« ブラックサンダー? | トップページ | グレアム・ペンギン製作記(1) »

2014年4月20日 (日)

「シオンの議定書」読了

勤務先の同僚に借りた「シオンの議定書」(原訳:四王天延孝/補訳・解説:天童竺丸/成甲書房)を読みました。
一言で表すと「ユダヤが世界征服するためのHowTo本」と言ったところでしょうか。
Zion 愚民を操って独裁政治を行う方法とか、戦争を起こさせて各国を牛耳る方法とか、新聞を統制下に置いて世論を操作するとか、教育制度を支配することで人民が自ら学んだかのように錯覚させつつユダヤに都合の良い思想を植え付けるとか、空恐ろしいノウハウがいっぱいです。フリーメイソンすら良いように使って、用が済んだら切り捨てる気満々らしいですよ。Σ( ̄ロ ̄lll)
自由・平等・平和をチラつかせ、理想の世界を目指しているように錯覚させながら民衆を支配下に置こうとか、既にやられちゃってる気がしなくもない。19世紀に「視覚教育」と称して、ものを考えないで理解するように仕向けることを考えていたとか、すごいですね。

まぁ荒唐無稽っていうか、中二病乙っていうか。(≧m≦) アニメに登場する独裁政府なんかの理論にも通じる物があります。
なんか読み進めるうちに、途中からヴィニエイラ様の声に脳内変換されちゃって楽しく読めました。\(^o^)/

ただ、裁判官や弁護士の話はまったくの正論だと感じました。
ちょっと引用してみます。
「裁判官が馬鹿げた慈悲を見せようとすると、それは刑法に違反することを知らなければならない。もともと刑法というのは犯罪をなくそうと懲戒的見せしめのために作られたものであって、司法官の特性を誇示するために出来たのではない。これらの特性は私生活では尊重すべきものであろうが、公的生活は人間生活の教養をなす基地であるから、ここではその特性は尊重されない。」
「弁護士はいかなる弁護をも引き受け、法理の小細工にこだわって極力無罪を主張する。これでは法廷に道徳がなくなるのである。」
これ、まさに今の裁判を見ていておかしいと感じるところです。
だから、裁判官は先入観にとらわれ易く新秩序に従いたがらない老年になる前に定年とする。弁護士は役人として固定給とし、弁護する人と直接交渉して裁判結果によって収入が増減することをなくすんだとか。
これ、とても良いことに思えちゃいます。

そして、金融の話となると流石!っていうくらい詳細で具体的。
通貨の流通量をコントロールして恐慌を起こすも経済を安定させるも自由自在。そのためには金本位制の採用は不幸でしかない。
国債も、国内で発行している間は冨を貧民から富豪の懐へ移しているだけだから良いが、外国に買わせるようになるとその利払いにより国民の富を外国へ流出させることになるとか。
まったく現代でも通用する考えですが、これを裏から操ってお金で世界を征服しようっていうのがイヤーンですね。

この本、最初に書籍化されたのが1905年(明治38年)で、内容自体は19世紀末には体系化されていたとか。よく「ユダヤの陰謀」なんて笑い話になりますが、あまりにも書かれているとおりに世界が支配されていて、笑い事では済まされない感じです。
とはいえ、これが書籍化されて100年以上経っても世界を征服できていないっていうのも、それはそれで口ばっかり?と。(^^;) でも、本当にこんな陰謀を巡らす民族が、こんな大事な秘密を流出させてそのままとも思えません。「偽書」という噂もあるようなので、あえて世にチラ見せしてるのかもしれません。

ところで、アニオタとして気になるのは「シオン」という語。
ユダヤ人の約束の地を表すのですが、スペルは「ZION」。そのままカタカナに読めば「ジオン」ですね。ガンダムに登場する「ジオン公国」は今でこそ「ZEON」というスペルですが、我々ファースト世代には「ZION」でした。それこそ「シオン」と混同されないようにスペルを変えたらしいです。

「シオンを目指す」という思想が「シオニズム」。一部には「シオニズムの大君」が「ジオン・ズム・ダイクン」の元だという説もあるとか?
「シャア・アズナブル」がシャンソン歌手の「シャルル・アズナブール」から取ったというのはファースト放映当時から有名な話だし、あながち間違いじゃないかもしれません。
まぁ国民的アニメになったガンダムが、今さら「ユダヤの思想をベースにしてました」とは言えないでしょうから、真相は永遠の謎でしょうけど。
なんか、最近msnのサイトで紹介されていた「ガンダムを創った男たち。」というマンガも読んでみたくなりましたよ。

(byぶらっと)

|

« ブラックサンダー? | トップページ | グレアム・ペンギン製作記(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/59486831

この記事へのトラックバック一覧です: 「シオンの議定書」読了:

« ブラックサンダー? | トップページ | グレアム・ペンギン製作記(1) »