« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

イタリアン アフタヌーン・ティー

シャングリラのアフタヌーン・ティーに行きたいな~と友人に連絡したところ、予約取れるよと言うのでお願いしました。するとロビーラウンジとホテル内のイタリアンレストラン「ピャチェーレ」の「メレンダ イタリアーナ」とを間違えてしまったとか。しかし、せっかく予約が取れたのだからと行ってきました。

まぁ~正直お薦めできません。随所で印象が悪かった。まず、予約の14:30に到着したのに、「席をご用意しています」と言ったきり20分待たされました。途中、催促しても「待て」の対応です。そして食事中も注文した飲み物が出てくるのが異常に遅かった。飲み物がないので、出ているものを食べるに食べられない・・・。orz
どちらもくどいほど謝られましたが、それも返ってクレーム避けというか気持ちがこもってないように感じてしまいました。確かに謝罪以外為す術はないのでしょうが・・・。

それはそれとして肝心のメニューです。
At_1 上の段は、生ハムやチーズ、ポルチーニ茸など、イタリア料理の定番を使ったもの。これが一番美味しかった。スパークリングワインと一緒にいただきましたが、本当にワインと合うなと思いました。下は3種のスコーンです。こっちも美味しかったけどね。
At_2_2 ケーキがね・・・見るからにショボイね。( ´・ω・`) 味も普通です。特筆すべきところはありません。最後にヌガー、クッキー、チョコが出ます。その時点でガッカリ感が強くて、写真も撮り忘れました。(^^;

ここはブルスケッタとワインをいただく方が、満足度が高いと思います。アフタヌーン・ティーは、無理を感じますね。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

これで旅は安全!・・・か?

どうでしょう祭りで買えなかった“旅安全御守”をGET。ヽ(´▽`)/
Sui_dou_1 ついでにonちゃんグッズやらMIZUNOとコラボしたというブレスサーモエブリー(アンダーウェア)も購入。これで寒い冬もバッチリv(^^)v的な。

ところでこの御守り、ペラペラしてるんです。中が気になって開けちゃいました。(本物にはこういう事をしてはいけません。笑)
Sui_dou_2 中からは「騒ぐと損」と出てきました。これは御利益がある・・・のか。(笑) 

さて、せっかく社員旅行に連行されるのですから「御守りを持って行きなさいよ」と言うわけですよ。するとヤツは「ヴィンちゃんを持ったからいらない」と言うわけですよ。「それはマスコットキーチェーンで御守りじゃないでしょ」と言うわけですよ。しかしヤツは持たない訳ですよ。じゃ~何のために買ったんだよ。o(`ω´*)o
え~御守りの登場はもう少し先になりそうです。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

社員旅行

昭和的ノスタルジックな風習なので、今どきは行かないって会社も多いかと思います。
が、うちの会社はあるんですよ、社員旅行が。
でも、まったく行きたくないのでいつも欠席してたんです。そうしたら、ご丁寧にも幹事に任命してくださりやがりまして、今年は(来年も)強制参加となった訳です。

せっかく「水曜どうでしょう」の最新作が放映中だっていうのに、なにが悲しくて会社の人達と週末潰して付き合わなきゃいけないのかと。
「おい、これは拉致監禁だろ!」「こっちはひとっつも行きたくねーつってんだ!」などと大泉さんの台詞を虚しくつぶやきつつ、明日からバカバカしい旅に連行されてきます。orz

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

「レドの笛」製作記(1)

「翠星のガルガンティア」でレド少尉がヒディアーズの爪で作っていた笛。
Ledo_1_1 Ledo_1_2
表側に4つの穴が2列、裏側に少し離れて大きめの穴が2つ、上部に歌口と思しき細長い穴と小さな穴が一つずつ。これ、オカリナそのものだよね?

市民講座でオカリナっぽいもの(これとかこれ)を作った経験があるので歌口の作り方は知ってるし、我が家には見本にできるオカリナもある。さらに、“音具”作りの本という強い味方も揃っているとなれば、もう作るしかないよね?
(音具ワークショップの記事で「思うところ」と書いたのも、ケーナよりオカリナ系の楽器を先に紹介した「都合」も、すべてここに繋がるのでした。)

ということで、レド少尉の笛を作ってみます。
目差すのは「音が出て、音階を取れて、演奏できる」もの。上手くいけばレジンで複製して冬のワンフェスに出してみたい。
まぁ、形が特殊なので、音が出なかったり音階が取れない可能性も高いですけどね。そうなれば、その時点で製作は中断します。(^^;)

一次原型は、扱いやすいファンドを使います。
Ledo_1_3 まずは大きさを決めて、全体の形を出すところから。音あわせで楽できるように、なるべく見本のオカリナと容積が近くなるようにします。音を出す歌口の部分を作り込みつつ下側を作り、それに被せるように上側も作ります。
一品物で作るなら素焼き粘土を使って歌口や運指穴まで一気に作ってしまうところですが、これはレジンキット化を目差しているので今日はここまで。数日は乾燥待ちです。

通常のフィギュアと違って演奏までを目標としているので、形ができただけじゃダメというのが厳しい...
はてさて、どうなりますやら。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

「国語、数学、理科、誘拐」読了

Ksry 「浜村渚の計算ノート」シリーズの青柳碧人さん著、「国語、数学、理科、誘拐」(文藝春秋)を図書館で借りて読みました。

小中学生を対象にした塾で誘拐事件が起き、各教科の講師達が得意科目の問題を解いていくという(一応)ミステリー。
講師同士の人間関係に子供達のしがらみも絡んできて、事件を解決することで皆が幸せになれるという展開...なんですが、ちょっと微妙な感じ。

いや、つまらなくはないんですよ。浜村渚シリーズ同様、軽くて楽しく読めるし、ちょっとした学習問題を上手く物語に取り込んでるし、作者さんの特徴が活きています。が、ちょっとやり過ぎ。(--;)

