« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

運慶展

東京国立博物館の『運慶展』に行ってきました。Unkei_1開催したばかりなので、土曜日でもそれほど混んでいませんでした。これからテレビで紹介されたりすると、きっと激混みになるんじゃないかな。(^^;

お寺に納められている仏像を集めて展示すること自体難しいと思うのですが、それが運慶の作品を22体集めるというのですから、これはかなり貴重な展覧会かと。(゚m゚*)
そして普段なら正面からしか拝むことの出来ない彫像を、間近で!360°グルッと見て回れる!素晴らしい内容です。ヽ(´▽`)/ 距離が近すぎて、ドキドキした。((w´ω`w))

作品一つ一つの感想は書けませんが、やっぱり無著菩薩立像は素晴らしかった。((w´ω`w)) それに四天王立像のダイナミックさも良かったですね。
声優の檜山氏に似た矜羯羅(こんがら)童子立像に笑えたり、龍燈鬼立像のコミカルな表情に微笑んだり・・・。珍しい子犬の彫像も可愛かったな。

ほぼ全てが見どころ!みたいな内容でした。超オススメです。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

ステルス走行車

以前から当blogで問題提起している「自光式メーターが明るいからライトを点け忘れる」という夜間無灯火の件。「その程度の安全意識ができていないようでは車に乗る資格がない」という趣旨の意見もいただいたり、街灯の少ない地域の方には「点け忘れ」がイマイチ伝わらなかったりと、動画でもあれば説得力もあろうものをと思っていました。
とは言え、自分があまり車に乗らないので目撃するのは徒歩の時が多く、その瞬間の画像など撮れるわけもなく。orz

しかし、先日たまたま車で出かけた帰りに目の前に無灯火車がいて、決定的な動画がとれたので貼っておきます。

これは夜の22:20頃。(ドライブレコーダーの日時が合っていないのはいつものことです。)
完全な無灯火ですが、街灯の明かりで周囲が見えるため気がついていない様子。
教えてあげるにも適当な合図も思いつかなかったので、2度ほどパッシングしてみました。が、意図は伝わらず。「煽られた!」と思われたなら悲しいことです。
当該車両は無灯火などと露ほども思ってないので、堂々とした走りです。対してこちらは真っ暗な中にブレーキランプが煌々と灯ったりすると悲鳴を上げたりしています。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ 悲鳴や痛々しいBGMは聞き流していただきたく。
最後に右折していった先は少し暗いので、そこで気がつくかもしれませんね。

次の動画は少し古くて、昨冬のこと。左車線のバスの前の車両に注目です。
信号が青になってブレーキランプが消えた途端にステルス性を発揮します。\(^o^)/

残念なことに、無灯火で走っていたのはスバルのフォレスターでした。(´・ω・`)

あまり車に乗らない、しかも夜の走行はさらに少ない私でもこのくらい遭遇する無灯火。
YouTubeで「無灯火」を検索すると、結構な無灯火車両の動画が引っかかります。無灯火を考えるという、こんな動画もありました。

やっぱり多いんですね。
ホント、メーカー(特にスバル)さんは義務化を待たず、メルセデスのようなオフにできないオートライトの対応をしてほしいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

【縫ってみた-16-】スタイ・・・再び

お友達にお子さんが誕生したと言うことなので、お祝いにスタイを縫ってみました。実に4年ぶりです。(^^; あの時のWガーゼが余っていたので、それを使いつつ新しいのも加えました。
一番下の木馬の生地も可愛いのですが、サイズが足りず使えませんでした。orzBib_1

型紙はネットで調べてダウンロードしました。図書館でも探したのですが、イマイチ良い本が見つからず、なんていうかネットで十分というよりネットの方が全然良かったという結果です。

狙ったわけではないのですが、どっちも鳥さんです。(^o^)
この写真は拡大します。Bib_2モノが小さいのでカーブがキツイ!(><) もう縫い目は見られたモノじゃありません。(笑) こんなに小さいなんて赤ちゃんの首って細いんですね。(^^; サイズ感が不安でなりません。
この写真は拡大します。Bib_3そこで大きめのも作りました。「男の子なのにワンピース?Σ(゚д゚;」と、旦那さまに驚かれましたが違いますよ。これはエプロン付きのスタイです。決して「ワンピっぽくて可愛い。((w´ω`w))」とか思って作ったんじゃありませんよ。(;´▽`A``

どれもお世辞にも上手とは言い難いです。でもまぁ~台ふきとかに使えればそれで良いかなと思います。(笑)Bib_4・・・と言うことで、余った生地でホントにフキンを作っておきました。手とかオモチャとか拭けたら十分かと。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

「外資系オタク秘書 ハセガワノブコの華麗なる日常」読了

Hasenobuタイトルが長い! そして、タイトルだけでほぼ内容を語っちゃっています。

タイトルをちょっとだけ補足すると、ハセガワノブコさんは重度の腐女子。
中学生の頃に親の転勤でアメリカに連れて行かれ、アニメ誌等を日本から直送してもらう条件として学業に励んだ結果、エリート大学を卒業するまでに。
大学卒業後はアメリカでのエリートコースになど目もくれず、アニメとイベントのために日本で就職。会社での人付き合いよりプライベートでのアニメ・イベント・オタ友との付き合いを優先するという腐女子の鑑のよう。

話は面白いし、主人公の気持ちも非常に共感できるので、読んでいて引き込まれます。
文章も(たぶん)わざとオタクのマシンガントークのように書かれており、話題もいつの間にかすり替わっている始末。そんなだから、一つ一つ理解しながら読むというより、怒濤のごときしゃべりを聞いているうちに読み終わってたという印象です。オタク社会に特有のエピソードなどもなかなか面白かったです。

これを一般の人がどう感じるかはオタクな私には分かりませんが、オタクな人にはお薦めです。ただし、主人公が「俺の妹が~」の沙織バジーナ以上にエグゼクティブでセレブ人脈豊富な人なので、その浮き世離れした設定も抵抗なく楽しめる人限定ですよ。w

こちらも続編が出ているようです。これは読んでみたいかな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

BASE BAKERY

ベースベーカリーさんは、グルメ口コミサイトのRettyで見かけてからずっと行きたかった仙川にあるハード系のパン屋さん。自家培養野生酵母、自家製粉、オーガニックに拘ったパンを作っているようです。Cimg3829土・日・月の12:00~のみ営業という変則的な営業形態。しかも、月に一度は3日丸々お休みとか。月に9日くらいしか営業していないってこと!?Σ( ̄ロ ̄lll)

住宅街にあるお店は狭く、一組が入って対面で購入するだけでいっぱい。その間、次のお客さんは扉の外で待つスタイルです。
待たせているプレッシャーはあるものの、最後の1個を横からかっ攫われる心配なしにゆっくり選べます。そして、お店の方は気さくに話をしてくれるののも嬉しいです。

大きいパンはハーフサイズの対応もしてくれるので、ついつい買い過ぎちゃいました。Cimg3839左から「ローストチーズ」(ロースト雑穀とたっぷりチーズを練り込んだカンパーニュ)、「カシューとカレンズ」(タップリのラズベリー、ローストカシューナッツ、カレンズを練り込んだバゲット生地のパン)、「フォルコンブロート」(オーガニック全粒粉100%の食事パン)、すべてハーフサイズです。
パンがとにかく美味しい! パンの生地も美味しいし、チーズやナッツなどが入っているパンは「これでもか!」っていうくらい贅沢に入っています。

