« 美味卵家 -神田- | トップページ | カレーパン »

2016年4月16日 (土)

カメラのスイッチを修理してみる

我が家のデジタル一眼はオリンパスのE-510。購入してから8年半も経つんですね。
実は、もう何年も前からスイッチに不具合が出ていました。電源を入れても、ちょっとした振動で勝手に切れてしまいます。
初めて症状が出たのは5年か、もしかしたらもっと前でしょうか。ググってみたら同じ症状の方も多く、持病のような感じでした。が、メーカーは不良とは認めず、経年劣化として対応。皆さん数万円の修理代を払って直していたようです。E510_1最初のうちは割と使えていたので修理しなかったのですが、少しずつ悪化し、最近は電源が入った状態をキープするのも難しいくらいになっていました。(><)

でも、スイッチをオンの位置よりほんの0.5mmくらい手前で押さえておくと調子良いんですよ。
再びググってみると、同じ症状の方がDIYで修理されていました。(もうメーカーにも部品がなくて、修理できないそうです。)E510_2さっそく同じように修理を決行。
これは快適です。E510_3ゴムブロックがみっともないのと、スイッチを切り難くなったという弊害はありますが。(^^;)
これで、もうしばらく延命できそうです。

(byぶらっと)

|

« 美味卵家 -神田- | トップページ | カレーパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/63487468

この記事へのトラックバック一覧です: カメラのスイッチを修理してみる:

« 美味卵家 -神田- | トップページ | カレーパン »