最近は浜村渚シリーズも数学の問題に凝りすぎる嫌いがあります。twitterで作者さんをフォローしているのですが、「こんな事を思いついたけど、上手く小説に使えないかな」的なつぶやきが多いです。今回も正にそんな感じ。
浜村渚シリーズでは散々お世話になっているので言いにくいですが、ぶっちゃけ図書館で借りて読むくらいでちょうどかと。(^^;)

だいたいねぇ、「社会」と「誘拐」で上手いこと言い換えたつもりかもしれませんが、「国語、算数、理科、社会」でしょ! ジャポニカ学習帳的に。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

鬼灯さま製作記(3)

「製作記って、どうやって書くんだっけ?(´д`)」・・・みたいな。(笑)
Hozuki_05_2 長い時間を掛けて、アレコレいじったんですけど、こうしてみるとあまり変わったように思えないのが悲しい。(笑) それでもなんとか構成が決まりました。パーツ分割も出来たし、作り込みも終了です。これから磨くぞ!(^v^)
Hozuki_06 ・・・と言ってますが、ここに写っているパーツだけです。(^^;
実はまだすべてのパーツは揃っていません。それらはこれから作ります。粘土を乾かす時間も必要だし、原型完成はもう少し先でしょうかね。(;´▽`A``

(byふらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

映画『清須会議』

近所のレイトショーでお手軽に『清洲会議』を観てきました。(^v^)
Kiyosukaigi_1 三谷監督らしい作品だなと言うのが、最初の印象です。ストーリーを清洲会議にだけ絞り、そこでの心理戦とコメディーを程よくブレンドした感じ。エピソードに派手さがないので、笑いも小粒感はありますが。(^^;
そして毎度の事ながら良い役者さんを揃えているな・・・と。豪華さという意味じゃなく、上手さという意味で。まぁ~洋ちゃん以外はですが。(^^; これは大泉洋が悪い訳じゃなく、私の中の洋ちゃんがあまりに“水曜どうでしょう”に毒されているからです。なんか映画を観てても、藤やんの笑いが聞こえそうでした。orz

この映画、勝家と秀吉の戦いの裏で女達の戦いもなかなかです。秀吉を恨むお市の方、織田信忠(信長の長男)の妻、松姫。ネタバレになるので書けませんが、見どころの一つです。・・・何というか、寧の笑顔が心に染みるな~と思いました。

さてさて、思いがけない登場人物。それが更科六兵衛(ステキな金縛りに出てきた落ち武者)です。北条方武士として登場します。あまりに唐突で、あまりに意味不明だったので、その時は気が付きませんでしたが・・・。(^^; だって、滝川一益(織田四天王の一人)がたった一人で走ってるのも分からないし、そこにいきなり六兵衛が出てきても意味不明だよ。あれは必要だったのか・・・。(--;

大爆笑ではないけれど、そこそこ楽しい映画でした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

勤労奉仕してきた

数年前から我が家のマンションで実施されているイルミネーション。最初は言い出しっぺの役員さんが作業をされていましたが、ここ数年は住民の持ち回りとなっています。で、今年は我が家も担当に任命されてしまいました。
本日はその設置作業日。絡み合っているLEDをほどいてエントランスの木に縛り付けていきます。
20131123_1 20131123_2
脚立に登ったりして結構大変でした。
参加者みんなで手分けして、何とか終了...20131123_3
20131123_4 ...と思いきや、「手が空いた人は中庭もお願いしま~す」とのことで移動。
中庭の木にも電飾を施して、作業終了。ざっくり片付けをして解散となりました。
いやぁ、結構大変ですね。今度は冬が終わる頃に撤去作業もあるんですよね。(^^;) 昨年まで頑張っていた方達の勤労にも感謝しないとね。

まだ明るいので作業の成果はイマイチ分かりません。
暗くなったら写真を撮って、追加したいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

ろうがんず

タミヤのヘッドルーペを購入しました。

TERASAKIのOEMですが、通常価格だとタミヤのマークが付くだけで1,000円近く高くなります。知り合いも使っていて評判も良いのは知っていましたが、いかんせん価格が...(^^;)
ところが、今なら52%オフの3,409円と聞き、速攻で購入。

Head_loupe ハヅキルーペよりお安いのが良いですね。レンズは1.7倍、2倍、2.5倍と交換もできます。自分はまだお世話になっていませんが、これから更に目が悪くなっても大丈夫でしょう。

(byぶらっと)

さて、主に利用している私の感想は、「まーまー快適。( ^ω^ )」です。
メガネの固定がノーズパッドじゃないのが超イイ!(・∀・) ノーズパッド嫌いなんですョ。鼻炎の症状が出ている時はとにかく無理。orz そのイライラがないのが良いのですが、オデコのパッド(これはオデコで固定)がレンズの重さでズルズル落ちます。(ノ∀`)・゚・。 完全に落っこちはしなけど、思う位置で安定してくれないのがマイナスです。
原型を作る時は、以前買った据置の拡大鏡の方が使い勝手が良いのですが、筆塗りでは必須アイテムとなりました。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

FORESTER LIVE

・・・と言うタイトルなのに、私がblogを書くという不思議。(笑)
Forester_1 新宿に出かけた時のお使いの定番“カートピアGET!”と言うことで、SUBARUショールームへ。難なく11月号を手にしたので帰ろうかと思ったら、随分ド派手なFORESTERに気が付きました。よく分からないけど、ナンバープレートとか面白いしと写真を撮ってみたり。

あら、なんかスゴイ車みたい!(写真は拡大します。)
Forester_2
実際に10万キロを走った車なの?それにしては綺麗ね、うちのはあんなにボロボロなのに。(それは距離じゃなくて歳月のせいです。orz)・・・などと思いながら見てきました。ボンネットのシールが格好いいじゃないか!(・∀・)

