« 今さら?艦これ日記(41) | トップページ | 俺に触れると被爆するぜ! »

2015年4月20日 (月)

「そばかすのフィギュア」読了

「そばかすのフィギュア」(菅 浩江/ハヤカワ文庫JA)という本が何かの拍子にamazonさんの「おすすめ商品」に表示されたことがありました。
表紙のイラストが気になってクリックしたら、それから度々お薦めに表示されるようになって、根負けして買っちゃいました。(^^;) レビュー読んでも面白そうでしたしね。

この本はSF短編集で、どのお話も1990年代前半までに書かれたもの。今から20年も前の作品ということになりますが、しっかりしたSF設定は古さを感じません。そして、SFの舞台の上で描かれている主題は人間模様です。どのお話も登場人物の人生をじっくりと考えさせるストーリーになっています。

Sobakasu星雲賞を受賞した表題作は、我々オタクが日頃からなじんだフィギュア製作のお話。(スケートじゃないよ。(^^;) )
多孔質ポリマー素材に仕込んだLSIと電気情報を伝える植物によって、意思を持って動いて喋るフィギュアが実現した世界! 夢のような技術です。でも、その先に待っているストーリーはちょっと切なかったり。かすかな希望につながるラストが、せめてもの救いかな。

Wikipediaによると作者さんは自分とほぼ同年代の女性で、旦那さんがガイナックスの武田氏とか。日本舞踊の名取でもあるそうで、「お夏 清十郎」という短編にも活かされています。ガイナックスさんの周辺には、スゴイ才能を持った人が集まるようです。

今回、amazonさんには良い作品を薦めてもらいました。次は同じ作家さんの長編なども読んでみたいと思います。

(byぶらっと)

|

« 今さら?艦これ日記(41) | トップページ | 俺に触れると被爆するぜ! »

コメント

菅浩江さんは今やSF作家としてはベテラン中のベテランの方ですね。
オタク第一世代の見本(笑)のような人です。
私は「永遠の森 博物館惑星」が好きかな。
ちなみにご主人とはFacebookでお付き合いさせて頂いてます。
(=゚ω゚)ノ

投稿: 囃屋 佗助 | 2015年4月21日 (火) 10時28分

中学の頃はSF小説とか薦めてもらえたんだけど、そういう友人はあれっきりでねぇ。(´・ω・`)
「永遠の森 博物館惑星」は解説でも触れられていました。せっかくなので次に読んでみます。

それにしても“のうてんき”殿と交流があるとは、DAICONからの縁でしょうか。流石です。

投稿: ぶらっと | 2015年4月21日 (火) 21時15分

> 中学の頃はSF小説とか薦めてもらえたんだけど、そういう友人はあれっ
> きりでねぇ。(´・ω・`)

そう云うコトは俺の前では云わない方が良いよ。
調子に乗って、頼んでもいないのに薦めに来るから。
(=゚ω゚)ノ

>それにしても“のうてんき”殿と交流があるとは、DAICONからの縁でしょう
> か。流石です。

いやいや。
今いるSFサークルが関西系なので、知り合いの知り合いみたいな感じです。
赤井孝美さんとか山賀博之さんとかとも繋がっているけど、会ったコトもないんだな。
これが。(=゚ω゚)ノ
何か、時々、この人はどこから繋がっているのか判らなくなるコトも。
f^_^;)

地方在住のオタクにとっては、ネットでの交流が全てだからね。(笑)

投稿: 囃屋 佗助 | 2015年4月21日 (火) 23時17分

中学の頃と違って、今は時間がなくってね。
あんまりたくさん薦めてもらっても読み切れません。(^^;)

ガイナックスのそうそうたるメンバーと繋がってるんですね。
距離も年齢も無関係なネットならではですね。

投稿: ぶらっと | 2015年4月22日 (水) 18時54分

だよね。
じゃあ、一冊だけお薦めしておこう。
まだ、発売日未定だけど…。
ハヤカワ文庫から出る予定のランドル・ギャレットと云う作家の「魔術師を探せ!」と云うミステリーは是非押さえておいて。
ふ〜ん。
ミステリー?
と思うだろうが、実はこの小説はこんな設定で書かれている。

魔法による産業革命を経た現代。
ヨーロッパでは「英仏帝国」と「ポーランド王国」の二大勢力が、その覇権を掛けて互いに鎬を削っていた。
主人公のダーシー卿は、「英仏帝国」領ノルマンディーを治める領主の直属の主任捜査官である。
そして、今日も「魔法によって複雑化した犯罪」の謎を解き明かす…。
つまり、この小説は「魔法絡みの犯罪」を主人公が明晰な頭脳で「論理的に推理」する物語なんだ。
ユニークなのは、主人公のダーシー卿は魔法が全く使えないと云うこと。
犯罪捜査の相棒には「法廷魔術師」なるキャラが出てくるけどね。
海外ではとても人気のあるシリーズで、この作家の代表作になっている。
俺も別の短編を読んでファンになった一人だ。
ところが日本では「知る人ぞ知る」作品で、今回刊行される「魔術師を探せ!」も実にン十年振りに復刊する代物だ。
興味があれば、タイトルか「ダーシー卿」でググってみて貰うと「どんな話し」か判ると思う。
「パラレルワールド」で「ファンタジー」絡みの「本格ミステリー」を是非味わって欲しい。

ん〜。
もしかしたら、奥さんの方の好みかも?

何でこれを薦めてるかと云えば、これを契機に一人でも読者が増えて、このシリーズの全作が復刊して欲しいからなのだよ。
ググったついでにAmazonで観てご覧。
過去作はプレミアついてるのばかりだから。

ま、これは余談だけどね。

ではでは。(^^)/

投稿: 囃屋 佗助 | 2015年4月23日 (木) 02時17分

面白そう。
この手の本で佗助さんのお薦めに外れはなかったから、覚えておくようにしましょう。
さずがにプレ値で買うのはどうかと思うので、復刊になったらね。

投稿: ぶらっと | 2015年4月25日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/61302495

この記事へのトラックバック一覧です: 「そばかすのフィギュア」読了:

« 今さら?艦これ日記(41) | トップページ | 俺に触れると被爆するぜ! »