文化・芸術

2019年10月 3日 (木)

カラヴァッジョ展 in 北海道

水曜どうでしょう祭2019に参加するため、今日から北海道入りしています。
4時起きして5:40の電車で羽田へ。11時前に千歳に着き、札幌に到着したのがちょうどお昼時。邪魔なスーツケースをホテルに預けてお昼を食べ、HTB新社屋の祭グッズ特設売り場でグッズを買い込みました。
Cimg3573

それでも15:00前。ホテルに戻るにも夕飯にするにも早すぎる。
なんとなく時計台を見に行ったら、向かいの北海道新聞社でカラバッジョ展のポスターを発見。電車で2駅移動して、道立近代美術館へ観に行ってきました。
Cimg3565
3年ほど前に「マグダラのマリア」が発見された際に東京で開催されたカラヴァッジョ展に行きましたが、今回は東京の巡回はないとのこと。初来日の作品があるとのことだったので、北海道に来たついでに観られて良かったです。
もっとも、イタリアからの到着が遅れて予定されていた展示作品のうち8点が間に合わなかったとか。ちょっと残念ですが、仕方ないですね。

一応ちょっと観光っぽいこともしましたが、明日からは「水曜どう」三昧。3日間はバカに徹しますよ。
Cimg3554

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

特別展 特撮造形師村瀬継蔵 ~瑞穂でうまれた怪獣たち~

twitterからの情報で、怪獣の着ぐるみ造形をされている村瀬継蔵氏の作品展が瑞穂町で行われているというのを知りました。
Cimg3315
瑞穂町なら家から20km弱の近所なので、軽い気持ちで見に行くことにしました。(交通の便が良くなくて車が一番なんですが、それでも道がなく1時間くらい掛かるので、行くのはけっこう大変なんですけどね。)
Cimg3294

けやき館という建物に入ると、エントランスにでっかいモスラがぶら下がっています。
Cimg3295
このモスラと、展示室の入り口に飾ってあるショーケース、その横のポスターのみ撮影可でした。
Cimg3302

展示室は、ちょっと拍子抜けするくらいの狭さ。
展示されているのは、現在撮影中の「挟霧の國」に登場する怪獣ネブラがメイン。撮影風景の動画も流されています。

そして、過去に制作された怪獣の実物や設定資料などもたくさん展示されていました。ちょっと気になったのが、それらのほとんどが「なべやかん氏のコレクション」だったこと。こういうのって撮影が終われば本人や会社では「残そう」という意識はなく、譲り受けたマニアが大事に保管する感じなんでしょうね。
Cimg3298

なぜこのような展示が瑞穂町などという片田舎で開催されているかというと、村瀬氏が瑞穂町在住だからだそうです。当日もご本人がいらしていましたし、ずっと瑞穂町で活動してきたというのも凄いことですね。
おかげで通過するばかりだった瑞穂町に足を運び、けやき館の常設展示で町の成り立ちなども学ぶことができました。こんな機会でもないと瑞穂町なんてまったく縁がなかったですから。
Cimg3316_x
こちらはアンケートに答えていただいたポストカード。リアルな怪獣ばかりでなく、こんなキャラも氏の造型だったんですね。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

みんなのミュシャ展

渋谷のBnkamuraザ・ミュージアムで開催中の『みんなのミュシャ展』に行ってきました。
Mucha_1
ミュシャ展は何度も行っているし図録や画集も持ってるので、今回はパスのつもりでした。しかし、『ぶらぶら美術・博物館』を見たら面白そうで、慌ててチケットを購入して見てきました。
会場入り口のパネルがいい!
Mucha_2_20190822001901
ポスターなどはホント今さらなものばかりですが、やっぱり美しくて見ていると楽しいですね。(w^o^w) 
目玉はまず1つがミュシャが子供の頃に描いた絵やモチーフにした花瓶、蒐集した骨董品です。彼のデザインの原点的なものが垣間見られます。
会場の一部は写真撮影可能です。
Mucha_3
挿絵画家だった頃の作品や習作も見どころの一つです。そしてポスターの美しさを堪能したら目玉ポイントの2つ目、ミュシャの影響を受けたアーティストの作品です。
Mucha_4
1970年代のアメリカでサイケデリックな音楽のレコードジャケットにミュシャ様式が多く使われていました。中にはもろパクリも。(笑) ヒッピーやサイケの精神がミュシャに通じるところがあるというのが、なんとも不思議ですね。
目玉ポイント3つ目は日本への影響です。ミュシャは明治期にほぼリアルタイムで日本に入ってきていて、与謝野晶子の“みだれ髪”、雑誌“明星”の表紙などに現れていました。
今回はミュシャ本(雑誌)とコラボのぺこちゃんサブレを買いました。
Mucha_5
そして少女漫画やゲーム世界にも影響を与えています。水野英子、山岸涼子、天野喜孝、出渕裕などの原画からもミュシャ様式は見て取れました。私としてCLAMP辺りも展示して欲しかったけど。(笑)
ぺこちゃん缶の中はこんな感じです。
Mucha_6
今までとちょっと違うミュシャ展はかなり楽しめるものでした。