Cimg3841左から「ノア・ショコラ・オランジュ」(オランダのココアを練り込んだ生地にチョコチップ、クルミ、オレンジ、レモン、クランベリーを“限界量入れた”という菓子パン)、「Bioゴマとレーズン」、「十勝大納言」、「チーズとオリーブバゲ」(グリーンオーブとチーズのバゲット)、「Baseバゲット」です。(バゲットはハーフサイズ)

いつもならパンの名前もあやふやなのに今回はなぜこんなに詳しいかというと、「パンの名前が分からなくなるから写真撮って良いですか?」と訊いたら快諾してくれたから。こんな事が訊きやすい雰囲気も、店主さんの人柄かと。

お昼だけでは食べきれず、夜はワインと共に。Cimg3846モロッコに行ったときに買ってきたまま冷蔵庫で眠っていたワインを開けました。味が落ちていなくて良かったです。
グリーンオリーブとチーズのバゲットはワインにピッタリ。美味しいパンと美味しいワインの組み合わせは最高です。

ちょっと遠くて行きにくいのが難点ですが、近所の美味しいパン屋さんと甲乙付けがたい美味しさは、これからも通いたいお店です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

【続】つくってみる~「はるかめ」「ふゆかめ」~

前回塗装した後、ワンフェス準備のために製作を中断し、そのままずいぶんと放置してしまいました。
正直、すっかり忘れていた(^^;)のですが、やっと思い出してアクセサリーに仕立ました。

キットにはヒートンとストラップ紐が付いていましたが、今回は使用しません。仮組の時、ベース部分に2.5mmの貫通穴を開けておいたので、ここにアジアンノットを通して着物の帯飾りにしようという思いつきです。
※本日の写真はすべてクリックで拡大します。Cimg3760帯飾り用のプレートは色々あるようですが、Creemaのサイトで見つけたなかでも長めで安定しそうな“びわだや”さんのものを購入しました。

Cimg3763「ふゆかめ」は、ずいぶん前に玉房結びの練習をしたものの使い道がなく放置していた“作りかけ”を流用。末端をチェコビーズで飾ってお手軽に完成です。
玉房結び自体は結構面倒な結び方で、到底お手軽等というものではなく、えらく大変だったような記憶がありますが。

Cimg3765「はるかめ」はベースが桜の花なので、花っぽい結びは避けるようにとの“ふらっと”のリクエスト。桜が映える紫をベースに、シンプルなあわじ玉をカラフルに配してみました。
桜の上下には玉結びと几帳結びで装飾していますが、こちらの結びは簡単なものばかりです。

季節感を無視して実際に着物に付けるとこんな感じになります。
Cimg3803 Cimg3806
せっかく完成したのですが、季節的にしばらく使えないのは残念。冬になったら先に「ふゆかめ」にデビューしてもらいましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

着付け色々~山種美術館~

久しぶりにまともに着物を着ました。3.5カ月ぶりくらいに・・・。
ヘタになってる・・・明らかにへたくそに戻ってる。orz いやもうホント、自分にがっかりだよ。(;´Д⊂17_9_kimono_1これはやはり着付け教室を再開せねば。( ̄Д ̄;; 夏の間は暑いし、着物を持ってないし、WFだしでお休みしてましたが、そろそろ訓練の続きをしましょう。

今回初めて袖を通す単衣の着物です。写真で見るよりずっと暗い深緑で型染めの柄です。型染めが裏まで染まっているので、裾が翻った時に、表と裏で色違いの柄物に見えます・・・とご満悦ですが、帯選びに悩んでいます。(--; 今回は無難に合わせましたが。17_9_kimono_2帯は鳥が気に入って買いました。ススキや赤い花の蔓草など、今の季節に丁度いい・・・けど、初夏には使えませんよねぇ。(^^;
三分紐の帯締めと帯留めも初めてです。帯留めの沼にハマりたくないのですが、これは楽しい・・・。(゚ー゚;17_9_kimono_3絽の帯揚げを一枚しか持っていないので仕方ないのですが、帯揚げの色がガッカリでした。orz オシャレ感ゼロですね。(^^; 夏物の着物の揃え方は、もう一度よく考えた方がいいようです。

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

企画展 上村松園

山種美術館には速水御舟、横山大観、酒井抱一など、一度は見たいと思う作品が所蔵されています。しかし、そのうち行こうと思いつつ、なんとなく後回しになってました。(^o^;
今回は同館が所蔵する上村松園の作品18点全てが見られると言うことで、ワクドキで行ってきました。(笑) まぁ企画展のおかげで、前出の方々の作品は見られませんけど。f(^^;Uemura_1さて、こちらでは企画展“上村松園-美人画の精華-”が10/22まで開催です。何ヶ月経ったか忘れるくらい久しぶりに着物を着て行きましたョ。f(^^;Uemura_2山種美術館はJAF会員だと100円割引というのがありまして、「ちょっとお安く入れるかもかも~♪」とチケット売り場に行くと「着物でご来館の方は200円割引です。(^v^)」と笑顔で言われました。∑(゚∇゚|||) あらっ、がんばって着てきた甲斐がありましたね。(笑)

洋画好みの自分にしては珍しいと思うのですが、上村松園の美人画はとても好きです。清楚で品があって美しい・・・。理想だけで現実味がないようで、まなざしを見ていると力を感じるというか、急に存在感が迫ってくるような。人物からその情景が見えてくるようです。
この〈砧〉のみ撮影可能でした。Uemura_318点もの作品を一気に見られるなんて、凄く得した気分。o(*^▽^*)o
松園以外の美人画も展示されていますが、なんか・・・もう・・・松園だけでイッパイイッパイでした。そうそうたる画家の作品とは分かっているのですが・・・。f(^^;

絵を鑑賞した後は、『cafe 椿』で一休み。企画展に合わせた和菓子をいただきました。Uemura_4こちらは松園の作品『初ほたる』をイメージして、団扇と簾と蛍の光です。柚餡がすっきり爽やかでした。Uemura_5もう一つが小林古径の『清姫(寝所)』から清姫です。若々しい桃色の十二単が可愛いです。杏の入った餡が程よい酸味で美味しかったです。他にもあるので、行かれたら是非。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

ハズキルーペ

レザークラフトを始めるにあたり、まず突き当たった壁が老眼!
普通なら木槌でカンカンと叩く音だったり、道具を揃える費用的な負担だったりしそうなものですけどね。

自分は極度の近眼なので、眼鏡を外せば近くの細かいものも普通に見えます。だから、手元で模型の作業をする分には、老眼鏡も拡大鏡もなしで困っていませんでした。
が、机上で作業するレザークラフトは、目を近づけると木槌が振れない。といって離れると眼鏡を掛けても対象が小さくて見えない。(><)
そんな訳で、ついに拡大鏡のお世話になることに...Cimg3655机上でいろいろなツールを持ち替えるので、タミヤのヘッドルーペとかではなく、ちょっとお高いですが視野の広いhazukiルーペを選択。型落ちならamazonで値引きされていますが、最新モデルをyodobasi.comさんの10%ポイント還元で購入しました。
細かい部分もしっかり見えるように1.6倍にしましたが、少し離れたところに置いたテキストも見るなら1.32倍でも良かったかもしれません。追々テキストなしで作れるようになるまで、しばらくは辛抱しないといけませんね。

メガネ on ルーペなので、遠くを見るときはルーペだけ外す際、ついメガネも一緒に取ってしまいます。これは慣れるしかなさそうですが、もっと早く始めれば良かったと後悔してしまう瞬間です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

レザークラフト修行中②

前回の続きから。と言っても、残っている工程はあとわずかです。

「ストップ」で表現した葉の付け根の下に、V字型の「ミュールフット」で装飾を付加します。Cimg3588
そして再び「スーベルカッター」の出番。仕上げのデコレーションカットを施して完成です。Cimg3590今回は15分もかからず終了。慣れればトータルで2時間弱ってところですかね。

