« ワンダちゃん製作記(2) | トップページ | 市街地でパレードラン »

2016年11月21日 (月)

ライトアップ

先日キッチンに設置した遊星歯車時計をスポットライトで照らすようにしました。Lightup_1昼間は良いのですが、夜になってキッチンの照明を消してしまうと暗くて見えにくかったんですよ。とはいえ、そのためにキッチンの明かりを煌々と点けておくという訳にもいかないので、スポットライトで時計をライトアップすれば良いんじゃね?と。

通常スポットライトといえばランプ用レールに設置するものが主なのですが、普通の電球用ソケットをフレキシブルアームで延長するアダプターがありました。天井埋め込みタイプの白熱灯・蛍光灯電球をLED球に代えた時に、LED球を天井面より下げることで明かりを広げたり、ソケット部に熱がこもらないようにするため、様々な長さの延長ソケットが出ているようです。
ちょうど良い長さのソケットにスポットライト球を付け、1カ所だけ使用していなかったダウンライトソケットにセット。Lightup_2何故こんなところに使っていない照明があったかというと、本来はキッチンシンクの上に吊り戸棚があって、横の通路が暗くなるために照明が設けられていたものなのです。しかし、
マンション契約時に収納スペースを犠牲にしてでも圧迫感のある吊り戸棚を撤去してもらったので、この場所に明かりはいらなくなりました。が、照明だけはそのまま取り残されていたものです。
キッチンからもリビングからも見える時計の設置場所も、吊り戸棚がないからこそ。開放感を優先した結果ですが、今になって思えば良かったです。

ただ、500ルーメンというのは、ちょっと明るすぎました。くっきりした影ができてしまって、針が6時~9時の辺りだとちょっと見づらいです。半分くらいの明るさで良かったかな。

(byぶらっと)


※実際に購入した物は在庫切れになっていたので、アフィリエイトは「こんな感じの」という参考まで。

|

« ワンダちゃん製作記(2) | トップページ | 市街地でパレードラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/64515842

この記事へのトラックバック一覧です: ライトアップ:

« ワンダちゃん製作記(2) | トップページ | 市街地でパレードラン »