« 臨時『刀剣乱舞』記録(18) | トップページ | 認知症サポーター養成講座 »

2017年7月12日 (水)

気圧計

昨年の台風直撃から、低気圧と頭痛の関係を認めざるを得なくなりました。
それ以来、天気が悪いときに偏頭痛が起きると「これは低気圧の所為?」「天気ほどに気圧は低くなくて、ただの偏頭痛?」と気になる訳です。
そこで、気圧計を買ってみました。Barometerどのみち薬を服用するしかないから区別しても仕方ないと言ったらそれまでですが、どのくらいの気圧で頭痛になるのか数値として把握できたら服薬のタイミングも計り易くなることへの期待も込めて。

届いたのは先週の台風3号が通過した後だったので、それ以来1週間ほど経ちますがずっと1,000~1.005hPaを指しています。登山をする人が高度計にも使う用なので、気圧の表示範囲がえらく広い分、微妙な気圧変化は読み取りにくいです。
ずっと気圧が安定していて針は微妙に振れる程度とちょっとつまらないですが、気圧が下がって頭が痛くなりたいわけでもないので良しとしましょう。

説明書は、気圧計・高度計の使い方より、気圧に関する基礎知識の説明の方が多い感じ。その中に、気圧変化と体調も無関係ではないとの記載もありました。頭痛外来の医師も低気圧で頭痛になると言ってたし、本当に都市伝説や気のせいじゃないんですね。

さて、これから台風シーズンが来ますし、自分の低気圧耐性が何hPaくらいなのか観察してみるとしましょう。まさに健康の“バロメーター”として活躍するか、楽しみです。

(byぶらっと)

|

« 臨時『刀剣乱舞』記録(18) | トップページ | 認知症サポーター養成講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/65513824

この記事へのトラックバック一覧です: 気圧計:

« 臨時『刀剣乱舞』記録(18) | トップページ | 認知症サポーター養成講座 »