展示されていると知ってはいたけど、見に行く機会はないな~と、旦那さまは諦めていたようです。
Forester_3 SUBARUの車は、なぜかどこに行っても見たいと思う人より、まったくその気のない人(私)の方が断然出会いが多いようです。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

富士重工業 吉永社長にとっての「スバリスト」

「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫さんが1975年のカートピアNo.31号誌上の「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指します。~「cartopia」2006年1月号より引用~

当blogでも過去に取り上げたことがありますが、上記の通り「スバリスト」というのはユーザーによって生み出された言葉です。
しかし、今日ネットで見かけた吉永社長の言葉によると、また違った捉え方があるようです。
以下、yahoo!ニュースより引用します。

---(ここから引用)---

【東京モーターショー13】スバル吉永社長「私たちはスバリストが誇り」
レスポンス 11月20日(水)12時59分配信

富士重工は20日、東京モーターショープレスブリーフィングで『レヴォーグ』を世界初公開した。吉永泰之社長は、来年春の発売に期待してもらいたいと述べるとともに、これまでスバルを愛し、支えてきたスバリストが誇りであると語った。

吉永社長は、レヴォーグとロサンゼルスのオートショーで世界初公開される新型WRXについて述べた後、「お客様のお話をさせてください」と続けた。

「私どもスバルを支え、愛していただいているお客様のことを、最大級の敬意を持ってスバリストと呼んでいます。その方たちは人生を楽しみ、車の走る楽しさを愛し、趣味に情熱をそそぎ、家族や仲間を大切にする方たちです」

「このような方々がいらっしゃることと、このような呼び名があることは私たちスバルの誇りです。そうした全てのスバリストに最大級の感謝をこめて、共に走り続けていきます」

現在、スバルはそうした日本のスバリストをはじめ、世界中のユーザーに支持を得ることで大きな成長をしているとした上で、次のように締めくくった。

「スバルはこれからも、これまで以上に安心と楽しさをお客様に提案し続けます。これからのスバルに益々ご期待ください」。

《レスポンス 嶽宮 三郎》

---(ここまで引用)---

なんか、嬉しくなる言葉ですね。こうしてユーザーを大事に思ってくれるからこそ、ユーザーが楽しめる、そしていざというときにはユーザーを守ってくれる素晴らしい車を作れるのでしょう。
社長の言葉に合わせたように「I'm a SUBARIST」なるコンテンツも公開されているので必見です。

父の代からのスバルユーザーとして、低迷していたレオーネ時代も含めてスバルを応援してきて良かったと思えます。
今でこそまったく売り上げに貢献していないユーザーではありますが、これからも影ながら応援し続けたいと気持ちを新たにしまた。

 

このモーターショーでは、新型車「レヴォーグ」も発表になっています。「25年目のモデルチェンジ」という謳い文句ですが、北米向けに肥大化したレガシィに対して、日本向けのレガシィという印象を受けました。
まさに「レオーネ==>レガシィ」から25年目の「レガシィ==>レヴォーグ」というモデルチェンジがピッタリ。実車を見るのが楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

作ってみる~スミロ丼(番外編)

今回もキットとは別にちまちま工作したモノについてです。(^-^)

これはお椀の中身として作った具です。
Stiger_5 ファンドで適当に作って色を塗りました。ここまでやってから「これ大きすぎて全部は中に入らないなぁ」と。( ̄○ ̄;)!
「なんで色を塗る前にサイズを確認しないの!」щ(゚Д゚щ) と怒られましたが、時既に遅し・・・。仕方ないので、ほうれん草と蒲鉾は一回り小さく切りました。(^^; 切った部分は他の具で見えないように隠しつつお椀にセット!v(^^;

Stiger_6 小物の大きさ比較をしようと思いながら、先を急いでしまい全部が完成しちゃいました。orz とりあえず、ギリギリよつばで比較になるか・・・。ダメか・・・。
サイズですが、お椀が直径1.4cmくらいで、花麩0.5cm、椎茸0.7cmくらいになってました。お箸は袋が3.5cm×0.7cmで、箸が3.8cm×0.4cmくらいです。
ベースに固定した後、定規で測ってる程度の精度と思ってください。

オマケでベースの話。
Stiger_7 100均は素材の宝庫と言いますが、本当に最近よくお世話になってます。(笑) 前回の夏目くんは写真右端のMDF材を使いました。10cm×10cmの板が5枚入っています。
今回は左端の湯ぶたを使いました。プラ材に桜の模様入りです。直径8.8cmくらいです。そして真ん中はゴムの木のコースターです。まだ使っていませんが、直径9.4cmの2枚入りです。これでしばらくベースには困らないかな。(^^*

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

作ってみる~スミロ丼(3)

記事が3回目でもう完成!∑(゚∇゚|||) なんとも早かった。(笑)
(本日の写真は拡大します。)
Sumiro_1 ジャ~ン!海老天風サーベルタイガーくんです。f(^^; 塗装で試したかったと言うのが、これです。表面処理をしている時に「足をエビのシッポに見立てたらそれっぽいかな?」と微かに頭を過ぎった疑問にチャレンジしたくなったのです。
結果、微妙な出来になってしまったけど・・・。(^^; “ぶらっと”には「足を火傷してるように見える」とか言われてショックだよ。(ノ∀`)・゚・。

もう一つの試みは小物関係。
Sumiro_8
まず、どんぶりに【模型の王国】ロゴを。こちらはタトゥーシールを使ってます。そしてお椀の中に具を作り、汁を流しています。お吸い物と言うよりは、雑煮のようだけど、それはご愛敬。f(^^*
汁は最初に『水の素』という固形物を熱で溶かして流す素材を使いましたが、お椀に数滴垂らそうと四苦八苦する間に固まってしまい、上手く出来ませんでした。(;ω;) 次に『UVジェルクリア』という、素材を流した後で紫外線を当てると硬化するものを使って、なんとか完成させました。ラストは割り箸。楊枝を削って箸を作りました。
ちょっとした工作を加えつつ、スミロ丼の完成です。ヽ(´▽`)/

別角度の写真をfgにアップしてありますので、そちらもヨロシク!

