« なるとひな製作記(6) | トップページ | 鬼灯洋装バージョン製作記(5) »

2015年1月27日 (火)

ふるさと納税のご褒美

以前blogで宣言したとおり、東京都に入る税金を地方に流出させてやりました。( ̄ー+ ̄)
まぁ、微々たる抵抗ですけどね。(^^;)

その際にいただいたご褒美です。
まずは“ぶらっと”が中学・高校を過ごした秋田県から稲庭うどんです。住んでいたのは秋田市ですが、ご褒美目当てで寄付は横手市に。\(^o^)/Furusato_1稲庭うどんと言えば断然佐藤養助商店なのですが、結構お高いので普段は切り落とししか買えません。いただいたのは木箱入りの36cmの立派な物。ドドーンと。∑(=゚ω゚=;)

そして、東日本大震災の2カ月後に業務支援で訪れた岩手県からトロイカのチーズケーキとナチュラルチーーズ「カチョカバロ」です。Furusato_2こちらは“ふらっと”のお気に入り。
どちらも美味しくいただきました。

ちょうど昨日、NHKのクローズアップ現代「ふるさと納税 ブームが問うものは」で、高すぎるお礼の品や地方から地方へ税収が流れることでマイナスになってしまう市町村があるなどの問題点が取り上げられていました。
もらえる特産品につられて寄付先を選んでおいて言うのもなんですが、確かに寄付金の50~80%もお礼で返す市町村があるというのはどうかと思います。もう「薄利多売」みたいになっちゃってる自治体もあるみたいですから。┐(´д`)┌

ふるさと納税については、寄付金控除額だけでなくお返しとなる特産品の限度額など制度の見直しも検討されているようですね。寄付の促進になりながらも過当競争にならない程々のところに落ち着くと良いのですが。

岩手県北上市から届いたチーズケーキには、こんなお手紙も添えられていました。Furusato_3※この画像のみクリックで拡大します。
昨日の番組でも語られていましたが、ふるさと納税をきっかけにその自治体と繋がりをもち、実際に訪れたりすることが最終的な目的。自治体も物で釣って税収を上げるだけじゃないということが分かっていますね。
機会があれば、実際に訪れてみたいです。

(byぶらっと)

|

« なるとひな製作記(6) | トップページ | 鬼灯洋装バージョン製作記(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと納税のご褒美:

« なるとひな製作記(6) | トップページ | 鬼灯洋装バージョン製作記(5) »