« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

よくわかる! 自衛隊DVD

今年の春、ローソンとサークルKサンクスで販売された自衛隊のDVD。陸自のDVDは人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の“秋山殿”のオーディオコメンタリー付きとあって、あっという間に完売。ずっと倍以上のプレミア価格となっていました。

10月25日に一般販売されることになり、amazonさんで予約が始まっています。やっと真っ当な価格で買えるようになったので、待った甲斐がありました。
もっとも我が家では「ガルパン」は見てないんですけどね。(^^;) まぁ“右傾化”の波に乗って、予約しておこうと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

ハラブ石鹸

昨日、愛用のアレッポの石鹸を買ってきました。
いつも会社のそばの健康食品のお店で買うのですが、今回は「あれっ、ラベル変わった?」と思いつつ購入。帰宅してストックと比べると、同じシリアのアレッポ産ですが別物のようです。Aleppo_3 石鹸についている刻印も違いますし、輸入元も福生市の「(株)アレッポの石鹸」から八千代市の「(有)クロスロードトレーディング」に。お店の人に聞きそびれてしまいましたが、いよいよ石鹸の安定した輸入が難しくなってきたのでしょうか。

シリアの内戦は収まるどころか、禁断の化学兵器まで使われたとか、いよいよアメリカが単独でも軍事介入するとか、シリア政府も徹底抗戦を表明とか、もう泥沼です。エジプトもそうですが、国内で同じ民族同士が泥沼の殺し合いをするって悲しすぎます。
主義主張が対立するのは仕方ありませんが、殺し合いの結果は国力が衰退するだけで、お互い損失ばかりなのに。(´・ω・`) 落としどころ(※リンク先は2ちゃんねるの纏めサイトです)ってあるのでしょうか... 1日も早く和解に向かうことを祈っています。

さて、石鹸ですが、標準重量(200g)も価格(\525)もまったく同じ。ハラブの石鹸の方が重量がちょっと重め(240gくらい)でバラツキが少ないようです。見た感じ、使い心地も変わらなさそう。
検索してみたらamazonさんでも買えるようですので、まだ当面は大丈夫かな。
 

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

進撃のアゲハ

決して破られることがないと言われていた壁が破られ、アゲハの侵入を許してしまいました。現時点で確認できた幼虫は0.5cm級、1cm級、2cm級、3cm級の4体。
一度侵入を許してしまったからには抵抗の手立てはなく、捕食されるに任せるしかありません。orzAgeha2013_1m ※写真はクリックでモザイクなしの拡大版を表示します。
せっかく結実しているレモンと金柑の葉を坊主にされては実が持ちませんので、種から育てて実がなるのは何年も先になる夏みかんに4匹とも移ってもらいました。
だいぶ涼しくなってきているので、真夏の幼虫ほど食欲旺盛でないのが救いです。4匹くらいならなんとか養えそうですが、これ以上増えるようなら里子に出すことも考えないといけませんね。

壁を突破されたのは、支柱を立てるのに使っているプランターのオリヅルランが成長し、アゲハ除けの網をたくし上げていたのが原因のようです。とりあえず壁の穴は塞いだので、しばらくは襲撃に耐えられるでしょう。
アゲハがレモンと金柑を食べないように気を付けながら見守りたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

「武士道」読了

数年前に日本国の首相が「国というものがなんだかよくわからない」などと発言した頃から、一度は読んでおきたいと思っていました。ところが、複数の出版社から色々な翻訳で出ているので、「どれを読んだら良いかよくわからない」状態で読まずじまいになっていたんですよ。
原語で読めると良いのですが、そうもいかず。ちょうど読む本が途切れた7月頃に購入してみました。「今さらか!?」とか言われるかもしれませんが、だからといって読まないよりは読んだ方が良いよね。(^^;)