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

宵の明星

先日、blogのコメントで「金星が見頃ですよ」と薦められまして。気にはなっていたのですが、なかなか改めて見る機会がありませんでした。まぁ、会社から帰ってくるころには沈んでますし。┐(´-`)┌
先ほど17:00過ぎでしょうか。たまたま庭に出てみたら、いい感じで真っ正面に金星が輝いていました。さっそく35倍の組立天体望遠鏡を引っ張り出してきて観測開始!Venus_20131117_1 今の時期だと三日月のように欠けて見えるらしいです。
確かに欠けているのは分かりますが、結構まぶしくて分かり難いです。さらにメガネ越しなので安定して見えません。一応コリメート法で撮影もしてみましたが、分かるような写真が撮れるわけもなく。orzVenus_20131117_2 写真はこれが限界。かろうじて欠けている側には光が広がってないのが分かる程度。生で見ると、もう少し三日月状に見えるんですけどね。

金星が満ち欠けするのが見えるという望遠鏡の威力はスゴイですが、月のクレーターを見るほどの感動はないかな。(^^;)
次は土星の輪っかにチャレンジしたいです。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

シュトーレン予約してきた

まちBBSという地域のコミュニケーションサイトで分倍河原と府中の間くらいに美味しいパン屋さんがあると知り、さっそく行ってみました。が、情報通り凄まじい混雑。Σ( ̄ロ ̄lll) さほど広くない店内にはお客さんがひしめいていて、とても入ってみようという気にはなりません。
で、先週に続いてyukkayaへ。(^^;) こちらはお客さんが途切れず混みすぎずというのが良いですね。Yukkaya_strn2 2週連続なので、先週と違うパンを中心に購入。お会計の時にレジ横を見ると、シュトーレンの予約開始のお知らせが貼ってありました。Yukkaya_strn1 先週のオフ会の時にも「そろそろシュトーレンの季節」という話題になっていたんですよ。
その場でさっそく予約してしまいました。販売開始が待ち遠しい~!

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

越中屋酒店

近所のコンビニがお店を分割して、ちょっと洒落た酒屋さんをオープンしていました。
我が家からは歩いて5分の距離ですが、普段はまったく通らない道にあるため新装開店には気づかずじまい。たまたま普段と違う道を通って発見し、先日ココットでランチをした帰りにさっそく寄ってみました。
元々酒屋さんがフランチャイズで始めたコンビニだったので以前からお酒も扱っていましたが、改装を機に店構えを分けたようです。中は繋がってるんですけどね。(^^;)Echuuya_1 ワイン、日本酒、焼酎など、お酒の販売がメインですが、小さなカウンターもありグラス売りもしていました。で、売れ筋のお酒を1杯頼みつつ、「どういったお店なんですか?」と聞いてみました。
「お酒は息子がやってるから詳しい話はよく分からないんだよ」などと言いながら応対してくれたのはコンビニのオーナーさん。その息子さんはどうしたかと言えば、前日遅く(というか当日明け方)まで常連さんの飲み相手をしていたため起きあがれないとか。

リニューアルオープンは半年ほど前だそうです。
店内にはワインコーナーと日本酒コーナーがあり、それぞれセラー部屋も完備...なのですが、まだ棚はスカスカ。(^^;)Echuuya_2 息子さんはワインの「ソムリエ」や日本酒の「きき酒師」だか「酒匠」だかの資格も取って、各地の蔵元を回り直接契約を進めている最中とか。そんな訳で今は取り扱い銘柄が少ないですが、これから仕込んむ新酒が出回る頃にはグッと増える予定だそうです。
ビールもカールスバーグの生をサーバーから提供するなど、拘りがあるとか。まぁ、私はビール飲めないので関係ないですが、両親が来たら試してもらおう。Echuuya_3 とりあえずオーナーさんから聞いて分かったのはこのくらい。
料理は出すのかとか不明なまま。雰囲気的には隣のコンビニで買った物をつまみにしても良いみたいでしたが。(^^;)
グラス1杯でなく、少量ずつ利き酒セットとかで色々試せると良いんですが。
今度、息子さんがお店に出ている時に行ってみよう。

ちなみに飲んだのはこちら。Echuuya_4 秋田県横手市の蔵元で、三郷錦という米を使った「阿櫻 純米吟醸」です。
口当たりが良くスッキリしていて、飲みやすく美味しいお酒でした。
あ、もちろん帰りは自転車を押して帰りましたよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

サカサマのパテマ(劇場版)観てきた

先日「another side」のコミックを読んだ「サカサマのパテマ」ですが、劇場版のストーリーが気になって仕方がないので、さっそく観に行ってきました。
昨日はちょうど興福寺仏頭展のために休暇を取っていたので、その帰りに。角川シネマ新宿は水曜割引が男女とも1,000円なので嬉しいです。Sksm_ptm3 まだ先週末に公開になったばかりなので当然ネタバレなしの範囲でしか書けませんが、一言「これは良い!!(・∀・)」です。

理解できるか心配した上下“サカサマ”の表現も、ぐるっと180°天地を回転させるカメラワークで臨場感たっぷりに分かりやすく表現されています。
サカサマの世界に引き込まれ、ポスターにも書かれている「手を離したら、彼女は空に落ちていく。」という表現が肌で感じられます。っていうか、見てるこっちも落っこちそうな気がしてきて恐いです。(((゚Д゚))) これは映像で観てこそですね。

