アニメ・コミック

2018年10月12日 (金)

スーツケースどうでしょう?

新調したスーツケースですが、ありきたりな色とデザインなので空港のターンテーブルで見つけづらそうなのが心配でした。
派手なステッカーでも貼ろうかとamazonさんで色々探しても、どうにもピンとくるものがない。手持ちの「水曜どうでしょう」のカッティングシートを貼ることも考えましたが、尖った部分から剥がれるのは以前のノートPCで経験済みなので却下。

で、考えた末に「だったらマスキングしてベースホワイトの缶でも吹いちゃえば良いじゃん」という結論に。
普通のマスキングテープでは作業が大変なので、タミヤのマスキングシートを購入。

Cimg8263カッティングシートからトレースしてマスキングシートをカット。Cimg8264スーツケースの凹凸に合わせて貼り込み、ベースホワイトをスプレーして完成です。Cimg8279
裏側は以前のスーツケースからトレースして、連合宇宙軍ナデシコCのマークを入れました。こちらは一部だけ赤を重ね吹きしています。Cimg8281マスキングを剥がしたら、艶出しと塗膜保護を兼ねてウレタンクリアでオーバーコート。素材がポリカーボネイトなので、プライマー吹いてウレタンクリアしても気休め程度にしかならないですけどね。

この塗装が失敗したときに目印に使えるよう、猫のタグも買っておきました。
塗装が上手くいったので使わなくても良くなりましたが、せっかくなのでぶら下げてあります。

これで恥ずかしい他の人のと取り違えようがない“痛スーツケース”の完成です。
お気に入りだったナデシコマークが付いたのは嬉しいのですが、これ、誰が持って歩くんだろう...(^^;;;

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

プラモで見る60年

先日のホビーショー内で、「国産プラモデル誕生60周年 プラモで見る60年」という展示がありました。※本日の写真はクリックで拡大します。Cimg8017
世界初のプラモデルが1936(昭和11)年、日本初のプラモデルが1958(昭和33)年に作られたそうです。その記念すべきプラモがこちら。Img_2486と言っても、箱を見て分かる通り復刻版ですが。Img_2497金型も展示されていました。こちらはオリジナルでしょうか。周囲にランナーがないのが、ちょっと驚きです。

プラモ史の年表が貼られていましたが、アオシマの創立が一番古く1924(大正12)年いというのは意外でした。後にハセガワ、タミヤ、マルサン、イマイ、フジミ、バンダイと続き、ここまでで1950(昭和25)年。プラモ前史として木製模型からスタートしているので、各社ともプラモの歴史より長いんですね。

年代ごとにプラモが展示されていて、自分が生まれる前の分は「こんなだったんだ」って感じで見てましたが、後半は「自分が作ったヤツないかな?」って視点になるから面白い。これ、年寄りほど楽しめる展示ですね。Img_2503中学では吹奏楽部だったので、これ作りました! いや、自分はクラリネット担当だったんですけどね。楽器プラモってテナーサックスしかなかったので。

これも作ったなぁ。Img_2522アニメ本編でゼントラーディーの兵士が遊んでいたミンメイ人形が、実際にプラモで出た時には「おぉ!本物だ!!」と思ったものです。

Img_2526ヤマトの小さいメカコレとか、初期のガンプラは中学~高校の頃にずいぶん作りました。Img_2528この辺から改造やディティールアップということを始めたような。

中に一つだけ、「欲しい!」と思うものがありました。Img_2511こんなの出てたんですね。
検索したら各社から出ていたようですが、ヤフオクでは結構な落札価格になっていました。そのうちどこかでデッドストックとかに出会えると良いな。

年代順に並んだ展示の反対側には、プラモ屋さんを模した展示になっていました。Img_2535懐かしい雰囲気ではありますが、本当のお店はもっと雑然としているような。Img_2539“ふらっと”さん的には、この辺のお城やお店が懐かしいらしい。

これらの展示物は、主に海洋堂のセンム提供らしいです。Hobby_9※こちらの画像のみ、クリックで元ツイートにリンクします。
さすがセンム、すごいコレクションです。

自分が作ったり未だに積んでいるプラモでも、ここに展示されていないものも沢山あります。この展示は60年の歴史のほんの一部なんですよね。でも、見る人によって懐かしいものに出会える、良い展示だったと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

王立宇宙軍 オネアミスの翼 展

八王子市夢美術館で開催されている「王立宇宙軍 オネアミスの翼 展」に行ってきました。この美術館は、この時以来。どうもオタク系の展覧会で縁があるようです。Img_2558
展示は山賀監督の制作メモから始まり、イメージボード、設定資料、背景画などなど。これらのレンジは写真撮影可です。もちろん実物をしっかり見ては来ましたが、後でじっくり見直したいと思ったものは写真も撮ってきましたよ。Cimg8082そして、バンダイに売り込むために作ったという4分余りのパイロットフィルムも上映されています。さらに大スクリーンを設置して、119分の映画もエンドレスで上映しています。展示を一通り見たあと、2時間たっぷり鑑賞しました。20年くらい前に見たっきりですっかり忘れていましたが、改めて映像の凄さを実感してきました。