「日本には宗教教育がなくて、どうやって道徳を教えるのか?」という外国人の疑問に答えようと書かれた本なので、外国人に日本人の精神を説明する趣旨がメインです。現代でも世界的に礼儀正しく正直と言われる日本人の道徳観の成り立ちが的確にまとめられています。
それだけでなく、「つまらない物ですが」という謙遜の理由とか、現在でも外国人が不思議に思うことが明治時代には既に解説されていたというのも驚きです。

「武士道の精神はこれからの時代も維持されるのか」といった未来への展望や、「武士道そのものは町人階級までは行き渡らなかったものの、大和魂として広く日本人の道徳形成の根幹を成した」という主張も興味深かったです。
昨今は日本人のモラル低下が言われていますが、それでも諸外国に比べてまだまだ捨てたもんじゃありません。そういう道徳観の見直しや、日本人として自らを振り返り自戒するにも良い読み物でした。

明治の翻訳なので言葉が難しすぎて、読むのに時間が掛かりました。ちょっとずつ読み進めて、(合間に他の本を2冊くらい読んだりして)1カ月ちょっとだったかな。(^^;)
これから読むなら現代語訳をお勧めです。他にも、先週本屋に行ったら「別冊宝島『武士道とは何か』」なんてものが出ていたり、amazonで検索すると「まんがで読破」なんてものまであるので、取っつきやすいのから入るのが良いでしょう。順番が逆になってしまいますが、私も読みやすいやつで読み返したいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

WF参加申込み完了!

次回のWF参加申込み終了で~す。(^-^) 新作を悩むこと約1カ月。あれこれ候補を出しては、あーだこーだと家族会議。そしてやっぱり決まらない。orz あまりにウダウダし過ぎて、何に悩んでいたか忘れてしまうほどです。(笑) 結局、“申込み期限”に強制的に決めてもらったみたいな感じ。(ダメ人間!)

と言うことで、登録したPRカードがこちら。
2014w_pr 写真でバレバレですが、新作は『鬼灯の冷徹』を予定しています。いつも写真は再販の物を使うのですが、今回は微妙に出来ている鬼灯を採用。新作予定画像を使うのは、『放課後のプレアデス』のすばる以来です。神様!版元様!写真まで載せちゃったし、どうかイタイことにならないよう、よろしくお願いいたします。(笑)

さて、もう一つ新作を予定しています。久しぶりに冬目さんモノで行こうかと。しかし、そちらはこれから着手なので、正直本申請できるか分かりません。自信ないんだよね~。(ノ_-。) でも、とても素敵な絵なので、頑張って挑戦しよう!

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

映画『パシフィック・リム』

Pacific_rim_1

twitterのTLが『パシフィック・リム』ネタで埋まっていくのを見て、「これは見なければっ!」と思ってました。(笑) なかなか時間が取れなかったけど、やっと鑑賞よ!(v^ー゜)

ストーリーは至ってシンプル。ちょっといい気になってた主人公が挫折して、立ち直って、世界を救う! “ビバ!ハリウッド映画!ヽ(´▽`)/”です。あちらのアクション映画は、水戸黄門並みに明快な方が私は好きです。(笑)

さて、見どころはやっぱり怪獣とロボットでしょう。デル・トロ監督は両方大好きの超オタクというだけあって、日本の怪獣映画やロボットアニメのオマージュが半端ないです。監督の“愛”を感じすぎて、周囲は引いたんじゃないかと心配します。(笑)
これ以下の写真は拡大します。

怪獣は多種多様。スゴイこだわり。(笑)
Pacific_rim_4_3
怪獣の出現シーンは“ゴジラ”を彷彿とさせるし、ナイフヘッド(怪獣)は“ガメラ”のギロンを思い出させます。怪獣が剣で頭からお尻に向かって真っ二つに切られるシーンは、ウルトラセブンあたりにあったような。

左:クリムゾン・タイフーン 右:ジプシー・デンジャー
Pacific_rim_2_2
ロボットもカッコイイです。ロボットの頭部に搭乗した後、身体にドッキングするのは“マジンガーZ”? 操縦は“ジャンボーグA”? ヘリに吊られて来るシーンは、素直に萌え燃えます。((w´ω`w)) もちろん「ロケット パーーーーンチ!」には笑った。(ノ∀`)・゚・。

