自転車

2019年6月15日 (土)

サカエのフラットペダル

ユーラシアのポタリング仕様化計画ですが、ブレーキワイヤーより先行してペダルに手を出すことになってしまいました。

ペダルにはトゥクリップ/ストラップをつけていますが、街乗りにはちょっと邪魔。
Cimg2579
だからといってハンドルを交換する度に脱着するのは余りに面倒。

だったらペダルごと交換しようと、ミカシマの両面踏みのフラットペダルを物色していました。
 
この辺のお安いクラスでね。
そんな折り、ヤフオクで今は無きサカエのフラットペダルの出物を発見。試しに入札してみたら、開始価格のまま落札できてしまいました。
Cimg2573
ヤフオクでは「取り外してからメンテしていない」との理由でジャンク扱いになってました。アルミ表面の腐食はありますが、ベアリング部に虫食いなどの損傷はなし。バラしてグリスアップしたらバッチリです。
Cimg2574
ユーラシアに新車時から付いていたのも同じサカエのペダルで、そちらはSP-150。今回入手したのはSP-220という型番。
Cimg2583
踏面の大きさはほぼ一緒。時代的にもアルミ表面の経年劣化によるヤレ具合も、ヴィンテージなユーラシアと良いバランスです。紛失・破損しやすいプラのペダルキャップも、けっこう綺麗なものが付いていたのが嬉しいですね。

さぁ、あとはブレーキワイヤーを残すのみ。互換性を確認しながらの部品集めが面倒なので後回しにしちゃってますが、そろそろ買い出しに行くとしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

オポジットレバーハンドルの仮付け

発掘されたオポジットレバーを使ってみよう!ということで、ユーラシアに付けてみました。
ハンドルバーにステムも付いていたので、そのままサクッと差し替え。
Cimg2560
なかなか良いんでない?
Cimg2558
フロントバッグが付かなくなるので、荷物のいらない近所のポタリングにしか使えなくなりますけど。

幸い、ユーラシアは輪行仕様。ブレーキワイヤーまでセットで用意しておけば、ハンドル交換は1~2分のお手軽作業です。アウターワイヤーは長さを調節すればこのまま使えそうなので、インナーワイヤーとチドリ、カンチブレーキ用アーチワイヤーを新調するだけで済みそう。
Cimg2556
まずは錆の浮いたステムを磨きましょう。あと、ベルは交換かな。
ちょっとクラシカルな雰囲気のシティサイクルとして乗るのが楽しみになってきました。
Cimg2559

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2019年5月29日 (水)

オポジットレバー

20年以上前、実家で使っていたシティサイクルを廃棄する際にとっておいたパーツを掘り起こしました。
親は「籐かごを取っておこうか?」と言っていましたが、そんな消耗品よりこっちの方が貴重だからと保管しておいたものです。
Cimg2501
昔は「インサーテッドレバー」と言った逆引き(リバース)タイプのブレーキレバー。近頃は「オポジットレバー」という呼び方が主流らしいです。名前はともかく、何が違うかと比べてみると...

昔のはハンドルバーも専用のものを使いました。「インサーテッド」の名の通りブレーキワイヤーがハンドルバーの中を通っています。そして、ハンドルステム近くに開いた穴からブレーキワイヤーが出てきます。
Cimg2508
ハンドルエンドにブレーキレバーを固定するビス穴も開いています。これらの穴が保安基準上の問題となって廃れたという説もあるらしいです。
Cimg2502

で、最近のオポジットレバーはというと、ハンドルバーは専用である必要がなくなっています。通常の穴のないハンドルにバーエンドキャップと同じ要領で固定し、ブレーキワイヤーはグリップに沿ってハンドルバーの外側を通ります。
仕上がりの見た目は大差ないのでハンドルに自由度がある方が良さげですが、なんかロマンがないんだよねぇ。

だいぶ古いものですが、ハンドルとブレーキレバーはけっこう綺麗。グリップも多少くたびれているものの、べたつきなどは出ていません。ハンドルステムは錆が浮いていますが、磨けば落ちそう。ベルは...まぁ交換でしょう。ブレーキワイヤーも切っちゃってるので新調しないと。

せっかく発掘したので使いたいところですが、ユーラシアに使うならペダルのトゥクリップを外して軽い雰囲気に統一しないと満足できないし、折りたたみ自転車に使うにはハンドルが一体になったステムも交換しないといけない。
さて、どうしたものでしょうね。

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2019年5月22日 (水)

