和服

2017年5月14日 (日)

久留米絣

先日、着楽堂さんでリサイクルの久留米絣を購入しました。
で、さっそくバベルの塔展に着て行っちゃいました。Cimg1721身幅がピッタリな分、身丈も裄もツンツルテンだったのですが、お店の方から「丈出しできますよ」との一言が!∑(=゚ω゚=;)
成人男性の着物で丈出しできるものは珍しいらしいのですが、身丈5cm、裄丈3cm出してもらって(まだもう少し余裕があったようです)丈も幅もあつらえたようにピッタリに。
生地も柔らかく、良い着物がお安く入手できました。

和服で長時間のお出かけをして分かった事と言えば...
◇暑い!
この日は最高気温が28℃。朝のうちの「日差しが暑い」は耐えられたのですが、午後は翌日の雨に向かって湿度が上昇。気温が下がっても湿度が上がるとキツイですね。

◇着崩れる
座るとお尻に押されて着物が1~2cm上がってくるんですよ。で、つい気になって常に上前を引っ張って直していると背中心が左に寄ってくる。こうなっちゃうと、今さら下前を引っ張っても直らない。
テレビで見た着物を着慣れている男優さんも座ったら首の辺りがちょっと上がっていていたので、その辺は気にしすぎない方が良いのでしょうね。そして、トイレなど直すタイミングでキッチリ直すと。
あと、半襦袢は涼しくて良い半面、着崩れが直せないのは困ります。

◇合切袋はお散歩用
財布にsuicaにデジカメに頭痛薬と一切合切を入れると、使うときに出しにくい。ショルダーと違って、紐でぶら下げると口が締まるし。Σ( ̄ロ ̄lll)

◇雪駄がキツイ
靴に比べると鼻緒で突っ掛けてるだけの開放的な履き物のようでいて、意外と拘束感が強い。指先に遊びがないって、けっこう辛いです。
と“ふらっと”に愚痴ったら、「座ってるときは鼻緒から足を抜いておけば良いじゃん」と!? 早く言ってよ~!

◇浮く(;´д`)
気温とか場所とか考えて着ていかないと、周囲から浮く事この上ない。
もっと涼しかったり、川越や谷根千のような「着物で行く場所」として認定されているなら良いのでしょうけどね。Tシャツに短パンみたいな人までいる気候・場所では、完全に浮いてました。orzCimg1738東京都美術館の球体で自撮り。周囲から浮きまくりです。

今までは浴衣とウール着物しかなかったので春・秋に着られなかったのですが、これで1年通して和装ができる最低限が揃いました。
ただ、どんなに良い絣でも、所詮は木綿なのでカジュアル以上にはならないんですってね。着物の「格」って難しい...。
羽織もなしの木綿で美術館ってどうよ?と着物警察の方には眉を顰められそうですが、ジーパンにノージャケットで行くと思えばギリOKじゃね?ってことで。下駄(ジーパンにサンダル履きに相当)じゃないし、一応足袋もはいてるしね。Cimg1726バベルの塔展のマスコットタラ夫と記念写真を撮ってみたり。

次は浴衣かな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

着付け色々~バベルの塔編~

着物で展覧会に行くという初ミッションをクリアしてきました。(笑)Kimono_5やっと着られるようになったら初夏。単衣を持っていない私がこのまま秋まで着ないとなると、また出来ない人に戻っています。仕方ないので間に合わせをネット(リサイクル)で購入。“2夏目”という激安です。(笑)
色と柄が気に入ったし経年のくすみはあるもののシミはなかったのですが、交織なのでごわごわ感があり・・・暑い。orz 裏がないから滑らなくて着にくいし。(^^; 単衣の選び方って難しいかも。透けない物でも薄くて涼しい着物が良いですね。f(^^;
そして帯ですが、薄くて締めやすいのですがお太鼓の形が決めにくい。なんて言うかキリッと決まらなくて大変でした。1回やり直して2回目でやっと成功。(;´д`) 苦労したのに塵よけの道中着を着たから、まったく関係なかった。orz 単衣に塵よけ、二部式の襦袢など初めての事が多かったミッションでした。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

