« オスプレイ | トップページ | 30年目の「10万人の宮崎勤」 »

2018年4月 6日 (金)

根付と懐中時計

和装に使いたいと思って冬のワンフェスで購入したアクアプラントさんのオオカミ根付。
ヤフオクでアンティークの懐中時計を入手したので、アジアンノットで紐を編んでみました。本当は正絹の紐を使うところなのでしょうが、お手軽にいつものナイロンコードです。Cimg6045根付けを通せる長さのループを確保して、つゆ結びを繰り返しただだけの簡単なものです。
印籠のようにブラブラさせると時計が傷だらけになりそうなので、紐は短めにしています。
二重になった帯の隙間に時計と余った紐を押し込んで、時計を見るときは根付を持って引っ張り出すスタイル。Cimg6065_2
難点は時計が全然正確でないこと。Σ( ̄ロ ̄lll)
動かないジャンクは避けたかったので「きちんと動いている」というものを選んだのですが、1分で10秒進むのは想定外でした。6分で1分、1時間なら10分、6時間も経つと丸1時間進みやがります。(><)動けば良いってもんじゃない!Cimg5762送料込みでも根付けより安かったから仕方ないですけどね。それでも銀無垢なので、同じくらいの価格でamazonさんで売っている「なんちゃってアンティーク」より見た目は格好良いし、おおざっぱな時間の目安くらいにはなりますから。ファッションアイテムとして割り切りましょう。

Img_1836先日のお花見で使ってみましたが、腕時計から解放されるのは気持ち良いです。根付を実用しているというのも、和装を楽しんでる実感が湧いてくるし。
ただ、ここから本物のアンティーク根付にハマらないように気をつけないと。\(^o^)/

(byぶらっと)

|

« オスプレイ | トップページ | 30年目の「10万人の宮崎勤」 »

コメント

1分で10秒狂う時計を持ってあるくってのはさすがに理解できませんな。見た目だけのアイテムばら動かなくても同じでは?

写真を見ると調整できそうに見えますが、試してみましたか?

投稿: がっちゃん | 2018年4月 9日 (月) 18時14分

>がっちゃん
着物で出かけると。細かい時間は気にならないんですよね。「そろそろお昼?」とか、日時計レベルの目安で良いくらい。さすがに動いてないんじゃ目安にもならないので意味ないですけど。(^^;)

緩急針では日差2時間はさすがにどうにもなりませんでした。ヒゲ持ちの調整までするとなるとタイムグラファーが必須になります。そのためにオーバーホールに出そうとすると基本料金2万円~!
数千円で落札した時計にそんなにかけるなら、そのお金でオーバーホール済みの日差数十秒のをもう一つ入手するかな。
...っていうほど懐中時計にこだわりもない結果が、いまのファッションアイテム扱いだったりします。

飽きたらまた腕時計に戻すかもしれません。

投稿: ぶらっと | 2018年4月 9日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根付と懐中時計:

« オスプレイ | トップページ | 30年目の「10万人の宮崎勤」 »