« パイシュー(ヨーグルトクリーム&ホイップ)川場のむヨーグルト | トップページ | お正月用の渋皮煮 »

2023年10月14日 (土)

渋皮煮のシロップ活用

1回目に作った渋皮煮が食べ終わりました。
たっぷり浸かっていたシロップを試しになめてみたら、栗の風味とほんのりとした甘さがあり、捨てるには惜しい。何かに使えないかとググってみました。
考えることは皆さん同じようで、クックパッドには渋皮煮シロップのレシピもたくさんあります。
Img_2215
大さじ1杯ずつ使っても使い切れないし、あまり凝ったことをするのも面倒だったので、簡単で一気に消費できるゼリーを作ってみました。
シロップは約250ccでしたが、ゼラチンの量に合わせて水で300ccに増やします。薄まった分、砂糖を加えて甘さを補充。渋皮のカスを濾して冷やして完成。
Img_2217
食べてみると、加えた砂糖が多かったのか、ちょっと甘め。そして、水で薄めた分か、栗の風味もシロップをなめたときより弱い。
ゼラチンの量に合わせて水増しするんじゃなく、シロップの量に合わせてゼラチンを減らした方が良かったです。

シロップレシピを探していたら、渋皮煮を冷凍して保存する方法を見つけました。
今の季節に渋皮煮を量産して、おせち料理の1品に加えて見たいと思います。

(byぶらっと)

 

|

« パイシュー(ヨーグルトクリーム&ホイップ)川場のむヨーグルト | トップページ | お正月用の渋皮煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイシュー(ヨーグルトクリーム&ホイップ)川場のむヨーグルト | トップページ | お正月用の渋皮煮 »