合切袋

着々とハマりつつある和服沼ですが、着物の時のお出かけ用に合切袋を購入しました。
グランデュオ立川に立ち寄ったら手ぬぐい屋さんのかまわぬが入っていて、そこで見つけた麻と手ぬぐいのリバーシブルの合切袋が気に入ったので。Cimg1651本当なら甲州印伝が欲しいところですが、着物入門者にはちょっと手を出しにくい高級品。と言ってお安い「印伝風」では負けた感があるし、と思っていたんですよ。印伝風が3千円前後のところ、4,100円+税というお手頃価格。それでいて「こだわりの品」という感じが良いです。
麻だけに季節を選ぶというのが難点ですが。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

祝!お仕立て

旦那さまがリサイクルを卒業し、初めてのお仕立てを決意しました!・・・て言うか、体型的に仕立て上がりは無理があると思うのですよ。(^^; 細身加工してある着物を選んでも、やっぱりお腹周りが大きくてぶかぶか~。orz
「自分のサイズに合ったものを着る気持ちよさを実感しようじゃないか!(妻の主張)」ということになりました。(笑)Kimono とは言え、着物の好み(生地や色・柄)も分からないまま、お高い小紋や紬は選びたくない。「人に勧められるまま買いたくない\(*`∧´)/」と言うので、まずはお手軽なポリエステルの反物をチョイス。仕立て代込みの安いところで、“初めてのお仕立て”を経験することに。これも勉強ですよ。(笑)
経験(たまには失敗もある・・・いや、困るけどね。(笑))しながら覚えて行くのが着物生活というものです。大きな声じゃ言えませんが、私も最近どハマリしたリサイクル品は失敗も感じています。自分で何かをするってそういうことですよ・・・ね。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

着物deランチ♪

Kimono_1「着物でランチに行きましょう」と誘っていただきながら「まだ一人で着られないの(;ω;)」と、修行が終わるまで待っていただきました。
本日、めでたくランチしに出かけられました。ヽ(´▽`)/ ・・・おいおい・・・。f(^^;
母の着物を引っ張り出し、さすがに帯は昭和くさいと、新しく(リサイクルだけど)で買ったりしました。
草履やバッグは間に合わず、あるものでしのいでそれらしくお出かけです。(。>▽<。) デビューがいきなり神楽坂というのが、ハードル高かったですけど、自分乗り切ったよ。(笑)

神楽坂では一度行ってみたいと思っていた親子丼で有名な“鳥茶屋 別亭”へ。(゚▽゚*)Kimono_2ふわとろ卵にしっかり味の鳥肉が美味しかったです。お値段もお手頃で、なかなかボリューミー!これなら男性も満足では。
神楽坂を散策後に4/28で閉店するという“近江屋洋菓子店 本郷店”に行きました。Kimono_3神田店には行った事がありますが、こちらは初めて。ビルの感じや内装がそっくりで、ちょっと笑った。ガラスのイラストが昭和っぽいと思いつつ、デザインや色彩がお洒落だなぁ~とも思います。なくなっちゃうのは勿体ないなぁ。( ´・ω・`)Kimono_4カフェではショートケーキと名物(?)ドリンクバー。写真は苺水。ホントに苺味の水でした。(笑) テイクアウトは引きも切らさず、カフェは長蛇の列。店内は別れを惜しむお客さんで一杯でした。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

リリーフファッションクリップ

和服で食事をする時、やはり洋服以上に気を遣います。うっかり油や醤油などのシミを付けたら・・・。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 簡単に洗濯できませんからねぇ。(^^;
そこで便利グッズ『リリーフファッションクリップ』というものを見つけました。買おうかなって思ったのですが、簡単に出来そうなので作る事にしました。まぁ~正確には作ってもらう事に・・・ですが。(^^;Clip_1ミニクリップって探すと結構ないものだなぁ~。(--; とりあえず、色々迷ってこちらを購入。ナフキンさえ挟めれば十分だしね。
しかし、市販のは袂止めの機能もありました。Σ( ̄ロ ̄lll) このクリップでは袂までは挟めませんし、無理に挟んで着物を傷めてはいけません。(^^; あくまでナフキン止めとして作ってもらいましょう。
この画像は拡大します。Clip_2サクサクっと完成です!ヽ(´▽`)/ 私が作ったんじゃないけどね。(笑)
使い心地はどんなもんでしょうか、早く使いたいなぁ~。予定では土曜日にデビュー出来そうですがどうでしょう?
あまりにもクリップがショボくて使いにくいようなら、バージョンアップを図って第2号を作りま・・・作ってもらいましょう。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

