科学

2020年12月22日 (火)

12/21土星と木星が接近

昨日は木星と土星の最接近の日でした。
以前からずっと楽しみにして、毎日少しずつ接近する様子を見ていました。それなのに、なんとシステム障害の後始末に巻き込まれて残業になってしまい、肝心の昨日は見られませんでした。
仕方がないので、本日の状態。
Cimg7243
コンデジなので画像は荒いですが、木星のすぐ下に衛星イオっぽいのも写っています。

アップにしちゃうと接近度合いが分かりにくいので、ちょっと引きの写真も。
Cimg7238
右側の赤い光はちょうど通りかかった飛行機です。

twitterとかで昨日の写真を見ると、本当にくっつきそうなくらい近かったようですね。それが見られなかったのは残念です。
次回は60年後...って、それは絶対無理だ。orz

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

土星と木星に月

今日、会社帰りに西南の空を見上げると、細い月と明るい2つの星が輝いていました。
綺麗だなぁと写真を撮ってみたら、twitterで「月と木星と土星」がトレンドに入っていました。
Cimg7204 
12月21日には土星と木星が最接近と話題になっていたので楽しみにしていたのですが、今日の方が月も接近して見栄えが良かったみたいです。

これほどの接近は1623年7月13日以来397年ぶり、次回は2080年とのこと。まさに一生に一度のチャンスです。
明日以降も徐々に接近する木星と土星を日々眺めたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

半影月食

本日は満月、そして半影月食だそうです。
Cimg7147
食の最大になる18:42頃。本影食と違って、左上がうっすら暗くなるくらいでよく分かりません。これ、カメラで露出を抑えてるからこう写ってますが肉眼で見たらただの明るい満月ですから。
そんなわけなので写真もまぁ適当です。コンデジの手持ちでピントもアマアマだけど、雰囲気が分かれば良いかと。
Cimg7153
食が終わった今(10:45頃)は、すっかり普通の満月です。
こうして写真で比べれば、確かに半影月食もそれなりに趣がありましたね。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

ハロウィンと満月

今日はハロウィンですが、コロナ禍において自粛が呼びかけられたため例年のようなバカ騒ぎがなく、良いことだと思います。
Cimg6781
ハロウィンっぽい写真は、会社のそばのスーパーで撮ったこれだけです。中央の骸骨がほぼ等身大なので、ものすごく大掛かりな飾りつけですよ。

そして、ブルームーンと呼ばれる10月2度目の満月は、今年最少だそうです。
Cimg6880
なんとハロウィンが満月になるのは46年ぶり、次は38年後だとか。元々月の満ち欠けとは全く関係ない祭りなので、だからなんだということでもありませんが。
Cimg6878
ななみに、一昨日ずいぶんと近くにいた火星は、だいぶ離れていました。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

十三夜の月と火星

今日の帰り道、見事な十三夜の月が出ていました。(17:40頃)
Cimg6824
そしてすぐ近くに赤い星、火星も輝いています。(19:00頃)
Cimg6830
今月は1日に中秋の名月(翌2日の明け方が満月)、6日に火星の最接近、今日29日が十三夜で火星と月が接近、そして明後日31日は今月2度目の満月(ブルームーン)で今年最少の満月。天体ショーが目白押しです。
 
でも、中秋の名月は会社近くの和菓子屋さんで月見団子が売り切れた悔しさでスルー。火星も、最接近と言えども月ほど大きく見えるわけでなしとスルー。今日も月見団子を買いにも行かずにスルーするつもりでした。
まぁ、たまたま見た月があまりに綺麗で反応してしまいましたが。(21:00頃、雲の切れ間より)
Cimg6835
こんなことなら、月見団子も買って来ればよかったなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

コンデジでスーパームーン

今年最大の満月ということで、テレビなどでは「スーパームーン」と紹介されていました。
当blogでは、既に散々スーパームーンを取り上げたので、今回はお手軽にコンデジで撮った写真をアップしておきます。

