« ドイツ クリスマス・マーケット巡り【1】 | トップページ | ドイツ クリスマス・マーケット巡り【2】 »

2013年12月25日 (水)

シュトーレンとシュネーバル

メリークリスマス!20131225 クリスマスと言えば「ケーキを食べる日」みたいな風潮になってますが、我が家はシュトーレンです。
初めてシュトーレンというものを食べたのがこのとき。そして昨年食べたのは廉価版?(^^;) 一応ドイツからの輸入菓子ではあったんですけどね。

今年は、この夏に府中に移転してきたyukkayaさんの(黒っぽい方)と、ドイツのクリスマスマーケットで買ってきたの(白っぽい方)という贅沢仕様で。20131225_2 本来なら11月末からクリスマスまでに少しずつ食べるものですが、今回は旅行で家を空けてしまったので今ごろ食べています。
yukkayaさんのは、黒糖と泡盛が隠し味となっていて美味しいです。が、yukkayaさんらしくナッツ類やドライいちじくなどが一杯。ちょっと多すぎて、シュトーレンというよりyukkayaさんの通常のパンだな、という気がしないでもないけど。\(^o^)/
ドイツのシュトーレンも美味しかったですよ。現地でも何種類か食べてきましたが、お店によって味が違うのも面白いです。たくさん買ってきたので、まだしばらく楽しめそうです。

そして、“ふらっと”のメル友のドイツ人から教わった「温めてバターを付けて食べる」というのもやってみました。20131225_3 本音を言えば半信半疑だったんですけどね。さすが、本場のドイツ人が薦めてくれるだけあって、美味しいです。ほんのり温かく、バターの風味がマッチします。シュトーレン好きな方には一度試していただきたい食べ方です。

今回の旅行で密かに楽しみにしていたのがローテンブルクの名物「シュネーバル」です。
ドイツ語のシュネーバルは、英語で言うところのスノーボール。雪玉を模したお菓子ですね。20131225_4 20年以上前の事なので知っている人も少ないと思いますが、ミスタードーナッツでスノーボールという商品がありました。それが正にこのシュネーバル。大好きだったんですよ~。
サクサクした食感が懐かし~い!

それにしてもドイツ語って「シュ」で始まる言葉多いですよね。
シュトーレンとシュネーバルもそうだけど、シュタイフとかシュトゥットガルトとかシュタインズ;ゲート(藁)とか。英語の「ス」が「シュ」になる感じ? なんかカワイイね。

(byぶらっと)

|

« ドイツ クリスマス・マーケット巡り【1】 | トップページ | ドイツ クリスマス・マーケット巡り【2】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトーレンとシュネーバル:

« ドイツ クリスマス・マーケット巡り【1】 | トップページ | ドイツ クリスマス・マーケット巡り【2】 »