« レモンの収穫 | トップページ | blog再公開 »

2014年1月 5日 (日)

安顕エッセイ

たまたま本屋に行ったら、onちゃん安田さんのエッセイを見つけました。Yasuken
正式なタイトルは「北海道室蘭市本町一丁目四十六番地」(幻冬舎文庫/安田顕 著)です。雑誌連載されたものを何年か前に単行本に纏め、それが今回文庫化されたらしいですね。

主に安田さんとお父さんのお話なのですが、豪快で愉快なお父さんの話は読んでいて楽しいです。
あと、文章が読みにくい。(^^;) 話しているうちに主語が安田さんだかお父さんだか曖昧になる。さっきまで安田さんの話だったと思ったら、いつの間にかお父さんの話になってる。何というか、安田さんがしゃべってるまんまな感じがするんですよ。すぐそこで訥々と安田さんが語っているような文章なんです。
この場合、「読みにくい」は褒め言葉ですからね。(*^ー゚)b!

「水曜どうでしょう」の新作では、大泉さんがご自身のエッセイをしきりに売り込んでますが、何故か安田さんのエッセイを買ってしまった私。安田さんの人となりに触れられたようで、なかなか良かったですよ。
安田さんの家族語りを通して親子とか家族の在り方を考える切っ掛けにもなるので、そういう意味では万人にお勧めしたい内容です。文章は読みにくいですが。\(^o^)/

(byぶらっと)

|

« レモンの収穫 | トップページ | blog再公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/58722766

この記事へのトラックバック一覧です: 安顕エッセイ:

« レモンの収穫 | トップページ | blog再公開 »