自転車

2018年10月 9日 (火)

ボンジュール・ボン

3連休だったので、パン屋さん巡りをもう1店しちゃいました。
こちらも初めて行ってみた、ボンジュール・ボンです。Cimg8234都内の武蔵野地域に5店舗ほど展開するパン屋さんで、「府中のパン屋ランキング」といったサイトにはちょくちょく登場します。気になっていたものの、近所の美味しいパン屋さんでローテーションがすっかりできあがっていたこともあり、なかなか足が向きませんでした。

昨日「yukkayaは月曜定休だけど祝日だから開いてるかも?」と淡い期待を持って行ったみたものの、やっぱりお休み。ちょうど良かったのでボンジュール・ボンまで少し足を伸ばした次第。
お店はせんとくんこぼすなさまのすぐそばにあります。

Cimg8235
お店的には、全国カレーパン選手権で金賞を獲得したというビッグエッグカレーパンが一推し? 普通に美味しいのですが、カレーパンと言うより「カレー風味のゆで卵パン」というカレー比率の低さが惜しい。
変わり種はコッペパンにマスカルポーネチーズと粒あんを挟んだもの。これは珍しさもありまぁまぁでした。Cimg8239レモンパンは中のイタリア産レモンのクリームが程良い酸味で、生地に入ったレモンピールも絶妙に美味しかったです。
AYAKAでパン・ド・カンパーニュを買ったばかりだったので、こちらではカンパーニュ生地をバゲットにした「カンパーニュバゲット」にしてみました。(写真に写っているのはカットした1/4ほどです。)パリパリとした皮部分が多くて、これはこれで好きな食感。
サンドイッチは雑穀パンが美味しくて、次はパンだけ食べたくなります。

ローテーションに組み込むにはもう一つインパクトに欠けますが、たまにリピートしても良いかな。

そうそう、このお店はレジ(ベーカリースキャン)が凄かったです。
パンを取るお盆が半透明なんですが、それをトレース台のように光るレジに乗せます。するとカメラが認識して液晶画面にパンの画像とそれぞれの商品名・金額が表示されるというハイテク! 代金もセルフレジのようにお金を投入してお釣りが出てくるタイプ。
店員さんは個数の確認と袋詰めのみというスマートさ(袋詰めの際、エコバッグを出したら3円引いてくれました)です。食べ物とお金を交互に触らないのは、衛生面でも手袋の脱着など効率面でも良いことですね。

この辺は個人経営のパン屋さんには難しそう。
このシステムの利点は、レシートに商品名が載っているところ。Cimg8248普通のパン屋さんではすべて「パン」っていう表記で、後で見てもパンの名前がわからないんですよね。(><)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

ブーランジェリーAYAKA

西国分寺のそばにあるパン屋さん、ブーランジェリーAYAKA
昨日の国分尼寺跡の公園を経由して、新しいお店の開拓に行ってきました。Cimg8222府中の人気パン屋さんをまとめたサイトで見なければ、絶対に行かないような辺鄙なところにあります。駅からも外れ、大通りから団地へつながる道沿いに数件のお店が並んだ「商店街?」という雰囲気のところ。Cimg8224ハード系のパンを中心にいくつか買ってみましたが、特にラズベリーとナッツがたっぷり入ったパンが美味しい!
左端のドライトマトとクリームチーズのパンも珍しいです。

このお店は食パンが売りらしいので、次はそちらも試してみましょうか。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

国分尼寺

中学だったか高校だったか、日本史の授業で「奈良時代、全国に国分寺と国分尼寺を建立した」という話を聞いた記憶があります。
お隣に国分寺という駅があり、国分寺の跡というのもあるのは知っていました。

昨日、買い物に行く途中でJR武蔵野線の車窓から見えて前から気になっていた公園に立ち寄ってみたら、こちらは国分尼寺の跡でした。Cimg8202
けっこう広い公園で、犬の散歩やランニングをしている人もちらほら。Cimg8212
すぐ横に武蔵野線の高架があり、国分寺・国分尼寺があった当時の絵やアートも描かれています。Cimg8215
片隅には滑り台などが設置された子供向けの公園もあり、こちらは親子連れが遊んでいました。Cimg8214
うちから行くには微妙に距離があるのですが、春には桜が綺麗に咲いていたので、その頃にまた行ってみたいと思います。
あと、武蔵野線を挟んだ反対側にある国分寺跡も行ってみたいですね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

水筒発見!

