« 海の見える そごう屋上ビアガーデン | トップページ | 「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」読了 »

2019年5月22日 (水)

スーパーワイドモンキーレンチ

先日、購入以来初めてボトムブラケット(BB)のグリスアップを行った折りたたみ自転車ですが、実は他にもグリスアップしたことがない部分があります。
そのうちの1箇所がヘッドパーツ。

私の持っていたユーラシア用のヘッドレンチは、数ミリ小さくてこの自転車に合いませんでした。
レンチを買うところからというのが面倒で、ついつい放置していました。
Cimg2450
しかし、BBをグリスアップしたら調子がすこぶる良くなったので、こちらもなんとかしようと38mmまで広がるスーパーワイドモンキーレンチなるものを購入しました。
これでフロントフォークを抜くことができて、ヘッドパーツのベアリングもグリスアップが可能となります。
回転部分と違って、それほどシビアじゃないですけどね。
Cimg2442  
BBの時に古いグリスを取り除くのが大変だったので、パーツクリーナーも導入してみました。
Cimg2446
堅くなったグリスが溶け出すので、擦らずとも軽くぬぐうだけで綺麗になるのは楽でした。
Cimg2448
で、グリスアップして組み立て。予想通り調子が良くなった実感はありませんが、グリスアップしていないという不安が払拭できたのは良かったです。
Cimg2449
残すはペダルです。
BBと一緒にバラそうと思ったのですが、樹脂(ポリ?)のキャップが変形するばかりで外れなくって。
消耗品としてキャップだけ買えるなら破壊覚悟で外すのですが、どうしたものでしょうね。
ここは、ダメになったらペダル交換かな?

(byぶらっと)

 

|

« 海の見える そごう屋上ビアガーデン | トップページ | 「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海の見える そごう屋上ビアガーデン | トップページ | 「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」読了 »