« 京都-洛中洛外図と障壁画の美 | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(8) »

2013年10月25日 (金)

竹島に関する動画

msnのニュースサイトで、外務省が「竹島に関する動画」をYouTubeで公開したという話題がトップページに掲載されていました。

---(ここから引用)---
<竹島問題>日本政府の領有権主張動画、韓国政府が厳重抗議―韓国メディア 2013年10月24日 08:47 (Record China)

23日、日本政府が竹島の領有権を主張しているインターネット上の動画について、韓国政府はこのほど厳重に抗議した。 (Record China)

2013年10月23日、韓国・聯合ニュースによると、日本政府が竹島(韓国名・独島)の領有権を主張しているインターネット上の動画について、韓国政府はこのほど厳重に抗議した。中国新聞社(電子版)が伝えた。

それによると、韓国側が問題視しているのは「竹島に関する動画」と命名された1分27秒の動画。「みなさん竹島を知っていますか」で始まり、ナレーションで「17世紀に日本が竹島の主権を獲得した」「1905年の内閣決議で改めて確認された」「韓国が1952年から不法占拠している」ことなどを説明。日本は平和的手段で韓国との領土問題を解決するとしている。動画は23日午前8時までに7800回以上閲覧されている。日本政府はこの動画を10言語に翻訳する予定だ。

これに対し、韓国政府は「領有権問題での挑発であり、外交ルートを通じて日本に厳重抗議する」と表明。速やかに何らかの対抗措置を取るとしている。(翻訳・編集/AA)

---(ここまで引用)---

さて、件の動画はこちら。残念ながら、動画の貼り込みは許可されていませんので、YouTubeへのリンクを貼っておきます。
これを見ると、やっと外務省も本気をを出し始めたということが感じられます。今は日本語だけですが、10カ国語への翻訳が待ち望まれます。

当然のように韓国政府は猛抗議しているそうですが、本当のことが世界中に知れ渡ると困るんでしょうね。
しかし、政府による反日教育でしか歴史を学んでこなかった韓国国民にとってはチャンスだと思いますよ。この機会に「正しい歴史」の一部でも学び直すと良いんじゃないですか?
ちなみに、YouTubeのページにも貼られている外務省の竹島問題に関するページはこちら。文書の方は既に日本語を含む10カ国語が用意されていますので、一人でも多くの方に読んでいただきたいです。

同じ日に「尖閣諸島に関する動画」というのも公開されています。外務省のページはこちら
どちらも淡々と日本の立場を説明しています。
ぜひ世界の多くの人に見ていただき、日本の正当性を理解してもらえるよう、うちのblogでも拡散することにしました。

(byぶらっと)

|

« 京都-洛中洛外図と障壁画の美 | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(8) »

コメント

 ようやくここまで来ましたね。
 やはり、言うべきことは言うという姿勢が必要です。国際的には沈黙は金なりではありませんからね。

投稿: 夢の助 | 2013年10月25日 (金) 23時20分

この竹島の動画に対して、南トンスルランドの対抗措置として、竹島に正規軍が上陸させたというヌースが流れてますねぇ。

ついに越えてはいけない一線を越えて来ました。さてさて、日本側のカードは選び放題(爆)

いつもの様に「遺憾の意」砲で軽く反撃しといて、借りにしとくのも良し、自由と繁栄の弧作戦で孤立させるのも良し。

さて南トンスルランドはどう出て来るか、次の一手が見物でございます。

投稿: Algernon | 2013年10月26日 (土) 00時09分

■夢の助さん
本当にやっとという感じですね。
今までの沈黙に歯がゆい思いをしていましたが、これからはしっかり主張してもらいたいです。

■あるぢゃさん
彼の国の暴走ぶりは以前から目に余りますが、そろそろ取り返しが付かないって気づいてほしいところですね。

投稿: ぶらっと | 2013年10月26日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/58453185

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島に関する動画:

« 京都-洛中洛外図と障壁画の美 | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(8) »