Sksm_ptm4

角川シネマ新宿では、4階のエレベーターを降りたところに監督と主演声優さんのサイン入りポスターが飾ってあるので、こちらも必見です。※この画像はクリックで拡大します。

コミックの方は劇場版の10~20年くらい前の話でしょうか。純粋に地下世界の日常と、上下がサカサマの世界の存在が描かれていましたが、劇場版本編ではサカサマ世界の誕生理由や謎解きまでキッチリ決着が付けられています。
もちろん、コミックの前提知識なしで行っても大丈夫。逆に変な先入観がない方が、純粋に楽しめるかもしれません。観てから読むか、読んでから観るかはどちらでも。

ただ、公式サイトからもリンクされていますが、ニコニコなどで配信されている「Beginning of the Day」(本編の序章にあたる物語)は、劇場に行くのなら見ない方が良いです。
内容が気になって先ほど見てみましたが、劇場版の冒頭25分が丸々公開されているんですよ。どんなものか試しに見ないと劇場に行く踏ん切りが付かないなら仕方ないですが、全体の1/4を視聴してしまうことになるので、劇場で一気に観る感動が3/4に減ってしまいますよ。(^^;)

劇場で見終わってからゆっくり考えると、いろんな所にいろんな「サカサマ」が仕込まれていて、二度見したくなります。DVD出たら買いですね。
まぁ、悪役が“どこかで見たような”典型的なキャラなのはご愛敬です。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

国宝 興福寺仏頭展

東京藝術大学大学美術館で開催されている『国宝 興福寺仏頭展』に行ってきました。写真ではよく分かりませんが、こちらが美術館の入り口です。(^^;
Butu_zo_2 展示の目玉は“白鳳の貴公子”と呼ばれる銅造仏頭(678年鋳造開始、685年開眼供養)なのですが、その他にも国宝・重文が目白押しです。(o^-^o)
見学は弥勒菩薩半跏像と厨子の美しさ、少しコミカルに見える扉絵に始まり、国宝の板彫十二神将像が3枚ずつ薬師如来像の台座に張られていた時のように展示されています。ぐるりと見て歩くと、正面から、斜めからと角度を変えて鑑賞できます。

そして自分的に一番の楽しみ、国宝の木造十二神将立像です。お寺では手が届きそうなほど近くで、ましてや後ろからなど見ることは出来ません。一体ずつじっくり鑑賞できるのが素晴らしいです。ポーズや仕草、衣装など見どころ一杯です。そして頭部の十二支(11世紀以降の十二神将像には十二支を乗せている特徴があるらしい)もなかなか笑えます。(^^; 寅は犬っぽいし、龍は半漁人だし。(笑)

大満足の仏頭展ですが、開催は24日まで。お薦めですので、お早めに~。平日でも結構混んでましたょ。(^^;

(byふらっと)

【2013/11/14 1:20追記】
疲れて夕食後に爆睡してしまったので、今さら追記です。(^^;)
いつもは上野公園のエリアにある美術館や博物館ばかりで、東京芸大の方面には初めて行きました。
「旧東京音楽学校 吹奏堂」などというステキ建物があるなんて、知りませんでしたよ。Butu_zo2

そして、東京芸大の敷地内にある「平櫛田中記念室」では、『平櫛田中コレクション2013 秋』が開催中でした。Butu_zo3 こちらの題字は田中本人の揮毫だそうです。
東京芸大では田中作品を140点以上持っていて、定期的に入れ替えて開催しているみたい。田中作品の展示はは6~7点と少ないですが、無料というのは気軽に見られて嬉しいですね。
こちらも24日までなので、仏頭展に行かれた帰りに立ち寄る事をお薦めします。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

十月十夜

本日は旧暦の10月10日。Wikipediaさんによれば、「中秋の名月」「後の月(九月十三夜)」に続く「三の月(十日夜の月)」だそうです。
月齢は8.6なのですが、本当に今夜で良いのかなぁ?(^^;) 満月は6日も先なんですが。もっとも、このくらいの月齢の方が、満月より写真映えはしますけどね。1010moon ※写真はクリックで拡大表示します。

一昨日の月面Xは、雲のためにまったく見えませんでした。雲の切れ間から見えた場所もあったようなので、ちょっと悔しいです。
次回は来年の4月7日18:00頃とか。今年は4回もあったのに、来年は2回、再来年は1回だけですか!?Σ( ̄ロ ̄lll) せっかく望遠鏡を買ったのになぁ...

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

作ってみる~スミロ丼(2)

表面処理が終了しましたぁ。( ^ω^ ) 気泡欠けは、早く仕上げたくてモリモリで埋めちゃいました。c(>ω<)ゞ (写真は拡大します)
Stiger_4作り始めたら、ちょっと塗装で試してみたいことを思いついて・・・。まぁ、それも理由の一つなんですけどね。(^^; 上手く行くか分からないので、塗りについては出来上がりまでのお楽しみ。(^m^*
そしてお椀の内側をルーターで削って深くしました。こっちも思いつきを試したいという出来心です。出来上がる頃には、5パーツが9パーツくらいに増えてるかも。(笑)

塗装はサーベルタイガーくんだけエアブラシを予定。それ以外は小さいので筆塗りします。早ければ今週末には完成か!いや、さすがにそれは無理かな~。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

2013年水曜どうでしょう、最新作!