なんとか形になりましたが、師匠(母親)の作品と比べると稚拙さに悲しくなる。(;_;)Cimg3591一度やってみて、確認したいことや疑問に思ったことなどできたので、その辺を訊きに実家に行ってきました。
同じものをもう1つ作りながら手順やコツを確認。ブランクが長すぎて「あまり手順を覚えていない」という頼りない師匠ですが、「ちょっとやってみせて」と言うと徐々に思い出したよう。そして「忘れた」などと言いつつ上手いからムカツク。(^^;)

師匠は「いつまでも練習じゃなくて、財布でも名刺入れでも形になるものを作ってみれば?」と言いますが、「こんな稚拙なカービングがされた財布を使いたい?」と問い返したら沈黙されました。\(^o^)/

稚拙に見える一番の理由は、スタンプの力が弱いことだそうです。おっかなびっくりなので彫りが浅くて立体感に欠けてしまうとのこと。
テキストには「強すぎると皮が切れる」と書いてありましたが、ビビリな私の場合は切れても良いくらいの勢いでやらないとダメみたい。
違う模様で思いっきり良くスタンプする練習をしたら、次は財布でも作ってみようかな。

これから大変なのは、今回はテキストにスタンプツールや飾りカットの手順と見本がありましたが、母親から引き継いだ図案にはそんなものはないこと。その辺は自分で考えてやらなきゃいけないみたい。これはセンスを磨く必要もありですね。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

「火花」読了

Hibana言わずと知れた、一昨年の芥川賞を受賞した作品です。

作者の又吉直樹氏はお笑い芸人さん。(ですよね?) アニメとニュースしかテレビを見ない私でも、流石に名前くらいは知っています。(どんなネタをやるのか、どんな番組に出ているのか等はまったく知りませんけど。)
いつもの“ふらっと”の友人が貸してくれたそうです。どういう意図かは聞いていませんが、たまにはまともな文学作品でも読めってことかな。

文庫版で追加されたエッセイを読むと、又吉氏は相当な読書家だというのが分かります。そんな氏が書いて芥川賞を取るだけあって、とにかく文章が綺麗という印象でした。
普段は日本語の言い回しが怪しかったりするのが当たり前なラノベばかり読んでいるので、きちんとした日本語の文章を読む快適さというのを改めて実感しました。

内容は...正直なところ読んでいる間は何が面白いのかまったく分かりませんでした。(^^;)
若手お笑い芸人が、売れない時代から少しずつテレビなどで知名度が上がるまでのお話。強烈な個性の先輩芸人を通して常に自分を見直す...的なお話なんです。
書き出しの一文から私小説風の内容まで、正に芥川龍之介が活躍した時代の純文学。お笑い芸人の葛藤などが描かれていて興味深くはありますが、映画化するほど面白いのかとなると、すっかりラノベ脳になっている私には理解できませんでした。

ただ、読後にじんわりと人それぞれな人生のあり方について考えさせられました。そういう影響力はあるようです。
綺麗な文章で読んでいて気持ちよかったのは確かなので、たまには純文学も良いですね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

彼岸花が絶滅の危機!

ご近所を散策していると、あちこちで彼岸花が満開になっていました。
※本日の写真は全てクリックで拡大します。Cimg3674紅白が咲き乱れて綺麗ですね。今年は涼しくなるのが早かった所為か、お彼岸前に満開になっているようです。

ところが、我が家の彼岸花は絶滅の危機です。赤い花が4本しか咲きませんでした。クリーム色も絶滅!?Cimg37764本目は既に花が終わったので切ってしまいました。
っていうか、このショボイのは何?Σ(゚д゚;)Cimg3779
昨年は分球して土から出てしまった球根を広いところに植え替えたりして手当てしたので、今年は今までより増える予定だったのに...。orz
Cimg3775 Cimg3777

ご近所にある、こんな風になる予定だったのですよ。Cimg3736おかしいなぁ。よそも大して手を掛けているようには見えないんだけど、何が違うんだろう?

毎年ゴミ置き場でボロボロの発泡スチロールのプランターで咲いている彼岸花でさえ、こんなに元気なのに。Cimg3675半日陰で良いとは言っても、やはりモッコウバラの影で日照が足りないんだろうか。
花が咲かないながらも、葉が出れば来年に向けて立て直しようもありますが、このまま絶滅しちゃったら寂しいなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

はっぴばぁすでぃ

お昼にカップヌードルを食べようとしたら、パッケージに今日の日付が!?∑(=゚ω゚=;)
たまたまですが、今日はカップヌードル発売46周年の日だそうです。20170918

※画像クリックで元ツイートへリンクします。

ググってみたら、これは46周年記念のパッケージで、カップ部分は「はっぴばぁすでぃ」に掛けた「法被」の柄だそうです。Cimg3756※画像クリックで拡大表示します。
シーフードヌードルに描かれている家紋は波と蛸だと分かるのですが、カレーヌードルの方は不明。段ボールのリサイクルマークかと思いましたが、ちょっと違った。(^^;) もしかして謎肉?
パッケージだけで、味は通常パッケージとまったく同じでした。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

臨時『刀剣乱舞』記録(20)

旅行中にイベントが2つスタートしていて、一つは12日で終わった期間限定鍛刀です。まぁ~鍛刀は運なので、あまり期待していませんでしたが短刀だったからかポロリと来ました。Kenshin_kagemitu長船派の短刀、謙信景光くんです。上杉謙信が身近に置いたことからこの名前が付けられたとか。お目々パッチリで可愛いね。cvが代永翼さんなので、文アルの宮沢賢治と印象がダブってます。両方のゲームをするのはよくないね。(笑)

もう一つが戦力拡充計画です。
こちらはE-4で亀甲貞宗がドロップします。7-3のボスに勝つと希にドロップするのですが、なにせ周回し難い戦場なので諦めていました。Kikkou_sadamuneイベントマップは周回しやすいので、ボチボチ出撃していたら来てくれました。徳川将軍家に伝わる刀というのですから、育ちがよろしいようで。
まだ戦闘に出していないのですが、遠征に出してみたらものすごい勢いで帰ってきたので、面白子だなぁ~という印象。そろそろ戦闘にも出してみたいなぁ。

イベント報酬的にはこれで終了。任務を最後まで完遂するか・・・もうやめるかって感じです。まぁ、レベリングに出撃していてもいいんですけどね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

八王子の空にブルーインパルス!

