パソコン・インターネット

2016年10月 5日 (水)

シベリア鉄道100周年

今日のgoogleさん。動画になっています。Google_20161005シベリア鉄道の完成から100周年だそうです。
動画はDoodleアーカイブからYoutubeにもリンクされています。


シベリア鉄道と言えば、数日前にニュースになってましたね。ロシアが経済協力の一環として北海道までの延伸を求めているとか。
このタイミングでGooleさんがシベリア鉄道ですか...?Σ(゚д゚;)

2ちゃんねるの纏めサイトでも賛否両論、話題になっています。
シベリア鉄道は広軌だそうで、レール幅が異なるという技術的な問題もあるようです。それ以上に、地続きになることで戦車を積んで侵攻可能になるリスクもあるとか。日ソ不可侵条約の一方的な反故など、信用ならない国の代表格というイメージがありますからね。
そう考えると、北方四島の返還と交換条件としても折り合いが付くかどうか。南樺太も返してくれるなら、国境線がサハリンに移動するので安全保障上もギリギリか? ...なんて夢を見ていると、「鉄道は延伸しました、北方領土の返還なんて言ってません」で終わりそうな予感が。(((゚Д゚))) 気がついたら「北海道がロシアに実効支配されてました」なんてことにもなりかねない!?

それはそれとして、本当に繋がったらヨーロッパからの物流もずいぶん変わりそうだし、赤字のJR北海道も潤うかもしれませんね。
日本から直接モスクワまで鉄道でまで行けると想像すると、旅のロマンも広がります。定年後に時間をかけてのんびりと旅ができると良いですね。
まぁ、今の老人ほど年金もらえるわけでなく、そんな余裕はないでしょうけど。orz

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

カナ入力の理由

@niftyでこんなネタが。
いまだに「かな入力」してる人って、どんな人?
ワープロでカナ入力を覚えたとか、仮名入力の方が入力が早いとか、色々説はあるようです。

でもね、真実は違うと思うんですよ。
職場にもローマ字入力を拒む方がいたんです。で、理由を訊いたら「ぢゃ」とか「でぃ」が入力できないからと。
なんか、このコピペを思い出しました。

 11 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/03/02(水) 21:32:18.64 ID:t4C5J9N50
 ちょっと聞いてくれ日曜にヂィズニーランド
 ぢぃ
 じぃ
 dふぃ
 このパソコン壊れてんのかクソ

職場のカナ入力の人、ローマ字入力だと「っ」は“tta”と打って「った」を表示してから「BackSpace」で一文字戻してたとか。Σ( ̄ロ ̄lll)
“dya”で「ぢゃ」とか“dhi”で「でぃ」とか、先に“l”や“x”を打てば「つ」だけでなく「あ」とか「う」も小さくなりますよと教えてあげたら、その日からローマ字入力に切り替えてました。\(^o^)/
「カナ配置まで覚えるの苦労したし、数字キーまで使わないといけないから大変だったんだよ」と。十年以上、無駄な苦労をしていたんですね。

そういえば、こんなコピペもありましたね。

 225:名無しさん :2006/08/28(月) 01:12:52 ID:kkOh0dpH0
 つ━━━一 ポッキーでも喰え

 226:名無しさん :2006/08/28(月) 01:13:10 ID:/HPxyTcf0
 ポッキーの半分のやつどうするの?

 227:名無しさん :2006/08/28(月) 01:15:14 ID:kkOh0dpH0
 ?

 228:名無しさん :2006/08/28(月) 01:18:17 ID:/HPxyTcf0
 ポッキーを半分にするの教えて

 229:名無しさん :2006/08/28(月) 01:20:25 ID:kkOh0dpH0
  ━一

 230:名無しさん :2006/08/28(月) 01:21:00 ID:/HPxyTcf0
 ふざけないで

 231:名無しさん :2006/08/28(月) 01:23:20 ID:kkOh0dpH0
 お前がふざけんな

 232:名無しさん :2006/08/28(月) 01:30:36 ID:rzxw0X6c0
 ぽっきーでF8で変換

 233:名無しさん :2006/08/28(月) 01:38:52 ID:/HPxyTcf0
 ポッキー できた!ありがとう!