スーパーワイドモンキーレンチ

先日、購入以来初めてボトムブラケット(BB)のグリスアップを行った折りたたみ自転車ですが、実は他にもグリスアップしたことがない部分があります。
そのうちの1箇所がヘッドパーツ。

私の持っていたユーラシア用のヘッドレンチは、数ミリ小さくてこの自転車に合いませんでした。
レンチを買うところからというのが面倒で、ついつい放置していました。
Cimg2450
しかし、BBをグリスアップしたら調子がすこぶる良くなったので、こちらもなんとかしようと38mmまで広がるスーパーワイドモンキーレンチなるものを購入しました。
これでフロントフォークを抜くことができて、ヘッドパーツのベアリングもグリスアップが可能となります。
回転部分と違って、それほどシビアじゃないですけどね。
Cimg2442  
BBの時に古いグリスを取り除くのが大変だったので、パーツクリーナーも導入してみました。
Cimg2446
堅くなったグリスが溶け出すので、擦らずとも軽くぬぐうだけで綺麗になるのは楽でした。
Cimg2448
で、グリスアップして組み立て。予想通り調子が良くなった実感はありませんが、グリスアップしていないという不安が払拭できたのは良かったです。
Cimg2449
残すはペダルです。
BBと一緒にバラそうと思ったのですが、樹脂(ポリ?)のキャップが変形するばかりで外れなくって。
消耗品としてキャップだけ買えるなら破壊覚悟で外すのですが、どうしたものでしょうね。
ここは、ダメになったらペダル交換かな?

(byぶらっと)

 

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

ボトムブラケットのメンテナンス

"ふらっと"が「自転車をこぐとカッツンカッツンって音がすることがある」というので、試しに乗ってみるとボトムブラケット(BB)の辺りから音がしたりしなかったりします。常にしているのでなく、しなかったりすることの方が多いのがイヤな感じ。BBのベアリング受けが削れてたりすると大事です。
思い返せば購入してから15年くらい、BBは一度もグリスアップしていません。ハブはタイヤ交換のついでで2回くらいしてたんですけどね。

試しにBBをバラしてみました。
まずはコッタレス抜きでクランクを抜きます。
Cimg2126
で、BBのワンを外します。左右どちらかが逆ネジなのは知っているのですが、どっちだったかはすぐに忘れます。
左側はネジ山が見えていて正ネジなのが分かったので、右が逆ネジってことで。
Cimg2125
BBは今時のカートリッジ式ではなく、昔ながらのカップ&コーン型。これなら不良箇所も確認しやすいし、部品が入手できれば交換も全取っ替えじゃなくて済みそう。
Cimg2127
BB内のグリスは多少汚れているものの、固まってはいませんでした。ベアリングの受け側も傷などなく一安心。
その後ベアリングを清掃していると、ボールの一つが虫食い状態!
Cimg2143
シャフトやワンの方に傷が広がってなくて良かったです。

さて、パーツの入手をどうするか。近所のサイクルベースあさひ、オリンピックおうちDEPO、島忠あたりで入手できるかなぁと出かける準備をしていると、“ふらっと”が「ヨドバシさんにないの?」と。試しにyodobashi.comを見てみたら、ちょうど良いサイズのベアリングボールがありました。100個で500円! 1個あたり5円とお安いですが、100個も要らないよ?(ベアリングのサイズはこちらで確認しました。)
でも、うろうろ探し歩いて空振りするより、「1時間23分以内に注文すれば明日お届け」の方が確実なので発注することにしました。
この時点で夕方の4時くらいだったので、作業は中断して翌日へ。

翌朝10時過ぎには一緒に注文したダンジョン飯7巻とともに到着。“ふらっと”はマンガ、私は自転車と手分けをして作業再開です。
Cimg2146
こんなに沢山、一生かけても使い切れません。
Cimg2147
リテーナーからボールを外し、古いグリスを綺麗にしてから新しいボールを戻します。
Cimg2149
シャフトやワンも綺麗にして、新しいグリスを塗って組み立て。ついでにチェーンの清掃と注油もしておきました。
2日ほど経ちましたが、音がしなくなっただけでなくペダルも軽くなったとか。やった甲斐がありました。もう1台の白い方も同じ作業しなくちゃですね。

ヨドバシさんでは、BBのワンシャフトもばら売りしていました。万が一そっちまで傷がいっちゃっても安心です。できればお世話になりたくないですけどね。

(byぶらっと)

| | コメント (2)

2019年4月14日 (日)