八王子市の市制100周年の一環で開催される「全国都市緑化はちおうじフェア」の開会セレモニーでブルーインパルスの飛行展示があると聞き、見に行ってきました。
結婚して13年は八王子市で暮らしていたので縁が無いわけでなし。今住んでいるところも割と近いので、行きやすかったしね。Cimg3700台風接近で雨が心配されましたが、駅から歩く間に小雨があっただけで、飛行展示中は雨が上がったのは助かりました。曇り空で見栄えがイマイチだったのは残念ですが、贅沢は言えないです。

メイン会場の富士森公園に着いたら、公園内の野球場に誘導されました。外野スタンドの芝生席とバックネット裏の座席の好きなところに座って良いのですが、芝が雨で濡れていたしシートも持って行かなかったので必然的にバックネット裏へ。

バックネットは外してくれていたので、見るのに支障はありませんでした。ただ、コンデジで写真や動画を撮ろうとすると手前のワイヤーにピントがあってしまって難儀しました。(><)

市街地の、しかも頭の真上を飛ぶブルーインパルスは迫力満点でした。近すぎて写真もビデオもあまり上手く撮れないくらい。

どうせ上手く撮れないなら撮影は諦めて、生の飛行をもっとじっくり楽しめば良かったです。(^^;)Cimg3706
(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

台湾旅行【お土産】

旅行記もラスト!変わり映えのしないお土産で~す。(ノ∀`)・゚・。

右から2枚が高雄で買ったTシャツ。一枚はその日のうちに私のパジャマとして活躍しました。(^^; もう一枚は旦那さまに来年の花火大会で来ていただきたく・・・。(笑)Taiwan_64左は迪化街の老桂坊で買ったもの。このイラストが好きで、以前絵ハガキを買いました。それから見かけなかったのですが、ここで再会!∑(゚∇゚|||) バッグやTシャツもあって「GET!ヽ(´▽`)/」なのですが、バッグはもうイッパイイッパイなので買ってません。(笑)

霧峰林家で記念に買ったタオル。Taiwan_70水に入れて戻すタオルって久しぶりに買ったなぁ~。(笑) 中国の建物は窓格子の柄が本当に可愛いです。

台東で買った防水帆布バッグ。縦縞が東昌帆布行で、横縞が台東帆布行。異なるお店ですが、ご親戚のようです。(^v^)Taiwan_66ホント、もう一生行かないと思って沢山買ってきましたよ。(笑) キムワイプカラーは旦那さまにもウケました。(^o^)v

永楽市場で買った布。Taiwan_65よく考えると決して安くはないのだが、あのゴチャゴチャした店の間を歩き回って探すのが楽しいのですょ。f(^^;

左が松山空港で買った喔熊(Oh Bear)のクッキー。袋に絵が描いてあるだけじゃなく、クッキーに3種類の型押しがしてあります。ほろ苦いチョコの香りとサクッとした歯ごたえで美味しい。12枚入りで160元(約600円)なので、バラマキ土産にもぴったり。Taiwan_72右は台中の宮原眼科で購入。中秋節向けのクッキーです。月が満ちかけし、うさぎが餅つきしているのが可愛い。(^-^) 喔熊に比べればかなりお高い(900元=約3,350円)ですが、見合う容量と味でした。買ってよかった。(^-^)

お馴染みパイナップルケーキです。
微熱山丘では、蜂蜜カステラもGET!キティちゃんパイナップルケーキは、どこでも売ってる土産ものと侮っていたら前回買えなかったので、今度は友人に調べてもらってキッチリ買ってきました。( ̄ー ̄)Taiwan_63一之軒ではチョコレートパイナップルケーキを。これは年に3回の限定販売らしく、今回は中秋節だったので買えたようです。
それより手に入れるのが難しいと思っているのが、佳徳糕餅のメロンケーキ。ここはパイナップルケーキよりクランベリーとメロンが美味しい。でも、メロンは販売時期が短いのか滅多に会えません。今回は運がよかったな。o(*^▽^*)o ここでは月餅も買ってます。クルミ餡なので、甘い月餅だと思います。(^^;

飲み物系は左からパイナップルジュース、興華名茶の水出し烏龍茶、TEADAYの紅茶です。Taiwan_69パイナップルジュースは空港で買いましたが、多分コンビニとかでも買えると思います。ネクターなのでパイナップルの自然な甘さがよいです。もう少し酸味があったら尚可!(^^; こういうペットボトルで微熱山丘のパイナップルジュースを売って欲しいよ。今どきガラス瓶て・・・。orz
烏龍茶はお土産の定番ですが、台湾の紅茶はとても美味しいので好きです。ティーバッグは楽だし安いよ。(笑) TEADAYの日月潭荔枝紅茶は、ライチの香りが爽やかで徳にお勧め!

後は迪化街などで買った駄菓子系。
左のピーナッツは“黒金剛花生”というもの。1斤で160元だったかな。とても美味しいです。
その隣のピンクの紙が入ったおがくずみたいなのは、愛玉の元です。これで自分で作れるぞ!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙Taiwan_67他は茶梅と渦巻きクッキー。昔に比べれば買い方が大人しい。(^^;
クラッカー系もあります。どれも一個ずつの試し買いです。Taiwan_68瓶に入ったシナチクはまだ食べてないけど、どんな味か楽しみです。

そして最後は趙記山東饅頭で買った黒糖饅10個!Taiwan_71旦那さまが見た瞬間「バカなの?Σ(`0´*)」と驚いた代物です。(笑)
冷凍して一個ずつ楽しんで食べるんだよ-!o(`ω´*)o

台湾での仕入れも完璧!(おいおい)
彼の地に思いを馳せて、毎日少しずつ食べたいと思います。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

台湾旅行【台北】

旅のメインは終了したので、後は買い物と食べ歩きだけですョ。(^^;Taiwan_62
4日目は士林にあるサンドイッチのお店“豊盛號”からスタート!
これ以降の写真は全て拡大します。Taiwan_46朝7時前にホテルを出ました。毎日信じられないほど早起だ。(^^;
中で食べられると思ったら、テイクアウトのみだったのでホテルに戻ることに。凄く美味しい!具もパンも凄く!次もまた買いに行きたいと思います。(^Q^)

それから地下鉄に乗り、タクシーを使い、あちこちで茶梅だパイナップルケーキだと買い物三昧。両手一杯の荷物を持ってランチを予約していた“蓮香齋”へ。Taiwan_47_2こちらは素食(ベジタリアン)のビュッフェ式レストラン。
質素なイメージですが、行ってみると驚くほど豪華です。∑(=゚ω゚=;) これが全部肉っけなし?ちなみにデザートにはミルクの使用有り・なしの2種類が表示されています。Taiwan_48どれも美味しいしボリューム的にも満足。って言うか、種類が豊富で食べきれないのが悔しいほど。(笑)
そして店内には僧侶の方々が多くいらっしゃいました。なんだろう・・・間違ってはいないのだが、両手にお皿一杯の食べ物を乗せていたり、アイスを持っていたりすると、見てはいけないものを見てしまったような気になりました。(笑)

この後は一旦ホテルに戻り荷物を置いて迪化街でショッピング。
久しぶりに永楽市場で生地を漁り、近くの雑貨屋や乾物屋で買い物を楽しみました。

夕方にはそこから歩いて“佳興魚丸店”へ。Taiwan_49_22度目の再訪ですが、最初の時のことはもうよく覚えてません。(^^;
あっさりスープ。ふわっとしたはんぺん玉の中にはお肉が入ってます。もう一つは椎茸のつみれで、こっちはプリプリ~。美味しかったです。(^Q^)

かなり暗くなってきましたが、次はデザートのマンゴーかき氷。
“黑岩古早味黑砂糖剉冰錦州店”です。Taiwan_50店内は日本のガイドブックで紹介されているページが沢山貼られています。きっと日本人観光客がよく来るお店なのでしょう。
こちらのマンゴーかき氷は黒糖シロップと練乳がかかっています。マンゴーは氷の中にたっぷり入ってます。(笑) こちらも美味しいお店でした。

夕食は饒河街夜市です。Taiwan_51_2金曜の夜ということもあって、たくさんの人出でした。ここは一本道で歩きやすいけど、道幅が狭いよねぇ~。(><)

選んだのは葱油餅。こちらは屋台ではなく、夜市沿いのお店です。Taiwan_52葱の入った生地を薄く伸ばして焼き、キュウリ・ネギ・牛肉・卵を巻いてタレを塗ったものです。具と生地のバランスがよく、ボリューミーで美味しいぞ!