ついでにF7、F9、F8あたりも教えてあげたら、エライ効率が上がったとか。
一文字に複数キーを打つローマ字入力より、1対1のカナ入力の方が早いという説もありますが、日常の文章で数字やアルファベットも組み合わせるとなるとそうでもないでしょう。
未だにカナ入力の人の中には、同じ悩みを抱えている人が多いんじゃないかと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

@niftyホームページへ移行

今年の3月にniftyの@homepageサービス終了のニュースを聞き、後継サービスとなる@niftyホームページサービスの登録だけはしておいたのですが、やっぱり移行作業は「夏のワンフェスが終わってから」となりました。実のところ、次のワンフェスのディーラーカットに新しいURLを載せるために、大慌てで移行したというのが真相ですが。\(;゚∇゚)/

とりあえず、新しいサービスに全てのファイルをコピーして公開。旧サービスには移転のお知らせを表示しました。
移転通知は2018年3月29日15:00まで表示してくれるそうですので、旧URLからでも1年半ほどは行方不明にならずに済みます。Homepage1すっかり更新も滞るようになったとはいえ、2000年4月8日から16年も慣れ親しんだURLが「ページ移転のお知らせ」だけの表示になるのは寂しいものですね。
「ふらっとぶらっと」を名乗るサイトは他にもあるようですが、ググるとうちがトップに表示されていたのも16年の積み重ねかと。まぁ、さっぱり更新もしないのでは意味もないですけどね。(ちなみに、うちは正式には「ふらっと☆ぶらっと」です。トップページのロゴに☆が6つあるのも拘りだったりします。)

しかし、移行したと言っても、まだ「自動移行機能」でファイルを移しただけ。絶対パスなどは直していないので、カウンターやアクセス解析のcgiは旧サービスへリンクしています。
これを9月29日15:00までに直しておかないと、一斉にリンク切れを起こすことに!Σ( ̄ロ ̄lll) blogのカウンターも@homepageに置いてたりするから油断できません。

環境を整えるのも必要ですが、すっかりblogが中心になってしまった現状もこれを機に少し見直したいものです。
とりあえず旅行記やワンフェスレポート、世界のスバルなどはblogへのリンク集としてテーマ別に見やすくするとか、fg共々更新が止まっているフィギュアの作品集も最新にしたい。やることが多すぎて結局手が出せない予感が...。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

熱暴走

勤務先の話なので細部は曖昧にしか書けないのですが...
専用回線で端末として使用するPCを業務委託先に貸与しています。そのPCが「電源が入らない」とか「突然電源が落ちる」といって、同じ委託先から連日のように返却されてきました。

どれも10年以上使っているので、HDDや電源に障害が起きるのはよくあること。通常は原因を特定して、HDD交換で直すなり、“ニコイチ”で動くようにするなりして再利用します。
ところが今回は、電源は入るし、イベントビューアーでもchkdskでも問題ななし。「原因が特定できないと再利用するのも不安なんだよね~」と思っていると、だんだんCPUファンの音がうるさくなってくる! しかも、心なしか焦げ臭い?Σ( ̄ロ ̄lll)

筐体を開けてよく見ると、CPUのヒートシンクに埃が詰まってました。Cpu※写真はクリックで拡大します。
もう、綿埃っていうより、10年分の埃が圧縮されてフェルトのようになってます。そりゃあ不安定にもなるよね。\(^o^)/
毎日1台ずつ戻ってくるPCが、全部こんな状態でした。先方に言ったら、オフィスがホコリっぽいのは認識しているようで。(;´д`)トホホ…
掃除しないと健康にも悪いですよ!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

iVideo使ってみた

今回の台湾旅行では、iVideoのモバイルWi-Fiルーターをレンタルして使ってみました。レンタルに至る経緯、申し込みから機材到着までは先日のblogに書きましたので、今回は実際に使った感想を記録に残したいと思います。

◇いきなり接続トラブル!
機材が到着したのは出発前日だったので、同封物に不足がないことだけ確認して出発。現地に着いて、同封されていた取り扱い説明書を見ながら接続を試みたのですが、この説明書に落とし穴がありました。

