文化・芸術

2020年10月15日 (木)

行ってきました!宝塚!

人生初の宝塚。東京宝塚劇場で観劇しました。.ヽ(^Д^*)/. ゜
Cimg6699
演目は大和和紀さんの漫画『はいからさんが通る』です。あの長編漫画をどんな風にまとめて舞台にするんだろうと思ってましたが、とても楽しく、華麗になってました。ストーリー知らないとついて行けない感はありますが、これは知らない人はいないだろうなとも思う。(^^;
時代がまたいいですよね。軍服、袴、和装にモダンガールに鹿鳴館(ドレス)!衣装だけでも満腹。歌にダンスにコミカルな演出。本当に楽しい舞台でした。これは漫画を読んだ人は行った方がいいと思う舞台です。
Cimg6704
宝塚を知らない人間なのでトップスターがどうとか、そーゆーのは全然書けないけど、素晴らしいというのは分かりました。さすが宝塚!
舞台の向こうは別世界!ふらりふらりと引き寄せられて沼に落ちる一歩手前で正気に戻りました。(笑)
フィナーレの歌とダンスがたまりません。コロナ禍でチケットも取りやすいので、今がチャンス!是非劇場まで足をお運びください。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (2)

2020年10月13日 (火)

人生初の宝塚

誰もが知ってる“宝塚”!しかし、自分とは無縁の場所と思ってました。うっかり近づいて沼にハマっても困りますし。(^^;
ところが会社の福利厚生で宝塚の演劇を鑑賞した旦那さまが「これは一回は見た方がいいよ。(*゚▽゚*)」と誘ってきます。
「そんなに言うならチケット取ってよ。ε- (´ー`*) 」と言ってみたら、本当に取りましたよ。(^^;
Img_5062
・・・と言うことで、早速ですが明後日見に行きます。人生初の宝塚ですよ。ミュージカルを何度が見に行ったことはありますが、宝塚はそれとは違う緊張があるな。(^^; うぅ、大丈夫だろうか。
ちなみに演目は『はいからさんが通る』です。大和和紀さんの漫画ですね。大好きで持ってました。TVアニメや映画になりましたが、絵もストーリーも原作に及ばず、なんとも残念な印象でした。あのフワッとした絵をアニメにするのは難しいと思うんだ。(--;
さて、それが宝塚になるとどうなるか?今から楽しみです。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

芸術新潮と山田五郎本

もうすぐ上野の森美術館で『KING&QUEEN展』が開催されます。英国王室の肖像画が来るわけですが、絵を見て楽しむと言うより描かれた人物の物語を楽しむ展覧会でしょう。それはちょっと敷居が高い。(^^;
そう思っていたら紹介VTRを見つけました。これが見たら面白い!もっと詳しく知りたくなったので、本を探してみました。
Cimg6661
見つけたのが“芸術新潮 10月号”。どの程度の内容か分かりませんが、興味を持って適度に読むのに丁度良さそうです。
読み始めて早々面白いです。自分で年表でも作りたくなるくらいです。(^^* しかし、名前が覚えられません・・・っていうか、ごっちゃになります。ウィリアム、エドワード、エリザベス、1世、2世、4世・・・同じ名前止めようよ、もう無理だよ。orz
イギリス王室の長い歴史から見れば、ちょっとしたトピックの概要を読んだくらいの内容ですが、興味を持つ入り口にピッタリだったと思います。これで展覧会もバッチリ・・・な気もしますが、行くかどうかはまだ決めてません。(^^;

もう1冊。山田五郎氏の『知識ゼロからの近代絵画入門』を買いました。衝動買いです。(^^;
“ぶらぶら美術館博物館”でお馴染みの山田五郎さんですが、その博識っぷりと解説の面白さが好きです。以前からなんか著書を読んでみたいと思ったので選びました。
古典絵画の方が好きですが、最近は近代絵画を見に行くことが増えたので、ここらで知識の整理をしてみるかと。(笑)
まだ読んでませんが、入門書らしく画家の系譜と代表作が多数紹介されています。こちらも読みやすい1冊だと思います。

(byふらっと)
 

 

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

角川武蔵野ミュージアムと令和神社とヒューヒュー・ポーポー?

