文化・芸術

2017年6月 2日 (金)

BRUTUS-西洋絵画100-

昨日発売のBRUTUS『死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100』が面白そうだったので買ってきました。見たいと思う絵を100に絞るなんて、単なる鑑賞好きの私には出来ないねぇ~。欲深いから見られるものは全部見たいよぉ。(笑)
さて、画家(山口晃氏)の目であえてそれをするとなると、どんな作品が選ばれるのか気になります。選ばれたものを見てあれこれ言えるはずもなく。(^^; そうなるとblogの記事にならないじゃないか!ってことに。(笑) それも困るので少しだけ感想を。


Brutus_1 ルーベンス“ムーア人の頭部の4つの習作”は見たい!ψ(`∇´)ψってなりました。ベルギー王立美術館はいつか行きたい美術館の一つなので絶対行く。でもいつになるか分からないから日本に来てくれたらいいね。(^^;

待っていても来てくれないのが天井画や壁画です。ベロネーゼ“ヴィラ・バルバロの壁画連作”もそうです。おまけに海外旅行ツアーじゃ絶対行ってくれない場所。orz 自力で行く事が出来る日が来るでしょうか。(笑)

ギュスターヴ・モローは“出現”がみたいと思ってるのですが、この“ガラテア”も見たいです。オルセー美術館だけじゃなくギュスターヴ・モロー美術館も行きたい。全部が好きって画家じゃないけど、魅惑的な絵を描く人だなと。日本じゃあんまり人気ないのかな?

同じ題材の絵でも一つ目の巨人の描き方が全然違う。そしてこのオディロン・ルドン“キュクロプス”の巨人のインパクトがスゴイ!(笑) モローのが巨人界のイケメンだとするとこちらはなんと表現すれば良いか・・・。ある意味トラウマ。(笑) 絶対忘れないこと間違いなしですね。

お馴染みさんから全然知らなかった画家や作品まで、色々載っていて楽しかった。久しぶりに雑誌をじっくり読みました。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

『バベルの塔』展

WF本申請で切羽詰まっているこの時に、なぜ展覧会に行く予定を立ててしまったのか。なにも考えてないって恐ろしい。(笑)
東京都美術館で開催中の『バベルの塔』展に行ってきました。Babel_6“ブリューゲル、バベルの塔”と聞いて速攻行くと決めて前売りも買っていた為知らなかったのですが、ボイスマン美術館の所蔵の“バベルの塔”(通称:小バベル)だったと最近気がつきました。f(^^; ウィーンにある“バベルの塔(通称:大バベル)”と思い込んでいたので、見た事のない方が来日してラッキーでした。(o^-^o)
これ以降の写真は全て拡大します。 タラ夫の着ぐるみが展示されてます。Babel_1今回、目玉は“バベルの塔”とヒエロニムス・ボスの2作品です。作者と作品を楽しむと言う意味では、それ以外は小粒。(^^; 作者不詳や聞いた事ない画家の作品ばかりです。
しかし、ネーデルランドの美術史という意味では面白い展覧会だと思います。特に最初の彫刻は、初めて見たので楽しかったです。北方特有の細密画や奇想天外な怪物など、イタリア絵画とはかなり違っています。
今回のお買い物。今治タオルと絵ハガキ。怪物がキモカワイイ。(笑)Babel_2華やかさはないですが、面白い展覧会でした。

これでは推しが弱いと感じるあなた!朗報です。( ̄ー ̄)Babel_5音声ガイドは雨宮塔子さんとなっていますが、殆どを森川智之さんがナレーションしています。タラ夫の声もやってるよ!(笑) さぁ!その美声に酔いしれましょう。((w´ω`w))

そして絵画展入り口には大友克洋氏による“INSIDE BABEL”が展示されています。Babel_3_2バベルの塔内部のイラストを制作しコラージュした作品です。これもすっごく面白いっていうかステキ!(・∀・) お薦めです。

もう一つ、東京藝術大学で立体化したバベルの塔が展示されています。Babel_4絵を見た後にちょっと足を伸ばして見学される事をお薦めします。プロジェクション・マッピングは・・・イマイチだったけど。f(^^; 近いしタダなので是非。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

くらやみ祭2017

2010年以来、2度目のくらやみ祭に行ってきました。今回もやっぱり昼間だけど。(≧m≦)
夜は大変な人出になるらしく、どうしても行く気になれず。が、昼間はまったりしたもので、ぶらぶらするにはちょうど良かったです。

Cimg1578とりあえず府中本町のピザ屋さんでランチをしたのですが、食事が終わる頃に本町の大太鼓がお店の前を通過。後を追いかけて、町内で打ち鳴らす太鼓を見物できました。
Cimg1583出来たばかりの本町側の鳥居から神社に着く頃には、萬燈大会が終わる時間でした。Cimg1594境内では見られませんでしたが、それぞれの町内に戻る道すがらの演技を見る事ができて満足です。上が片町、下は東馬場のもの。Cimg1617前回2010年以来の念願が叶って、やっと生で見ることができました。