正しい着物沼生活

物欲一杯の着物沼に腰までズブズブの私です。(^^; そこに旦那さまも引き込みたくて「リサイクルで買った着物以外を仕立てましょう。へ(´∀`ヘ)」と誘っています。
しかし、どうも反応が芳しくありません。( ´・ω・`) 着物についての知識不足で、善し悪しの判断が付かないと。ならば本を読んで学びましょう。d(^▽^)Kimono_book・・・と言う事で、入門書です。他にも読み物として良い本があったのですが、写真が多くイメージしやすいこちらにしました。
着物の素材、格と種類、季節の着こなし、小物類。その辺りの知識を得つつ、コーディネートも紹介されています。帯は博多角帯を1本しか持っていませんが、その他に紬や木綿の角帯も載ってるし、イメージのよくない兵児帯の結び方なども載っています。これでちょっとは兵児帯の株が上がると良いのですが。(^^;
読むとなかなか楽しいぞ!・・・って、さらに私の物欲を刺激しても仕方ないのだが。f(^^;

もう一冊は半幅帯の結び方です。可愛すぎて私には無理なのもありますが、出来そうなので遊んでみたいと思いまして。(^m^*
そしてもう一つの野望が自分で半幅帯を作る事!(n‘∀‘)η
自分お気に入りの帯を作って、それをちゃんと使う事ができたらステキだなと思うのでした。実現には時間がかかりそうですが、いつかやってみたいです。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

着付け教室に行ってみた

近所に手軽な着付け教室がないかとネットで検索したら、立川のリサイクル着物「着楽堂」さんが90分500円~の教室を開いているというのを見つけたので、ちょっと習いに行ってみました。
着物屋の上はコトブキヤの総務部。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 本社ビルじゃないの!?Kirakudou_1 私の着付けは「ひのまる呉服店」さんの同人誌を基本に、“ふらっと”から女性の着付けの応用で教えてもらった我流。かろうじて形になってはいましたが、「これで合ってる?」と疑問を持ちながら着ていました。疑問の解消や、効率的な着方や着崩れ予防などコツがあれば知りたくて、一度きちんと基本を習っておこうかと。
店の入り口は慣れないとちょっと躊躇する感じ。(笑)Kirakudou_2 90分コースと言いながら、男の着付けは簡単だからと短めで終了。1時間弱でしたが色々教えてもらいました。
襦袢が着崩れない紐の結び方とか、細すぎる体形の補整とか、貝の口結びの手先とたれのバランスの取り方とか。我流や女性の着付けとは違う部分を教わり、先生からも(お世辞半分でしょうけど)太鼓判をいただいたので、これからは自信を持って着物でお出かけができ...るかな?

とはいえ、着物では行く先を選ばなければなりません。場所が立川の南口だったので帰りにアニメイトに寄ったのですが、オタクの集まる場所での着物は、黒い帽子に黒いマントという痛々しい装いの方と同類に見えてしまうような。\(^o^)/ まぁ、それはそれで構いませんけど。

着楽堂さんはリサイクルだけでなく、新品の反物とかも扱っています。デパートに入っている呉服店と同じ所から同じ物を仕入れているのに、売値は1/3~1/4とお安いそうです。
今はウールの着物しか持っていないので、次は紬か何かを買いに行きたいと思います。

ちなみに“ふらっと”は『付き添い』と言いながら付いて来て、ちゃっかり帯を2本買ってました。(おいおい)

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

着付け教室の思い出

もう10年以上前になりますが、一度着付け教室に通いました。着付け教室では有名だった大手です。大手の着付け教室って評判悪いですよね。(^^;
私も思い出すと「なんだかなぁ~(--;」ってことがいくつかあります。