毎日暑かったのですが、この日は雨上がりとあって湿気が酷かった。そんな時にスイカジュースって生き返りますよ~。(;´▽`A``Taiwan_53甘さも程よく、そして身体が喜ぶひんやり感。暑い日の夜市はジュース片手に歩きましょう。(笑)


さて、最終日のスタートです。Taiwan_54西門の映画館には“打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか”が上映中でした。
看板にある<你的名字=君の名は>の文字が気になりますが、それとは別物だから。妙な期待を持たずに見て欲しい・・・。(-人-)

朝食は“天天利”で。いつも魯肉飯を食べちゃうのですが、今回は義父お勧めの麺を選びました。Taiwan_55スープあっさり、麺も美味しい。お肉たっぷり。うまうま♪

大好きな黒糖饅を買いに“趙記山東饅頭”へ。Taiwan_56やっと日本に持ち帰り用に買えました。。・゚゚・(≧▽≦)・゚゚・。

ホテルに戻って荷物を整えチェックアウト。飛行機の時間まで荷物を預けて、最後のランチに出かけました。台湾料理のビストロレストラン“参和院”です。Taiwan_59メニューが豊富ですが、ここには点心を目当てに来ました。ネタみたいな見た目ですが、味は本格的です。
“ハリネズミ形のチャーシュー揚げまん”や“うさぎ形のクルミ入りあんまん”は、まだ普通な方。(笑)Taiwan_60もう下の写真になってくると「アウトだろーこれ。(ノ∀`)・゚・。」ってものだらけです。でも、すごく可愛い。インスタ映え間違いなしですよ~。(笑) Taiwan_61本当にどれも美味しいのでお勧めです。“トトロのカスタードまん”だけはちょっと・・・中華のカスタードってイマイチなのよね。(^^;

結局“食レポ”みたいなblogになってます。f(^^; 後はお土産レポだけですが、それも変わり映えがしないと分かっているから辛い。(笑) いやいや、自分のための記録なので・・・。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

台湾旅行【台東・台北】

3日目はゆっくり、のんびり高雄をスタート!Taiwan_33
・・・と言ってますが、本当はそんな予定ではありませんでした。orz
高雄-台東間は、台鐵の自強か莒光(在来線の特急、急行みたいなもの)になります。本数も1時間に1本で台東まで3時間近く掛かります。Taiwan_44_2この日は台北まで戻らなければならいので、早朝の電車を予約するつもりでした。しかし、どれも満席で買えたのは9:35発。台東に12時とは・・・キビシイ。( ̄◆ ̄;)
これ以降の写真は全て拡大します。Taiwan_34台東での滞在時間をギリギリの2時間と考えて、往復のチケットを購入。窓口の係員さんは“行ってタッチして帰る!”みたいな買い方が信じられないらしく、「one day?Σ(`0´*)」と3回聞かれました。あぁ、自分たちって非常識だったんだ・・・と初めて理解した瞬間です。(笑)

さて、わざわざ台東まで何しに行くかというと、写真の防水帆布バッグを買うためです。(^^; 歴史ある老舗の手作りバッグで、ガイドブックなどにも紹介されています。しかし、とても行きにくい場所です。台東駅も遠いけど、そこからタクシーで10分くらいかかるのよ。(笑)
縦縞が東昌帆布行 横縞が台東帆布行になります。Taiwan_35この店のバッグ(茶と水色の縞限定)に魅せられた友人の希望で来ました。私は常軌を逸した買い物をする友を見るためにお付き合いした次第です。(笑)Taiwan_36とか言って、キムワイプカラー(緑と黄緑の縞)のバッグを見つけて、私もテンション上がりましたけど。(^^* 一部の人間にウケる配色です。(笑)
友は「もう一生来ないから」と言って、大きさの違う同じ色のバッグをありったけ買う勢いで買ってました。(^^; 「全部で1000元弱なんて安い!」とか言ってたけど、100元ちょっとのものをそれだけ買ってる方がおかしいって。(ノ∀`)・゚・。

電車の時間が気になりますが、ここでランチにしました。Taiwan_37こちらは台東で有名な麺のお店。米粉と小麦粉のブレンドだそうです。
昼時というのもあるけど、とっても混んでいました。柔らかい麺は口の中でとろけるようです。見た目ほど味は濃くありません。美味しかったなぁ~。(^Q^) ホントに遠いのが残念です。

さてさて、台東駅に戻りました。タクシーが拾えなくてドキドキしましたが、結果的には余裕でした。Taiwan_43電車に乗ってから買っていた切符が【台東-高雄】だった事に気がつきました。帰りは高雄に寄る必要はなく、(高鐵=新幹線)に接続している新左營まで行ってしまいたい。!(・oノ)ノ 丁度検札の人が来たので、車内で切符を買い替えました。(^v^)

台東から3時間かけて左營に戻ったのが17:20頃、17:55の新幹線で台北に戻るのが19:30。のんびりスタートのせいとは言え、まーまーでしょう。(^^;

新幹線の中で小腹を満たそうと、タピオカミルクティーに肉包と爆漿黒糖包を購入。友人と半分ずつに分けました。Taiwan_38爆漿の意味が分かりませんでしたが、割って理解できました。orz
中は黒糖汁です。ヾ(*゚A`)ノ おかげさまで私のズボンには黒糖のシミが出来ました。(´Д⊂ このファストフード店はよく見かけるので、購入した際は分け合わずに食べましょう。(´Д⊂

ホテルに戻り一息ついたところで夕食に出かけます。今夜は寧夏夜市に行きます。
最近流行なのかな?エリンギ焼きの屋台です。焼いたキノコに搾ったレモンと塩!当然美味しいです。Taiwan_39無心にエリンギを焼くおじさん。(^v^) ちょっと胡椒が強すぎたけど、さっぱり味で美味しかったです。

屋台定番の愛玉屋さん。Taiwan_40愛玉の量やレモンシロップの味の違いで、良い店を嗅ぎ分けましょう。(笑) ここは美味しかったですよ。

友人の好物サツマイモ団子。Taiwan_41サツマイモの練り物を揚げたスイーツ。う~ん、サツマイモは練った物よりそのままが好きかな。美味しかったけどね。(^q^*

そして寧夏夜市の目玉!フワフワのシフォンケーキです。Taiwan_42久しぶりに食べました。(^Q^) フワフワ~しっとり~。何も付けずにそのまま食べて生地の味を堪能する!幸せだぁ~♪

この日は殆ど電車の中って感じでしたね。でも鉄道旅って良いものですよね~・・・って途中、グーグー寝てたけど。f(^^;Taiwan_45友人が屏東の辺りで撮った車窓の風景。マンゴーのオブジェが見えます。マンゴーと言えば台南の玉井が有名ですが、この辺りも産地のようです。うちが毎年ネットで買うマンゴーの産地が屏東でしたし。なんだか親近感が湧きました。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

台湾旅行【台中・高雄】

2日目は台北駅からスタート!Taiwan_11
・・・と、その前にホテルの近くで朝食のお粥を購入。
これ以降の写真は全て拡大します。Taiwan_12台湾も最近はパン食が増えているそうです。具だくさんのお粥が気軽に食べられるのは羨ましいのにな・・・。(^^;

ホテルでのんびりして9時過ぎに新幹線で台中へ向かします。そして新幹線の中で早ランチしようと駅弁をGET。v(^o^)vTaiwan_13ところが駅に早く着きすぎて、予定より2つも前の新幹線に乗れちゃいました。早いに越したことはないが、まだお腹が空かない。f(^^; ・・・でも、食べちゃう。(笑)

