アニメ・コミック

2019年7月11日 (木)

「男心をかき乱した女」第2位の高木さんです

7月4日発売になった「からかい上手の高木さん」の最新11巻。書店特典があると思って一度は購入を見送ったのですが、特典は既刊のみと判明したためyodobashi.comさんで他の本と合わせて購入しました。
Cimg2691
ワンフェス準備がお尻に火が付いた状態で一気読みする時間もなく、毎晩寝る前に数ページずつ読んでいます。
幸せな夢が見られても良さそうなところですが、実際は夢も見ないくらい爆睡しています。

コップクラフトは4巻までで執筆が止まっていると思っていたのですが、アニメ化でチェックしたら来月には7巻が出るらしいと知って、慌てて既刊に追いつきました。

さて、本日のblogタイトルですが、新刊発売の前日に発表されたgooランキング「最も男心をかき乱したアニメヒロインランキング 」の結果です。
Takagi3
なんと、あの「タッチ」の南ちゃんを押さえて、堂々の2位ですよ。まぁ、タッチといえば30年以上も前の作品ですからね。現役の高木さんが圧倒的に有利なのは否めません。
とはいえ、高木さんが西片くんの心をかき乱す様をニマニマと見守る男性がそれだけ多いってことですよね。さすが「照れたら負け」の高木さんです。

ランキングの1位は、「ルパン三世」の峰不二子。広い年代で誰もが思い浮かべやすいキャラなだけに、貫禄の1位といったところでしょうか。

4位以下のランキングも気になるところ。
5位の音無響子さんは、高木さんのように現役でもなく、「ルパン三世」や「タッチ」のように知らない人はいないだろうという超メジャーでもないのに、大健闘だと思います。
個人的には、ナディアの16位がちょっと低いのではないかと。こちらも30年近く前の作品では仕方ないのかな。

その他のキャラもバラエティに富んでいます。世間の方々がどんなキャラを好むのか、なかなか興味深いです。

(byぶらっと)

 

| | コメント (2)

2019年7月 4日 (木)

欲しいのはこのマンガじゃない!(ぶらっと談)

本日『からかい上手の高木さん(11)』が発売だそうです。うっかり失念していた“ぶらっとくん”は、慌てて近くの本屋に買いに行きました。丁度そこは特典も付いているからと。(^▽^)
いそいそ出かける“ぶらっと”くんに「明日発売日のようだけど、もし『捨てられた皇妃(2)』があったら一緒に買ってきて」とお願いしました。
その結果、なんと『からかい上手の高木さん(11)』は特典無しだったようで購入を断念。私の方の買い物だけしてきてくれました。一日早く2巻をゲットだぜ!(>▽<)b
自分が買い物に出かけたのに、他人のお使いだけで終わってしまった失意の“ぶらっと”くん。orz おまけに「なんだよこのマンガ!エライ高いじゃないか!」と文句タラタラです。(笑) それは仕方ない。だってこの本オールカラーなんだもん。(^m^;
Img_4394

明日こそは『からかい上手の高木さん(11)』をその手に出来ればいいですね。(他人事)

(byふらっと)

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

プニプニとサラサラ

昨日のblogで「箱組みしたベースの隙間埋め」について書く際「プニプニとサラサラ」というマンガに言及しようとして、過去にblog記事にしていなかったことに気がつきました。なので、改めてご紹介です。
Cimg2592
この不思議なタイトルのマンガは、プラモデルを介したラブコメと言うか、モデラー女子が不器用男子にプラモ造りを伝授するお話です。
「プニプニ」は通常のタミヤセメント、「さらさら」は流し込みタイプのこと。
Cimg2594
ニッパーの使い方に始まり、接着剤の特性や塗装やらを教え込んでいきます。まったく、どこに需要があるのかよく分からない、ニッチ狙い(?)な作品です。

中学生の頃からプラモは造っていますが、模型誌なんかもちゃんと読まない我流だったので、今さらながら漫画で学び直しています。
基本的なことから書いてあるので、主人公と同様これからプラモを始めようという初心者にこそ読んでほしい作品です。

(byぶらっと)

 

| | コメント (3)

2019年6月 4日 (火)

「おでパケ」ポッキー

「おでパケ」ってなに?と思ったら、「おでかけパッケージ」の略だそうです。
Pocky_1
コンビニでレジ待ちしていて、たまたま目に入ったのが安野もよ子さんのこのイラスト。つい衝動買いしてしまいました。
Pocky_2
なんかすごい種類があるのですが、どれも目元がちょっと恐いのは何故でしょう?

