アニメ・コミック

2018年8月10日 (金)

「究極超人あ~る」10巻

買ってきました「31年ぶり、奇跡の最新刊!!」あ~るくんの10巻です。Cimg7502ごく普通に、何事もなかったかのように、9巻の続きが描かれています。絵柄が多少変わってはいますが、ただただ9巻の続きの日常が繰り広げられているのがスゴイ!違和感があるとすれば、表紙くらいのものでしょう。9巻の「巻末のおことば」は、こういうことだったんですね。Cimg7505さて、次の11巻が出るのは何年後でしょうか。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

劇場版Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ

8/2に発売された劇場アニメ『Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ』のBlu-rayを買いました。ヽ(´▽`)/
表紙はコンドルのジョー。この映画では“さらば”しちゃう“友”だしね。(ノд・。)
Infini_t_1 「そんなに好き?Σ( ̄ロ ̄lll)」と驚かれましたが、設定やらキャストやらがツボだったのでやっぱり買おう!と。(^^; 出来れば次も作って欲しいという願いも込めてお布施的な。(笑)
ケースの中は南部博士。特製ポストカード付きでした。使えないけどな。(ノ∀`)
Infini_t_2 映画の感想は改めては書きませんが、重ねて言わせていただければ、なぜストーリー上重要なジョー役を声優さんにしなかったのか。それだけが残念。演技は上手いと思います。でも声の演技って違うんですよ。それが最後まで悲しかった。orz
それとやっぱり劇場サイズは臨場感が違ったな・・・と改めて思いました。ホームシアターに憧れる気持ちがちょっと分かったかも。(^^; いやいや、それは無理なので、気になる映画は劇場に行くようにしようと思いました。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

同人誌「お兄ちゃんと一緒にラブホテルで働いてみた話する?」

どなたかからのリツイートで知った“濃紫”さんという花魁キャラのアカウント。(当時は“小柴”を名乗られていました。)Komurasaki※twitter画像はクリックで元ツイートにリンクします。
この花魁キャラ、次の新作フィギュアの候補に推したいところですが、個人の絵師さんとの遣り取りってちょっと億劫なんですよね。\(^o^)/

それはそれとして、濃紫さんの自己紹介ツイートの中で別名義で作った同人誌が紹介されていたので買ってみました。Komurasaki_3 タイトルから想像した面白おかしい話ではなく、そこで働く人々の人間ドラマだったり感動物語だったり、期待したのとは別方向でお気に入りの1冊になりました。まぁ、舞台はラブホテルなんですけどね。(^-^;

作家さんにとっての初めての作品とのことで、「希望があればサインします」とあったのでお願いしてしまいました。イラスト付きの丁寧なサインをいただき、作家さんから直接購入した感がまた嬉しいです。
同人誌なので、一般コミックのように気軽にお薦めはできません。が、何かピンとくるものがあったら読んでみていただき、ファンが増えれば私も嬉しいです。なにせ、株の運用益と同人誌の売り上げが底をついたら同人活動を休止するとかおっしゃってますから。Σ( ̄ロ ̄lll)

この作家さんを知るきっかけになった花魁の本も完成し、ダウンロード販売が始まっているようです。Komurasaki_2 2018/8/19(日)から紙の本も販売になるとのことで、私はそちらを待つことにしています。
既にダウンロード版を読んだ方から感想も寄せられ、評判は上々なようなので楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

7月は漫画ラッシュ!

「WF準備で漫画を読んでるヒマはない!(`Д´)」ってときに限って漫画の発売ラッシュですよ。なんだよぉ~オアズケかよ~。゚゚(´O`)°゚ Manga_1 しかし、買うだけは買いますよ。(*^.^*) 
今日は『応天の門』(4)・『恋せよキモノ乙女』(2)・『理系が恋に落ちたので証明してみた。』(4)の3冊です。 Manga_2 それぞれ書店特典がありました。なければネットでパッと買うんですけどね。(^^; そして書店ごとにちょっとずつ内容が違う!相変わらず読者泣かせですよ。(><) Manga_3 「特典に釣られないクマー。」と言いながら釣られまくり、吟味しての購入。余裕があるじゃないか、自分。(笑) この3冊で2書店回りましたからね!(`・∞・´) ぶらっとくんが!(おいおい)
さて、作業の合間に読もう!もちろん“合間”ですよ、多分。v(^o^)v

