« たこ焼きプレート de アヒージョ | トップページ | 危機一髪! »

2016年10月31日 (月)

ハロウィンの馬鹿騒ぎ

本日のGoogleさんは、ハロウィンテーマのミニゲーム。Halloween_2これがけっこう楽しめます。Halloween_3クリア画面の猫やカエルも可愛いし。Halloween_4Doodleさんにアーカイブもあるので、いつでも楽しめますよ。

さて、「すっかり日本に定着した」と連日ニュースになっているハロウィンですが、個人的には定着の仕方に違和感を覚えます。
「ハロウィンにちなんでアニメのコスプレをしている人も…」って、まったく「ちなんで」ないですよね? ただ集まって騒ぎたいだけじゃないんですか?
ワールドカップをネタに渋谷に集まる“自称”サッカーファンと同じノリにしか見えません。

バレンタインもクリスマスも本来の宗教的な意味と無関係に「お祭り」として楽しむ日本人ですから、ハロウィンもイベントの一つとして楽しむ分には良いと思います。経済効果もバレンタイン並みとなれば、悪いことばかりでもありませんし。
とはいえ、集団で街の機能を麻痺させるほど集まったり、「仮装」と称して覆面やフェイスペイントで顔を隠して犯罪まがいのことをしたり、挙げ句はゴミの不法投棄で街を汚す。馬鹿騒ぎも節度を持ってくれと思います。

日本におけるハロウィンの定着はディズニーランドやSNSのおかげとニュースでは言われていますが、そもそも普及に力を入れていたのは原宿キディランド(リンク先は2008年のニュースです)だろうと言いたい。
1980年代の中頃に就職した当時の勤務地が原宿だったので、会社帰りにキディランドにも行ったりしました。その少し前からハロウィン推しだったキディランドの影響で、まだマイナーだったハロウィンを密かに楽しんだものです。Halloween_1この写真は、当時Gジャンに付けていたピンバッジ。キディランドで買ったのかは定かではないですけど。
その後、フレッシュネスバーガーのハロウィン推しで毎年の特別おもてなしを楽しみにしていましたが、世間で馬鹿騒ぎを始めるに従い、すっかり嫌気がさしてきました。

バレンタインやクリスマスは、ここまで馬鹿騒ぎにはならないんですけどね。「仮装」「いたずら」というキーワードが、人々をここまで無責任な暴走行為に駆り立てるのでしょうか。それともSNSでリア充っぷりをアピールした者勝ちという近年の集団心理のなせる業?
せめてもう少し常識的に楽しんでほしいものです。Halloween_5そうは言いつつ、クリスピークリームドーナッツのハロウィンだけは押さえてますけどね。

(byぶらっと)

|

« たこ焼きプレート de アヒージョ | トップページ | 危機一髪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/64425898

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィンの馬鹿騒ぎ:

« たこ焼きプレート de アヒージョ | トップページ | 危機一髪! »