« さよなら2016年 | トップページ | 【縫ってみた-9-】カメラポーチ »

2017年1月 1日 (日)

新年早々うるう秒

あけましておめでとうございます。
初詣の帰りに、近所の公園で梅が咲いていました。Cimg0169最近の暖かさで、植物も調子が狂ってそうです。

さて、元旦の本日、うるう秒の挿入(1年半ぶり27回目)がありました。
前回は平日の2015年の7月1日だったので国分寺のNICT(情報通信研究機構)には行けませんでしたが、今回は正月休みなので現地で体感してきました。先月ロケットマンホールを見に行って以来、2度目の国分寺です。

Cimg0148お正月の朝っぱらから来る人なんかいるのかと心配でしたが、それなりに人は集まっていましたよ。
そして、8時59分60秒の瞬間です。Cimg0151何故いつも9時の前なんだろうと思ったら、世界標準時(グリニッジ標準時)で日が変わる前なんですね。時差が9時間あるので、日本標準時では必ず9:00になると。つまり、イギリスより西では、昨年は閏年+うるう秒で1日と1秒長かったということに。

NICTでは、うるう秒の掲示だけでなく、「うるう秒説明会」というものも催してくれています。
地球の自転による「世界標準時」と原子時計で作られる「世界時」の違い、うるう秒が必要となる理由など、スライドや球体スクリーンに投影した地球儀で解説してくれました。素人にも分かりやすく説明してくれたので、長年の疑問が晴れましたよ。

そもそも「1秒」というのは地球の自転を基準に決めているのに、きわめて正確な1秒を計れる原子時計で数年に1秒ズレるというのが腑に落ちなかったんですよ。「それ、1秒が正確じゃないのでは?」と。(;´д`)
ところがです。実は地球の自転の方が相当いい加減らしい。Σ( ̄ロ ̄lll) 潮の満ち引きや冷夏・暖冬など大気の状態で自転速度にブレーキがかかったりして、数年に1秒ほど回転が足りなくなるとか。で、遅れてしまった自転を「きわめて正確な世界時」が時計を1秒止めて待ってあげるということだそうです。Cimg0153ちなみに、調整は必ず1月1日か7月1日のどちらかで行う事に決まっているそうです。今後も数年ごとにありそうですが、まぁ毎回行くほどのものでもないかな。(^-^;

(byぶらっと)

|

« さよなら2016年 | トップページ | 【縫ってみた-9-】カメラポーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/64702594

この記事へのトラックバック一覧です: 新年早々うるう秒 :

« さよなら2016年 | トップページ | 【縫ってみた-9-】カメラポーチ »