説明書には「SSID"**5678-****"に接続」(数字はダミーです)とありますが、そんなSSIDは見つかりません。不運なことに周囲に同じメーカーのモバイルルーターを使う方が複数いたようで、「Huawei1234-5678」とか「Huawei9876-5432」のように紛らわしいSSIDが3台も見つかりました。そのため単に数字部分の記載ミスかと思ってしまい、説明書にある通りルーター本体に記載されたパスワードで接続を試みますが、もちろんすべてはじかれました。(><)
説明書には続けて「使用できない場合は本体のリセットボタンを押す」と書いてあったからたまりません。せっかくリセットボタンを押せないように塞いであったシールをめくって押しちゃいましたよ、リセットボタンを。(*・・)σぽちっとな♪
すると、ルーターが初期化され「----×(地球儀のアイコン)」という、いかにも繋がってません的な表示ががが!Σ( ̄ロ ̄lll) やっちゃった感が満載です。

ここに至ってやっと説明書を疑ってみる落ち着きを取り戻します。
改めて本体をよく見ると、パスワードの上に「SSID:Dokomo-EE77」(文字列は微妙に変えてあります)と書いてあるじゃないですか!? そのSSIDならPCからも認識してましたので、パスワードを入れるとルーターには繋がりました。
が、Wi-Fiの接続が「インターネットなし、セキュリティ保護あり」となって、インターネットに接続できません。そりゃそうだよね、さっき設定をリセットしたもの。\(^o^)/

◇サポートを頼る
仕方がないので、夕方ホテルにチェックインしてから、ホテルのWi-Fi経由でiVideoさんのメールアドレスに経緯を書いて問い合わせてみました。
案の定「リセットが原因」との回答と共に、台北に滞在中ならiVideoの事務所で再設定できるとの提示がありました。
でも、その日は台中に宿泊、翌日は台南、その次は花蓮と移動し、台北に戻るのは最終夜となることを伝えると、ルーターの設定方法を教えてくれました。

教えられた手順はさほど難しくなく、設定し直したらあっけなくインターネットに接続できました。初っ端で間違わなければ、本当に簡単接続だったんですね。
「落ち着け!」という自戒も込めて、iVideoさんには説明書の改善をお願いしつつ、これから初めてiVideoを使う方へ失敗例の提示として詳細に記録しておきます。
「SSIDもパスワードも本体の裏に書いてあるものを使う!」
「同封されている説明書を読まなければならないほど難しいことは一つもない」

これが大事です。(^^;)

◇さあ使うぞ!
繋がってしまえばこちらのもの。ここからは使い倒しました。
今回は臺灣鐡道で台湾を1周しましたが、地方でも列車での移動中でもしっかり繋がります。もちろん山間のトンネルとか、台北が近づいて地下に入ると接続は切れますが、それは仕方ないですね。Ivideo_11花蓮郊外の松園別館や列車内で駅弁を食べるときにツイートしたり、最終夜の古いホテルでWi-Fi接続が面倒になったらモバイルルーターだけで過ごしたり、とても便利に使えました。Ivideo_12今までの海外旅行ではホテルのネット環境頼みでしたが、これからはモバイルルーター必須になりそうです。Ivideo_13
◇帰国後の返却
今回は日本で受け取ったので、帰国してからの返却となりました。
帰国日のうちに郵送しなければなりませんが、返信用のレターパックが同封されていたので簡単です。羽田空港に着いたらそのまま封入してポストに入れるだけ。自宅まで持って帰る必要もありません。
到着ロビーの1フロア下にローソンがあるので便利です。Ivideo_14ローソンのポストは小さいので、一杯になってしまうかもしれません。ポストの所にもう1カ所のポスト位置の案内もあるので、そんな場合も安心です。Ivideo_15
初モバイルルーター体験は波乱含みで始まりましたが、使用時の快適さやトラブル対応も含めて、次に台湾に行くときもiVideoさんにお世話になることでしょう。
http://jp.ivideo.com.tw/

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

台湾でWi-Fi

海外旅行の際、いつもはホテルのネット環境に依存しています。いや、今みたいにLANが普及する前はモデムで海外ローミングなんかもしてましたが。
今回の台湾旅行では「台鐵で台湾一周」を目指しているので、ホテルのWi-Fiもあてにできません。なにより、長い道中でネット接続できる環境も欲しいですし。現地の格安SIMを購入することも考えたのですが、なにせ手持ちのモバイルルーター(3G)の安定性に不安あり。(><)
そこで、モバイルルーターのレンタルをすることにしました。