関東圏の話ですが、本日21:30より“2013年 水曜どうでしょう 最新作”が放送されます。まずは東京MXさんですよ~。(^▽^)2013suidou_2 まさか新作が2013年のうちに見られるとは、思っていませんでした。前回は1年ほど待ちましたから。(^^;
今回は最初の3話までは祭りの会場で見てしまったので、本当に放送が待ち遠しかったですよ。(ノ∀`)・゚・。 祭り会場で収録した前枠・後枠がどんな風になっているかも楽しみです。

さて、東京MXさんの後は、テレビ埼玉さんが11月13日から放送されます。見逃したり録画に失敗してもリカバリーできますよ。(笑)
そしてテレビ神奈川さんも11月25日から放送がスタート。なんと5話まで連日放送!翌週から週一の放送となり、一番遅いスタートを切っておきながらトップに躍り出るというトリッキーな技を見せてくれます。これで一週間に3回は新作が見られるわ~。*・゜(n‘∀‘)η゚・* おいおい。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

yukkayaオフ会

この夏、府中にオープンしたパン屋“yukkaya”さん。
blogで取り上げたところ、お友達からコメントをいただき、その流れで「一緒にいきましょう」ということに。先週の工場祭で会った共通の友人も誘って、スバル仲間のオフ会と相成りました。Yukkaya_off1
パン屋さんの前で待ち合わせ。時間が読める一番近い人が最後に登場するという、こういう場合にありがちな展開に。(^^;) お待たせしたお二方と店内に入り、お食事タイム。

持ち帰りでパンは何度も買っていましたが、イートインは初めてです。普通にパンを買って飲み物を頼んで食べても良いそうですが、せっかくなのでランチセットにしました。Yukkaya_off2 ※こちらの写真だけクリックで拡大します。
一つが「秋野菜のローストとゴーダチーズのサンドイッチ」、もう一つが「ノイ・フランクさんのソーセージのサンドイッチ」。どちらも「ごぼうのポタージュスープ」とのセットで、それぞれ880円と950円。一緒にドリンクを頼むと、ドリンクは100円引きになります。ショコラショー(100円引きで350円)は濃厚なチョコドリンクです。
どれも美味しく、友人達と話をしながらゆっくりできました。ただし、お急ぎの方はランチセットは避けた方が良いかも。注文を取ってから調理するので、超スローフード。のんびり食べていると、あっという間に1時間くらい過ぎてしまいます。

その後は我が家に移動してお茶タイム。車の思い出やら昔の仲間の消息やら、久しぶりなので話が尽きません。
一段落したところで、作業部屋に移ってフィギュアの撮影会!∑(゚∇゚|||)Yukkaya_off3 やっぱフィギュアは生で見てもらってこそ、立体感が伝わるというもの。楽しんでいただけたようで何よりでした。
のんびりと旧交を温めた一日。スバル仲間のオフ会でありながら車抜きというのも新鮮で楽しかったです。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

お土産にどう?

海外旅行で自分用に買うお土産の定番。
Knorr_1 クノールのブイヨンです。上がメキシコで買ったトマトスープ。下は台北で買った椎茸スープです。日本ではチキンかビーフくらいしか見かけませんが、そのお国柄のブイヨンがあったりします。それだけでその国っぽいスープが楽しめるのがいいですよ。(^-^)
Knorr_2 裏にレシピも載ってるし・・・って、読めないよ!(ノ∀`)・゚・。 まぁそこは写真で何となく分かるでしょって事で。お湯にキューブを溶かすだけなのは、世界共通ですから。(笑) ただスープの濃さは好みなので、書いてある分量より味見をして決めた方が良いと思います。概ね600cc~800ccくらいかな。入れる具から出る水分なんかもあるので、その辺は臨機応変に。
友達は同じクノールでもカップスープを買ってました。お湯を注ぐだけで飲めるタイプです。それもお手軽でいいかもしれません。今度自分も買ってみようかな。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

サカサマのパテマ

Sksm_ptm1

写真は天地を間違えたんじゃありませんよ。(^^;)
地上とは重力が逆向きに作用する地下のお話しなので、タイトルを逆向きに書いているみたいです。逆さに座っている人も、重力が逆の世界の住人です。

たまたまチラ見した雑誌に劇場版の広告が出ていて気になり、同タイトルのコミックを「原作?」と思って購入してみました。
しかしコミックのあとがきによれば、アニメはオリジナルストーリーとのこと。こちらはアニメの舞台となった世界の日常生活を描く「another side」だそうです。なので、コミックには劇場版の登場人物は出てきません。Sksm_ptm2 作画は「香彩七色」のtoi8氏。帯にもあるとおり、一般的には「まおゆう魔王勇者」の方が有名ですけどね。鉛筆タッチの柔らかい絵が好みです。

最後のコマには「サカサマのパテマ(劇場版)へつづく」と書かれているので、これは劇場に足を運ぶしかないかもね。
劇場公開は11月9日から。上映館が少ないのがネックではありますが...。orz

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

作ってみる~スミロ丼(1)

原八さんの本を紹介した後は、“模型塾のマスコットキャラ(?)”サーベルタイガーくんを作りましょう。ヽ(´▽`)/ 本当はこの前の“落語サーベルタイガーくん”もあるのですが・・・。(^^;
Stiger_1 まずはパーツ確認。全部で5つというお手軽キットです。
Stiger_2 ランナーから切り離し、離型剤を洗い流したところです。これだけでもう完成が見えてる感じがする。(^▽^)
Stiger_3とは言え、手流しの運命とも言える気泡欠けも。せっかく色キャスなので、この地を生かしたいのですが・・・。まぁ、ちょっと考えましょう。如何せん、原型制作の合間にやるので、あまり時間が掛かることは出来ないし。手間取るようなら、モリモリでざっと埋めて、サフを吹いてしまいましょう。(^^; さぁ~キット制作の時間です!

( byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

フィギュアの教科書

原八先生の新しい本『フィギュアの教科書』が発売されました。
Genpachi_1フィギュアの達人-上級編-』も持っているのですが、やっぱり気になるその内容!(笑) ざっくり読んでみた感想などをちょっと。(^^;

最初に原八さんも書いていますが、上級編でみっちり書き込んだ内容を綺麗に整理されています。ページの構成もシンプルで読みやすいです。目があっちこっち行かなくて良いですね。章立ては1.素材と工具、2.基本-マスコット制作、3.フィギュア制作、4.複製と塗装です。
初めての人は、まずお気楽に2章までやってみるといいですね。モノを作り出す感覚が分かるみたいな・・・。ページも20Pほどですし。
先に書くと4章も20P弱です。工程は分かるが、実際やろうとするとキビシイかもしれません。(^^; まぁ、それだけフィギュア制作に力が入った本です。

フィギュア制作ですが、素材や手順は“一つの方法”として十分な内容だと思います。私はファンドだし“操り人形方式”で作れませんが、読み込むところは沢山あります。
その一つがイラストを使った解説です。(これ以下の写真は拡大します。)
Genpachi_4
漫然と作って思い通りに行くほど、フィギュア制作は簡単ではないのですよ。わっはっはははぁ~ん。(p´□`q)゜o。。 改めて解説されて、なるほどと唸る部分の連続です。

そして特筆すべき点と言えると思うのが「修正について」です。
Genpachi_2
やってみても上手くは行かない。(p_q*) じゃ~どうやって直すか!という解説がこの本にはあります。修正箇所の見つけ方と直し方です。作業していると一カ所にのめり込むことがあります。そう言う時は客観性に凄く欠ける状態だったりします。また、全体を見ることも出来なくなってます。改めて元絵を見たりバランスを考えたり、そう言った解説があるのが良いと思う次第です。

・・・と言った感じで、初めてじゃない人も十分読み応えがあると思います。そして次は【男性フィギュア編】を出していただきたいと熱望している次第です。(*゚▽゚)ノ あっ、今度模型塾に行ったら原八先生にサインをもらおうっと。(´∀`)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

スバル感謝祭 & BRATミーティング

昨日、群馬県太田市までスバル感謝祭に行ってきました。
今年は本工場に近い駐車場をオフ会用に開放、矢島工場まで送迎バスを運行していただきました。昨年までは一般参加者さんの車を閉め出すような形で心苦しかったのですが、気兼ねなく集まれたのはありがたかったです。20131103_07 こちらの写真は最後に撮った集合写真。BRATミーティング主催のBRATさんチームとBC/BFチームを中心に、お仲間の車が集まっています。※本日の写真はすべてクリックで拡大します。
BC/BFの初代レガシィは過去最大の20台! 2010年はBFが3台だけ、2011年2012年は10台前後でしたが、随分と増えました。(^-^)

他のグループも思い思いに集まっていました。20131103_05 工場祭がオフ会の良い機会になっていますね。

その他、注目の車達をご紹介。まずは名車の一部。20131103_10 アルシオーネのオーナーさんは、元富士重工業のデザイナーさんで、アルシオーネをデザインされたという方。ご自身で内外装をデザインした車に乗りたかったとのこと。自作のデフォルメ・アルシオーネを持っていたので差し上げたら、とても喜んでくださいました。
普段あまり見かけることのないドミンゴ、BC/BFに比べて参加者の少ないBD/BG、昨年いらしていた360も健在です。

注目の車達がこちら。20131103_09 どこから連れてきたのかPlug-inステラはマジで電気自動車でした。左ハンドルのBLレガシィのリアには「PARTIAL ZERO EMISSION VEHICLE」という謎のエンブレムが。
オフ会登場率の低いブリッツェンにステッカーチューンされたサンバーWRブルー限定車。

お次はレプリカさんたち。20131103_06 いつもの(555さんは、見かけたものの慌ただしくお帰りで声が掛けられず。MONSTER ENERGYのも恰好良かったです。

ちょっとおかしな車達も。20131103_01 2ドアのレガシィは鉄板で埋めたらしいです。皆さんがんばっていらっしゃいます。

BRATさんチームの一部をご紹介。20131103_02 2代目レオーネのツーリングワゴンに乗っているのは二十歳の若者。親子2代に渡るスバリストで、トラブルに見舞われながらも楽しんでいらっしゃいました。
20131103_03 20131103_04
1300Gの方は、サンバーのお友達からプレゼントされたという手作りのシートカバーが可愛らしかったです。

ビジターセンターでは、昨年に続いてラジコン飛行機の展示が...増えてる!20131103_12いつもお世話になっている正田さんが富嶽のカレンダーを販売中。富嶽を飛ばすための資金になるとのことで、カレンダーを購入させていただきました。
T-1練習機は、窓の外の実機との対比が格好良いです。

一昔前は迷走していたスバルのデザインも、最近は評判を上げています。20131103_11 以前から交流のあった方がスバルのデザイン部スタッフとしていらっしゃったのには驚いたり。
オートカラーアワードでグランプリに輝くなど、素晴らしいご活躍です。XVはオレンジが売れているらしいですが、イチオシはデザートカーキだそうですよ。

お土産は、ぼつさんにいただいたBFのジグソーパズルと正田さんへのお布施で授与された富嶽のカレンダー。20131103_13 あと、伊勢屋さんでは「六連星サブレ」というスバル車が写真印刷されたサブレの新製品がありました。

20131103_08

我が家のBFは、帰りに高速を降りたところで56,000kmになりました。55,000kmになったのが春に青梅でオフ会をしたときだったので、約7カ月で1,000km。ここ数年は年間2,000~3,000kmなので、今年はちょっとペースが遅いですね。

そんなこんなで、とても充実した1日でした。
オフ会を主催していただいた方、交流させていただいた方、1日お付き合いいただいたお友達。皆さんありがとうございました。
また来年お会いしましょう!