そして、本日は山賀監督によるギャラリートークもありました。監督自らが展示物を前に制作時の拘ったポイントや当時の思い出話を語る1時間。熱狂的なファンが50~60人ほど聞き入っていました。Cimg8118アニメ内でのプロダクトデザインの在り方、現実とは異なる世界観の表し方、空想世界にリアリティを持たせる工夫など、この作品の映像を「スゴイ!」と感じるポイントを解説してくれました。Img_2583半面、映像の凄さが際立てば際立つほど、その文化的背景の書き込みの薄さが目についてしまいました。「文明の流れの中から発生したデザインを作りこんだ」という割に、そのデザインが成り立っている文化や宗教がぼやけている、人々の存在がぼやけていると感じちゃいました。
まぁ今だからそう感じるだけで、若手だけで製作された作品として1987年当時に見たら、やっぱりとんでもない作品だったと思いますが。

ギャラリートーク終了後は、展覧会のパンフレットやDVDなどに監督がサインを入れてくれました。Cimg8162パンフレットは980円という安さですが、充実の内容です。図録じゃないので展示すべてを網羅しているわけではありませんが、展示の肝はしっかり押さえられています。これは良い記念になりました。Cimg8164

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

同人誌「七道くらし手引草」

先月別名義の同人誌を購入した濃紫さんの新刊を通販で入手しました。この方を知るきっかけになった花魁のお話です。Cimg7712題材と絵柄が好みなので内容はノーチェックで買いましたが、ストーリーもなかなか惹きつけられるものがあります。
惜しむらくは短い! たったの14ページです。ほとんどお話の導入部までで、これからっていうところで終わってしまいます。(><)Cimg7715とっても気になる続きですが、次回のコミティア126で32ページの続編を出す予定だそうなので、楽しみにしています。Cimg7714この本は表紙を開くと絵が繋がるようになっていました。写真を撮ってみましたが、これ以上開くわけに行かないので、これが精一杯。これ、2冊買わなきゃいけなかったヤツだ。(w)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

ヤンキーショタとオタクおねえさん~4巻~

何故か発売は来月だと思い込んでいた『ヤンキーショタとオタクおねえさん』の4巻が、昨日発売になってました。Σ(`0´*) Yan_ota 今回も各書店さんで別々の特典が付くそうです。買いにいける範囲内で比較検討した結果、旦那さまに会社帰りに寄り道をしてもらいました。自宅とは逆方向の大宮まで。f(^^;
慣れない大宮に四苦八苦してGETしたようです。

そしてこの巻でも龍桜くんは可愛いしカッコイイ!ヽ(´▽`)/ 萌え萌えでしたよ。
私は隠れヲタクの同僚、佐伯さんが好きなので、彼女にももっと登場して欲しいんですけどね。いや、モブおじさんのパンパンマンさんとか姫野りんこちゃんもいいキャラなんだよなぁ~。((w´ω`w))
・・・なんて、アイドルの箱推しみたいなことを言ってますが、それでも龍桜くんがイチバン!次巻も期待しています。(v^ー゜)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

獺祭 島耕作

「平成30年7月豪雨」で被害を受けた獺祭の蔵元である旭酒造さんが通常の「獺祭」ブランドでは市場に出せなくなったお酒を「島耕作」ブランドで販売するというニュースを見て、その日のうちにamazonで予約していたものが本日届きました。Cimg7642本当は「こんなのあるよ」と紹介記事を書くつもりだったのですが、ニュースの翌日には予約が終了していたので届いてからのblogネタにせざるを得ませんでした。

「西日本豪雨被災者復興支援」という趣旨もあり、売り上げから200円は被災地域への義援金になるそうです。
記念に1本買おうと思ったのですが、プライム会員じゃないので2,000円以上になるように2本買っちゃいました。Cimg7653中身は「獺祭50」「磨き三割九分」「磨き二割三分」「磨きその先へ」がランダムとのことでしたが、うちに来たのは2本とも「精米歩合50%」の獺祭50でした。「磨き二割三分」は飲んだことがありますが、我が家の好みは濃厚な大吟醸よりサッパリスッキリの「獺祭50」だったので、通常よりお安く買えて満足です。まぁ、普通じゃ買えない「磨きその先へ」は飲んでみたい気もしますけど。

今週末は実家に行く予定なので、1本は話のタネに持っていくことにしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

