« ワンフェス2015夏レポート -ぶらっと編- | トップページ | イベント終了の恒例行事 »

2015年7月30日 (木)

赤城と比叡

amazonさんでコミックを漁っていて、たまたま見つけた作品です。
日露戦争から第二次世界大戦までの海戦を元潜水艦乗りの作家さんが描いたとのこと。帯には「かわぐちかいじ大絶賛!!!」とあります。

タイトルの赤城も比叡も、艦これでおなじみの赤城さん達ではなく、日清・日露戦争の頃の艦船です。日本の船だけでなく、ドイツやイギリスなどのストーリーもあって、なかなか興味深いです。
絵に少々クセがありますが、読み始めると話にのめり込むので気になりません。

あまり作品の多い作家さんではないようで、これも「1巻」ではなく単発。
艦これ以来、戦記物にも興味がでてきて、こういう作品をもっと読みたいんですけどね。

(byぶらっと)

|

« ワンフェス2015夏レポート -ぶらっと編- | トップページ | イベント終了の恒例行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/61802718

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城と比叡:

« ワンフェス2015夏レポート -ぶらっと編- | トップページ | イベント終了の恒例行事 »