一部界隈では「正解するカド」と言われているらしい角川武蔵野ミュージアムの外観だけ見てきました。新型コロナ対策のため、入館するには事前に日時指定券を購入しておかなければならないらしく。
Cimg6484
この特徴的な建物は隈研吾氏の設計だそうですが、まだプレオープンで一部しか公開されていません。プレオープン中は、竣工記念として建物見学ツアーをやっているそうなので、また機会を作って行ってみたいです。(こちらのサイトの説明が詳しかったです。)

敷地内には、変わった形の神社も経っていました。神社も隈研吾氏の設計だそうです。
Cimg6489
先ほどのサイトの続きに詳しい説明が載っていましたが、千木が互い違いになっていたり、拝殿の天井画が天野喜孝氏だったりするらしいです。
Cimg6498
っていうか、何ですか、この幟は。アニメ神社ですか!? ここなら高木神社の御朱印帳を持って行っても大丈夫かも。
この神社は、アニメ聖地88の1番札所になっています。リンク先はまだ更新されていなくて、1番札所はKADOKAWAの旧本社(千代田区)になっていますが、KADOKAWAの本社と一緒に移転してきたようですね。

そして、隣の公演の森の中にいた銀色に輝く物体。
Cimg6481
形はヒューヒューポーポー(古っ)ですが、なんなんでしょうね。
Cimg6522
暗くなると光りますよ。こちらもチケットがいるらしいのですが、何の説明もなくて事前に調べてないと入ると何があるのかもわかりません。

ミュージアムも暗くなると綺麗です。
Cimg6525
いよいよ「正解するカド」っぽいけど、あれは角川アニメじゃないよね。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2020年9月16日 (水)

絵ハガキの整理

展覧会では気に入った絵画の絵ハガキを買います。旅行のお土産でも買ったりします。使わないのに買っちゃうんですョ。(*´ェ`*)
つまり、溜まります。orz ずっと見て見ぬ振りをしてきましたが、やっと整理する気になりました。f(^^;

ハガキ整理用ホルダーを探してました。良さそうなのが『ナカバヤシ クリアホルダー』です。縦方向からの出し入れなので、微妙なサイズのハガキ(100×148や107×154)が入ります。
Img_5012
入れる順番なども一応考えたのですが、あまりに枚数が多いので諦めました。せめて同じ展覧会で購入したのは、並べて入れるようにしよう。
Img_5016
2013年の大野麥風展、2016年のレオナルド・ダ・ヴィンチ展、2016年ボッティチェリ展、2017年のランス美術館展・・・見事にバラバラです。(笑)
Img_5014
2017年の怖い絵展の次が東京ディズニーランド??? これはどこで買ったんだろう?東京ディズニーランドじゃないことは間違いないのだが。(^^; その次が藤城清治? これは昇仙峡にある影絵の森美術館で買いました。
Img_5015
2017年の上村松園展、2016年の俺たちの国芳、わたしの国貞展、2016年のファンタスティック-江戸絵画の夢と空想-展。圧倒的に日本画のハガキは少ないです。
Img_5017
一番多いのがゴッホ! 日本でゴッホ展があると行くし、オランダを旅行した時にゴッホ ミュージアムなどでやたらと買ってました。(笑)
Img_5018
漫画のイラストもあります。三原順さんや冬目景さん、豆絵本の雨猫さんなど。ファイルの中はゴチャゴチャですが、好きな物ばかりが詰まっていることは確実。ニマニマしながら眺めています。o(^◇^)o

二日がかりで整理しましたが、blogと照らし合わせたら行方不明のハガキが!Σ(゚口゚;)// どこにやったか分かんない。いつでもファイルできるし、あまり気にしないでおこう!(´∀`*)

(byふらっと)

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

SOMPO美術館 開館

旧『東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館』が『SOMPO美術館』に改名しました。場所も今までの損保ジャパン本社ビル内から隣の新ビルへと移転しています。
Sompo
現在、『開館記念展』が開催中です。SOMPO美術館所蔵の作品がどど~んと展示されているんですね。ゴッホの“ひまわり”も、以前より至近距離&見やすく展示されています。
Sompo_1
行きたい。orz 見たい。orz おのれコロナ・・・。orz
自粛中のため我慢していますが、日時指定のチケットだし寄り道しなければ大丈夫かな・・・と言い訳を考えてる時点でもう負け確定か。(^^;
そして、そして10月からの企画展が『ゴッホと静物画-伝統から革新へ』です。これも行っちゃいそうだなぁ~。f(^^; 多分、ほとんど見たことのある展示だとしても。
本当にコロナはどうにかならんのか!orz