(byぶらっと)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

府中刑務所文化祭2013

文化の日の今日、“ぶらっと”くんは群馬県太田市の『スバル感謝祭』へお出かけ。私は特に予定がなかったので、『府中刑務所文化祭』に行ってきました。
Fprison_1 前回は堀の中バスツアーや刑務所の食事体験など、目的があったので開場前から並びましたが、今日は開場後にぶらぶらと。(^-^)
しかし、あまりの盛況ぶりに唖然とするばかり。体験もの(バスツアーやはしご車、白バイ、パトカー搭乗など)は並ぶだろうと分かりますが、焼き鳥、焼きそば、直売ブッセ(半額)まで長蛇の列です。もちろん、欲しかったコッペパンなんか買えるはずもなく・・・。orz
Fprison_2 そしてこちらも人気の刑務所作業製品販売コーナー。もちろん、押し合いへし合い。(笑) みなさん山のように買っていくよ~。
販売品目が多く、家具、木工、皮・金属・印刷製品、洋裁、玩具、園芸・・・いろいろです。
Fprison_3仕事を選ばないキティーちゃんも。(笑) 他にもご当地キャラの製品がありました。高知のカツオ人間メモ帳はちょっと惹かれた。(^^*
Fprison_4 で、私が買ったのはこちら。刑務所の巾着と小袋。それに木片で作られたコースターです。フィギュアのべースになるかな~と。裏に刑務所の刻印入りですが。(^^;
あぁ、次はコッペパンが買えるように行きたい。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

【縫ってみた-1-】竹籠カバー

一年以上使ってなかったよ・・・ミシン。f(^^; いや~安いの買っといて良かったわ。ホント、宝の持ち腐れってこのことね。(笑)
さて、久しぶりに作ったのは竹籠のカバーです。Sewing_1 ダイニングのカウンター下にちょっとした棚を買いまして。その棚に物入れとして籠を置くことに。その籠がスケスケのガサガサなのでカバーをしましょう。
まず、採寸して底1枚と側面4枚の布を切り出しました。次にそれを縫い合わせていくのですが、そこでハタと考えました。「どの順で縫えばいいのだろう?」
Sewing_2 こういうのは常識で考えれば分かる!(゚▽゚*) と、思ったけど、残念なことに私には常識が無かった・・・。orz なので、思いつく2つの方法を試すことに。
ひとつは側面を縫って筒状にし、最後に底と縫い合わせる方法-①。もう一つが4枚の側面をそれぞれ底に縫って、最後に隣り合う側面同士を縫い合わせる方法-②です。

結果は②の方が綺麗に出来ました。(^^; モノが大きいので、①でもいいかと思いましたが、やっぱり3枚の布が混じり合う部分を直角に縫うのは難しいです。もう角の部分で布が団子のように・・・。(笑)
Sewing_3そんなこんなで完成です。実験の結果①で縫った方は縫い目がヨレヨレで汚いんですけど、籠にセットしちゃうと分からないからいいや。(笑) ちなみに布はこの間の台北旅行で買ってきたものです。久しぶりにちゃんと使ったぞ!(^^)v

そして余った布で恒例(?)のブックカバー。
Sewing_4  ブックカバーばかりが増えていく。(笑)

そしてそしてさらなるハギレで。
Sewing_5 竹のカップ(元は豆腐が入っていた)に巻いて、ペン立てみたいな・・・感じ。(笑) 8cm×25cmくらいのハギレなので、柄の出し方も選べません。まぁギリギリ無駄にしなくて良かったな!なんて。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

レガシィのワゴン廃止に思うこと

スバル好き、レガシィ好きの間で「レガシィのワゴン廃止」というニュースが話題になっているようです。

---(ここから引用)---

レガシィ「ツーリングワゴン」2014年で廃止

2014年に廃止されるレガシィ「ツーリングワゴン」 富士重工業は主力乗用車「レガシィ」のうち、ワゴン車の「ツーリングワゴン」を2014年内に廃止する。
 1989年の登場以来、アウトドア向けの「RVブーム」を先導してきたが、最近はワゴン車の人気低迷などで販売が落ち込んでいた。
 セダン「B4」と、車高の高いスポーツ用多目的車(SUV)「アウトバック」は存続させる。富士重工は14年内に、レガシィより一回り小さい新型ワゴン車「レヴォーグ」を発売し、新たな需要を掘り起こす考えだ。
 レガシィは、独自の水平対向エンジンと四輪駆動を採用し、96年度には国内販売が年9万台を超えたが、2012年度は2万4207台に落ち込んでいる。

(2013年10月31日08時56分  読売新聞)

---(ここまで引用)---

「バン」などと呼ばれて1ランク格下に見られていたワゴンをブームにまで押し上げた立役者ですし、2代目レガシィの頃はセダンより売れていたくらい人気がありましたから、一抹の寂しさを感じることに理解はできます。

しかし、私個人の感想としては「どうでも良い」です。\(^o^)/
大きくなりすぎ、既に私の選択肢から外れているというのもあります。それ以上に、「高級車に普通のワゴンは成立しないだろうな」という予感もありましたし。
だって、過去を振り返ればクラウンやマークII、セドリック等の高級車のワゴンって滅んでいったじゃないですか。アウトバックは残るというのも、ポルシェ・カイエンなど「高級車でもSUVならあり/ただのワゴンはなし」という流れでしょう。
レガシィも大型の高級セダンに成長した時点で、ワゴンは滅ぶ運命だったんですよ。(´・ω・`)

「初代レガシィのワゴンに拘って乗り続けているお前が、それで良いのか?」と言われそうですが、代わりに一回り小さいワゴン(レヴォーグって言うんですか?)を出してくれるなら、むしろ歓迎です。Levorg_3 「レガシィ」という名前への拘り? 「レオーネ」という名前が消滅した時点で、そんな感傷はとっくに卒業してますよ。(^^;)

どうせ似たような音なら「レヴォーグ」じゃなくて「レオーネ」にしてくれれば良いのにとは思うけど。いや、もしそうだったら欲しくなっちゃってヤバかったかも。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »