« モノキュラー | トップページ | ルフランのシベリア »

2014年10月 8日 (水)

皆既月食

本日は皆既月食でした。自宅から観測できるのは2011年12月以来と、ずいぶん久しぶりです。
テレビでも大々的に報道していたので、マンションのベランダから見ている人も沢山いましたよ。twitterで回ってきた月食の様子の画像で予習をして、いざ観測開始です。Moon20141008_0※本日の画像は全てクリックで拡大します。

都下の我が家では、月食の始まる頃は低い位置に雲がかかっていましたが、半分欠けた頃からは雲もなくなりよく見えました。Moon20141008_1残念ながら皆既食が終わった直後くらいから厚い雲に入ってしまって観測終了。皆既食の間はバッチリ見えたのが救いです。Moon20141008_2ただ、皆既月食の写真の難しさには閉口しました。普段は満月や月面Xのように明るい月を撮っているのでピントが合わせやすかったのですが、薄暗い月はまったく合いません。(><) 72枚撮ったうち、使えそうなのは3枚だけという惨状です。

月食が終わってから国立天文台のサイトで復習すると、月食の間は天王星が見えるチャンスだったとか。
先ほどの皆既食の写真の右上を辿ってみると...もしやこれは天王星!?Moon20141008_3偶然とはいえ、ちょっと嬉しい映り込みでした。

さらに、今回はリコーCX3に付いているインターバルタイマーの機能を使って、5分間隔で月の動きを撮影してみました。それを2秒ごとに動画で繋いでみたのがこちら。

もうちょっとズームして撮っても良かったですね。
次に東京で見られる皆既月食は来年の4月4日。21:00を中心に10分ちょっとと短めですが、その時には再チャレンジしてみたいと思います。

(byぶらっと)

|

« モノキュラー | トップページ | ルフランのシベリア »

コメント

 よく撮れていますね。
 私は「久喜」で観望会の手伝いをしていましたが、各地からある程度の情報も入っていましたが。関東南部は結構雲があったようですね。
 
 それと、「天王星を写した」とありますが、そうです、アレが天王星です。皆既直後の時間帯では「うさぎの耳の先」にありましたからね。もう少し露光時間が長いと「青緑」っぽく見えるんですよ。ちなみに等級としては「6等級」くらいなので、月と並ぶ姿を見るには皆既の時が最適だったのです。

投稿: ハギハラ | 2014年10月 9日 (木) 07時31分

こっちは曇ってしまってダメででした。
来年4/4まで生きていればいいなぁ(笑)

投稿: Algernon | 2014年10月 9日 (木) 20時47分

>ハギハラさん
ハギハラさんに褒めてもらえると、ちょっと自信が付きます。
ただ、最近は写真を撮ることに夢中になり過ぎて、肉眼で楽しんでいないのが反省点でしょうか。
次回はほどほどにしたいと思います。(^^;)

天王星は、後で知ったらたまたま写っていました。
ちゃんと知っていれば望遠鏡で見たのに。

>あるぢゃさん
神奈川方面は厳しかったみたいですね。
実家の母親も「見られなかった」と残念がっていました。

次回は半年後なのですぐですよ。
80近いうちの親が次回を楽しみにしているくらいなので、あるぢゃさんは半世紀くらい先を心配してください。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2014年10月 9日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/60446396

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食:

« モノキュラー | トップページ | ルフランのシベリア »