住まい・インテリア

2017年9月22日 (金)

ハズキルーペ

レザークラフトを始めるにあたり、まず突き当たった壁が老眼!
普通なら木槌でカンカンと叩く音だったり、道具を揃える費用的な負担だったりしそうなものですけどね。

自分は極度の近眼なので、眼鏡を外せば近くの細かいものも普通に見えます。だから、手元で模型の作業をする分には、老眼鏡も拡大鏡もなしで困っていませんでした。
が、机上で作業するレザークラフトは、目を近づけると木槌が振れない。といって離れると眼鏡を掛けても対象が小さくて見えない。(><)
そんな訳で、ついに拡大鏡のお世話になることに...Cimg3655机上でいろいろなツールを持ち替えるので、タミヤのヘッドルーペとかではなく、ちょっとお高いですが視野の広いhazukiルーペを選択。型落ちならamazonで値引きされていますが、最新モデルをyodobasi.comさんの10%ポイント還元で購入しました。
細かい部分もしっかり見えるように1.6倍にしましたが、少し離れたところに置いたテキストも見るなら1.32倍でも良かったかもしれません。追々テキストなしで作れるようになるまで、しばらくは辛抱しないといけませんね。

メガネ on ルーペなので、遠くを見るときはルーペだけ外す際、ついメガネも一緒に取ってしまいます。これは慣れるしかなさそうですが、もっと早く始めれば良かったと後悔してしまう瞬間です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

レザークラフト修行中②

前回の続きから。と言っても、残っている工程はあとわずかです。

「ストップ」で表現した葉の付け根の下に、V字型の「ミュールフット」で装飾を付加します。Cimg3588
そして再び「スーベルカッター」の出番。仕上げのデコレーションカットを施して完成です。Cimg3590今回は15分もかからず終了。慣れればトータルで2時間弱ってところですかね。

なんとか形になりましたが、師匠(母親)の作品と比べると稚拙さに悲しくなる。(;_;)Cimg3591一度やってみて、確認したいことや疑問に思ったことなどできたので、その辺を訊きに実家に行ってきました。
同じものをもう1つ作りながら手順やコツを確認。ブランクが長すぎて「あまり手順を覚えていない」という頼りない師匠ですが、「ちょっとやってみせて」と言うと徐々に思い出したよう。そして「忘れた」などと言いつつ上手いからムカツク。(^^;)

師匠は「いつまでも練習じゃなくて、財布でも名刺入れでも形になるものを作ってみれば?」と言いますが、「こんな稚拙なカービングがされた財布を使いたい?」と問い返したら沈黙されました。\(^o^)/

稚拙に見える一番の理由は、スタンプの力が弱いことだそうです。おっかなびっくりなので彫りが浅くて立体感に欠けてしまうとのこと。
テキストには「強すぎると皮が切れる」と書いてありましたが、ビビリな私の場合は切れても良いくらいの勢いでやらないとダメみたい。
違う模様で思いっきり良くスタンプする練習をしたら、次は財布でも作ってみようかな。

これから大変なのは、今回はテキストにスタンプツールや飾りカットの手順と見本がありましたが、母親から引き継いだ図案にはそんなものはないこと。その辺は自分で考えてやらなきゃいけないみたい。これはセンスを磨く必要もありですね。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

レザークラフト修行中①

自分で作る事にしたレザークラフト。道具の手入れは後回しにして、まずは一つ作ってみることにしました。
こういうのは、やりたい時にやらないとね。

練習なので、ちょっとカビちゃった端切れを使います。
テキストにある一番簡単な図案をトレースして鉄筆で皮に跡を付け、スーベルカッターで輪郭線を切っていきます。Cimg3573スーベルカッターはすぐに滑りが悪くなるので、こちらの皮で磨きながら使うらしいですよ。Cimg3634綺麗な曲線を描くのは難しく、途中でカクカクしちゃいます。
力を入れて深く太く切り始め、終端は力を抜いて浅く細くメリハリを付けるのですが、これもまた難しい。どうしても一辺倒な彫りになります。Cimg3575
一通り切り終わったら、スタンプツールで陰影を付けていきます。
「ベベラ」で全体に縁取り。Cimg3576
「ベンナー」で葉脈を付け、「カモフラージュ」で茎の模様を表現します。Cimg3579
「ベェアシェダー」で葉や花びらの立体感を出し、Cimg3581「シーダー」と「ストップ」で花芯と葉の付け根を表現。Cimg3582
「バックグラウンド」で背景を凹まし、Cimg3583...とここまででテキストを見ながらゆっくりやって2時間くらいでした。