こちらは、オートでカメラにお任せで撮ったものです。
Cimg5401
データを見ると、ISO800、f5.9、1/2秒になってました。

こちらは最大ズームして、シャッター速度優先モードで撮ったものをトリミングしています。
Cimg5386
コンデジでも、クレーターまで写るものですね。

新型コロナの対応で暗い話題が多い今日この頃ですが、たまにはこんなニュースも良いものです。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

金星とプレアデス

いつもの山田陽志郎さんのリツイートで知りました。
Twitter_20200402
Twitter_20200403
※画像クリックでそれぞれ元ツイートにリンクします。

なんと、今日・明日は宵の明星と昴の天体ショーが見られるとか。
双眼鏡を手に勇んで庭に出てみましたが、都下の田舎とは言え首都圏の夜空は甘くなかった!
煌々と輝く金星は見えるものの、プレアデスなんて肉眼じゃ無理でした。

2012年の時も肉眼では見えず、写真を明るく加工してやっと見えたくらいでした。
当時は庭に三脚を立てて写真を撮りましたが、今回はもう少し北よりに見えていて、庭の前の遊歩道まで出ないと見えません。そんなところに三脚を立ててマンションの上層階を見上げるような角度で望遠レンズ付きのカメラなんて据えてたら、どう見ても怪しいやつです。下手をすれば通報されかねません。(><)

という訳で、今回はあっさり撤収。
8年後も今夜のように晴れる保証はありませんが、その日を楽しみにするとしましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

部分日食

本日は、全国的に部分日食が見られるということで、ずいぶん前から楽しみにしていました。
お天気が心配でしたが、食の最大の時間帯は雲の切れ間があって見ることができました。
※本日の写真はクリックで拡大します。

P10630841024

観測には2012年の金環食のときに買ったNDフィルターと日食グラスが活躍。しかし、部分食は時間が短く感じられ、あっという間でしたね。食の最大からしばらくしたら曇っちゃいましたし。

P1063084

上の写真は300mmで撮影したままの画角、下は撮影したままの解像度で1024×768にトリミングしたものです。
写真にしちゃうと面白みがありませんが、生で見ると太陽の手前に月の存在を感じられ、見ていて飽きません。
日本で次に日食が見られるのは、今年の12月26日。夕方なのでどの程度見られるか分かりませんが、楽しみにしておきましょう。

これから今世紀中に東京で見られる日食をまとめた方がいらっしゃいました。
こうしてみると、自分が生きているうちに住んでいる場所で金環食が見られたって、奇跡のようですね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

夕方の月面X

本日、16:30を中心に月面Xが見える日でした。20180522_x※画像クリックで元ツイートにリンクします。

帰宅の途上、見上げると明るい空に月が浮かんでいます。
※これ以降の写真はクリックで拡大します。 Cimg6781
コンデジのズームで頑張って寄せた写真をトリミングしたのがこちら。Cimg678218:30なので、「X」が見えるギリギリの時間でした。

「X」部分を拡大すると...Cimg6782_lこの20分くらい後に帰宅してから見ても、もう「X」はほとんど分からなくなってました。

明るい空に浮かぶ「月面X」に遭遇するのは初めてなので楽しみにしていたのですが、平日は厳しいですね。
次のチャンスはいつ来ることやら。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

南極観測60年

昨日の「水玉おしごと展」の帰り、水道橋から中央線で東京駅へ回り、東京国際フォーラムで開催されている「南極観測60年-定点観測者としての通信社-」という写真展も見てきました。(こちらのリンク先には、写真展で展示された全ての写真と説明が掲載されています。会期は3月16日までなので、興味はあるけど間に合わない方はネットで見てください。)Cimg5675情報源はこちら。そう、「よりもい」こと、アニメ「宇宙よりも遠い場所」に釣られました。\(^o^)/Cimg5673南極観測の大変さはアニメ作中でも語られていますが、現実の姿を60年の記録として詳細に見ることで、より実感できます。動機はともあれ、見に行って良かったです。Cimg5670
立川防災航空祭で立川駐屯地に行ったとき、駅からの道すがら南極・北極科学館というがあることに気が付いて、それからずっと気になっていました。アニメに登場したので今頃は聖地巡礼で賑わっているかもしれませんが、今度はこちらにも行ってみたくなりました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