« 鬼灯さま製作記(6) | トップページ | 作業中のBGM »

2014年1月30日 (木)

「ホテルジューシー」読了

“ふらっと”が「和菓子のアン」の作家さんだから面白そうといってずいぶん前に買っていた「ホテルジューシー」(坂本司著/角川文庫)を読みました。
大家族の長女として家のことを切り盛りしていた“しっかり者”の女子大生が、初めて夏休みを丸々自分のためだけに使って良いと言われて時間の膨大さに漠然とするところからお話が始まります。
石垣島のリゾートホテルで住み込みアルバイトをすることになったものの、オーナーからの依頼で那覇の格安ホテルにトレードに出されてしまいます。ワンルームマンションを流用したという設定のこのホテルが、昨年2月に沖縄に行ったときのゲストハウスにそっくりのイメージで懐かしくなります。

周囲のテーゲーさに辟易しながらも、そこで出会う人々とのふれあいを通して少しずつ島の風土に馴染んでいく様子が微笑ましいです。
「あずまんが」の修学旅行や「龍神マブヤー」「はいたい!七葉」で聞いたウチナーグチがちらほらと登場するのも楽しいです。ちなみにホテル名の「ジューシー」も「juicy」ではなくウチナーグチです。
沖縄にはあまり良い思い出がないのですが、これを読むと国際通り辺りでチャンプルー文化にどっぷりつかりたくなるから不思議です。

先に出版された「シンデレラ・ティース」という主人公の親友のお話もあるらしいのですが、そちらを続けて読みたいかというと微妙なところ。(^^;) この作品は沖縄での周囲の人々とのふれあいが魅力なので。
そういえば「和菓子のアン」も、その前に出ていた姉妹作「切れない糸」を読んでないなぁ。読んだ2作品とも登場人物を囲む雰囲気の良さは同じだったので、関連作品も楽しめるだろうし、機会があれば読んでみようかな。

(byぶらっと)

|

« 鬼灯さま製作記(6) | トップページ | 作業中のBGM »

コメント

ちょうど私も読んだところです。
続けてシンデレラ・ティースを読みたくて書店を見たけどみつからず、iBookで購入しました。
ホテルジューシーよりもミステリー感は少なく、やや恋愛小説寄りでした。
切れない糸も読んでみようかな。

投稿: MICCHAN | 2014年1月31日 (金) 20時13分

■みっちゃん
おぉ、偶然ですね。
ホテルジューシーも和菓子のアンに比べてミステリー感が少なかった気がしますが、さらに少な目ですか。(^^;) どうしようかな。
とりあえず切れない糸から行ってみたいと思います。

投稿: ぶらっと | 2014年2月 1日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/58996763

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホテルジューシー」読了:

« 鬼灯さま製作記(6) | トップページ | 作業中のBGM »