« 三原順 カラー原画展 | トップページ | ベノアのスコーン »

2019年8月 5日 (月)

映画「天気の子」

ワンフェス準備に押されて先送りになっていましたが、やっと「天気の子」を観に行ってきました。どこでネタバレを目にしてしまうか、ヒヤヒヤものでしたよ。
...と書いてしまったからには、感想もネタバレを避けないといけません。そうはいっても全く触れないのも難しいですが。
Cimg3015
まだ封切りから2週間あまりのせいか、「君の名は。」の口コミに比べると少々勢いに欠ける気がします。が、新海監督の新作とあってコラボも多いですし、興行的にも順調なスタートダッシュを決めているそうです。

感想も、どうしても「君の名は。」と比べてしまいます。あちらはタイムリープものの複雑な面白さがありましたが、こちらはもっと純粋なエンターテインメントと感じました。不思議な現象は不思議なまま謎解きなどせず、ストレートに楽しむ作品でした。
ただ、大人の狡さを表現するためにリアルな犯罪が描かれている部分だけは、観ていてハラハラしました。その点だけが好みじゃなかったかな。
Cimg3016
「君の名は。」には前作「言の葉の庭」の登場人物がゲスト出演していましたが、「天気の子」にも「君の名は。」のキャラが多数登場していました。っていうか、エンドロールを見て「出てたの!?」っていうキャラもいたので、もう一度ゆっくり見直したいです。

一部の劇場では、最初の1週間だけ「そばへ」という短編作品が上映されていたそうです。YouTubeでも見られるのですが、せっかくなら劇場の大スクリーンで観たかったなぁ。

(byぶらっと)

|

« 三原順 カラー原画展 | トップページ | ベノアのスコーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三原順 カラー原画展 | トップページ | ベノアのスコーン »