動画も撮ったので貼っておきます。

お祭は明後日まで続きます。ちょっと頑張れば歩いてでも行けるので、気が向いたらまた行ってみようかな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

ランス美術館展

損保ジャパン日本興亜美術館(長ーい!(;-ω-)ノ)にて、4/22からスタートした『ランス美術館展』に行ってきました。ヽ(´▽`)/Reims_1これと言った目玉はないのですが(おいおい)、17世紀~20世紀のフランス絵画を広く浅く見るには丁度良いかと思いまして。f(^^; それに久しぶりに混まずにゆっくり見られる展覧会にも行きたかったし。(笑)Reims_2画家云々で見るよりその時代の絵画として見る方がずっと面白いと思います。最初は丁度漫画『ベルサイユのばら』の時代で、ルイ13世やルイ15世の娘アデライードやソフィーの肖像画など、興味を持って見る事が出来ます。
フランス革命後は新古典主義、ロマン主義、写実主義・・・と、絵画の世界が忙しくなる様子が分かります。この辺り、誰が誰の影響を受けたか、モロ分かりで楽しいですよ。(^m^;
この写真は拡大します。Reims_3そして最後は藤田博嗣コレクションになります。これが予想以上に良かった。(≧∇≦)
藤田博嗣はフランスに帰化し、ランスで洗礼を受け“レオナール・フジタ”の洗礼名を受けます。その後、そこに「平和の聖母礼拝堂」を建て、内部のステンドグラスや壁画を描きます。その下絵や習作が展示されているのですが、それらがかなり見応えアリ!私はとても気に入りました。((w´ω`w)) 絵ハガキとかグッズがあれば買ったのになぁ~。orz
この写真は拡大します。 美術館から見える風景。(ミニチュアライズで遊ぶ♪)Reims_4華やかさは少ないですが、フランス絵画の入門的展覧会かもしれません。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

『歌川国芳 21世紀の絵画力』展 -前期-

府中市美術館で開催中の『歌川国芳 21世紀の絵画力』展に行ってきました。Kuniyoshi_1国芳の絵を見るのも何度目でしょう。(^v^) 既に見た覚えのある絵だったりしますが、何度見ても楽しいです。物語の挿絵や役者絵も、最初は誰だかまったく分からなかったのが、国芳の絵で覚えて行ってるようです。(^^;
お土産は猫の当字風ぱれたんの絵ハガキです。Kuniyoshi_2と言っても、やっぱり猫の絵が一番好きですが。f(^^; 動植物の擬人化がホントに可愛い。「どうだディズニー!」って感じ。(笑)
何人もの人が集まって顔を表現している“人をばかにした人だ”とかは、アンチボルトを思わせます。(^^; 実際、西洋画から着想を得ている絵も紹介されていました。
国芳ではありませんが、今なら「トレパク」とか言われそうな西洋絵画を真似た忠臣蔵の絵がありました。東方三博士の礼拝を思わせる忠臣蔵は、一瞬頭が混乱します。Σ(゚д゚; 国芳以外も面白いお薦めの展覧会です。前期が4/9まで後期が5/7までです。展示は総入れ変えなので、両方行くのがお薦めです!2回目は半額だからお得だよ!(笑)

それとスタンプで作る版画が体験できます。Kuniyoshi_3紙に順番にスタンプを押していきます。Kuniyoshi_4ひと刷り1色。段々絵が見えてきますよ~♪Kuniyoshi_5最後に黒を押して完成!国芳の猫とぱれたんが踊ってます。( ´艸`)
なかなか難しいのですが楽しいので是非!

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

これぞ暁斎!

先週の金曜日は有給休暇を取って、Bunkamuraザ・ミュージアムの「これぞ暁斎!」に行ってきました。実は東京都庭園美術館と1日で2つの美術館をハシゴしてたり。Cimg1085河鍋暁斎の作品は浮世絵展などで何度も観ているのですが、ゴールドマン・コレクションとして纏まって観られるのは今までになかったチャンスです。しかも貴重な肉筆画も沢山。
ミュシャ展がお客さんを引き付けているせいでしょうか、それほど混雑せずにゆっくり見られました。

お得意の鴉や蛙、骸骨なんかも相変わらず魅力的でしたが、蝙蝠や鷺も可愛かったです。鬼を蹴り上げる鍾馗様や鬼の尻小玉を囮に河童を釣ろうとする鬼顔負けの鍾馗様とか、ユーモラスもたっぷり。
しかし、一番印象に残ったのは大仏の顔のドアップ(「大仏と助六」)です。螺髪の一部から片目、鼻、唇から顎まででいっぱいいっぱい。っていうか、画角からはみ出してます。ちょっと離れてみると良い感じのユニークな作品。(こちらの左端の掛軸です。)
本格日本画から浮世絵、戯画まで幅の広い暁斎の画風を満喫できる展覧会でした。

Cimg1125図録で唯一残念だったのが、「貧乏神」の表装が写ってないこと。貧乏神らしくつぎはぎだらけの表装が良かったのになぁ。(こちらの右端の掛軸です。)