一見それっぽくなってきましたが、よく見ると「ベベラ」は輪郭線を越えちゃったり、ビビって
輪郭まで攻めきれずに隙間ができたり。
他のスタンプツールも木槌を打つ力が一定にできずに、あちこちムラになっています。
修行の道は果てしない気がしてきましたが、まずは完成目指してもう一息。
続きもがんばろう!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

Canon IXY210 購入

前回のEXILIMから一年と経たずにまたコンデジ買ってます。f(^^;Canon実は2010年の3月に買ったリコーのCX3がかなりヤバイ感じになっています。(笑) 液晶は暗いし撮った写真も暗い。補正でしのいでましたが、とうとう液晶に抜けが出るようになりました。それも日ごとに抜けが広がる。(ノ∀`)・゚・。
この写真は拡大します。Canon_1でも、操作性が良いしマクロに強いので、どうしても手放す気になれません。リコーさん、なぜコンデジから撤退したの。(。>0<。)

ウジウジしながらも使い続けていますが「明後日から友達と旅行なのに、いつ壊れるか分からないカメラを持って行くのもなんでしょ!」という話になって新しいのを購入しました。(^^;
自分のカメラの原点・・・CanonのIXYです。
私の日常使いという事で、お値段は安めで!マクロとズームがホドホドで軽く、操作が分かりやすい(多分)から。
モードに目新しさはありませんが、ジオラマ風(ミニチュアライズ)の状態で動画が撮れるらしいので、今度それを試してみたいと思います。
新しいカメラで、旅行先であたふたしないと良いのですが。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

黒電話2号機

以前ヤフオクで黒電話を落札した後、実はもう1台入手していました。
人気のマツダ(現:東芝)製ダイヤルながら、汚れたままの現状渡しとあって比較的お安く落札(\4,300)できたモノです。Cimg3481ずっと放置していましたが、綺麗に掃除して、モジュラージャックのアダプタを付けて使えるようにしました。

黒電話の中でも古い機種なのか、受話器がストレートコードなので取り回しが悪いですね。Cimg3480そこでこちら。Cimg3482同じ頃にヤフオクで落札した電話台(送料込み\1,300)です。デッドストックの未使用品でした。
アンテナのようなコードホルダーがレトロ感たっぷり。さらに電話帳やペン立ても装備しています。Cimg3489現状渡しだった電話機は特に不具合なく好調。ですが、1号機に比べて色々と音が大きいのが困りもの。
ダイヤルが1世代前のため動作音が大きいのは仕方ないとして、ベルの音も大きいのが不思議。中身は同じだと思ってたんだけど…。1号機より澄んだ良い音なのですが、いかんせん大きすぎです。

黒電話が2台あると起きる定番の問題もあります。
1台の電話機でダイヤルすると、その信号を拾ってもう1台の電話機のベルがなっちゃうんですよね。ちょっとググってみたけど、回避できそうもない...。鬱陶しいなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

レザークラフト

以前は母親が作ったレザークラフトの財布を使っていました。
さすがにボロボロになったので今は市販の財布を使っていますが、やはりハンドメイドのレザークラフトには惹かれます。
もう母親は作る気がないらしいので、作り方を教わって自分で作ることにしました。

Cimg3571一通り揃っている道具を引き継いできました。
初期投資がいらないのは嬉しいですが、20年近く使っていないとあって錆もそこそこ浮いています。
まずは道具の手入れと整理からですね。

見本として、作品や習作も借りてきました。Cimg3572こんなのが作れるようになるのは何時のことやら。
道具の手入れと並行して、カービングの練習も始めましょう。これから少しずつ修行の過程もblogで紹介できるように頑張ります。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