桜も見納め

昨日は月に一度の頭痛外来通院でした。
今年最後の桜を見ながら行こうと、多摩川沿いのサイクリング道路「たまリバー」を通って往復しました。散り始めた桜も多い中、まだ綺麗に咲いている木もあって、最後のお花見を楽しみながらの走行となりました。
Cimg2105
天気も良くてポタリング日和です。
  
往路は9:00頃なので、まだ人もまばらです。
Cimg2104
11:30頃の復路で、ほぼ同じ場所です。
Cimg2117
ランニングする人、トレーニングで自転車を走らせる人、散歩する人などたくさん。

多摩川を離れ、野川の桜と菜の花。
Cimg2107
桜と入れ替わるように咲き始めた菜の花と、まだ残っていた桜の競演です。
Cimg2111
こちらも野川。川に向かって咲く桜がトンネルのようになっていました。

片道15km程のちょっと遠回りになるのですが、次々に視界に入ってくる桜を見ながらの走行は気持ちよいものです。多少遠回りだし、相変わらず段差舗装は鬱陶しいですが、信号がないのは楽で良かったかな。次回からもこのルートを使うか検討しましょう。
ただ、なぜか行きも帰りも向かい風なのは閉口しました。朝と昼で風向きが変わるのかなぁ。逆だったら行きも帰りも追い風なのに。(><)

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

たまリバー50キロ~その2~

本日、休暇を取って頭痛外来に通院してきました。
帰りはブーランジェリー スノウチに寄ってパンを買い、そこから南下して多摩川へ。前回、郷土の森から上流方向を走行したたまリバー50キロの下流部分を走ってきました。Cimg0556
上流の方では見えなかった富士山が、頂上付近だけですが見えていました。Cimg0554手前に見える遊園地はよみうりランドですね。

 

Cimg0564途中、サイクリングロードが二又に分かれているところがあり、なんとなく上の道を行ったら、南武線の高架が低すぎて通れませんでした。(><)Cimg0565この状態で、なぜ道を残してあるのかは謎です。

 

ゴールの郷土の森。Cimg0571普段は博物館側しか行かないのですが、下流側からアプローチしたので初めて交通遊園の方に行くことになりました。Cimg0575都電やD51、EB101なんてのが置いてありびっくり。Cimg0576近所にこんなところがあったとは。

 

さえぎるもののない河原でずっと強い向かい風に吹かれ、帰りは2時間近く掛かってヘトヘトになりました。自転車に向かい風は大敵ですね。

 

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

【オランダ】自転車無双

サイクリスト憧れの地オランダ。どこまでも続く平地と整備された自転車専用レーン。
その昔、中国の自転車通勤シーンがスゴイ!という映像もありましたが、オランダは今でもスゴイです。(あまりのスゴさに被写体ブレしちゃってます。)
※本日の写真は全てクリックで拡大します。Cimg8531日本では歩道で歩行者を威嚇するような無法自転車が跋扈していますが、オランダでは法で自転車が最優先となっているそうです。
なんと、自転車レーンを横断する歩行者は、自転車の走行を妨げてはいけないことになっています。万が一轢かれた場合も、自転車を妨害した歩行者が悪いとか!?Σ( ̄ロ ̄lll)

歩道と車道の間にある自転車レーンはバイクも利用します。Cimg8548信号のない横断歩道では、バイクは自動車同様に歩行者に道を譲らなければなりません。しかし、自転車は歩行者より優先。
バイクに道を譲られた歩行者を待たせておいて颯爽と自転車が駆け抜けます。でも、同じレーンを走るバイクは歩行者がいる限り動けません。ものすごい優遇のされ方は、正に「自転車無双」です。

アムステルダム国立美術館は、建物の中央を自転車で通り抜けられるようになっています。Cimg8594ここを塞いで展示室にする改装工事が進んでいたらしいですが、自転車乗りからの反対でほぼ終わっていた工事を元に戻したとか!?