ペンギン・ハイウェイ

昨日、初日の「ペンギン・ハイウェイ」を観てきました。Cimg7640森見登美彦原作というだけあって、ペンギン発生の謎に現代科学で納得できるような解明がされるわけでなく、「そういうものがある世界」での少年の心情を描く作品です。そして、石田祐康監督作品らしい疾走感のある映像。
お姉さんへのあこがれと同級生との関係など、ちょっとませた小学生の日常と成長が微笑ましいです。
テレビ等での推しも強く、前評判の高さにも期待MAXでしたが、まぁ期待通りに楽しめる映画でした。(期待を裏切られることはなかったけど、「期待以上だった!」ということもないという感じです。)
メインのキャラは俳優さんが演じています。
北香那さんはとても上手くて、「バイプレイヤーズ」のジャスミンと同一人物とは思えません。完全に少年です。船越英一郎さんや神田沙也加さんなど声優としても上手な役者さんがいますが、女優としても声優としても今後が楽しみな役者さんです。
CMなどで聞くと「ちょっとオバさん臭い」と感じていた(※個人の感想です)蒼井優さんは、劇場で全編を観ると我慢できなくはなかったです。好みの問題もありますが、このキャラにはこの声もありだと納得させられました。
竹中直人さんは上手いんだけど、声で顔が浮かんじゃうのでキャラ絵とのギャップを感じてしまう。美輪明宏さんなんかと同じで、ちょっとアニメではお目にかかりたくない(※個人の感想です)ですね。
脇を糧める声優さんたちの安定感はさすがです。やっぱアニメは声優さんに演じてほしいと(※個人の以下略
本当にすごい人はツイッターでは「おっぱい」しか呟かないというネタがありますが、青山君の「おっぱい」は良い演出だと思います。
すっごい真面目で優秀なんだけど「おっぱい」しかツイートしない感じ。(w)お姉さんとの関係にも綺麗に繋がっていました。
物語は後半で四畳半神話大系バリの訳の分からない展開を見せます。ちょっと寂しい終わり方も、少年の成長には必要だったんでしょうね。
もう一度じっくり見たい映画ですが、DVDを買って何度も観るほどではないかな?という微妙な感想です。
(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

「究極超人あ~る」10巻

買ってきました「31年ぶり、奇跡の最新刊!!」あ~るくんの10巻です。Cimg7502ごく普通に、何事もなかったかのように、9巻の続きが描かれています。絵柄が多少変わってはいますが、ただただ9巻の続きの日常が繰り広げられているのがスゴイ!違和感があるとすれば、表紙くらいのものでしょう。9巻の「巻末のおことば」は、こういうことだったんですね。Cimg7505さて、次の11巻が出るのは何年後でしょうか。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

劇場版Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ

8/2に発売された劇場アニメ『Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ』のBlu-rayを買いました。ヽ(´▽`)/
表紙はコンドルのジョー。この映画では“さらば”しちゃう“友”だしね。(ノд・。)
Infini_t_1 「そんなに好き?Σ( ̄ロ ̄lll)」と驚かれましたが、設定やらキャストやらがツボだったのでやっぱり買おう!と。(^^; 出来れば次も作って欲しいという願いも込めてお布施的な。(笑)
ケースの中は南部博士。特製ポストカード付きでした。使えないけどな。(ノ∀`)
Infini_t_2 映画の感想は改めては書きませんが、重ねて言わせていただければ、なぜストーリー上重要なジョー役を声優さんにしなかったのか。それだけが残念。演技は上手いと思います。でも声の演技って違うんですよ。それが最後まで悲しかった。orz
それとやっぱり劇場サイズは臨場感が違ったな・・・と改めて思いました。ホームシアターに憧れる気持ちがちょっと分かったかも。(^^; いやいや、それは無理なので、気になる映画は劇場に行くようにしようと思いました。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

同人誌「お兄ちゃんと一緒にラブホテルで働いてみた話する?」

どなたかからのリツイートで知った“濃紫”さんという花魁キャラのアカウント。(当時は“小柴”を名乗られていました。)Komurasaki※twitter画像はクリックで元ツイートにリンクします。
この花魁キャラ、次の新作フィギュアの候補に推したいところですが、個人の絵師さんとの遣り取りってちょっとハードル高いんですよね。\(^o^)/

それはそれとして、濃紫さんの自己紹介ツイートの中で別名義で作った同人誌が紹介されていたので買ってみました。Komurasaki_3 タイトルから想像した面白おかしい話ではなく、そこで働く人々の人間ドラマだったり感動物語だったり、期待したのとは別方向でお気に入りの1冊になりました。まぁ、舞台はラブホテルなんですけどね。(^-^;

作家さんにとっての初めての作品とのことで、「希望があればサインします」とあったのでお願いしてしまいました。イラスト付きの丁寧なサインをいただき、作家さんから直接購入した感がまた嬉しいです。
同人誌なので、一般コミックのように気軽にお薦めはできません。が、何かピンとくるものがあったら読んでみていただき、ファンが増えれば私も嬉しいです。なにせ、株の運用益と同人誌の売り上げが底をついたら同人活動を休止するとかおっしゃってますから。Σ( ̄ロ ̄lll)

この作家さんを知るきっかけになった花魁の本も完成し、ダウンロード販売が始まっているようです。Komurasaki_2 2018/8/19(日)から紙の本も販売になるとのことで、私はそちらを待つことにしています。
既にダウンロード版を読んだ方から感想も寄せられ、評判は上々なようなので楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