(byふらっと)



| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

マシーネンクリーガー展

八王子市夢美術館で開催されている「横山宏のマシーネンクリーガー(Ma.K)展 立体造形でみせる空想世界」に行ってきました。
Cimg3137
ちょうど興味があって行こうかと思っていたところに招待券をいただいたので、ありがたく使わせてもらいました。(館内は撮影可です。)

1982年から始まったMa.K(当初は「S.F.3.D」)の成り立ち自体が立体造形ありきなので、今回の展示も大部分が立体モデルでした。
Cimg3151
造形に市販プラモデルパーツを流用した発想の妙、模型制作の緻密さ、塗りや汚しの巧みさなど、多方向からの見どころがたくさん。Img_4472
それで展示点数も多いので、観ていると頭が飽和状態になってきます。そんな頃にタイミング良く絵画の展示があったり、Ma.K以外のシリーズの展示があったり、見せ方も上手い展示でした。
Cimg3152

「安顕が乗ったonちゃん」設定で作ろうと画策してスネークアイを購入したものの、何年も放置しっぱなしにしているキットがあります。
Cimg3179
これを機に制作を再開したくなりました。が、あまりに素晴らしい完成度の作品を見せつけられて、ちょっと怖じ気づいてもいます。(^^;)
Cimg3148

自宅から夢美術館は電車1本で20分かからずに行けるのですが、自宅~駅と駅~美術館それぞれ20分弱の徒歩がネックでした。昨日はあまりの暑さに往復で1時間半も歩く気になれず、家から車で行ってしまいました。
車でも30分程度、夢美術館のすぐ裏に駐車場があるので、車の方が断然楽なことが判明。Timesの駐車場は100円/20分(最大900円)とそれほど高くない。二人分の電車賃を考えると費用対効果でも車に分があるので、次から夢美術館は車で行くことにしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

山本二三展

東京富士美術館で開催中の「山本二三展」に行ってきました。
Cimg3050
「未来少年コナン」や「名探偵ホームズ」といった懐かしいところから、「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「もののけ姫」といったジブリ作品の背景を描いた方です。直近では「天気の子」のお寺の天井画も描かれています。チラシの絵は「時をかける少女」ですね。
Cimg3054
展示された背景画は、どれも作品の世界観が伝わってくるものでした。新しいものほど緻密になってきますが、コナンやルパン三世、ホームズなど古い作品の方がアニメの背景としては見ていて落ち着きます。
今、東京MXで「ルパン三世(PART2)」の再放送をやっていて、136話まできています。山本二三氏が背景を担当した「死の翼アルバトロス(145話)」「さらば愛しきルパンよ(155話)」の放送ももうすぐなので楽しみです。

富士美術館は郊外にあるので車で行ったのですが、14:00過ぎに着いたら駐車場がめちゃくちゃ混んでいて1時間近く待ちました。子供連れが多かったので「夏休みだから?」「それともお盆休み?」と思ったら、土曜は小中学生が無料とか!? ちょうどピーク時間に当たってしまったのもありますが、明日にしておけばよかったです。次に子供向けの展覧会に行くときのために、覚えておかないと。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

三原順 カラー原画展

『ポーの一族展』の帰りにお茶の水の明治大学に寄って『三原順 カラー原画展』を見てきました。前回の『没後20年展 三原順復活祭』から4年も経つんですね。
Cimg2997
今回は主に“北海道の友人宅に保存されていた原画”が展示されています。今まで行方不明だった原画が、こうして友人達に大切に保管されていたとか。どれもとても綺麗な状態でした。
Cimg3000
展示の量からすると前回より減っていますが、初めて見ることが出来た原画達に感動しました。あぁ、懐かしい。(ivi)
Cimg3005
“ポーの一族”といい“はみだしっ子”といい、子供の頃の記憶や当時の感動が甦ってくる一日でした。
8月26日まで開催されているので、是非足を運んでいただきたいです。当時の生原画を見る事なんて、本当に貴重な体験ですし。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (2)

2019年8月 3日 (土)

ポーの一族展

銀座松屋で開催中の『萩尾望都 ポーの一族展』に行ってきました。「WFが終わったら・・・」って思っていたので、もうギリギリです。f(^^;
Cimg2988
2016年に『萩尾望都SF原画展』に行って以来です。今回のメインは“ポーの一族”でした。当時のカラーイラストや原画がたっぷりありましたよ。しかし、会場は大混雑で一枚一枚原画を見ていくので、入り口からずっと行列していました。とてもじゃありませんが、すべてを見ることはできませんでした。orz ある程度遠くから流し見するのも仕方ない。f(^^;
当時の原画ですから、ペン入れした所をホワイトで消した後や、吹き出しに切り文字でセリフが入っていたりして時代を感じました。萩尾望都さんはSFも好きだし、“ポーの一族”も好きでしたね。もちろんマンガは持ってます。(^v^)
Cimg2991
他には宝塚で公演された“ポーの一族”の衣装などが展示されていました。それだけは写真OKです。
Cimg2994
映像も流れていました。宝塚も良いですなぁ~。