ネットで検索したらコンプリートしてる人もいるみたい。
...いや、集めたいかなぁ?(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

Galaxy Gotto~松本零士コラボ

先日のblogで触れた松本氏が、気仙沼の復興のためにイラストを提供したというお菓子。(その経緯は長いので、OGGI Picturesさんのサイトを参照してください。)
ゴールデンウィーク中に仙台に旅行してきた(楽天の試合を見に行った)妹からお土産にもらいました。
Cimg2474
まず箱が美しいです。
たぶん妹も箱絵で買ってきたのだろうと思いますが、お菓子もサクッと軽い食感、5種類の味も美味しいです。
Cimg2477
震災から年月が経ちますが、まだまた「復興」が続いています。
折あるごとに協力できればと思うので、こういう商品は嬉しいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」読了

スバル仲間がblogで紹介していて興味を持ったので読んでみました。アニメファンには脚本家として馴染みの深い豊田有恒氏が、ヤマトを特集した「大新聞」の記事に憤って著したという書籍です。
一大アニメブームを巻き起こし、中学・高校生以上の年代にアニメ視聴の枠を広げた金字塔「宇宙戦艦ヤマト」。その制作現場の貴重な記録でもあります。
※本日の画像は、すべてクリックで拡大します。
Cimg2482
まえがきにある「日本国の名誉を全世界にわたって泥まみれにさせた」大新聞について、多くの人が思い浮かべるであろう新聞社がありますよね? 私の手元に、その新聞社(と断定できませんが)がヤマトを取り上げた記事の切り抜きがあったので読んでみました。
Cimg2479
確かにこの記事でヤマトは、戦争賛美とか、日本が周辺国を侵略した暴挙や追い詰められた敗戦国の窮状の反映とか、その新聞社の論調に沿った書き方がされています。(ただ、著書の中では大新聞からの取材が2016年となってます。この切り抜き記事は2015年なので、豊田氏が指摘する記事は別のものかもしれません。)
Cimg2481
何が悲しいって、この記事を書いた記者は中学生の頃に「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」に涙した経験を持っているということ。当時の大人から戦争賛美と言われ、それに反発していた過去も記されています。ところが自分が大人になり大新聞の記者になったら、社是に則った記事を書く。私と同年代と思われるのに、寂しい大人を見た気持ちにさせられます。
※これらの記事は有料会員限定記事で今でも読めるようです。まぁお金払って読む価値があるとは、私には思えませんが。あ、こんなにリンク張っちゃったら、さっき題字の写真にモザイクかけた意味がありませんね。(^^;)

この新聞記事を読むと、豊田氏が「違う!」と声を上げたくなる気持ちも分かります。中学生だった当時、大人の一方的な意見に異を唱えた私としても「なんも分かってねぇ!」と言いたくなります。

そんなきっかけで著された本書の内容は、日本アニメ黎明期から始まり、ヤマトの制作の状況を刻々と記しています。ヤマトの着想に関する記述も詳しく、それを読めば戦争賛美や戦時下の日本国を反映したものではないことは明らかです。
ホント、フェイクニュースばかり撒き散らす新聞社は困ったものです。


