« 銀婚式 | トップページ | のの湯① »

2015年6月 7日 (日)

衝撃の事実~頭痛薬~

頭痛持ちなので、日常的に3種類の薬を使い分けています。Sedes頭痛は大きく2種類に分けられます。肩こりなどの血行不良から来る「緊張型」と、脳の血管が拡張して周囲の神経を刺激することで発症する「拡張型」。主に後者を偏頭痛と呼ぶようです。
自分は状況によってどちらの頭痛も発症するのですが、緊張型には市販薬のセデス・ハイ、拡張型には処方薬のマクサルトが効きます。というか、逆の薬を飲んでも効きません。(><)

症状からどちらを飲むべきか明確なときは良いのですが、頭痛に脂汗を流しながら「今の症状は緊張型だろうか、拡張型だろうか」と悩むこともしばしば。なにせ逆を張ってしまうと効かないのだから深刻です。
それぞれの薬には「4時間以上空けて」とか「1日3回まで」とか用法・用量の決まりがありますからね。外すと4~5時間は身動きできない状態が続くわけですよ。

で、医者に行ったときに聞いてみました。「緊張型か拡張型か的確に見分ける方法はありませんか?」と。
返ってきた答えに脱力しましたよ。「分からなきゃ両方飲めば良いよ」って。Σ( ̄ロ ̄lll)
いや、「4時間以上空けて」という薬を2時間くらいで飲むとOD(オーバードーズ)でラリっちゃって大変なことになるんですけど?と聞き返したのですが、「消炎鎮痛剤とトリプタン製剤は別物だから、併用しても大丈夫だよ」とのこと。

いっぺんに両方飲んでも良いし、外したと思ったらすぐにもう一方を飲んでも良いらしい。
セデス・ハイは早めに飲まなければ効きませんがマクサルトはある程度なら症状が進んでからでも効くので、分からないときはその順番で飲むのが良さそう。
っていうか、目から鱗でしたよ。今までの苦労は何だったんだろう。

薬学の知識がある人や頭痛持ちの人には常識なのでしょうか。マクサルト飲み始めて2年以上もこの程度の説明をしてくれない医者も、どうなんだろうと思います。\(^o^)/

(byぶらっと)

ところでYahoo!知恵袋で質問されている「セデス・ハイを飲んだ時のスゥ~っとする感じ」ですが、私も感じることがあります。
単純に「スッとする」というより、匂いを感じるんですよね。私は「血中に溶け込んだイソプロピルアンチピリンが鼻の毛細血管を通るときに匂いとして認識される」と考えています。
薬の成分が鼻まで来れば、頭に届くのはあと少し。本当にそのくらいのタイミングで効いてきますから。(^^;)

|

« 銀婚式 | トップページ | のの湯① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/61625894

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の事実~頭痛薬~:

« 銀婚式 | トップページ | のの湯① »