« 十三夜と月下美人 | トップページ | 洛中洛外画狂伝 »

2013年9月19日 (木)

中秋の名月

本日は中秋の名月。そして、みごとな満月でございます。15moon_2 えっ? 中秋の名月なら満月なのは当たり前だろうって?
あにはからんや。「中秋」とは「秋の中日」のことで、旧暦8月15日を差します。で、月齢の関係で十五夜が必ずしも満月とは限らないらしいんですよ。
この理屈を書き始めると長くなりますので、専門的な説明は友人のblogをご覧ください。(と、難しい説明は丸投げする。(^^;) )

来年以降、数年は中秋と満月は一致しないらしいです。次に中秋の名月が満月になるのは2021年9月21日だそう。15moon_3 せっかく天気も良かったので、今日は中秋の名月を堪能しました。

実は今日のために、以前その友人から勧められた「10分で完成! 組立天体望遠鏡」を買ってみました。(カスタマーレビューを参考にできるようamazonアフィリエイトを文末に貼っておきますが、ここでリンクしたアストロアーツの通販の方が送料がちょっとだけ安いです。)
15倍と35倍がありますが、クレーターをバッチリ見たいので35倍を選択。鏡筒の半割が入っているにしては箱の薄さが意外でしたが、精度の高いレンズを使ったしっかりしたもののようです。
組み立てはとっても簡単。説明書に従って、昨日のblogを書きながら片手間でやっても20分は掛からなかったかと。作っている様子の動画がYouTubeに公開されているので、興味がある方はそちらをご覧ください。15moon_6 完成して月を見てみると、とても鮮やか。月が望遠鏡の視野いっぱいに広がります。
いつもは35mm換算で600mmの望遠レンズを使って撮影していますが、それをトリミングして拡大したそのままが肉眼で見られます。3千円ちょっと(送料込み)でこれだけ見えるなんて、ちょっとした感動ですよ。
難を言えば、倒立像なので慣れないと月を捉えにくいですかね。あと、視野が狭いので、ものの数分で月が視野から外れてしまいます。(><)

前出の友人から教わったコリメート法で撮影もしてみました。15moon_5 簡単に言うと、望遠鏡をデジカメで覗いて撮影する方法です。しかし、望遠鏡を月に合わせるのすら難しいのに、望遠鏡越しでカメラの真ん中に捉えのは至難の業。さらにコンパクトデジカメのAFではなかなかピントが合わないし。
本格的な天体望遠鏡用にはコリメート撮影のためのアダプターなんかもあるようですが、この望遠鏡は肉眼で見て満足するくらいがちょうど良いようです。

ちなみに、Googleさんのトップも中秋の名月になっていましたよ。15moon_1

月見団子はものすごい行列で買えなかったので月見菓子をお供えしつつ、今夜は“お庭でいっぷく”でした。15moon_4
(byぶらっと)

|

« 十三夜と月下美人 | トップページ | 洛中洛外画狂伝 »

コメント

 おおっ!色々と試されていますなぁ。
 色々なところで「今回の仲秋の名月は満月」と出ていますが「国立天文台 暦計算室」の「月齢」ですと「9月19日」は「13.6」で月齢15では無いんですよね・・・。
 なお、次回「仲秋の名月が満月」なのは「8年後」らしいですよ。

投稿: ハギハラ | 2013年9月20日 (金) 20時23分

■ハギハラさん
いろいろと教えていただいたおかげで、楽しませてもらってます。

国立天文台のサイトを確認しましたが、13.6は正午の月齢みたいですね。そのサイトで「19日の20時13分が満月」とされているので、8時間13分で月齢はもう少し15に近づくのかな?
それにしても20日の正午月齢が14.6なので、19日は月齢15には程遠いですね。Q&Aのページには「15前後であれば満月」とありますが、月の周期が29.5日だから半分は15に満たないような...?
考えるほど訳が分からなくなってきました。月齢、奥が深いです。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2013年9月21日 (土) 07時11分

 何なんでしょうね、月例。
 さて、実は「15倍」ですが、「正立望遠鏡」も同じシリーズであったりします。汎用性を考えれば、こちらの方が良いかもしれません。
 この「組み立て式望遠鏡」は「土星の環」も見えますので、そろそろシーズンオフになりますが「土星」と「金星」が「18時半」くらい、北西の空低くに見えますので、チャレンジしてみてください。二つとも明るく輝いているので見つけやすいと思います。
 鏡筒、「WRブルー」に塗られてみたらいかがでしょう?

投稿: ハギハラ | 2013年9月22日 (日) 07時22分

■ハギハラさん
15倍の正立もバードウォッチングなんかには良さそうですね。
当面は土星や金星より月面X狙い。いずれはプレアデス星団にもチャレンジしたいです。

鏡筒にイラスト入れたりも考えましたが、素人的には白×黒の天体望遠鏡チックな方がアレンジするより面白く感じます。

投稿: ぶらっと | 2013年9月22日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/58227333

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« 十三夜と月下美人 | トップページ | 洛中洛外画狂伝 »