« リンガーハットでお持ち帰り | トップページ | 芝の根切り »

2020年5月 9日 (土)

金継の修理

ツバカッター・マグの修理をしました。
Cimg5576
内側の金をすべてはがし、ヒビに沿ってダイヤモンドヤスリで表面を荒らしました。そこに弁柄漆を塗って金を蒔き直し。
ヤスリが滑って細かい傷をいっぱいつけてしまい、そこに入り込んだ漆がちょっと汚いです。(><)

使い始めてすぐに金継ぎした場所が浮いてしまった小鉢と、その後少しだけ浮いてしまったスヌーピーマグも一緒に修理。
Cimg5575
どちらも傷は浅いので、荒れた部分を削り取って錆漆で補修。
Cimg5577
乾燥・硬化したら、それぞれ弁柄漆と黒漆を塗ります。ここで補修部分と器に隙間があって水が浸みている疑いがあるので、今回は少し広めに塗っておきます。再び乾燥・硬化したら、金と銀を蒔いて補修完了。
銀粉固めに使った上ずり漆が、ちょっともたついたらだいぶ茶色くなってしまいました。
Cimg5574 
いろいろ失敗しつつも、とりあえず修理完了。今度は剥がれないと良いのですが。

(byぶらっと)

|

« リンガーハットでお持ち帰り | トップページ | 芝の根切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンガーハットでお持ち帰り | トップページ | 芝の根切り »