« ショートトラック | トップページ | “ぶらっと”くんの誕生日 »

2014年2月19日 (水)

「オリガ・モリソヴナの反語法」読了

「オリガ・モリソヴナの反語法」 (米原万里著/集英社文庫)を読みました。
Om 主人公は小学校高学年から中学校の途中までロシアに留学していた日本人。ペレストロイカ後の崩壊したソ連邦で、留学当時から謎に包まれていた先生の消息を追う、ミステリー要素の豊富な“フィクション”です。
この“フィクション”というのが大事な情報。直前に同じ作者の「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」(実話に基づくエッセイ)を読んでいたため、モデルになった人々が分かってしまう。歴史的な背景も事実に沿って書かれています。そのため、どこまでが実話なのか混乱してしまいました。
後書きを読むと、人物のモデルは実在するけど、過去の話やその後の消息などはすべてフィクションとか。その辺を整理してから読んだ方が純粋に楽しめます。ちょっと勿体ないことをしました。

スターリン時代の大粛正や強制収容所の実態などはしっかりとした取材に基づいているし、謎解きのストーリーも破綻なく作り込まれた長編なので、前提知識や先入観なしで読むことをお勧めします。先に実話のエッセイを読んでいる場合は、それらは忘れてくださいね。

(byぶらっと)

|

« ショートトラック | トップページ | “ぶらっと”くんの誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/59158952

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリガ・モリソヴナの反語法」読了:

« ショートトラック | トップページ | “ぶらっと”くんの誕生日 »