« パティスリーオランジュ再び | トップページ | 描く人 谷口ジロー展 »

2021年12月23日 (木)

シュトーレン2021-その1-

 熟成させていたシュトーレンを食べていきますよー。(^Q^)
まずは『ベーカリープラート』から。
Cimg9603
丸形からの予想通りマジパンは入っていません。堅めのパン生地にナッツやオレンジピール・レーズンなどのドライフルーツが豊富です。ピスタチオが入っているのは珍しいです。熟成させてもしっとり感は増えませんでした。
あまり個性を感じさせない極普通のシュトーレンでした。

こちらは『PINO』です。
Cimg9614
やっぱりマジパンが入ってなかったのは残念。ドライフルーツの種類は少ないですが、レーズンが美味しかったです。パン生地もわたし好み。

この2つはどちらも似た感じでした。しっかり焼かれた生地はパサつきさえ感じますが、もともとそういったお菓子なので正統派とも言えます。ちょっと焼いてバターを塗るといいかもしれない。
私的マイナス点は、マジパンがないこととドライフルーツの洋酒漬け感が少ないこと。日が経つにつれて味が変化していくのが楽しいんだけど、これだとずっと同じ味です。(^^;
パン生地は好みの問題で、私は『PINO』に軍配ですが、旦那さまは『ベーカリープラート』の方でした。

(byふらっと)

|

« パティスリーオランジュ再び | トップページ | 描く人 谷口ジロー展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パティスリーオランジュ再び | トップページ | 描く人 谷口ジロー展 »