今の家に引っ越してきてから一度も使っていないものを引っ張り出そうとクローゼットの奥をごそごそしていたら、以前「行方不明」と書いた昔のボトルが出てきました。Cimg8192思っていたよりも綺麗です。

せっかくだからこれを使おうかとも思いましたが、ケージの方が錆ちゃってるんですよね。もうすっかりSIGGのボトルに馴染んでるっていうのもあるし、当面はこのままでも良いかな。Cimg8193そのうち気分を変えたくなったら使うかもしれませんが、その時はコルクだけは交換したいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

ブレーキシュー交換

先週、フロントブレーキに違和感がありました。ちょっと異音がするというか。
この自転車を買ってから10年余り、そういえばブレーキシューを交換してなかった。厚みは十分残っているのですが、経年劣化でゴムが硬化していたので交換することにしました。Cimg7893近所のサイクルベースあさひで、オリジナルブランドのVブレーキシューを購入。1セット\698(税込み)、2台分の4セットで\2,792でした。

さっそく白い自転車のブレーキシューを交換。手順はサイクルベースあさひのサイトでYoutube動画が公開されているので楽々です。

交換完了すると、ここだけボルトがピカピカです。Cimg7886せっかく作業するなら、ワイヤーやガイドパイプも替えれば良かったかな。

交換したシューとの対比。Cimg7885まだ残量があるとはいえ、それなりにすり減っていました。
急にブレーキの効きが良くなったので、強く掛け過ぎないように気を付けないとね。

1週間様子を見て作業に問題が無いようなら、来週は黄色い方も交換です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

サドル交換

本日、サドルを交換しました。Img_2382おニューのサドルは見た目も綺麗で良いですね。白っちゃけてたセライタリアよりもしまって見えます。

今日は暑かったし、交換が終わったらお昼になっちゃったので、遠出はしませんでした。
近所をちょっと走った感じでは、よく言われる通り堅いですね。でも、高校生の頃に自転車を教えてくれた友人から「サドルは椅子じゃないんだからドカッとすわるな」「お尻の位置を決めるだけなら、長距離走ってもお尻は痛くならない」と教え込まれていたので、それほどお尻が痛くなりそうな感覚はありませんでした。まぁ、実際に長距離を走ってみないと分かりませんけどね。Img_2384見た目は良くなったし、プラの芯にクッション材を乗せた上にバックスキンが巻いてあったサドルより薄くて軽い気がします。重さを量ったわけじゃないですけど。
乗り心地は、フワッとした感じがなくなってカッチリしましたが、それが良いのか悪いのかはまだ何とも言えません。自己満足度が高いことだけは確かですけど。(^^;)
早く長距離を走ってみたいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

サドルオイル

amazonでBROOKSのサドルオイルを購入しました。Cimg7760新車外しのサドルで革の張りを調整するスパナがなかったので、スパナ付きのセットの方にしました。

オイル単体より1,300円ほど余計にかかりましたが、純正のウエスも付いてたし、サドルとトータルで考えれば新品サドルより2,600円安く上がってるので良しとしましょう。

Cimg7759こちらは塗る前の状態です。さっそくオイルを塗りましょう。

オイルの塗り方、特に裏側には諸説あるようです。
①型崩れの原因になるから塗らない
②泥よけのない自転車で水跳ねがサドルの裏にかかるようなら、
  油の膜を作っておくために薄く塗る
③最初はしっかりたっぷり塗る
BROOKSのWEBサイトでは②の説明が書かれています。つまり、水がかからないなら①でも良いということでしょう。ところが、サドルオイルに同封されていたメンテの手引きには③の説明が書かれていました。これは①とも②とも矛盾するので困ります。
個人の方のblogなど見ると、昔より革が柔らかくなっているので、水がかからないなら①を推奨らしいです。

表側は「ムラなく薄く塗って柔らかい布で磨く」「使い始めは頻繁に、馴染んできたら数カ月に一度」と共通なので迷いなく塗れます。水濡れの可能性は低いので、裏は塗らずに使ってみることにします。Cimg7762塗った直後は変にテカってます。

塗って1時間ほど後にウエスで磨いた状態がこちら。Cimg7763綺麗なツヤが出たような、塗る前と大して変わらないような?

