« 作ってみる~スミロ丼(2) | トップページ | 国宝 興福寺仏頭展 »

2013年11月12日 (火)

十月十夜

本日は旧暦の10月10日。Wikipediaさんによれば、「中秋の名月」「後の月(九月十三夜)」に続く「三の月(十日夜の月)」だそうです。
月齢は8.6なのですが、本当に今夜で良いのかなぁ?(^^;) 満月は6日も先なんですが。もっとも、このくらいの月齢の方が、満月より写真映えはしますけどね。1010moon ※写真はクリックで拡大表示します。

一昨日の月面Xは、雲のためにまったく見えませんでした。雲の切れ間から見えた場所もあったようなので、ちょっと悔しいです。
次回は来年の4月7日18:00頃とか。今年は4回もあったのに、来年は2回、再来年は1回だけですか!?Σ( ̄ロ ̄lll) せっかく望遠鏡を買ったのになぁ...

(byぶらっと)

|

« 作ってみる~スミロ丼(2) | トップページ | 国宝 興福寺仏頭展 »

コメント

 あれ?「十日夜」って今日でしたっけ?私は14日だと思ったのですが・・・。私が間違えているのかな??
 望遠鏡、何も「月面X」だけなんてもったいないですよ。今の時期は「金星」が見ごろですね。「半月状」になっている金星を観察するのも面白いですよ。
 それと、期待はできませんが「アイソン」を見るにも望遠鏡は役立つと思います。ただ「太陽」は覗かないよう注意してくださいね。

投稿: ハギハラ | 2013年11月12日 (火) 21時59分

■ハギハラさん
wikipediaを見たら「旧暦10月10日」とのことだったので、それなら今日なんですよね。
月齢だと13日が9.6、14日が10.6。いつ見るのが正解なのかは私も分かりません。(^^;)

望遠鏡は今日も使いましたよ。
中秋の名月の頃より寒い分、空気が澄んでいるのでしょうか。とても綺麗にくっきり見えました。
金星も今度チャレンジしてみます。

アイソン彗星は今のところ期待はずれの感が否めませんね。
実際に見え始めて望遠鏡の出番があると良いのですが。

望遠鏡で太陽は、さすがにないですね。子供向けなので、鏡筒にも「太陽に向けてはいけません」と赤でデカデカと書いてありますし。(^^;)
月を見ている姿を横からのぞき込むと、月の光が目に映り込んでいるのが見えます。月でもものすごく明るいので、これが太陽だったら恐ろしいことになるのがよく分かります。

投稿: ぶらっと | 2013年11月12日 (火) 23時42分

う~ん、日にちをとるか、月齢をとるか?ですかね。
寒くなってくると空気が澄んできますが、寒いのが難点ですよ。
太陽を覗かないようにとは、「アイソン彗星」を観測する時の注意でして、「11月29日」の最接近時はとても太陽に近いので。その後も2~3日は太陽に近いので、その注意ですのであしからず。
満月は明るく、望遠鏡で見ていると目が痛くなりますからね。それでも「太陽」よりもずっと暗いんですよ。

投稿: ハギハラ | 2013年11月13日 (水) 20時40分

■ハギハラさん
空気が澄んでいる事の方が大事なので寒いのを我慢するしかないのでしょうが、お気軽な月見には辛いですね。(^^;)

天体望遠鏡=夜のイメージだったので、彗星の近日点では太陽を見てしまうリスクがあるということを忘れていました。
もっとも、近日点を迎える29日から12月1日までは、残念なことに仕事絡みで拘束されてしまうのですが。orz

投稿: ぶらっと | 2013年11月14日 (木) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/58563447

この記事へのトラックバック一覧です: 十月十夜:

« 作ってみる~スミロ丼(2) | トップページ | 国宝 興福寺仏頭展 »