« 女性の胸像製作記(4) | トップページ | お正月? »

2015年12月31日 (木)

肉筆浮世絵-美の共演

早期割引の前売りを買ったまま会期終了が迫りつつあった「肉筆浮世絵展」に、やっと行ってきました。さすがに大晦日なこともあり割と空いていて、ゆっくり見ることができました。Nikuhitu_01

版画も良いのですが、やはり肉筆の美しさは違いますね。
珍しい正面の肖像とか、着物の透け表現がきれいな作品、格好良い漢字柄の着物など、印象に残る作品も多かったです。
一方で人気の構図なのか桜の花の下に遊女と禿(かむろ)が立つ姿など、似た絵が続くことも。そんなところに北斎のラフな絵が目を引いたり、北斎の弟子二人は師匠より美人画が美人だったり。

終盤に近づいて「どれが一番印象に残ったか甲乙付けがたいなぁ」と思い返しながら最後の展示室に行ってビックリ。河鍋暁斎の骸骨にすべてのインパクトを持って行かれました。弟子のジョサイア・コンドルが所持していたとも言われる作品。
本当に浮世絵の良い作品は、海外にあるんですね。そのおかげで保存状態が良いと思えば救われますが。Nikuhitu_02
上野の森美術館で一つ残念だったのが、順路が変わってしまった所為で前回は展示の途中で立ち寄れた喫茶室に寄れなくなったこと。最後まで展示を見終わってからしか寄れないんじゃ意味ないよ~。

(byぶらっと)

|

« 女性の胸像製作記(4) | トップページ | お正月? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/62974425

この記事へのトラックバック一覧です: 肉筆浮世絵-美の共演:

« 女性の胸像製作記(4) | トップページ | お正月? »