左:ストライカー・エウレカ 右:チェルノ・アルファ
Pacific_rim_3_2
  なんかもうニヤニヤが止まらない映画でした。( ´艸`)
ちなみに日本語吹き替え版で見ましたが、声優さんが豪華で「俺得!ヽ(´▽`)/」でした。なんならもう一度見てもいいぞ。(笑)

そしてもう二つ。
ハリウッド映画で司令官などを演じる黒人俳優さんは、なぜ誰もがあんなにカッコイイのだろう。ちょっと惚れるな。(笑)
それと友達に「主演は誰?」と聞かれましたが、「知らない。興味ないもん。」と答えてダメ自分を再認識。だってロボットと怪獣のことしか頭になかったから。映画で大事な所ってそこなん?(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年8月25日 (日)

WF大反省会~2013夏~

なんだか恒例になりそうなWF大反省会レポです。(^^;
本日の写真はすべて拡大します。

反省会の発表風景。3D出力の話では図解なんかも・・・。

Wf_hansei_1 発表内容はいつもの通りですが、皆さん毎回色々なことにチャレンジされています。例えばフィギュアは手原型、小物を3D造型に分けるなど。誰もが興味を持たれるところだと思います。3D造型は一度やると病みつき的なことろがあるようですが、やはり今は出力が万単位になるのがネックのようです。その上フィギュアを業者抜きにしたら・・・。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 考えるのも怖ろしい。(笑)

『なかはらワークショップ』さんの‘あおい’ちゃんです。あおいちゃんが乗っているホウキ部分が3D造型だそうです。カッコイイですね。

Wf_hansei_2 初参加の方は、フィギュアの分割の仕方などを質問されていました。私など、もういい回数出ているのに、分割しないで型を作って無理矢理抜いたら失敗したというシリコンを持って行ってますから、まったく参考になりませんね。(^^; 「分割しようや~。笑」と言われてもうた。

『創作意欲』さん。初参加と思えないクオリティ。模様などが細かいです。

Wf_hansei_3_2
その他、オンライン申込みについて。
申請は本当に0時ジャストで申請できなくなるから注意!とか。(笑)
要望的な話もあって、かめさんがtwitterでまとめてくれてました。
(1).再販の写真をアップロードできるようにして
(2).PRカード提出を本申請後に出来れば…
(3).ROMガイドブックが欲しい(検索したい)
(4).最終案内送付時にガイドブック送って欲しい
(5).前後左右の写真以外に任意で入れられる写真枠が欲しい

『IWGK』さんのレドとチェインバー欲しい!さとさんの楽屋裏ストラップは驚愕の完成品(手塗り)600個!!どちらも凄く可愛いですぅ~。

Wf_hansei_4 展示関係では、模型塾近くの「東京ビロード」というお店が防炎加工を2日くらいでやってくれるそうです。料金は布の大きさによると思いますが、その方は\3,000-だったそうです。防炎シールも付けてくれるので安心とか。

私も買った猫柳さんのエド。胸像ですが、長いコートを上手く処理されています。なびく感じがいいですよね。なるほど~なのでした。

Wf_hansei_5_2
いろいろ参考になる話も多いですが、とにかく反省会は楽しいです。毎回変わり映えのしない自分が行くのはどうかと思うのですが、やっぱりこの楽しさは他と違うなと。(^^; 次はいい発表が出来るようにしたいです。

ラストは恒例の集合写真。今回も素敵な作品をじっくり拝見させていただきました。

Wf_hansei_6
そして打ち上げの飲み会は、初めて模型塾で行いました。
Wf_hansei_7
みんなで買い出しや食器の準備をして、終わったら片づけもして。これって手軽で丁度いい感じ。ご近所迷惑でなければ、毎回この方式がいいなと思いました。