(高鐵)台中駅のコインロッカーに荷物を預け、旅行案内所で教えてもらったバスで目的地に向かいます。
案内所の人は「20分で到着」と言ってたけど、霧峰(下車する停留所名)まで停留所が15個ある。Σ( ̄ロ ̄lll) おまけに駅を出てすぐに高速みたいな道をずっと走ってる。20分はないわ~。(笑)Taiwan_14何分かかるか分からず不安な気持ちもありましたが、とても親切な人が助けてくれました。
バスを待っている時少し話をした女性なのですが、「日本の奥さん2人が霧峰林家に行こうとしている」とご主人(日本語が出来る)に電話して「分からないことを質問しなさい」と携帯を手渡してくれました。
いきなりだったので質問が思い浮かばずスミマセン。f(^^;
それでおしまいかと思ったら、なんと霧峰で一緒に下車して霧峰林家まで案内してくれました。その女性の下りる停留所じゃなかったのに。∑(゚∇゚|||)Taiwan_31あれよあれよと案内され、入館の手伝いまでしてくれました。そしてきちんとお礼をする間もなく、その女性は帰られてしまいました。あぁ、せめてメアドとか聞ければよかったのに・・・。( ´・ω・`)

こちらが霧峰林家宮保第園區です。林家は台湾五大名家のひとつ。この周囲1㎞に中国福州式の建築群が残っています。Taiwan_21見学出来るのは“宮保第”と“大花廳”の2カ所のみ。自由見学は出来ず、ガイドによる案内のみです。時間も決まっています。
私たちは丁度11:00の回にギリギリ間に合いました。まったく奥さまのおかげです。これに間に合わなかったら次の13:00まで時間を持て余すところでした。( ̄◆ ̄;)Taiwan_23ガイドは中国語のみですが、少しだけ日本語でのガイドもしてくれます。マイナーな観光地と思っていたので、日本語の出来るスタッフがいることに驚きました。Taiwan_22“宮保第”の第1門から中に入ります。各部屋が中庭に面していて回廊で巡ることが出来ます。Taiwan_25第2門、第3門と奥へ続いていきます。それぞれ美しい装飾が施されています。Taiwan_24一番奥は日本で言う“大奥”に当たるそうです。そこで一旦休憩!お茶が出ました。(^v^)

次は“大花廳”の見学です。Taiwan_27ここは住居ではありません。賓客をもてなしたり、演劇などを鑑賞する場所です。Taiwan_28さすが名家!舞台も自前ですよ。(笑)
舞台の天井には牡丹の花が彫刻されてます。これが“大花廳”の名の元です。Taiwan_29舞台鑑賞用の2階席もあります。階段がある方は男性用です。向かいには階段が隠された女性用もあります。Taiwan_26見学が終わるとミュージアムショップに案内されて終了です。
買い物をしてからアイスを買って休憩しました。ちなみにこの春一枝のアイスはとても美味しいのでお勧めです。どこでも売っているので見つけたら是非!
Taiwan_30さて、ここで問題発生!
のんびり休憩していたら園も休憩に入り、門扉が閉じられてしまいました。自分たちがどこにいるかも分からず、そしてどこにも行けず~(°°;)))オロオロ(((;°°)~。
偶然通りかかった人にガイドさんを呼び出してもらい、出口まで案内してもらいました。なるほど、ガイドなしでは迷子が出てしまうというのを図らずも体験しました。(^^*

見学後はタクシーで(高鐵)台中駅に戻ります。バスは本数が少ないので、運良く来てくれないと時間の無駄です。
それから(台鐵)台中駅へ。3度目の再訪ですが、駅舎が新しくなっていました。途中の駅の数も増えてるし、台中はどんどん変わっていってるようです。Taiwan_15
駅から歩いて宮原眼科へ。2階のレストラン“酔月楼”でお食事を。Taiwan_32レストランの方は初めてです。ちょっと嬉しい。((w´ω`w))Taiwan_16写真左は割包(クーパオ)。角煮バーガーです。普通はバーガー1個なのに、ここでは自分で包む&5個!Σ(`0´*) そうと知っていれば友達とシェアしたのに。orz
隣は点心3種盛り。予想以上のボリュームでした。f(^^;Taiwan_17既に満腹・・・。orz でもデザートは外せない。(笑) アイス4種にトッピング5個。アイスは外で買うより種類が少なくなりますが、並ばずにテーブルでゆっくり食べられるのがいいです。
中秋節が近いので月餅がサービスされました。ヽ(´▽`)/ 甘いと思って最後に食べたら塩っぱいの。orz 匂いもダメ系なの。ゴメンナサイ・・・残しました。
日本で月餅は甘いものですが、こちらでは多種多様で甘くないのも多いのでした。忘れてました。(><)

お腹をパンパンにして、(高鐵)台中駅へ戻ります。コインロッカーから荷物を取り出し、新幹線で高雄を目指します。
高雄でホテルにチェックインしてから、六合観光夜市へ。Taiwan_18ここでまた問題発生!(^^; 台北のホテルに預けたスーツケースの中にパジャマを忘れてくるという痛恨のミス!(/□≦、)
仕方なく夜市でTシャツをGET。なんだこの余分な買い物は!でも楽しかった。(^^;

ここでは海鮮粥が超うまかった!(*≧m≦*) 今回イチオシです。Taiwan_19海鮮の出汁が効いていて、スープがメチャうま!ご飯もサラサラやで。これが台北で味わえないのが残念です。このために高雄には来られません。(^^;

野菜不足なのでトウモロコシを食べよう!・・・ってトウモロコシは穀物だよ。(笑)Taiwan_20黄色いのは日本でもよく見るので、まだらのヤツを選びました。なんだかもっちりした食感です。あまり味がないので、おばちゃんがまぶしてくれた塩味が程よく感じました。

2日目は観光のメイン。しかし、こう書いてみると殆ど食べてるように見えるのが口惜しい。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

台湾旅行【羽田・台北】

無事に4泊5日の台湾旅行が終わりました。ヽ(´▽`)/ 毎日15時間くらい歩き回るハードな旅でしたが楽しかったです。しかし、スタートはかなりガッカリでしたよ。(笑)

羽田10:05発のANA便。最寄り駅からの高速バスは羽田到着が7:35という早さでしたが、楽する事を優先して乗車。
ところが搭乗便が遅延ですよ。Σ(゚д゚;Taiwan_3 羽田内で使える2,000円のミールクーポンをもらって、ただただ時間を潰すのみ。orz 本当なら台北に着いてる時間じゃないか!(`Д´) 悔しいので焼き肉屋に入って、一切れ600円のハラミを注文。せめて美味しいものを食べよう。(笑)Taiwan_4結局、飛行機は14:00に飛び立ちました。(ノ_-。) 羽田に6時間半の滞在って・・・。orz
ちなみに、この日JALのニューヨーク便が大変だったようですが、こちらはANAだったので、その騒ぎは知らないのでした。(^^;

さて、ホテルにチェックイン後、まずはマンゴーかき氷を食べに出かけました。(^Q^) 松江南京駅近くの“緑豆蒜啥咪”。
マンゴーはとろ~っとして甘くて美味しい。氷りには棗(?)のシロップがかかっています。これは趣味の分かれるところです。美味しいけどせっかくのマンゴーの感動が薄まるというか。(^^;
これ以降の写真は全て拡大します。Taiwan_5そこでゆっくりしていると、もう夕食の時間です。

