« パスタはbarillaがお気に入り | トップページ | シュトーレン2021-その1- »

2021年12月22日 (水)

パティスリーオランジュ再び

CT検査の帰りに寄ったパティスリーオランジュさん。結果を聞きに行きがてら、さっそくリピートしました。
シュトーレンも買い込んじゃったので、今回はガマンして2つだけ。
Img_5735
“頂(いただき)”というネーミングのモンブランと、今年のクリスマスケーキの一人サイズ“アローム”。
モンブランは名前の通りそびえ立つ感じ。土台がスポンジじゃなくてメレンゲなので、堅くてちょっと食べにくい。けど、美味しかったです。
よく説明を見ずに買った“アローム”はマロンムースで、マロン被りになっちゃいました。でも、モンブランとは違った滑らかな口当たりと、お店の売り(?)オレンジジュレの酸味の相性がとても良く、マロン被りも気になりません。
平日の14時過ぎという時間でしたが、駅からお店までの道でお店の紙袋を持った人とすれ違ったり、お店にも3組ほど客さんがいたり、人気の高さを再認識しました。これからも機会があれば途中下車して、駅から10分ちょっと歩いてでも買いに行きたいお店です。

肝心のCTの結果は微妙。3カ月でまったく変化がなく、数年前の炎症の跡ではないかと。タンでも出れば細菌の検査もできるけど、空咳ではそれも無理。気管に管を入れて肺の奥から検体を取って検査するほどではなく、来年の検診で経過観察となりました。

(byぶらっと)

|

« パスタはbarillaがお気に入り | トップページ | シュトーレン2021-その1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パスタはbarillaがお気に入り | トップページ | シュトーレン2021-その1- »