少しずつ涼しくなってきたし、いつでもポタリングに出られるよう、近いうちに自転車に装着しないとね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

サドル購入

高校生のころから使ってきたセライタリアのバックスキン(ヌバック?)のサドルがついに破れてしまいました。
昔乗っていた頃、駐輪していて倒れたときに当たったのでしょう。ずいぶん前から一箇所だけ表面が毛羽立っていたのですが、先日ちょっと触って確認したら芯材が見えてました。orzCimg7520よく見ないと分からない程度なので当面は乗るのに支障はないのですが、穴が空いてると思うとテンションが下がります。orz

そこで、気分転換も兼ねてサドルを新調することにしました。
今回はあこがれの一枚革サドル、BROOKSの「B17 スタンダード」です。Cimg7521とはいっても、ヤフオクに出ていた新古品ですが。(^^;) 「購入した自転車に付いていたのを外して別のサドルに変更したので未使用」と売りに出されたもの。

本当は、どうせ真夏の間は暑くて乗れないので、秋くらいまでにゆっくり考えるつもりでした。
革をフレームに止める鋲が銅製のハンドメイドでカッコイイ「B17 スペシャル」(丈夫で長持ちというのが本来の利点らしい)を第1候補に、amazonで正規輸入版と並行輸入版を比べたりしていました。
で、何となくヤフオクもチェックしていて、「この値段じゃ落ちないだろう」と冷やかし半分に入札したら落札できてしまったのが今回入手したサドルです。
スタンダードはステンレスの機械打ちリベットになるので見た目がちょっと落ちますが、廉価版とはいえ落札できてしまったのも何かの縁。革サドルとしての機能は変わらないのでこれはこれでテンション上がります。Cimg7522高校生の頃は一枚革のサドルなんて高くて買えなかったのと、通学で乗っていたので突然の雨に濡れることもあり、バックスキンで妥協していました。でも、今は雨が降りそうなら乗らないし、amazonで並行輸入品を探せば値段は30年前とあまり変わらない感じ(当時はBROOKSが1万4千円くらいで、セライタリアが7千円くらいだったと記憶しています)なので、
ちょっと贅沢にBROOKSを買っちゃおうかと。

今回は送料を含めて9,080円と、30年以上前のセライタリアよりちょっと高いくらい。amazonさんで買うよりもずいぶんお安く上がりました。
ヤフオクには中古でもっと安いのが出ては競り落とされてますが、さすがに「使い込むと自分のお尻の形に馴染む」と言われる革サドルで、他人のお尻に馴染んだ中古はちょっとイヤ\(^o^)/だったので「未使用」にだけはこだわりましたよ。

装着は予定通り涼しくなる頃までにしたいと思います。
それまでにメンテ用のレザーオイルを買わないといけませんね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

モルゲンベカライ

頭痛外来の通院帰りに、新しいパン屋さんを開拓してきました。京王線の武蔵野台と西武多摩川線の白糸台の中間にあるモルゲンベカライさんです。Cimg6977お店の名前からドイツ系かと思ってましたが、どうやらスイスのパンらしいです。Cimg6979素朴なハード系と甘めの菓子パン、他では見ない感じの調理パンがバランス良く揃っていて、どれを買おうか悩んでしまいました。Cimg6980ユーラシアに新調したフロントバッグの入りきるか心配だったので気持ちセーブ気味にしましたが、もう少し入ったみたいです。

いつも帰りに通るつつじヶ丘から府中競馬場まで続く道(街道名不明)は、このお店の先で西武多摩川線の跨線橋がものすごい急な坂になるので、それを避けるのにちょうど寄りやすい場所にあります。パンも美味しかったし、また寄りたいパン屋さんが増えました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

SIGGボトルとボトルケージ

徐々に充実してきたユーラシアの装備ですが、本来なら最初に必要となるものが後回しになっていました。水分補給用のボトルです。

もちろん高校生の頃にも装備していました。当時のボトルはこれです。Bottleしかし、肝心のボトルが数度の引っ越しで行方不明となり、今はボトルケージだけが取り残されています。そこにミネラルウォーターのペットボトルを差し込んで使ってみたものの、ケージの形が合わないのでどうにも具合が良くありません。このボトルは真ん中が太くて底が細いんですよ。Cimg6892ペットボトルを潰しながら無理に底まで押し込んで使っていましたが、水が多いと重心が上に行くので路面の段差とかで落ちそうになってました。水が半分以下になるまでは、常に気にしながら走らなければならず、鬱陶しいったらありません。

昔のボトルはたまにヤフオクに出ても1万円前後という高値ではバカバカしくて手が出せないので、ボトルとケージを合わせて購入しました。Cimg6898今時のロードバイク乗りの方が主に使う軽い樹脂のボトルは、クラシカルスタイルを目指すユーラシアにはちょっと似合わない気がしたので、SIGGのアルミボトルで妥協。スタイルにこだわるならシルバーの方が良かったのですが、どうせなら自転車以外でも持ち歩きたいので綺麗な色のものにしちゃいました。
ボトルは休日の外出など日常でも使ってみましたが、飲み口の口当たりが良くて使いやすいです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)