« モブサイコ100製作記(2) | トップページ | 高級フルーツ『ビワ』 »

2017年6月28日 (水)

「徳川が作った先進国日本」読了

“ふらっと”の友人から薦められた本ですが、直前に読んだ「1984年」に比べて薄い。Cimg2842そして文字が大きい! 行間が広い!!Cimg2843そんなんじゃ内容なんてほとんどないのでは?と思うと、さにあらず。
興味を惹く話がみっちり詰め込まれています。

全体が4章で構成され、幕末に続く徳川体制が衰退するきっかけになった露寇事件から始まり、民を守る政治という意識が生まれた天明の大飢饉、安定した社会基盤を築く流れに繋がった宝永の大地震、武力・武威による統治から民を大事にする政治へ転換させた島原の乱と、少しずつ時代を遡って大きなターニングポイントを取り上げています。
なぜ革命や内戦のない平和が260年も続いたのか。人民を大切にする統治は何がきっかけでいつから始まったのか。江戸幕府の治世に対する認識がすっかり変わりました。

著者は磯田道史さん。よくテレビで「大河ドラマにしたい偉人」とか話している歴史学者さんですね。話は面白いし、映画化された「武士の家計簿」もこの方だったんですね。
映画は観に行こうと思っているうちに終わってしまったので、今さらですが本を読んでみようかな。

(byぶらっと)

|

« モブサイコ100製作記(2) | トップページ | 高級フルーツ『ビワ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/65466311

この記事へのトラックバック一覧です: 「徳川が作った先進国日本」読了:

« モブサイコ100製作記(2) | トップページ | 高級フルーツ『ビワ』 »