台湾でモバイルルーターのレンタルと言えば、こちらのiVideoがガイドブックなどにも多く紹介されています。料金もお安く、(ちょっと怪しい(;´д`) )日本語のサイトで予約もできるのでお手軽。Ivideo_01さっそく申込みです。
まずはトップページから台湾を選択。新規ID登録を行います。IDがパスポート番号というのは、ちょっと抵抗ありますね。
登録が終わると確認メールが来て、そこからルーターの予約に進むのですが、ここで通信会社が3つ登場して戸惑います。Ivideo_03だって、日本で言えば「ドコモとauとソフトバンクのどれにします?」って、何の情報も無しに選択を迫られるようなものですから。料金は一緒なだけに、地方での繋がりやすさとか色々気になります。
悩んでも仕方ないので、ネットで口コミを検索して中華電信に決定。

で、次に悩むのが受け渡し方法。
台湾か日本か、台湾なら空港かコンビニか、日本なら空港か自宅かiVideoのショップか。それぞれ予約から受け渡しまでの日数や送料、返却方法などメリット・デメリットがあるのですが、なにせ日本語が怪しいのでイマイチ分かりにくい。(^^;) 
今回は台北に着いたらすぐに新幹線に乗りたいので、日本国内で先に受け取っておくことを選択。返却方法など分かり難いことを直接聞ける新宿のショップが有力なのですが、返却も同じショップに行かないとダメっぽい? それはそれで面倒なので、送料は気にせず自宅に送ってもらうことに。

サクサク入力を進めて、申込み完了。
自宅に届くのは出発前日というのはちょっと不安でしたが、本日ちゃんと届きました。Ivideo_10レターパックで届いて、返信用のレターパックも入っています。
せっかく早く申込みしてるので、遅配しても問い合わせ出来るように1日前くらいに着くと嬉しいんですが。

料金にはルーター本体の価格がデポジットとして乗ってきますが、帰国後に本体を返却すれば引き落としされることはないそうです。とい言いつつ、決済確認のメールが来ていたのでちょっと不安。(;´д`) クレジット会社の引き落としの確認まで、しっかりやらないとね。

さてさて、実際に行って使えたかは、またblogに纏めたいと思います。
台北・台中・台南の各都市だけなら、こちらの無料Wi-Fiも便利そう。次回、台北に行くときには使ってみたいですね。

http://jp.ivideo.com.tw/

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

年齢差を感じるSNS

ちょっと前に「おばさんはinstagramに来ないでほしい」というblogが炎上したとか。まとめ記事で読みました。 
趣旨としては、「年寄りは新しいツールを使うな」ということではなく、「自分たちのコミュニケーションの場に割り込んでほしくない」ということらしいです。
これ、インスタとか言うから今どき感がありますが、若者達が盛り上がっていると「俺たちの若い頃はなぁ」なんて割り込んでくるおじさん・おばさんがウザイというのは数十年前からある話。ツールがどうとかではなく、若者にすり寄りつつ偉そうにする年寄りが鬱陶しいというだけのことですよね。
それこそインターネット時代でなければ日常茶飯事。炎上案件でもなんでもないことでした。

物心ついたときからインターネットがあった世代は、ネット上で素性を晒すことに抵抗がないことにも起因するんじゃないかと思うんですよ。自撮り写真をネットで共有(=発信)したりね。
身内で共有しているだけのつもりが、その発信を見た他人(リアルの知り合い)に「フォロー外から失礼」されて気分を害する的な?