北星鉛筆 V.S. OHTO

別に鉛筆対決って訳じゃないんだけど、最近2mm芯のシャーペンがお気に入りなのです。(^o^) 最初の2枚の写真は拡大します。Pencil_1こちらが北星鉛筆の“大人の鉛筆”です。文房具カフェで見つけて買おうか悩んで買わなかったもの。ちょっと後悔していたらamazonで買えたのでポチリました。(^^;
最近は字を書く事があまりないから、新しいシャーペン増やしても・・・と思うじゃないですか。f(^^; シャーペンなんていくらでもあるんだからと。でもこう言うのって買うとなんだかウキウキします。((w´ω`w)Pencil_2他に2mmのシャーペンがOHTOのシャーペンです。これは赤芯をいれてあります。旦那さまが職場で使っていたものです。
2mmの書き心地って「太い字をガシガシ字を書いてる!」って感じがして楽しいですが、先がすぐ丸くなるのが困りもの。北星鉛筆の方についている芯削りが手放せません。(><)

0.5mmの方は、20年以上愛用しているOHTOの木軸シャープシリーズです。書く場所(メモ)の大きさに応じて0.5mmのシャーペンと使い分けしてます。(^▽^)Pencil_3・・・と思ったら、シャーペン壊れた。Σ(゚д゚; 長く使ってると接着が剥がれるんだよね。接着し直せば大丈夫だけど。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

気圧計

昨年の台風直撃から、低気圧と頭痛の関係を認めざるを得なくなりました。
それ以来、天気が悪いときに偏頭痛が起きると「これは低気圧の所為?」「天気ほどに気圧は低くなくて、ただの偏頭痛?」と気になる訳です。
そこで、気圧計を買ってみました。Barometerどのみち薬を服用するしかないから区別しても仕方ないと言ったらそれまでですが、どのくらいの気圧で頭痛になるのか数値として把握できたら服薬のタイミングも計り易くなることへの期待も込めて。

届いたのは先週の台風3号が通過した後だったので、それ以来1週間ほど経ちますがずっと1,000~1.005hPaを指しています。登山をする人が高度計にも使う用なので、気圧の表示範囲がえらく広い分、微妙な気圧変化は読み取りにくいです。
ずっと気圧が安定していて針は微妙に振れる程度とちょっとつまらないですが、気圧が下がって頭が痛くなりたいわけでもないので良しとしましょう。

説明書は、気圧計・高度計の使い方より、気圧に関する基礎知識の説明の方が多い感じ。その中に、気圧変化と体調も無関係ではないとの記載もありました。頭痛外来の医師も低気圧で頭痛になると言ってたし、本当に都市伝説や気のせいじゃないんですね。

さて、これから台風シーズンが来ますし、自分の低気圧耐性が何hPaくらいなのか観察してみるとしましょう。まさに健康の“バロメーター”として活躍するか、楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

USB充電器

会社でタブレットPCやwifiルーターの充電をするのに、2つあるasusの充電器の1つを持って行っていました。
しかし、持って歩くには邪魔だし、かと言って会社に置きっ放しだと自宅で不便なんですよね。

iPodの充電用にコンセントからUSBに電源供給するソケットも使っていたのですが、2A出力のはずなのに、なぜかタブレットPCには充電できなくて。2口に分かれているから、1Aずつに分配されちゃってるのかもしれません。

で、1.8A単独出力の充電アダプタを購入。Cimg1648アスキーアートみたいな顔はいらないんですけどね。(´・ω・`)
マイクロUSBのケーブル固定なので、iPod用に使っていたUSBアダプタも残さなきゃいけないのは少々邪魔。ですが、充電できるようになったので良しとしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

手ぬぐい

先日合切袋を購入したとき、レジで支払後に包装を待っていて見つけたのがこちらの2枚。ちょうど日常使いとして新しいものが欲しいと思っていたところだったのですよ。Cimg1716「雲唐草」というタイトルの手ぬぐいは、雲を表す唐草の先端が鳩になっているという可愛いもの。色も藍色ほど濃すぎず、かといって水色ほど薄すぎず、手ぬぐいにありがちな色じゃないのが気に入りました。

もう1枚が立川の非公式ゆるキャラ「ウドラ」。キモカワイイ狙いだけかと思いきや、立川名産の独活(うど)をリスペクトした真面目なキャラです。
市民による人気投票では惜しくも2位となり、公式キャラになり損なったというのもキャラにピッタリな感じ。ちなみに1位はくるりん。そりゃぁ仕方ないね。

季節限定とか日常使いじゃない手ぬぐい他にも持っているんですけどね。
今まで季節を問わない日常使いは「」1枚だったので、これからは3枚のローテーションとなります。
ウドラが日常に溶け込むかというのは、はなはだ怪しいところではありますが。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