いたるところに駐輪スペースがあるし、国内の高低差が300mちょっとしかない(-6.7m~322.5m)ので、どこにでも自転車で行きやすい。自転車乗りから見たら天国のようです。が、レンタサイクルがあるからといって、ここでは怖くて乗れないですけどね。Cimg8574
そんなオランダでは、自転車も個性的です。
日本でもこんな自転車に乗りたい!と思ったのがこちら。Cimg8654超ロングホイールベースでスマート。バリエーションも色々あります。Cimg8655荷物がいっぱい積めて便利そうなだけでなく、デザインがオシャレ。Cimg8752積載重視なら、三輪タイプもあります。
日本に持ってきてそのまま「普通自転車」として乗れるかというと、幅や長さの制限で歩道走行の例外を認められない「軽車両」になっちゃう可能性もあり、そうなると都心の狭くて交通量のある道は怖いですけどね。

日本じゃ子供を乗せる自転車はオシャレといってもせいぜいこの程度ですが、オランダじゃこれですよ!Cimg8856格好良くないですか?
寒いときに付けるカバーもあるみたいです。Cimg8748三輪タイプに子供を乗せて走行している姿がこちら。Cimg8746乗ってる子供は部屋にいるようにくつろいでいました。(事故ったら危ないというのは置いといて。)

こちらはサイクルトレーラー。Cimg8858「Doggy Tourer」って書いてあるから、犬用かな? サイクルトレーラーはamazonさんでも取り扱いがあるようです。

あと、日本の一部サイクリストがやりたがる「ブレーキワイヤーのない自転車」も普通の存在のようです。Cimg8656後はコースターブレーキ、前はナシ!Cimg8658スッキリはしていますが、前輪で制動が掛けられない自転車なんて、私は怖くて乗れません。
まぁ、オシャレ自転車もブレーキ無し自転車も「自転車が最優先」なオランダでこそ乗れる自転車でしょうか。

郊外で見かけたオブジェ的な自転車たちの写真も貼っておきます。Cimg9181タンデム車とか、植栽と一体化したステキ自転車。Cimg9182裏路地で土に還りつつありながら、お花のプランターとして活躍中?Cimg9199こちらは現役ですが、風景として決まっていたので。Cimg8900最後は風車の街の自転車置き場。Cimg8760なんと大胆な!

ところで、オランダにもいましたよ、スマホ見ながら自転車に乗る人。Cimg8528これ、自転車無双のオランダでは合法なのかな?

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

ポタリング初め

ポカポカと暖かかったので、2時間ほどポタリングに出かけてきました。特に目的地もなかったので、多摩川沿いのサイクリングロードへ。
関戸橋から上流に向かい、中央高速が国立府中インターの先で多摩川を越える橋をくぐったところでサイクリングロードを見失ったので引き返しました。復路は関戸橋を過ぎて、郷土の森から下河原緑道を通って帰宅。約2時間で18kmちょっとの、のんびりポタリングでした。 ※今日の写真はクリックで拡大します。

Cimg0495

このサイクリングロードは「たまリバー50キロ」と呼ばれるコースの一部で、府中の部分は「府中多摩川かぜのみち」というそうです。
サイクリングロードといっても自転車専用ではなく、散策、ウォーキング、ランニングを楽しむ人もたくさん。そこにサイクルウェアに身を包んだロード乗りが入り乱れて、慣れていないと走りにくいことこの上ない。
信号もないし車も来ないのは良いのですが、車道から流入する部分ごとに段差舗装がしてあるのも自転車には厳しい。ランドナーでも段差に辟易するというのに、ロード乗りの人達はよく平気で走っていると感心しちゃいます。

Cimg0491

公園でもパン屋さんでも、何かしら目的を定めて走る方が自分には合ってると気が付きました。が、それはそれとして川下方面もそのうち走ってみたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

ブーランジェリー・テール・ヴィヴァン

頭痛外来の帰りに、今まで行ったことのないパン屋さんに寄ってみました。
西武多摩川線の多磨駅のそば、多磨霊園と調布飛行場の間くらい。我が家から遠くはないけど、まっすぐ通った道がなくて行きにくいところです。Pan_1 ハード系のパンを中心に購入。匂いも良いし味もなかなか。食べログでの人気に納得です。
しかもなんかやすくない? レシートにパンの名前が載るのも珍しくなくなってきてるのかな?
ただ、近所の美味しいパン屋さんを凌駕するほどではないので、残念ながらローテーション入りはないかな。Pan_2 そうそう、最近気になっているんですが、こちらのパン屋さんでもシュトーレンが売っていました。名前からしてフランス系のパン屋さんなんですけどね。 ここ数年でシュトーレンを扱うパン屋さんが増えてきて嬉しいような、この季節の売れ筋商品と見越して参入しているのを見るような、複雑な気持ちです。Pan_3 こちらのパンはまったく初めてだったので、シュトーレンには手を出しませんでした。 そろそろプチ・モンドのシュトーレンも買いに行かなきゃ。(ブーランジェリー・ル・プチ・モンドも名前はフランス系だけど、そこは美味しいから気にしない方向で。)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