« 自然と人のダイアローグ展 | トップページ | 台湾を知るためのブックガイド »

2022年9月 6日 (火)

運慶 鎌倉幕府と三浦一族展

この週末、横須賀美術館に『運慶 鎌倉幕府と三浦一族展』を見に行ってきました。場所的に行きにくいから混んでないだろうと思ったのが大間違い。( ̄口 ̄∥) 外まで続く行列でした。大河ドラマ効果を甘く見ていた。orz
Cimg0414
海に面した美術館はとても開放的で、並ぶのも苦ではなかったのが救い。40~50分くらいで入れました。
確かに仏像や書などが三浦義村(山本耕史)・和田義盛(和田栄司)との関係を示していると、大河のイメージと連動して興味深く見ることが出来ます。
Cimg0413
一番見たかった三浦義明坐像が7/31までの展示で、とっくにお戻りだったのがショックでした。
展示数は多くありませんが、地方都市の美術館で運慶作や運慶工房作の仏像がこれほど揃うのは凄いと思いました。また、運慶の仏像を参考にした後生の仏像なども、比較してみることが出来ました。
Cimg0379_20220906192001
大河効果で三浦一族の歴史的な資料も面白く見ることが出来ました。「ちょっと横須賀は遠いなぁ~」と思っていましたが、頑張って来て良かったです。
この展覧会は巡回で10月から金沢文庫で開催されます。
「そっちは実家の近くじゃないか!もう一度行くか!」って話になってます。(笑) そちらでは鎌倉幕府に重点を置いた展示になるそうです。(^v^)

(byふらっと)

|

« 自然と人のダイアローグ展 | トップページ | 台湾を知るためのブックガイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然と人のダイアローグ展 | トップページ | 台湾を知るためのブックガイド »