今回初めての夜市“景美夜市”に行きました。以前買った本『食べ台湾』で紹介されていた屋台飯を食べますよ~。Taiwan_6駅から歩いて最初に出てくるのが“上海生煎包”。
小さい肉包(ロウパオ)を鍋で焼いたもの。もっちりしてるけど、底は焦げ目が付いてカリカリです。味が濃いめなので1個でも十分満足!アツアツでした。Taiwan_7行列に並んだら注文を聞きに来て、日本人と分かるとその場で売ってくれました。∑(゚∇゚|||) 他の人より先に売ってくれた意味が分からずちょっと戸惑いました。(^^; 並んでる人も文句言わないし、親切にしてもらったってことでOKかな?f(^^;

次にこの夜市で一番楽しみにしていた猪肉の香腸(シャンチャン)。
香腸は甘みのあるウインナーで、好みの分かれるところではありますが私は好きです。(^Q^)Taiwan_8 裸エプロンのおじさんが、気合いを入れて焼いてくれます。(笑) 注文が入ってから焼くので、ちょっと時間がかかりますがアツアツが食べられます。Taiwan_9「肉だぁー!」というワイルドさとプリプリでアツアツが最高!(≧∇≦)
1本が長いし、味も濃いめなので半分くらいが丁度良いかも。

お腹も満ちてきました。あとはデザートか。(^^;
ここも人気という豆花(ドウファ)のお店。豆花自体に味はなく豆腐そのもの。シロップやトッピングと一緒にいただくデザートです。Taiwan_10豆花はあまり好きじゃないですが、ここのは美味しかったです。ここならまた食べても良いと思いました。

景美夜市は日本人も少なく他の観光夜市ほど混んでいません。こぢんまりした歩きやすい夜市です。でも、お腹に自信が無い人は氷の入ったものは避けた方が良いかもしれません。私たちは全然平気でしたけど、旦那さまは絶対無理だ。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

車を買い替える勢いで

8月末で新車登録から丸24年が経過した我が家のレガシィ。来年は25年目の車検となります。
23年目の車検の際、次の車検ではエンジン周りのいくつかの部品を交換しないと検査を通らなそうと言われていました。徐々に維持(意地)費がかかるのを覚悟するか、買い替えを検討する時期なんでしょうね。

Cimg3649_2現在の総走行距離は62,001km。(帰宅したら、キリ番を1km越えちゃってました。(^^;) )
年式の割に走行距離が少ないこともあり、現時点で特に不調はなし。強いて挙げれば、10年以上前からクラッチのレリーズベアリングがゴリゴリ言っているのと、シフトリンケージのバネが「チリッ」って異音を立てるのと、寒くなるとリアサスがギシギシ言うくらい。(ウェザーストリップが劣化して風切り音がするのはサッシュレスの宿命だから、不調には含みません。)
そんな感じなので、今のところは絶好調! 多少の異音がしつつも、乗り潰すつもりならあと5年は特別な手当なく行けそうです。

しかしですよ。5年してどこかが壊れて、その部品がなければ廃車...で良いかってことです。ここまで大事に乗ってきて、あっさり諦められるのか。そもそもBFに代えて乗りたい車があるのか。
そう考えると、25年を前にリフレッシュを決行しようということになりました。で、星野さんのところに行って相談してきた訳です。その帰宅後が62,001kmと。

始めは星野さんも「エンジン下ろしたついでにクラッチもやっちゃえば、2回に分けてエンジン下ろす工賃が二重にならなくて良い」と言いつつ、「トータルで30万くらいかかっちゃいますよ。」と恐る恐るの提案でした。
そりゃぁそうですよね。どこも壊れていないのに、30万も修理費かけるって可笑しいと思いますもん、普通は。

その後、こちらの覚悟をいろいろ話した結果、程度の良い中古車1台買うくらいの金額をかけて、壊れそうで欠品しそうな部品はまとめて対応することになりました。部品交換まで数年粘っても、そこからまた25年乗れるとも思えませんからね。部品もある今が替え時だろうと。
一応、50万~100万の範囲で見積もりを作ってもらって、どこまでやるか考えましょうということでお願いしてきました。

いよいよ意地費の無間地獄に突入です。\(^o^)/Cimg3642(この写真は、星野さんのところに行く前に寄った頭痛外来のお医者さんにて。別ネタにしようと撮った写真ですが、直近の姿という事で貼っておきます。)

(byぶらっと)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

「オリンポスの郵便ポスト」読了

Ori_post電撃大賞の選考委員奨励賞を受賞した作品。
大賞を取る作品に比べるとちょっと弱い感じもしますが、ヒロインと相方に感情移入できる良い設定だったと思います。

ちょっと冗長な展開と感じる部分もありましたが、全ての登場人物がハッピーエンドを迎えるためにご都合主義な展開になったり、設定の根幹部分を無理に謎解きしたりしないのは、さっぱりしていて良かったです。
物語は綺麗に終わっていますが、謎解きなどの続編を描く可能性も残す上手いストーリーでした。

日本語の言い回しが少々おかしいとか、校正が足りてない(一度書いた文章に一言足したら助詞の繋がりが合わなくなったまま放置)とか、今時のラノベに求めるのは諦めました。\(^o^)/
そこら辺に目をつぶって楽しめるなら、なかなか面白い作品だったと思います。

けっこう気に入ったので続編が出るなら読みたいですが、そこは読者が各々想像すれば良いのかもしれませんね。...とここまで書いてamazonのリンクを貼ろうと思ったら、続編が出ていました。
「あぁ、出しちゃったか...」というのが正直な感想。(^^;) ☆二つのレビューの気持ちが、読む前なのに分かりすぎる。とは言え、気にはなるんだよなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

LEGEND of SUBARU のすべて

“ふらっと”が台湾に遊びに行って不在の隙をついて、スバル雑誌の蔵書をこっそり増やす作戦。サクラムックの「LEGEND of SUBARU」とサンエイムックの「SUBARUのすべて」の2冊です。Cimg3636どちらもスバルの前身である中島飛行機(旧:飛行機研究所)の設立から100周年を記念した雑誌です。(後者はニュルブルクリンク挑戦10周年と二本立て)

本屋で2冊並んでいるのを見つけたのは先月末のことでした。パラパラッと内容をみると、両方買うにはバカバカしい値段だけど、どちらも捨てがたい。
まぁ、良い大人が千円二千円で悩んで両方買い逃すのもどうかと思い、結局2冊とも買っちゃいました。(きっちり1週間悩んだ上ですが。)

「LEGEND~」は飛行機研究所から中島飛行機、戦後の富士重工業からSUBARU株式会社まで。戦前は飛行機、戦後は車を中心に、バスや鉄道車両、パッカー車にロビンエンジンまで一通り網羅されています。もちろん航空宇宙産業もね。
「SUBARUのすべて」は前半がニュル挑戦、後半が100周年の記事。ページ配分は1/3程度なので“網羅”は無理。その分、スポットを当てた部分は掘り下げて書かれていたり、百瀬晋六氏の「ぶつからない車クルマ」への思いなどにもページを割いています。

100周年という節目に今までの集大成という感じの雑誌がそろったので、そろそろ「特集組まれるたびに買う」という行為も終わりにしても良いかもしれません。(できると良いな。(^^;) )

