« 臨時『刀剣乱舞』記録(11) | トップページ | 当たりを引くのは難しい。 »

2016年3月 2日 (水)

カノープス

先日のスリランカ旅行で見た星の写真がこちら。Canopus※上の写真はクリックで拡大します。
「拡大します」っていうか、いつになく大きく拡大しますよ。(^^;) ちょっと小さめなのはこちら。
写真はちょっと明るくしてコントラストを高めてあります。流石にフォトショップの力を借りないと、どうにもなりませんでした。

上半分に写っているのが冬の大三角、上方右寄りがオリオン座、大三角の下の頂点が“おおいぬ座”のシリウス、そこからずっと下に辿ったところに明るく写っているのが“りゅうこつ座”のカノープスです。
太陽は別格として除外すると、シリウスとカノープスは全天で一番目と二番目に明るい恒星です。

このカノープス、関東などでは南寄りの地域で地平線ギリギリに見えることもあるとか。そのため「この星を見ると長生きする」ということで、「老人星」と呼ばれることもあるとのこと。Canopus_2わかつきめぐみさんの「きんぎんすなご」にも登場するので、ちょっと見たかったんですよね。そろそろ長生きを願いたい歳にもなってきましたし。\(^o^)/Canopus_3

日本からだと、見えたとしても大気の影響で赤っぽく見えるとか。(朝日や夕日と同じ原理ですね。) しかし、スリランカでは高い位置で見えるので、黄色く輝いていました。
普段は南に軽く見上げる冬の大三角が、首が痛くなるほど上を向かないと見えないのも赤道間近の国ならではでしたよ。

この日は満月で明るく、星の見える数は光害のある日本と大差なかったのが残念でした。見渡す限りの密林の中にポツンと1軒だけ建つホテルだったので、新月だったらどれだけの星が拝めたことか。
あと、旅行用の低い三脚を使ったので、左下にプールサイドの手すりが写っちゃってます。(><)

それなりに海外旅行にも行っていて、南半球まで足を伸ばしたことも何度かあります。南十字星を見たこともありますが、カノープスを意識してみたのは初めてです。
まぁ、夜はだいたい疲れて寝ちゃうので、夕飯の後で星を見に行く余裕もほとんどないですからね。

今回の反省は、普段は月や太陽ばかりで星を撮らないので、星の撮り方がまったく分かってなかったこと。あと、やっぱり魚眼レンズが欲しくなるなぁ。
またどこかに行くときには、事前にしっかり準備したいです。

(byぶらっと)


ちなみに、うちにあるのは右の旧版の方です。

|

« 臨時『刀剣乱舞』記録(11) | トップページ | 当たりを引くのは難しい。 »

コメント

日本で 見るよりはるかに高い位置ですね。
最近のコンパクトデジタルカメラも性能が上がっていますから、十分な写りですよ。

長生きできますね。

投稿: ハギハラ | 2016年3月 3日 (木) 06時15分

ハギハラさんに及第点をいただけて安心しました。
帰宅したら、加工前の元画像をメールでお送りしますね。

「きんぎんすなご」は、カノープスは写真で見ても長生きできるというほのぼの展開。
このblogをご覧いただいている皆さんにも、長生きのお裾分けができれば幸いです。

投稿: ぶらっと | 2016年3月 3日 (木) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/63290753

この記事へのトラックバック一覧です: カノープス:

« 臨時『刀剣乱舞』記録(11) | トップページ | 当たりを引くのは難しい。 »