(byふらっと)

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

特別展『きもの KIMONO』展

日医会長の「我慢の4連休」を守りたかったけど、事前予約しちゃってたので、これだけは勘弁してくだせぇ。orz 東京国立博物館<平成館>で開催中の『きもの KIMONO』展です。
Cimg6256
着物の原型“小袖”。安土・桃山時代から江戸時代、そして明治・大正から現代までの着物を見ることが出来ます。
どれも見事なもので、「ステキ!綺麗!艶やか!」と形容する語彙の乏しさに涙が出ます。(ioi)
染めや織り、刺繍などの技術や着物の歴史(形や柄の流行など)を知っていると、もっと奥深く見ることが出来るんだろうと思うのですが、なかなか簡単に得られる知識でもないので圧倒されるばかりでした。
時代によってデザイン(柄の配置)や有職文様の使い方などの特徴がありました。こういうのは見ているだけで楽しくてしょうがないよ。(>▽<)
また、男性用の陣羽織や同服も見事でした。火消しの半纏(消火が終わったら半纏を裏返して中の刺し子の柄を見せる)のオシャレなど、初めて知りました。格好いいです。
Cimg6258
明治以降のモダニズムでは、マネキンに着付けた状態で展示もあります。これはトータルで見ることが出来て、本当にステキでした。
その他にも根付けや簪も展示されているし、姿絵(掛け軸や浮世絵)も見ることが出来ます。一部、コロナのために展示されなくて、写真になっていたのは残念。(^^;

この展覧会には着物で行きたかったですね。(^^; 今日も雨の中がんばって着物で来ている人が何人もいました。エライ!
図録やグッズは買ってませんが、ミクさんのホストカートを1枚買いました。
展示されている尾形光琳直筆の<冬木小袖>修理プロジェクト協賛品です。布地の傷みと前回修理したときの縫い目が鑑賞の妨げになっているそうです。とても見事な着物だったので、うまく修理出来たらいいなと思います。

着物は見ているだけで幸せな気分になるよ~。w(*^o^*)w 久しぶりに3時間かけてじっくり観賞してきました。もう腰が痛くて大変です。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2)

2020年6月29日 (月)

深沢小さな美術館

深沢小さな美術館は、あじさい山から車で5分くらいのところにある、友永詔三さんの美術館。以前から気になっていたので、帰りに寄ってみました。
目的はこれ!
Img_4944
NHKの人形劇「プリンプリン物語」の人形たちです。
Cimg6031
この狭いスペースに、みっちり100体くらいが飾ってあるそうです。すぐに名前が浮かぶものもあれば、見たことあるけど誰だっけ?というものまで。
Cimg6028 
作家さんご本人が美術館にいらっしゃって、来館者にいろいろ説明してくれるのも嬉しいです。写真もどうぞ~と勧めていただきました。

プリンプリンの他にも、多くの作品が展示されています。
Img_4918 
“ふらっと”が一番気に入ったという天馬。見上げると梁の上にも展示があるので、見落とさないように要注意です。
Img_4945
写真だと小さく見えますが、ポニーくらいのサイズがありました。以前は羽もあったそうです。
 
“ぶらっと”が一番気に入った「リンゴをお食べ」。
Cimg6059
魚頭の下駄履きの男女(?)が、お互いが手に持ったリンゴを差し出している不思議な作品です。

こちらの人形は、新型コロナの流行がなければ今年の春に劇をする予定だったそうです。
Img_4922
来年くらい、落ち着いたら仕切り直しを計画しているそうです。

こちらはマレーシアのお寺に依頼された仏像。
Img_4924
若いころ日本に留学した際に友永さんの造形に出会った僧侶の方が、自分のお寺を持てたので制作を依頼されたとか。近々海を渡る予定だそうです。

喫茶室のメニューはコーヒーか紅茶の二択。
Img_4950
スイートポテト付きで、コーヒーも2杯目のお代わりをいただけるうえ、美術館を観たお客さんは割引で400円にしてくれます。
とても落ち着くスペースで、時間を忘れてゆっくりお茶をしてきました。