さて、そんな本書ですが、ヤマトの制作が3作目、4作目と進むにつれて、その矛先も変わってきます。
本書の後半は、プロデューサー西崎義展氏の所行の数々が明かされています。当時から妙に「愛」を語る胡散臭いプロデューサーという印象でしたが、実像もそのまんまだったようです。
Cimg2488
もちろん一方の言い分のみを信じるのは公平ではありませんが、ほぼリアルタイムでヤマトに接してきた自分の人生経験を振り返っても、十分に信じるに足る内容です。
Cimg2490
西崎氏といえば、感動的な「さらば~」の後、同じストーリーをテレビシリーズで放送したかと思ったらラストシーンを改変。誰も死なずに続編へ繋げるという「2匹目のドジョウ」を取りに行く商業主義にウンザリしたものです。
Cimg2486
その後も続々とシリーズ展開する中で、西崎氏のやり方は当時のアニメファンの間に伝わってきました。twitterはおろかインターネットもない時代、アニメ誌だって真実を書きづらい状況だったでしょうに、何の伝手も情報源もない自分のような一アニメファンにまで西崎氏の悪評が伝わってきたのですから相当なことです。
Cimg2491
この本を読むと、本当にその通り(というか、それ以上)な事に驚くとともに、裁判で松本氏から著作権を奪ったという噂も真実味を帯びてきます。
法治国家である以上、確定した判決は尊重すべきです。が、クリエーターの知的所有権意識が曖昧なところにつけ込んで、証拠を固めて著作権を独り占めした(と思われる)事実に対して、アニメファンくらいは松本氏を信じても良いじゃないかと思うのです。
豊田氏は、西崎氏について罪過を責めるばかりでなく、ヤマトを世に送り出すことが可能となった彼の功績も十分に認めています。そういった公平な記述があるからこそ、ほかの記述の真実味も増すというものです。

最後に、近年リメイクされた「ヤマト2199」「ヤマト2202」の件にも触れていて、当時はメカデザインで参加した出渕裕氏が今回の総監督を引き受けるに当たり、松本氏へ仁義を通したというエピソードも紹介されています。
その際、松本氏は「わかった。やるからには頑張って良い作品を作りなさい」と激励したそうです。松本氏の度量の大きさもスゴイです。

ヤマトの歴史を紐解く1冊。良い本に出会えました。
(「続きを読む」に、記事中で引用しているマンガのお話も書いておきます。)

(byぶらっと)

 

続きを読む "「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」読了"

| | コメント (2)

2019年4月 7日 (日)

映画『翔んで埼玉』

そろそろ公開が打ち切られるかとドキドキでしたが、やっと見に行きました、映画『翔んで埼玉』です。面白いのかなぁ~って疑ってた所もあったんですけどね。f(^^;
Saitama_1
普段ならまったく見に行かないタイプの映画ですが、予告で埼玉県民と千葉県民が川を挟んで向かい合い、“YOSHIKI”と“高見沢俊彦”を掲げて対立しているシーンを見て俄然見に行きたくなりました。「この対決は胸熱!!」ってなるよね。(笑)
Saitama_2
それでも不安はありました。一番大事な“ギャグ!”、これが分かるかどうか不安でした。埼玉限定ネタだったらどうしよう?って。しかし、とりあえず関東圏の人間だったので、面白く見ることが出来ました。っていうか、もうクスクス笑いっぱなしでしたね。この程度なら、どの県の人でも笑えたなって感じ。敢えて言えば「風が語りかけます。うまい、うますぎる」(十万石饅頭)だけは、知らない人が多いかも。(^^;
この映画にストーリーうんぬんは不要だと思うので言いません。面白かったのでOKです。そして・・・
GACKTさまが美しい!京本さまが美しい!GACKTさまが美しい!京本さまが美しい!大事なことなので2回言いました。これだけでお腹一杯です。(*^o^*)
欲を言えば百美役をマジで男性俳優さんにして欲しかったな。GACKTさまとのキスシーンを魔夜峰央的に完璧にするためには、百美を男に・・・さすがにダメかな?(^m^; でも、伊勢×GACKTはあったし、萌えたぞ!(///)
・・・いや、まぁ~楽しい映画でした。(w^o^w)

(byふらっと)

