« 宮ノ下 ランチ&カフェ | トップページ | ザクロの植え替え »

2021年3月30日 (火)

グラインダー比較

箱根でちょっとくだらないことやってきました。(笑)
宿泊した温泉宿の部屋にミニキッチンが付いていました。コーヒーは豆が置いてあり、グラインダーとドリッパーもあります。それを見て我が家の“1Z PRESSO Q2”との比較を思いつきました。(おいおい)
もともと“1Z PRESSO Q2”は、小型で持ち運び出来るタイプ。キャンプなんかで使うのが紹介されています。付属品に携帯用の袋もある。車の旅行は荷物に見境が無くなるね。(笑)
Cimg9993
部屋にあったのはカリタくんです。子どもの頃、我が家(兄)が使っていました。懐かしいです。(^v^) 豆は密閉された袋に5~6杯分くらい入っていました。
Cimg9997
それぞれ一人分の豆を挽きました。グラインダーの手応えは、カリタくんは豆を挽く(潰れる)感触で、“1Z~”の方は刃が切る感じですかね。挽き終わった豆の荒さは、カリタくんより“1Z~”の方が粒子が揃っていました。この辺は買う時にあった説明通りかな。
Cimg9999
そしてドリップ終了。飲んでみた感想は...。
“1Z~”の方がスッキリした味わいで雑味がありませんでした。
が、しかし...こうして比較しても大きな違いはわかりませんよ。(笑) 飲み比べてみればその差異に気がつきますが、普通に飲んでもどっちも美味しかったわ。(^^; そりゃ~不味くなるわけないよ。挽き立てのコーヒーだもん。
挽くことの差より、水の方が味の違いが出るかも。この時はサービスで付いていたペット水を使いました。どちらも美味しく感じたのは、水が良かったからじゃないかと。後は屋外(自分ちの外という意味)効果だったりして。(^^;

時間を掛けてやった実験の割に、明確な差が出なくて残念。
結論『挽き立てのコーヒーは美味い』。(笑)

(byふらっと)

|

« 宮ノ下 ランチ&カフェ | トップページ | ザクロの植え替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮ノ下 ランチ&カフェ | トップページ | ザクロの植え替え »