対して、パソコン通信時代は、とにかく素性を隠すものでした。 
ネットをやっている人の絶対数が少なかったこともあるのか、名前や顔写真をネットで晒すなんてあり得ない! バレたらどんな犯罪に巻き込まれることか!? というくらい警戒していました。 そんな時代を知っているおじさん・おばさんは、今だって若者の輪に強引に割り込むことはしないんじゃないかな。
スマホの普及で若者に遅れてデジタルデビューしたおじさん・おばさんが、「これで自分たちも若者の仲間入り」と勘違いして“やらかして”るんじゃないかと。(^^;)

でもね、パソ通時代の匿名性も、それはそれで面白かったんですよ。
歳も職業もバラバラの人達が、匿名の世界では対等に接してましたから。オフ会で会ってみたら、学生さんだったり自分より二回りも年上だったりね。
誰からともなく“ネチケット”なんてことを注意し、言われた方も素直に聞く。「半年romってろ!」なんて汚い言葉が投げつけられることもなく、問われれば「ググれカス」などと言わず嬉々として教えたがる。素性を隠す割には、和気藹々とした世界でした。
...そんなことを懐かしがるのも、“老害”の入り口かもしれませんが。(;´д`)

気軽に(匿名で)意見をぶつけやすいのもインターネットならではなので、ちょっとしたことで炎上するのも今どきなのでしょうね。
まぁあれだ。「おまいら!もちつけ!」。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

@homepage終了ですって!?

1月の中旬頃、twitterからの情報で@niftyの@homepageサービスが終了すると知り驚愕!
ほとんど更新していないとはいえ、うちのホームページはこのサービスを使っているのです。

なくなるとなると、全て消えちゃうのかと思いましたが、お知らせを見る限り@niftyホームページという別サービスに統合になるみたい。移行もできるようなので、追々やらないと...と思いつつ、ワンフェスやら旅行やらで後回しにしていました。

@homepageサービスは2016年9月29日(木) 15時で終了ですが、移行しておけば2018年3月29日15時まで移転通知ページを表示してくれるというのはありがたいです。URLを名刺に刷っちゃってるのでね。
しかも、@homepageからの移行だと、通常は有料となる新しいサービスも無料で使えるとか。使える機能もそこそこなので、忘れないうちにと移行専用プランの申し込みだけ済ませておきました。

この後、中身を移行してリンク等を修正して公開...を9月までにやらないと。っていうか、のんびりしていると、また「夏のワンフェスが終わったら」とか言い出しそうですね。\(^o^)/
面倒ではありますが、この機会にホームページも少し更新したいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

まだ2月だった

1週間の休暇が明けて、本日から出勤でした。
すっかり3月になってると思ったら、今年の2月はもう1日あったんですね。
得したような、損したような?(^^;)Leap_year_1Doodleさんも動画が可愛いです。Leap_year_2が、なぜウサギ?Leap_year_3 うるう年は英語で「leap year」、leapは「跳ねる」、「跳ねる」で連想する動物 として ウサギってことみたいです。Leap_year_4ただ、英語では一般的にウサギはhopで、leapはカエルみたいですね。Doodleさんも、初期の案ではカエルっだったようです。

0655の干支の歌で「申年は毎回うるう年」って歌ってるし、サルにしてほしかった なぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

こんなもんいかがっすかぁ

一昨年の年末に他界された水玉螢之丞さんの著作が復刊ドットコムより復刊されました。
amazonさんで予約しておいたのが、一昨日届きましたよ。

1994年の上下2分冊版を友人に借りて読みましたが、今回はそこに収録されていなかった記事も含んでものすごいボリューム。
∑(=゚ω゚=;)
懐かしさに読み始めたものの、ちょっとやそっとで読めるものではありません。

時代が変わっても不変なネタは今でも楽しめます。今となってはネタが古い面もありますが、それはそれで当時の状況を懐かしむのも良いものです。
ゆっくりじっくり読んで楽しみたいと思います。

一つ不満なのは、海洋堂の“センム”こと宮脇社長が偉そうに寄稿していること。
キミ、この間やらかして賛否両論を巻き起こしてたじゃないですか?
NEXT DOORプロジェクトの賛否はともかく、水玉さんを蔑ろにしておいてよくもいけしゃぁしゃぁと語れたものですよね。
ガイドブック内では「何かあったときにオタクが悪者に仕立てられないように」と水玉さんのイラストを採用した経緯も書いてありますが、何かやらかすのはきっと海洋堂なんだろうなと思います。
自分勝手な商売っ気はいつものことですが、水玉さんの遺志を継いだあずまきよひこ氏のイラストに戻ってほしいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