、ぐるぐる彷徨っても見つからない。
Cimg1792
おかしいと思ったら城壁と城門に閉ざされて、開館時以外は建物が見えないようです。
Cimg1789

天神山文化プラザの横にあった公園に、格好良い彫刻がありました。
Cimg1826
その彫刻の横にはちょっと変わったレリーフが!?Σ( ̄Д ̄;)
Cimg1825
あとで公園の名前をチェックしたら、「土光敏夫先生記念苑」だそうです。十数年ぶりに名前を聞きましたが、どうやら岡山の人だったみたいですね。

公園の近くの空き地には謎の巨大オブジェがありました。
Cimg1814
公園という訳でもなく、半端な囲いで敷地への侵入を防いでいる、なんとも不思議な空間です。

昨日のblogに続き、安藤忠雄氏の建築ももう一つ。
Cimg1843
岡山しんよう金庫 内山下支店。平成25年オープンとのことで、なかなか斬新です。あんまり斬新すぎてデッドスペースも多そうだし
、銀行の支店としては使いにくいんじゃないかなぁ。

ホテルでは自転車を貸してくれるので、今日はちょっと足を延ばして後楽園の方まで行ってみました。すると、なんとオープンしているじゃないですか!
Cimg1834
園の人に聴いてみたら、3月20日から9月末までは7:30開園だそうです。今日はその時点ですでに8:00過ぎだったので入園は諦め、明日のリベンジを誓いました。上手くいけば1時間くらいは観光できそうです。

で、今日の夜ご飯は岡山名物「デミカツ丼」を食べに、有名店の野村に行きました。
Cimg1863
デミカツ丼と普通のカツ丼のハーフセット。
Cimg1859
2杯で通常の1杯分で、食べ比べができるセットです。食べ比べると、普通のカツ丼がいかに完成された丼ものかということが実感できます。(^^;)
デミカツ丼は、カツもご飯もキャベツもデミグラスソースの味しかしません。もちろん不味くなる要素はありませんが、カツである意味も感じられません。福井のソースカツ丼も名古屋の味噌カツも、ちゃんとカツの味がしたんですけどね。デミグラスソース、三分の一くらいでも良いのでは?

さて、あと1日。最終日もお仕事頑張りましょう。その前に後楽園も...

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

岡山に来ています

昨日より4日間、子会社の業務支援のため岡山市に滞在中です。
こちらは昨日の朝、出発時の都下の桜。
Cimg1700
※本日の写真はすべてクリックで拡大します。
東京は満開だそうですが、都下はまだ五分咲きくらい? これは一番開花が進んでいる枝を選んで撮影しました。

そして、こちらが昨日の岡山の桜。
Cimg1746
西川緑道公園という川沿いの公園です。
Cimg1750
ちょうど開花宣言が出たところだったので、この4日間でどのくらい開花が進むか楽しみです。

初日は17:30頃に解放されたので、少しだけ街をぶらぶらしてみました。
大正12年築の禁酒会館
Cimg1725

安藤忠雄氏の設計による朝日新聞岡山支局。
Cimg1735
他に、前川國男氏が設計した岡山県庁舎、林原美術館、天神山文化プラザも近くにあるので、滞在中時間が取れれば散歩してみたいと思います。

市内では路面電車も走っています。
Cimg1729
こちらの車両は耳が付いた可愛いもの。
Cimg1710

そして、超絶格好良いタクシーが!!
Cimg1727
目的もなく乗りたい衝動をグッと我慢しましたよ。

初日の夕飯は、「ままかり」を食べてみたくてお店に行ったのですが、行ってみた2店とも完売。仕方がないので近くにあったえびめしに行きました。
Cimg1760
恐ろしいくらい濃い色ですが、色から想像するほど味は濃くありません。パラパラになるまで煮詰まっているためか、ソースのスパイスが効いています。結構エビがたくさん入っているのと、ピリッとした味の中で玉ねぎが甘くて美味しかったです。

初日は午前中が移動、午後は翌日からの準備でした。本日から日曜までが業務本番。忙しくなりそうですが、散歩の時間は取れるでしょうか?

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

名古屋のお土産

名古屋で買ったお土産でーす。今回は結構沢山買った方だなぁ~と。(^v^)

Nagoya_21

最初はトヨタ産業技術記念館から。
左から個包装のクッキー詰め合わせです。包装紙が可愛くて欲しくなり、旦那さまの会社用に無理矢理買わせました。(笑) バラマキ菓子なんて、なんでもいいじゃん!f(^^; その下が『豊田』マークのストラップ。車のエンブレムで格好いいなと。これは友人へのお土産らしいです。右端は愛知県産のドライフルーツを使った紅茶。美味しそうなので飲んでみようと思っています。

Nagoya_22

こちらは明治村で購入。真ん中上が判子。使い道は全然考えてませんが、可愛くてつい購入。(^^; 右隣は夏目漱石『虞美人草』
の初版本の表紙絵を手ぬぐいにしたもの。この時代のアールヌーボー調のデザインはステキなのが多いです。難を言えば白地ではなく、本と同じような薄萌黄かブルーグレーにして欲しかった。orz

Nagoya_23

次が名古屋城。多分、名古屋城オリジナルのお土産ではありません。デザインが気に入ったポチ袋と封緘印。衝動買いです。(笑)

Nagoya_25

そして熱田神宮です。なにかお守りをと思ったけど、ピンとこなかったので“守護笛”を買ってみました。かなり実用的です。(笑) 霊的な力で守ると言うより、「いざとなったら自力でなんとかせい!」って感じがいいですよね。(笑) 紐が残念すぎるので、旦那さまにアジアンノットでストラップにしてもらおうと思っています。

Nagoya_24

ラストは犬山銘菓。栗きんとんを羽二重餅で巻いた和菓子。東京では見ない和菓子だったし、どちらも好物なのでご機嫌です。まぁ~でも名古屋で一番のお菓子は“ぴよりん”だと思ってますけどね。(笑)

Nagoya_26



(byふらっと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