あじさい山にもたくさん立っていた丸太の人形も、こちらの友永さんが創られたもの。
Cimg6019
街中の家々にも道しるべのように立っていて、移動の目印になります。

追々、プリンプリン物語の人形達をデザインした時のイラストも展示予定とか。これはまた行かなきゃいけませんね。Cimg6024
建物自体もカワイイし、ゆったりした時間の流れる素敵な場所でした。

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2020年6月27日 (土)

ガンバ45周年展に行ってきました

「ねずみ年だよ!しっぽを立てろ!」という副題で、「ガンバの冒険 45周年展」が開催されています。
6月初めにタイムラインに載ってきたtwitterで知り、一昨日のロンドンナショナルギャラリー展からの帰路、池袋に寄って観てきました。
Cimg5904
入場無料ということだったので気軽に寄ったのですが、
Cimg5915
イメージボードや設定資料、
Cimg5906
スタッフ色紙、
Cimg5909
クリエイターからのイラスト起稿、
Cimg5925
フィギュア展示まで、
Cimg5921
しかもすべて撮影OKという太っ腹。
DVDでアニメも放映されており、ちょうどラスト3話だったので見入ってしまいました。

堪能した後は、ささやかながら物販にて散財。
Cimg5961
ポストカードは特に気に入ったクリエイターイラストをチョイス。この他に版権絵のポストカードとTシャツも購入しています。
DVDボックスも欲しかったのですが、さすがに“ふらっと”に止められました。(><)

出口付近には、来場者が自由にメッセージを寄せられるスペースもありました。
Cimg5938
皆さんお上手。そして、ガンバ愛があふれています。

原作小説の挿絵を描かれた藪内正幸氏の展示もありました。
Cimg5924 
白州の藪内正幸美術館では、瀬端80年記念の展示もしているそうです。また久しぶりに美術館にも行きたくなりましたよ。
Cimg5933
いただいたチラシと、中学生の時に読んだ原作。文庫本は経過した年月を感じさせるヤレ具合です。(^^;)
Cimg5962
文庫化されたのがアニメ放送から3年半後、私が購入した2刷はさらに1年後だったようです。
Cimg5963
アニメを見たのはその直前だと記憶していたので、もしかしたら再放送で見たのかもしれません。さすがにもう記憶も曖昧です。
それだけの年月が経っても色あせないアニメと原作。本当に名作です。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

コロナ騒動で開催が中止されていた『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』が開催日を見直して再開されました。入場は完全予約制です。いつもなら混雑して絵を見るのもままならないような状態ですが、今回は人が少なくてとても見やすかった。これについては大歓迎!嬉しい誤算というヤツでした。(^^;
Cimg5890
久しぶりの電車!久しぶりの絵画展!最近コロナの感染者が増えているので心配ですがこれだけは許して!(><) そんな気分です。
Cimg5888
今回の出展数は61とちょっと少なく感じるかも知れませんが、その全てが日本初公開!そして全てが有名画家の作品と言っていいと思います。
ルネサンス時代でクリヴェッリ、ギルランダイオ、ボッティチェリ、ティチィアーノ、ティントレット。
オランダ絵画でレンブラント、フランス・ハルス、ヤン・ステーン、フェルメールヴァン・ダイク
風景画のカナレット、ニコラ・プッサン、クロード・ロラン、ターナー
スペイン絵画でゴヤ、ベラスケス、スルバラン、ムリーリョ
印象派・ポスト印象派からルノワール、モネ、ドガ、ゴーガン、セザンヌ、ゴッホ
などなどなど・・・ほぼ1点ずつですが、こんな名前がずらりと並ぶ展覧会は凄いですよ。もう最初っから最後まで目玉作品で気を抜く余裕がありませんでした。
Cimg5885
絵の感想はどれも凄すぎて書けませんが、それぞれの絵だけではなくロンドン・ナショナル・ギャラリーの成り立ちや集められた絵のエピソードなど、絵画鑑賞以外の所にも面白みが満載です。西洋絵画の技法や発展の流れを見ることも出来るのでお薦めです。出来れば行く前に予習をしておくと尚可!私は“ぶらぶら美術・博物館”の番組(前編後編)を見てから行きました。

帰りに図録や絵ハガキを買おうかと思ったのですが、AERAの“ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 完全ガイドブック”が良かったのでそれを買ってきました。読みながら本物を見た感動を思い出そうと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