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

プチパイプ

今回もケーナじゃありませんよ。(^^;)
太めの竹を利用したオカリナ風の「プチパイプ」です。
※写真はクリックで拡大します。Ongu_4 下側は竹の節を使い、歌口側は木の板を貼っています。
歌口はドリルで穴を開け、穴の手前を切り欠いて、そこに細い竹の端材でアーチ状の空気が流れる部分を作っています。リコーダーのように唇に付けて吹けば鳴るので、前回の土笛よりオカリナっぽいし、音もオカリナそっくりです。

運指の穴は裏側にも1つあるので、全部で7つ。きっちり1オクターブの音階が出ます。
講師の先生の経験と研究で、笛本体の大きさに見合った穴のサイズや位置を決めていたようです。もっとも、絶対音感のある人なんかが聞いたら目眩がするほど、いい加減な音程ですけどね。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

初収穫なるか!

元はアゲハの幼虫のエサとして買ったレモンの木。花や実のことなど二の次というか、まったく気にしていませんでした。(^^; しかし、今年はなんと実がつきました。
そうそうアゲハのエサには出来ないので、今は蝶除けのネットの中。(^^;
Lemon_1 「これって育つのかなぁ?」と疑心暗鬼で見ていたら、ここまで育ちました。わ~い!ヽ(´▽`)/ と言っても、まだ3cmくらい。小さいっすねー。(笑) でも、見た目はちゃんとレモンに見えます。
なり始めは、まだツルツルした感じです。
Lemon_2 今のところ小さいながら3つの実が育っています。すべてが収穫できるか?小さいプランターなので、共倒れになっちゃうか?こうしてそれっぽくなってくると欲が出てきます。なんとかガンバレ!

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

ドビュッシー生誕151年

Googleさんによると、今日はドビュッシーの生誕151周年だそうです。Debussy_1 真ん中の風船をクリックすると、「月の光」が流れます。Debussy_2 月明かりの中、街の画像もスクロールします。曲に合わせて灯りが点いたり、煙突から煙が上がったり。しっとりした風景です。Debussy_3 最後は雨が降り出し、ボートのカップルが一つの傘の下で寄り添うところで終わります。つい何度も聴いてしまうくらい良い雰囲気です。

ドビュッシーと言えば、「月の光」「亜麻色の髪の乙女」あたり(リンク先はYouTubeです)が有名どころ。クラシックに馴染みのない方でも、どこかで耳にしたことがあるでしょう。
Debussy_4が、吹奏楽に馴染みのある人なら、断然「交響詩『海』」じゃないかと。とても吹奏楽向きな曲で、中学時代は吹奏楽部だった私も2年の時にコンクールの自由曲として第3楽章「風と海との対話」を演奏しました。葛飾北斎の冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」から着想を得たということで、楽譜の表紙に北斎の浪の絵を描く先輩もいましたっけ。
画像は東京国立博物館で購入した愛用のクリアフォルダです。

...なんていうことを色々と思い出してしまうドビュッシーさんの誕生日でした。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

土笛

本来なら音具ワークショップに参加するきっかけとなったケーナから紹介したいところですが、ちょっとした都合により、土笛から。
※写真はクリックで拡大します。Ongu_3 素焼き用の粘土で自由に形を作って、二つに割って中をくりぬき、歌口と運指用の穴を適当に開けます。
歌口は丸く穴をあけただけ。空き瓶を「ボォ~」って鳴らすように吹きます。
運指用の穴は適当です。正確な音階を出したり曲を奏でることが目的ではなく、なんとなく音程を変えて遊ぶだけのものなので。

この講座の時は、パルテノン多摩の裏庭でたき火をして、その中で笛を焼きました。一緒に芋を突っ込んだり、焼けるのを待つ間はマシュマロを炙って食べたり、楽しかったなぁ。
あ、もちろん形を作ってすぐに焼いたら割れてしまうので、形を作る回と焼く回の間は1週間の乾燥期間をおきましたよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

祭りのツアー案内が来た!

