« 治験薬の経過 | トップページ | リリーフファッションクリップ »

2017年4月18日 (火)

ロボット・イン・ザ・ガーデン

表紙のロボットとストーリー(ダメ男とロボットの珍道中)というのに惹かれて読みました。旅の途中には日本も出て来ます。(^v^)

海外作品のSFという事でどうも構えて読んでしまったせいか、ちょっと拍子抜けした感じもありますが、すらすら読めて面白かったです。この著者のデビュー作だったようで、設定の甘さや内容に浅い感じはありますが、上手くまとめられていると思いました。

とにかくタング(ロボットの名前)が可愛いのですが、ロボットらしさを感じさせないのがイマイチなところ。(^^; 読んでいると段々小さな男の子のような気がしてきます。“人とロボット”の差を明確にして欲しかったぁ。f(^^; まぁ~それよりもダメ男とロボットの、ほのぼの成長物語と言う事なのでしょう。(^v^) 30過ぎの男の成長物語ってどうよ?というツッコミはなしで。(笑)

(byふらっと)

|

« 治験薬の経過 | トップページ | リリーフファッションクリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/65167664

この記事へのトラックバック一覧です: ロボット・イン・ザ・ガーデン:

« 治験薬の経過 | トップページ | リリーフファッションクリップ »