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

レザークラフト修行中①

自分で作る事にしたレザークラフト。道具の手入れは後回しにして、まずは一つ作ってみることにしました。
こういうのは、やりたい時にやらないとね。

練習なので、ちょっとカビちゃった端切れを使います。
テキストにある一番簡単な図案をトレースして鉄筆で皮に跡を付け、スーベルカッターで輪郭線を切っていきます。Cimg3573スーベルカッターはすぐに滑りが悪くなるので、こちらの皮で磨きながら使うらしいですよ。Cimg3634綺麗な曲線を描くのは難しく、途中でカクカクしちゃいます。
力を入れて深く太く切り始め、終端は力を抜いて浅く細くメリハリを付けるのですが、これもまた難しい。どうしても一辺倒な彫りになります。Cimg3575
一通り切り終わったら、スタンプツールで陰影を付けていきます。
「ベベラ」で全体に縁取り。Cimg3576
「ベンナー」で葉脈を付け、「カモフラージュ」で茎の模様を表現します。Cimg3579
「ベェアシェダー」で葉や花びらの立体感を出し、Cimg3581「シーダー」と「ストップ」で花芯と葉の付け根を表現。Cimg3582
「バックグラウンド」で背景を凹まし、Cimg3583...とここまででテキストを見ながらゆっくりやって2時間くらいでした。

一見それっぽくなってきましたが、よく見ると「ベベラ」は輪郭線を越えちゃったり、ビビって
輪郭まで攻めきれずに隙間ができたり。
他のスタンプツールも木槌を打つ力が一定にできずに、あちこちムラになっています。
修行の道は果てしない気がしてきましたが、まずは完成目指してもう一息。
続きもがんばろう!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

一人で楽しむ月下美人

“ふらっと”が台湾に旅立った日の夜、我が家の月下美人が開花しました。Cimg3621写真だと昨年までと変わり映えしませんね。(^^;)
今年は花付きが悪く、今のところこの一輪で終わりそう。

昨年は4回も開花したのですが、今年は初夏にも咲かなかったんですよね。
本当にこの一輪だけとしたら寂しいことです。そして、唯一かもしれない開花を一人にしか見てもらえないとは、花も報われませんね。その分、窓を開けて香りを存分に楽しみましたよ。Cimg3625まだ咲いているので寝ちゃうのが勿体ないですが、明日もあるしそろそろ寝るとしましょう。
花が終わったら肥料をやって、来年に備えないとね。

【23:15追記】
朝になったら萎れた花を収穫。Cimg3626宗田節醬油を使ってお手軽に三杯酢を作り、花は軽く湯がいて酢の物に。Cimg3629その後、スタッフが美味しくいただきました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

友人と台湾旅に出発!

旦那さまはお留守番で、友人と台湾旅行に行ってきます。ヽ(´▽`)/
台湾好きの友人は、仕事が忙しく1年以上行ってないと泣く日々。私は1月に行ったばかりですが、あの時は一応接待側(ツアーコンダクター側)でした。楽しいと言うより、気苦労が半端ない。f(^^; 今回は息抜き旅ということで、羽目を外してこようと思います。(おいおい)

旅行のメインは食事になると思いますが、一応“目玉”もあります。Taiwan_1台中の“霧峰林家宮保第園區”。台湾五大名家の一つ林家の屋敷群です。中華洋式の美しい建物を見てきたいと思っています。
Taiwan_2そしてもう一つが台東の帆布バッグのお店。
このチープなバッグを買いたいという友人の希望で台東まで行きますよ。(笑) 普通は多分行かない。(ノ∀`)・゚・。 でも、そこではしゃぐ彼女見たさに付き合う事にしました。

バカバカしくも楽しい旅になりそうです。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

お手軽チーズケーキ?

デパートの物産展が熱くなる季節です。(笑) 先日は北海道物産展でお買い物をしてきました。会場は満員で見て歩くのも一苦労。(;´▽`A`` さすが“キング・オブ・物産展”の異名を持つ(?)北海道ですね。(笑)

ここで初めて買ったのがフロマージュの杜の“クリームチーズ アカシア蜂蜜入り”です。写真は全て拡大します。Cream_cheese_1蜂蜜入りですが切れの良い甘さでべったりしません。お手軽チーズケーキのような感じ。クラッカーに乗せておやつ感覚でいただきました。(^Q^)
お値段がそこそこ良いのでバクバク食べたくありませんが、止められない感じです。(笑)
Cream_cheese_2友人に「いぶりがっことクリームチーズが合う!」と教えてもらったので、試してみました。
なるほど合います。美味しいです。いぶりがっこの塩味がまろやかになります。でも匂いでせっかくの蜂蜜の香りや味が吹っ飛びました。(笑) いぶりがっこにはノーマルなクリームチーズがお勧めのようです。(^^;

お酒のつまみには甘いですが、ティータイムにはぴったりかと。お店の人にはトーストにも勧められましたが、わたし的にはトーストよりサンドイッチかな。今度試してみましょう。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

Canon IXY210 購入

前回のEXILIMから一年と経たずにまたコンデジ買ってます。f(^^;Canon実は2010年の3月に買ったリコーのCX3がかなりヤバイ感じになっています。(笑) 液晶は暗いし撮った写真も暗い。補正でしのいでましたが、とうとう液晶に抜けが出るようになりました。それも日ごとに抜けが広がる。(ノ∀`)・゚・。
この写真は拡大します。Canon_1でも、操作性が良いしマクロに強いので、どうしても手放す気になれません。リコーさん、なぜコンデジから撤退したの。(。>0<。)

ウジウジしながらも使い続けていますが「明後日から友達と旅行なのに、いつ壊れるか分からないカメラを持って行くのもなんでしょ!」という話になって新しいのを購入しました。(^^;
自分のカメラの原点・・・CanonのIXYです。
私の日常使いという事で、お値段は安めで!マクロとズームがホドホドで軽く、操作が分かりやすい(多分)から。
モードに目新しさはありませんが、ジオラマ風(ミニチュアライズ)の状態で動画が撮れるらしいので、今度それを試してみたいと思います。
新しいカメラで、旅行先であたふたしないと良いのですが。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

偲ぶ会

20年以上連絡を取っていなかった元同僚から、元上司が急逝されたとの連絡が。Σ( ̄ロ ̄lll) びっくり・・・ではありますが、自身も半世紀を過ぎた人間なので、訃報は珍しくありません。f(^^; そういう席への出席も続く事があります。

そんな時にネットの記事で気になったのが“『簡素なお葬式』が遺族の後悔を生むワケ”です。
私も葬儀を出す方、参列する方を経験済みなので、それぞれの立場の考え方が分かります。母の葬儀は家族のみで行い、地方の親戚には事後の連絡のみで失礼させていただきました。その時「最後のお別れをしたかった」と手紙をいただいた時は、故人の遺言だったとはいえ、これで良かったのか考えたりもしました。「お別れをする」と言う事は、ご縁のあった方々に区切りを付けていただくという大切なものだったかもしれないなと。

話が戻りますが、『元上司を偲ぶ会』が開かれました。
20年以上ですよ・・・。(^^; 懐かしくみんなに会い、テーブルに陰膳を用意し昔の話に花を咲かせました。元上司が薄れていたご縁をもう一度繋いでくれたような会でした。(^v^)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

蜘蛛とアゲハ

産卵除けネットを張っていたにも関わらず、1本だけ元気なシュートがネットを突き破る勢いで伸び、そこに集中して産卵されてしまいました。Cimg3564_s※画像クリックでモザイクなしの拡大表示になります。
写真には3匹しか写っていませんが、少なく見ても倍以上います。(><) まぁ、種から育てた夏ミカンは、実が成るまでまだ数年かかりそうだから良いのですが。

順調に育っている幼虫の中で、要領の悪いのが蜘蛛の餌食になっていました。Cimg3558_sネットの内側に巣を張って、大きい虫は入ってこないから餌に困らないか心配していたのですが、アゲハの幼虫を食べちゃうのか。
可哀相ですが、これも自然の厳しさだから仕方ないですね。

残りのアゲハには無事に育ってほしいので、蜘蛛さんはアゲハに寄生する蜂とかをターゲットにしていただきたいところです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »