« マンゴーの植え付け | トップページ | テンペ »

2022年8月17日 (水)

映画「ひまわり」

一昨日のNHK「おはよう日本」のウクライナのニュース映像で一面のひまわり畑が映されていました。
Nhk20220815_02
※画像は「NHK+」の見逃し配信より
2月24日にロシアがウクライナに侵攻した直後くらいにも、ウクライナのひまわり畑がニュースで取り上げられました。そのニュースで一番に思い出したのが、高校生の頃に観た「ひまわり」という映画でした。

地平線まで続く一面のひまわり畑の映像が印象的な作品でした。戦争で消息を絶った夫をイタリアからソ連まで行って探し出したら、記憶を失っている間に現地で結婚して子供もできていたという、なんとも救いのないお話しだった記憶です。
気になったのでググってみると、ひまわり畑のロケ地はやはりウクライナだったそうです。

そうなると改めて観たくなります。
DVDでも買おうかと思ったら、2020年にHDレストア版が上映されたとか。

でも、そのレストア版のDVDはまだ販売されていません。どうせDVD/Blu-rayを買うならレストア版が欲しいところ。
2022年3月~6月にはウクライナ侵攻を受けていくつかの劇場で緊急上映したらしいですが、そちらも終わってる。
あとはBSプレミアムのBSシネマ頼みと待っていたら、8月11日に放映してくれました。
Cimg0186
※こちらの画像は「ひまわり」のタイトルシーンです。
数十年ぶりに観た「ひまわり」は、やはり戦争の犠牲になる人々の悲しいお話で、やるせない内容でした。またヘンリー・マンシーニの音楽が悲しさを倍増させています。
そんな中でも一面に咲き誇るひまわりの映像は綺麗だと感じます。それと同時に、敗走するうちに人々が死んでいった雪原はこの場所だったのか?と連想させる寂しさもあります。
Nhk20220815_03
冒頭のニュースでは、今回のロシア侵攻により夫が行方不明になった方が取り上げられていました。
Nhk20220815_01
あれから70年以上経ったのに、同じようなことの繰り返しです。ロシアのウクライナ侵攻や北方領土の占拠、中国の台湾に対する圧力や日本のEEZへのミサイル打ち込みなど、「武力による現状変更」は人間の歴史が続く限りなくならないのでしょうか。むなしいことです。
Nhk20220815_04
1日も早くこの戦争が終わり、ロシア侵攻前の平和な世界が戻ることを祈って止みません。

(byぶらっと)

|

« マンゴーの植え付け | トップページ | テンペ »

コメント

ご紹介されている映画、観たような観てないような。何れにせよ、シンドそうな話し、辛くなりそうなので、とても観れそうにありません。でも、それが戦争の本質なのでしょうね。仰る通り、世界の平和を祈らずにはいられません。

投稿: 五条銀吾 | 2022年8月19日 (金) 23時58分

>五条銀吾さん
直接戦闘で亡くなるだけでなく、生き残っても引き裂かれる家族の悲哀など、戦争の理不尽さを考えるには良い作品だと思います。
が、世界中で現実の戦争を目の当たりにしている現在、これ以上悲しい気持ちを味わう必要もないかとも思います。
ウクライナの戦争が終わり、平和が訪れたときに「これで終わりじゃない」と感じるために観るのもありかもしれません。

投稿: ぶらっと | 2022年8月23日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンゴーの植え付け | トップページ | テンペ »