お土産は榮太樓の鴉パッケージの飴と「百鬼夜行図屏風」のポストカード。Cimg1141若冲展から飾りっぱなしだった「鳥獣花木図屏風」とチェンジして飾りましょう。
さて、次は師匠に当たる歌川国芳を観に、府中市美術館へ行かなくては。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

並河靖之七宝展

目黒の東京都庭園美術館で開催されている“並河靖之七宝展”に行ってきました。(^v^)Namikawa_1一度行ってみたいと思いつつ、うまく良い企画に当たらなかったというか、行きにくくて面倒くさいというか・・・微妙な場所です。(^^;
今回は並河靖之の精緻な七宝を見たいと重い腰が上がりました。Namikawa_2展示は旧朝香宮邸内の各部屋と新館にありました。建物自体が見どころ満載なので、本館の見学に予想以上に時間がかかりました。f(^^; 玄関のガラスのレリーフ(ルネ・ラリック作)はとても美しくて素晴らしいです。床のモザイクもキャー♪って感じ。((w´ω`w))

いや、本題は並河靖之でした。(^^; 七宝はその精緻なデザインと色使いが見事です。全体的に京都の織物を見るような感じです。あまりの細かさに「ドM?(褒め言葉)」の連発でした。(笑)
作品の見事さが一番の見どころですが、七宝(殖産興業として)の栄枯盛衰を通してみるのも面白かったです。そして次は「東京の濤川 京都の並河」と言われる,もう一方の濤川惣助の作品を見たくなりました。赤坂迎賓館の『七宝花鳥図三十額』が狙い目か。(^^;Namikawa_3見学の後に庭園も散策したかったのですが、すっかり遅くなってしまって茶室の方は終了してしまいました。そちらは次の機会に譲りましょう。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

トキワ莊ゆかりの地を散歩

トキワ荘と言えば手塚治虫、藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などなど、昭和の代表的な漫画家が暮らしていたアパートで有名です。
私も知っていますが、具体的にどこにあって今はどうなっているかは知りませんでした。買い物に行った場所が、実はすぐ近くだと教えてもらったので友達と散策してきました。(^v^)
本日の写真は全て拡大します。
Tokiwa_1まったく分からないまま行ってみて、最初に見つけたのがスタンプラリーの用紙。(笑) お店のご主人に勧められてやってきました。(^^;
スタンプは15カ所ありますが、商店街自体端から端まで400~500mくらいの距離です。スタスタ押していくと30分くらいでコンプリートします。コンプリートすると記念品をいただけます。私は絵はがき(写真右下あたり)をいただきました。
Tokiwa_2スタンプを押しながらゆかりの地を見て歩くのですが、当時のまま残っているのは中華“松葉”のみです。う~ん(--;って感じですが、商店街の中に『トキワ莊通りお休み処』というのがあります。その2Fに当時の部屋の復元とか資料がありました。Tokiwa_3あとはモニュメントを見るくらいだから・・・。(^^; 写真右のモニュメントがある南長崎花咲公園には2020年にトキワ荘を復元し、マンガ・アニメミュージアムを開設するとか。その時にはもう一度見に行ってみたいです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

モノキュラーのストラップ

箱根の強羅公園で製作体験をした際のトンボ玉を使って、懸案だったストラップを作りました。
美術展用に購入したvixenのモノキュラーですが、しっかりした本体に対してチープすぎる袋とストラップにガッカリしていたやつです。Dsc08442※画像はクリックで拡大します。
“ぶらっと”用は、美術館内だけで使用するものなのでシンプルに。ただの黒い紐よりちょっとだけ飾りがある程度に抑えました。

“ふらっと”用は、美術館を出たらモノキュラーを外してアクセサリーとして身につけられるように、ネックレス風に。Dsc08447モノキュラーをぶら下げる金具は飾り結びで隠れるようにし、紐の長さも調節できるようにしました。モノキュラーを使うときは長く、ネックレスにするときは短くできると良いかなと。

も“ふらっと”が作ってくれたので、次の展覧会で実戦投入です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

『予告』ミュシャ展

来年3月8日から国立新美術館でミュシャ展が開催されます。
ミュシャの展覧会はよく開催される方ですが、今回の目玉は『スラブ叙事詩全20作』が来ることです。大きな物で6m×8mもあるという大作が20点!当時、寄贈されても置き場所がなくて困ったなんていう逸話もあるとか。(^^;
そのスラブ叙事詩が国外初の展示です。チェコまで見に行かなきゃいけないと思ってただけに、この機会に絶対見たい。o(*^▽^*)o

早々前売りチケットを購入しました。Muchaその他にもお馴染みのアールヌーヴォー様式のポスターや宝飾品が展示されます。また、チェコの市民会館の壁画や天井画の下絵も。
以前チェコに行った時、その壁画を見たくて市民会館にも行ったのですが、入っていいのか悪いのか分からなくて見られなかった事があります。orz 誰かに聞こうにも英語は出来ないし誰もいないしで諦めた。f(^^; その時はビート大聖堂のステンドグラスやミュシャ美術館に行って十分満足でしたけど。(^v^)

まだ先の話ですが、来年の楽しみが出来ました。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