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

オタクに嬉しい新刊

オタクに嬉しい新刊・・・とか言ったら失礼だよ。(笑)
Manga_1  
相変わらず特典欲しさにアニ○イトまで買いに行く始末。
さて、今回初めて韓国発のマンガ『捨てられた皇妃』を手に取りました。ネットで読んでいたので、ストーリーは知ってるんですけどね。最近、そういうのを2~3読んでますが、もう日本のと区別つきません。主人公の転生や人生のやり直しネタは日本でも流行ですが、あちらも同じなのでしょうか。ネタ的に同じでも展開や結末の仕方にお国柄が出たらいいなぁ~と思っています。そういう意味で続きが楽しみです。
『プニプニとサラサラ』は模型趣味のマンガですが、まだ1巻すら読んでないので、そろそろ読もうかと。f(^^;
Manga_2
そして『ヲタクに恋は難しい』の7巻は特装版を購入。新作アニメがそんなに見たいのか?・・・というより、悩むくらいなら金で解決という“汚い大人”みたいなマネをしました。(笑)
まだアニメの方は見ていませんが、マンガは早々読みました。成海ちゃんの同人ネタで笑ってしまった。人前では読めませんぜ。
Manga_3
さらにこっちはもっと人前で読めません。(><) もうニマニマしちゃって。(*^o^*) ちょっとヤバイ人かと思われそうです。もう龍桜くんが可愛すぎて倒れそうでした。(笑) 久々に満腹です。

(byふらっと)

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

竹宮惠子カレイドスコープ展

ふるさと納税の返礼品に入っていたお知らせで知った、川崎市民ミュージアムで行われている「画業50周年記念展」に行ってきました。

Cimg1686

ふるさと納税の時にも書きましたが、きちんと読んだことがある作品は「地球へ...」くらい。それでもやはり原画や原稿は生で見たかったのです。

Cimg1695

展示の前半は代表作の「風と木の詩」です。緻密に書かれた肉櫃原稿はとても美しく、原画’(ダッシュ)は原画そのもので見ごたえがあります。何度も読んだ「地球へ...」の原稿はホンモノの迫力を感じます。

Cimg1696

途中で写真撮影できるパネル展示があって、一緒に写真に写ることができます。ここは美少年に座ってもらわないといけない所ですね。

Cimg1687

「少年の名はジルベール」「カレイドスコープ」は返礼品でいただいてしまったので、今回は“ふらっと”が興味を持った「見少年美術史」を購入しました。単に「美少年」繋がりなだけで、竹宮惠子さんには直接関係ないんですけどね。それでも「50th Aniversary」のショッピングバッグに入れてくれました。

Cimg1693

漫画も何冊か読める状態で展示されていたので、「風と木の詩」の1巻を半分くらい読んでみました。今読んでも面白いのでまとめて読んでみたいのですが、文庫版で10冊というのはちょっとかさばるなぁ。

(byぶらっと)

 

| | コメント (2)

2019年3月20日 (水)

「のの湯」3巻とドラマ化

一昨日発売の「のの湯」3巻が、yodobashi.comさんから届きました。
Cimg1673
発売日の夜寝る前に発注したら、翌日の午後には到着。実質12時間、相変わらずヨドバシさん頑張りすぎです。
1~2巻はComicZINで書店特典付きを買っていましたが、今回はちょっと疲れちゃって断念。ですが、3巻だけ特典がないのはちょっと寂しかったか。4巻の時は、無精せずにちゃんと特典付きの書店まで買いに行こう!

銭湯好きの女子たちが、徐々に友情を深めていくお話です。3巻ではその友情に危機が訪れますが、最後には仲直りして気持ちよく幕引き。
ハラハラさせながらも嫌な気持ちを引きずらないのは、さすが江戸っ子。続く4巻が今から気になります。

そして、4月からはなんとドラマ化ですよ!!
Cimg1678_1
原案協力の久住昌之氏が著した銭湯モノのドラマ化と言えば、過去に「昼のセント酒」がありました。
あちらも戸次重之さんが良い味出してましたが、所詮は銭湯好きのオッサンのお話。でも、こちらは銭湯女子ですよ。絶対こっちの方が人気でそうじゃありませんか?
マンガでは開けっぴろげな野乃さんの入浴シーンを実写でどう表現するかは気になるところですね。えっ、お風呂シーンがないってことはありませんよね?

そういえば、つい先日「今年の5月いっぱいで蛇骨湯が閉店」というニュースがtwitterを駆け巡りました。浅草近辺では再開発が盛んなようで、その影響かもしれません。
それにしても「のの湯」の聖地が一つ消滅するというのは残念です。ぜひ、ドラマの中に蛇骨湯の姿を残してほしいものです。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