1.着付けと関係ないことをさせられる。
筆むらがヒドイし柄も好きじゃない。orz こんなの使えるわけがない。(p_q*)Obi 一番最初にやった事が化繊のお太鼓柄の帯に色を塗る事。( ゚д゚)
言ってる意味が分からないかと思いますが、線画だけの柄に塗り絵のように色を付けるんですよ。そんな帯使えないのに。orz 練習ですら使いませんでした。その帯はそれっきりです。あれは何のためにやったんでしょう?今も謎です。

2.お化粧レッスン
和装の化粧を教えてくれるというもの。それは良いのですが、使う化粧品を買わされます。(^^; レッスン後半はセールスです。まったく無駄な時間。(-_-X) 無理矢理じゃなかったと思うけど断りにくいです。

3.着付けの小道具を買わされる。
改良枕、伊達締めなど、持ってるからいらないと言っても必須でした。

4.着物の即売会に誘われる。
いつもの教室に洗える着物とかそういうのを売りに来ていたかな。先生に「安くて良い物よ~」って薦められるので断りにくかったですね。私は買いませんでしたけど、他のメンバーは買っていたと思います。それがまた全然安くないんだよね~。(笑)

5.授業料より免許代がバカみたいに高い。
試験を受けて合格するともらえる免許ですが、メチャメチャ高かった。最初は紙っぺらの免許証でしたが、最後にもらったのは大きな蒲鉾板みたいな木でした。凄く邪魔ですよ。(笑)

蒲鉾板を最後に止めましたね。(^^; 「次は白無垢の着付けだから頑張りましょう」と何度も引き留められましたっけ。それってそんなに魅力的なことかしらと思った記憶があります。

今行っている呉服屋さんの教室も、先生は大手の着付け教室に所属しているそうです。そこの先生として教室を持つ許可証(免許)を持っているみたいです。なので、カリキュラムや会報誌をくれますが、しつこくされないので安心です。(^^; 特になにも売りつけられないし。
今はどう変わったのか分かりませんが、さすがに悪評の多い着付け教室も改善されているんだろうと思っていたのですが、どうなんでしょう?先日の一昔前を思わせる呉服催事が未だに存在するのですから、この業界はあまり変わっていないのかもしれないと思ったりしました。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

着物でGo!

新宿の福服で買ったきり忙しくて放置していた着物を着て出かけてみました。
近所にランチということで、先々週一人で行った佐とうに、今日は二人で着物ランチです。
今回はのどぐろの塩焼き膳にしてみました。Cimg1212初めての“ふらっと”は海鮮丼(ハーフ)で。

食事の後、ぶらぶらと大國魂神社までお散歩。
※桜の写った3枚の写真はクリックで拡大します。Cimg1249ちょうど枝垂桜が満開でした。天気も良く、散策日和でしたよ。Cimg1243
さて、人生初の着物で外出だったのですが、練習の甲斐あってなんとか一人で着付けはできました。が、油断すると襟元が着崩れるのは如何ともしがたく。(><)Cimg1233あと、雪駄の鼻緒がきつくて指が奥まで入らず歩きにくいやら、指が痛いやら。しかし、原因は雪駄じゃありませんでした。帰宅して足袋を脱いだら、型崩れ防止のボール紙が入ったまま。\(^o^)/ 履き心地悪いと感じたものの、初めてなのでこんなもんかと思っちゃいました。

以下、着付けメモ。
アンダーウエアには福服の川越店長に勧められたユニクロのVネックTシャツと新宿店長に勧められたユニクロのステテコを買ってきました。Cimg1203Tシャツは普通の綿ですが、ステテコは着物の滑りが良いかと思ってエアリズムに。まぁ、あまり関係ないというか、静電気で足にまとわりつくのは想定外でした。

半襦袢に付ける半襟は、とりあえずオマケでもらった物で間に合わせることにしました。
本当は着物に興味を持つきっかけになった同人誌で勧めていたプリント手ぬぐいにしたかったのですが、今時なかなかプリントの手ぬぐいが売ってないんですね。
とりあえず着物デビューは果たしたので、半襟や合切袋などはこれから見繕いたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