« コロッケ西郷亭 | トップページ | ヲタクに恋は難しい① »

2015年6月11日 (木)

アトム ザ・ビギニング①

先日、特典ペーパー欲しさに「のの湯」の1巻を新宿のcomicZINまで買いに行ったのですが、コミック専門店だけあって普通の書店より試し読みできるコミックが多めに置いてあるんですね。
つらつらと眺めていると、面白い作品をいくつも見つけてしまいました。これは巧妙な罠ですよ。Σ( ̄ロ ̄lll)

そんな中から購入した1冊が、こちらの「アトム ザ・ビギニング」です。※こちらの画像だけクリックで拡大します。Atom_1天馬博士とお茶の水博士が大学で自律ロボットの研究をしていた頃のストーリーで、「鉄腕アトム」の前日譚となっています。 Atom_2
若き日の伴俊作くんも登場!Atom_3え、このイケメンは誰だって?
運送会社の社長をされているお父さんはこの方です。 Atom_4歳を取ると父親似になるんですね。う~ん、遺伝って残酷。\(^o^)/

言わずと知れた漫画の神様が原案なのは当然として、ゆうきまさみ氏がコンセプトワークス、手塚眞氏が監修、そして庵野秀明氏が帯の推薦文を書いているという豪華さです。
まぁ、それで興味を惹かれたというより、単純に試し読みで面白そうだったのと絵が好みだったのと、最後の決め手は「サイン本」に釣られて。(^^;)Atom_5いや、釣られて正解でした。
「起こりうる出来事をあらかじめ想定して、それに対応するプログラムの量をひたすら増やすこと」で疑似自律制御を行う他の開発者に対し、自我を持たせることで本当の自律制御を行うという独自の理論で開発する天才科学者コンビ。そして、自己の良心にしたがって行動するA106(“エーテン・シックス”と読みますが、“あとむ”ですよね)の活躍など、後のアトム誕生に繋がっていくのが楽しみなストーリーです。(こちらで試し読みできます。)

肝心の作家さんカサハラテツローというお名前は初めて聞いたのですが、ググってみたらライドバックを描かれた方でした。お気軽にサイン本など置いてあったので勝手に若手かと思っちゃいましたが、さにあらず。思わぬ所で貴重なサイン本をゲットしてしまいました。

(byぶらっと)

|

« コロッケ西郷亭 | トップページ | ヲタクに恋は難しい① »

コメント

カサハラテツローさんは、以前、ネット友だちに勧められた漫画家さんで、何冊か読みました。
主に百合系ロボ(?)モノで一躍脚光を浴びた方ですね。
この「アトム〜」も話は聞いていたので、読もうかなと思っていた矢先でした。

最近、小説ばかり読んだり書いたりしてて漫画読んでないです。(T ^ T)

久々に読もうかな。(笑)

投稿: 囃屋 佗助 | 2015年6月11日 (木) 23時44分

まったく前提知識のない状態で佗助さんがチェックしている作品を掘り当てたと思うと、ちょっと嬉しかったり。(^-^)
アトムはとても良い作品だと思うので、是非お試しください。

カサハラテツローさん、確かに「百合系ロボモノ」が魅力ありな作家さんですね。
「タンデムLOVER」とか「空想科学エジソン」あたりが、ちょっと気になります。

投稿: ぶらっと | 2015年6月12日 (金) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/61728473

この記事へのトラックバック一覧です: アトム ザ・ビギニング①:

« コロッケ西郷亭 | トップページ | ヲタクに恋は難しい① »