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

映画『ニンジャ バットマン』

予告を観て「見に行きたいなぁ~」と思ってたのに、すっかり忘れていた『ニンジャ バットマン』ですが、twitterで流れてきた情報をGETして「あぁっ!もう公開されてるのか!Σ(゚□゚;」って思い出しました。その勢いで見に行った次第。(笑) Batman_1 うちの近くでは立川のシネマシティが爆音上映でやってました。
バットマンって知ってるけど見たことがありません。私の記憶の中のバットマンは1966年-1968年の“怪鳥人間バットマン”という米TVドラマだと思います。さすがにオンタイムではないので、再放送でしょう。
入場者プレゼントでポスターを貰いました。
Batman_2_2 今回は設定が面白そうなので興味が湧きました。「バットマンが戦国時代にタイムスリップ?Σ(゚□゚; これは凄い殺陣が見られそう!」っと。でも、予想は半分当たり、半分ハズレです。まさかロボットモノで合体モノとは・・・。『グレンラガン』『キルラキル』好きなら、萌え燃えるのかも。(^^;
「主人公はジョーカーか?」ってくらいジョーカーの独壇場です。だからこそ正統派ヒーローであるバットマンの憤りや苦悩が光るのかも。高木渉さんと山寺宏一さんの演技が光りました。
それ以外のボスキャラ(?)がザコキャラ扱いなのが勿体ない気もしますが、ファンじゃないのでよく分かりません。それもアリなのか。
声優さんが豪華なので、ホント勿体ない気がするんですよ。(笑)
アニメーションも色んな意味で楽しめました。さすが最近話題の神風動画さん。作りが個性的でした。好き・嫌いが分かれるところかと思いますが、一見の価値ありと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

Steins;Gate Blu-ray BOX

結婚記念日のプレゼントringが届きました!ヽ(´▽`)/
・・・はい、ウソです。勝手に買いました。ゴメンナサイ。(≧∇≦) Sgate 『Steins;Gate Complete Blu-ray BOX』です。4月からスタートしたTVアニメ『Steins;Gate 0(ゼロ)』の放送を機に『Steins;Gate』全24話+TV未放送の1話+劇場版+ゼロに繋がる23話改変版が入っています。まさにコンプリート!!(v^ー゜)

いや~シュタゲ・ゼロが面白くって、最初のシュタゲがまた見たくなってねぇ。(^^; DVDに焼いてあるのを見返して満足・満足!って感じなんだけど「やっぱBOX欲しいぜー!ψ(`∇´)ψ」で買っちゃいました。(*^o^*) ヲタクならお布施は大事。(-人-) Cimg6953 ・・・ってことで、早々未放送の1話を見ました。(゚▽゚*) そうか、このお話でメイド喫茶バージョンのクリス・ニャンニャンが登場したのか。Σ(`0´*) 懐かしかったので、以前作ったフィギュアと並べて撮影。反省点が多くて今見ると恥ずかしいの一言ですが。orz クリスももう一度挑戦したいキャラだなぁ~。(´~`)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』

テレビも映画も見なくなって幾久しい“名探偵コナン”ですが、ここに来て巷で“アムラー”が大増殖!の噂を聞いて、俄然見たくなりました。(笑) Zero ところで安室さんって誰ですか?┗(^o^)┛ってくらい分かってません。
私立探偵で公安警察で黒の組織のバーボン!なんて萌えポイントの固まりみたいな人なんだ!∑(=゚ω゚=;) その上、爽やか・理知的・褐色美男子だと・・・。乙女の殺傷力が高すぎ!!そりゃ~印鑑も馬鹿売れするわ。(笑)
Zero_1
ところで映画ですが、とても面白かったです。誰かに萌え萌えするしない関係なく、事件と謎解きと(少々無理はありますが)手に汗握るラストは見応えがありました。まぁ、文句があるとすれば「劇場版だけのオリジナルキャラとは言え、大事な登場人物には声優さんを使ってください。(ノ_-。)」くらいかな。(^^;

ストーリーも良かったし、安室くんは終始格好いい!セリフに打ち抜かれ、ドライビング・テクニックにやられて、私も危うくアムラーになっちゃうところでした。・・・いや、なっちゃったかな。車を運転する男の人って格好いいもんなんですよね。(*´ェ`*)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ハクメイとミコチ×神代植物公園

春のバラフェスタ」を見に行こうと神代植物公園のサイトをチェックしたら、「ハクメイとミコチ」のコラボイベントをやっているのを発見しました。「ハクメイとミコチ 植物園の歩き方」です。
バラを見に行くだけの予定が、ついでに「ハクミコ」のイベントにも参加できるとなって、ノリノリで行ってきました。
※本日の写真は全てクリックで拡大します。
Cimg6526正面入り口を入ってすぐに受付があり、そこでクイズラリーの用紙をもらいます。イベントのポスター、DVD-BOXのポスター、コミックスまで展示してあって、ちょっとした気合いを感じます。Cimg6527が、場所柄から来園者の多くが高齢者で、クイズラリーの用紙を貰いに来る人はまばらな印象でした。一日500人限定と聞いて受け付け開始の10:00に行ったのですが、12:30頃に園を出るときにもまだ配ってましたし。Cimg6688クイズは、「ハクミコ」好きには易しい問題だと思います。園内の各所にヒントが掲示されていますが、別に足を運ぶまでもない...
と思わせておいて、ヒントのパネルは必見だし、周辺に配置された等身大パネル(と言っても9cm)を見つけるのも楽しみなので、しっかり回らないといけません。Cimg6612等身大パネルは分かりやすいものと、凝った隠し方で見つけにくいものがあり、我々はいくつか発見できずに諦めました。Cimg6573後で出会ったラリー参加中の青年に教えてもらったら、木の上の方とかにもあったらしいです。小さいものなので、地面ばかり探してましたよ。(^^;)