気が付くと祭りまで、あと17日となってますヨ。公式サイトでは、どうでミー賞(投票は終了)やグッズ紹介で日々華やいでいってます。
Sui_dou_maturi そして我が家にはJTBさんからツアーの案内が届きました。気になる飛行機の時間やホテルなどが判明。「なかなか良いホテルではないか!わっはっは。( ̄▽ ̄)」とか、帰りの飛行機が18:30出発で「こんなに自由があっても何も考えてない!∑(=゚ω゚=;)」とか...。これから祭り以外の行動なども考えないと。f(^^;
しかし、勢いで3日間参加のツアーにしちゃったけど、本当に飽きたりしないかな~。その場合の行動も計画した方がいいのか・・・。(--; どうバカ熱が落ち着いて、ちょっと冷静になってます。(笑) まぁ~初めての祭りですから、飽きようがなにしようが最後まで楽しみたいですけどね。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

How to make G.K.(14)

「HowTo」カテゴリでキットを作る14回目、「3.表面処理 (3)パーツの合わせ目の修正」です。
パーツの合わせ目で修正が必要になるのは、仮組の時にチェックしておいたパーツの合いがキツすぎるかユルすぎるかのどちらかです。

まずは、「パーツの合いがギリギリ」な部分から。
パーティングラインと同じ要領で、ナイフで削ったりヤスリがけして整えましょう。
「キャストの伸縮によりパーツがやっと填るくらいギリギリという部分を塗装の厚みでパーツが太る分も計算してほんの少し多めに削る」という作業なので、当然のことですが削りすぎないように気を付けないといけません。

「ほんの少し」の加減ですが、塗装の厚みなんてコピー用紙1枚分あるかないかという微妙なもの。それでいて無視できないというのがやっかいです。パーツを合わせてみて、ちょっとだけグラグラするくらいでしょうか。
パーツの分割位置にも寄りますが、組み立てようとして塗装が剥がれるよりは、見えるか見えないか程度の隙間が空く方がマシです。
まぁ、削りすぎちゃったとしてもリカバリーできるのがガレージキットの良いところ。次の「パーツの合いがユルユル」な場所の修正もするので、安心して削ってみてください。

さて、「気泡埋めと一緒に」と先送りしておいたパーツの合わせ目の隙間も修正しましょう。渚には該当箇所がなかったので、今回は違うキットを使っています。ゲートを削りすぎてパーツの合わせ目に隙間が開きすぎた事例です。Howto_14_1
まず、パーツの片側にメンタムやリップクリーム等を塗り、ポリパテが剥がれるようにしておきます。反対側のパーツはヤスリなどで表面を荒らして、ポリパテの食いつきを良くしておきます。Howto_14_2

そして、ヤスリで荒らした側にポリパテ(モリモリ)を盛って、メンタムを塗った側にムニッと押しつけます。Howto_14_3

固まるまでずっと押さえておく...なんてことはムリなので、手を離しても大丈夫なように置く場所や固定方法は先に考えておきます。Howto_14_4 この程度のパーツならパテの粘度で安定するので手を放しても平気ですが、大きくて重いパーツの場合は立てかける場所などを用意する必要があります。
パテが柔らかすぎると作業がしずらいので、気泡を埋めている間に少し固くなり始めた頃のパテを使うのがコツです。もちろん固すぎては綺麗に「ムニッ」とできないので、ランナーなどいらないパーツで試して、作業しやすい堅さを確かめておいてください。

大事なのは一発で「ムニッ」と決めること。何度もやり直したり「ムニムニ」と弄ったりすると、パーツの隙間が綺麗に埋まらなかったり、メンタムが効かなくなってパーツが外れなくなったりします。その時はやり直し覚悟で、割ってください。

ポリパテが硬化したら、パーツをパクッと割ります。Howto_14_5 メンタムなどの塗りが薄くて剥がれにくい場合は、マイナスの精密ドライバーなど適当な物を隙間に入れてこじります。