他にも“トーマの心臓”や“銀の三角”など多数の作品の原画もありました。狭いし混んでるけど、見応えはあるのでお薦めです。もう数日で終わりますけどね。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

Japanese Archipelago

デイリーポータルZさんで「日本列島の立体地図がすごい」という記事を読みました。
これを見て思い出したのが、高校生の頃の文化祭。

37年前の話になりますが、私の通っていた高校の文化祭ではクラスの出し物に厳しい規制がありました。
いわゆる文化祭の花形的な模擬店やお化け屋敷といったものは禁止。「文化祭」なのだから、なにがしかの文化的な出し物を用意しろと。

クラスによっては「これはお化け屋敷ではありません。戦争の悲惨さを表した展示です」と言い張って、どう見てもお化け屋敷だろうという展示をするところもありました。
私のクラスでは、ちょっと前に英語の先生が発した「ジャパニーズ・アーキペラゴー」というフレーズが妙なツボに入っており、それをタイトルにして日本列島を紹介する展示をしようということになりました。まぁ、それは口実で、学校の予算でバカでかい日本列島の立体地図を作っちゃおうというノリだったのですが。

一応模造紙にそれっぽい調べものの結果を貼り出したりもしたのですが、予算と労力の9割方は立体地図に注がれたことは言うまでもありません。で、出来上がったのがこちら。(写真は卒業アルバムより)
Cimg2641
圧巻の出来栄えに、先生方の評判も上々。してやったりでした。
文化祭終了後は壊して廃棄する予定だったのですが、それを惜しんだ先生の提案だったか(?)で近所の幼稚園に寄贈され、展示されることになったほど。
Cimg2642
もちろんプロジェクションマッピングも何もないアナログなものでしたが、今見直しても教室の半分を占める大きさだけは負けてないんじゃないかと思います。
なんか、DPZさんのおかげで、懐かしいものを思い出しました。筑波のもいずれ見に行ってみたいですね。

(byぶらっと)

 

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

プライス・コレクションが出光美術館に!?

昨晩、twitterでタイムラインに流れてきたニュース
若冲展でもたくさんの作品が貸し出されたプライス・コレクションの一部(1/3弱?)が出光美術館に買い取られて日本に里帰りするとのこと。あの「鳥獣花木図屏風」 も含まれるそうです。

昨年三菱一号館で開催されたフィリップス・コレクションのように、個人のコレクションをベースとした美術館もあるようです。が、それでも作品を日本に里帰りさせようというジョー・プライス氏の日本美術への想いは素晴らしいです。
いずれ、出光美術館で至宝の数々が展示される日が来ることでしょう。

そうそう、個人コレクションと言えば、海運王バレル・コレクション展を忘れていました。気が付けば今週末まで。大塚明夫氏の音声ガイドを聞かないとですよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

東寺 空海と仏像曼荼羅

先週の金曜日、有給休暇を取ってトーハクへ東寺の立体曼荼羅を見に行ってきました。写真は全て拡大します。
Touji_1
会期も終盤に入ったのと「ぶらぶら美術・博物館」で放送してしまったため混雑が予想されたので、朝一9:30開館前に到着するようにしました。おかげでほぼ待ち時間なしで入れ、先に第2会場から回るという抜け駆け作戦で立体曼荼羅をゆっくり堪能できました。その後、第1会場からリスタートして第2会場の前半までじっくり見て、最後に立体曼荼羅をもう一度堪能してお昼前に離脱。
11:30頃に出てきてみると、入場まで60分待ちとなっていました。朝一作戦は正解でしたね。本当なら混み始める前、会期の早い内に行けると良いのですが、「ぶらぶら」とかで見どころを予習してから行く方が満喫できるというジレンマ。

東寺の講堂でも写真撮影はできませんが、今回“イケメン”帝釈天のみ写真撮影が許可されていました。
Touji_2
何故そんな太っ腹対応が取られたのかは分かりませんが、ありがたく撮影させていただきました。もちろん、空いている朝一に!
Touji_3
すべての像が360°、至近距離から拝見できるのも美術展の魅力です。
Touji_4
東寺では頭上ほどの高さの須弥壇に乗った姿を遠くから見上げるしかありませんから。
21体中5体が来ていませんでしたが、16体を間近で見られただけでも眼福です。

もちろん立体曼荼羅以外にもたくさんの展示がありました。真言密教の法具、曼陀羅図、等々。祈りの場を再現した展示方法も斬新です。
幼少の頃から法事の度に連れていかれたお寺が真言宗だったので、法具はどれも見たことある形。せっかく祈りの場を再現したなら、お経など流しておいてくれると、さらに雰囲気を味わえたんじゃないかと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