クイズラリーは神代植物公園を出て、植物多様性センターにも続きます。Cimg6608そちらではパネル展示もしています。係の人に撮影可か確認したら、SNS拡散も推奨されちゃいました。Cimg6630パネルだけでなく、草木染めの解説なんかもあります。Cimg6633立体の展示ではイワシのぬいぐるみ、柿の葉のテント、竹のお風呂も。ちょっと見切れてますが、手作りお風呂は凝ってました。Img_2062水槽にはコンジュのタンバリンで潜水するサイモンが沈んでいたり、ものすごい本気の展示でした。Cimg6648朝の受け付けで感じた「ちょっとした気合い」なんてもんじゃありません。Cimg6652特に竹細工や草木染めなんて、学芸員さんの本領発揮。これぞコラボって感じです。

クイズラリー完遂で、ポストカードをいただきました。Cimg6689来週と再来週の日曜にはガイドツアーもコラボ特別編になるようなので、「ハクミコ」好きの方はぜひ参加していただきたいです。Cimg6609
(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

“飯”ものの日

本日は“ダンジョン飯”6巻と“かくりよの宿飯”8巻の発売日でした。ComicもちろんGETです。ψ(`∇´)ψ
今一番楽しみにしている漫画“ダンジョン飯”。ギャグ満載のユニークな飯テロ漫画かと思ったら、しっかりしたストーリー展開もあってワクドキです。まぁ~ここのところ暗い感じもありますが、そんな中にも笑いがあります。早々読み終わって、もう続きが読みたくてそわそわしてます。(^^; やっぱり“ダンジョン飯”もフィギュア作りたいなぁ~。なんぁヴィネット風な感じで考えたいです。

“かくりよの宿飯”は気がついたら8巻。5巻で話が一段落してから積み本になってました。(^^; さすがに3冊溜めると辛いので、ちゃっちゃと読んでしまいましょう。読み始めれば2日で1冊くらいだし。
コミカライズされてるのは知ってましたが、この4月からアニメも放送開始。一応見てますが、原作ファンには物足りないかと。ストーリーのつまみ具合は仕方ないとして、アニメの作り(作画とか動き)はあまり上手ではありません。
まぁ、私は元々この表紙絵が好きじゃないので、辛口なのかも。登場人物がみんなスレンダーのイケメン&美人でキャラの描き分けがなさ過ぎなんですよね。小説読むともっと泥臭かったりイカツイ感じなのに、みんなツルッとしてイケメンで無個性・・・小説の対象が中学くらいなのに、いいおばさんが何言ってるんだって感じですね。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

30年目の「10万人の宮崎勤」

1988年の夏。宮崎勤の事件後のコミケを取材したテレビで、レポーターが「ここに10万人の宮崎勤がいます」と報じたという“都市伝説”。
これが本当にあった事なのか、実際にはなかったのか。検証した結果が昨年の夏Yahoo!ニュースの記事になり、年末のコミケで取材過程の同人誌が出ると話題になっていました。
これ1冊のためにわざわざコミケには行けないと入手は諦めていましたが、たまたま新宿のcomic ZINに行ったときに委託販売されているのを見つけたので、さっそく購入して読んでみました。Cimg6236同人誌版は取材の経緯などがより詳細に出ているので、「あったか、なかったか」だけでなく、当時のオタクを取り巻く環境やオタク達の思いを知れたのが良かったです。
また、「この人が言った」とまことしやかに言われていた東海林のり子さんご本人にも取材しています。東海林さんは当該事件を精力的に取材してオタクにも真摯に向き合っていらした方だそうで、このような発言をするわけがないとの確証が得られています。
「宮崎勤の部屋の印象もマスコミが作ったものである」というのも以前から言われていましたが、それについても複数の証言が得られたことでマスコミの捏造の裏が取られています。

この事件当時、私は就職して3年目くらいで、オタク活動はだいぶ縮小していた頃。事件への関心はありながらも、オタクとしての当事者意識は薄かった気がします。
今やオタクを取り巻く環境も変わり、ライトオタクも増えたことで偏見も減っています。そんな今日もこの事件を経た上にあることを考えるきっかけとして、読めて良かったと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