あとはパーツを合わせて様子を見ながら、外側と内側を削って調整します。Howto_14_6 このやり方だとパーツの合わせ目がピッタリし過ぎになりますが、時間と共にパテが多少引けるのでちょうど良くなります。「ムニッ」としてから長期間おいて削る場合は、ほんの少し緩めに調整してください。

ここまでくれば表面処理ももう一息ですよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

ATARI Breakout

Googleさんの画像検索で「ATARI breakout」を検索すると、検索結果の画像がシュルシュルと縮んでブロック崩しが遊べます。
今年の5月にATARIのビデオゲーム発売37周年を記念して公開されたらしいのですが、その時は気が付きませんでした。数日前に再び話題になっていたので遊んでみました。Atari ゲームはシンプルそのもの。クリアしたからといって難易度が上がるわけでもなし。初期のビデオゲームというのはこの程度の物だったのですね。
音も出るのですが、チープです。それがまた良いのですが。その昔、ビデオゲームを「ピコピコ」という擬音で表現していたのが改めて納得できます。Atari_2 でも、ブロック崩しはちょっとした暇つぶしにはもってこいですね。1年ほど前に遊んだパーティクル崩し共々、たまに思い出しては遊びたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

オタク・イン・USA-愛と誤解のAnime輸入史

私は筋金入りのオタクという訳ではないので、日本のアニメや特撮の歴史ってよく分かりません。しかし、それがアメリカでの歴史となると「日本と違うの?」ってな具合で、見当すら付きません。なので、とても興味深く読むことが出来ました。理解できたかというと、「半分くらい・・・かな。(^^;」なんだけどね。

(いろいろな意味で)「凄いなΣ(゚д゚;)」と思ったのは、“ウルトラセブン”や“ウルトラマンティガ”の吹き替えをコメディーに変えたという話。それも笑えないアメリカンジョークに塗りつぶされていたよ。orz アメリカの場合、日本より戦闘シーン(暴力シーン)と判断される部分が削られることは知っていたけど、吹き替えの内容が全然違うものになって、内容まで変えられているとは知りませんでした。もちろん(?)両方とも視聴率は最悪だったそうです。

そして、アニメに至っては切り貼りやアメリカ版追加カットもされているし、内容だってオリジナルとはほど遠いものに。Σ( ̄ロ ̄lll)
そんなの作品への冒涜だ!(#`Д´) その瞬間、私の中のアメリカの地位が、中国とどっこいどっこいになったよ。まぁアメリカはちゃんとお金払って権利を買ってるけどさ。(笑)

その他、アメコミと漫画の中間的な“アメリマンガ(アメリカン・マンガの略)”なる存在も知りました。アメリカ人による日本マンガ風コミックなのだそうです。今もそのようなジャンルがあるかは知りませんが、ちょっと見てみたいですね。

本書は2006年に刊行されたものの文庫化で、今現在については後書きに少しある程度ですが、本当に驚きの連続でした。
しかし、読んでみると「あぁ、オタクになっていくって国籍は関係ないのね。┐(´-`)┌」と思いました。興味のある方は是非、ご一読を。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

「パラダイス・ロスト」読了

「ジョーカー・ゲーム」シリーズの第3弾。第2弾を読んだときから楽しみにしつつ文庫化待ちしていたのが、やっと読めました。
ストーリーはますます面白くなります。短編集ですが、5編のうち終盤の2編は続き物になっていて、じっくりと楽しめます。
ただ、各編に挿入される“D機関”の特異性を示すための選抜試験の話は、そろそろちょっと飽きてきたかな。続けて読むと、くどく感じられます。それ以外は超面白いので、読み始めると止まりません。が、くどさを感じないためにも短編一つ読む毎に間を空けることをお勧めします。(まぁ、我慢できないんですけどね。)

以下、軽くネタバレに近い記述があるので、未読の方はご注意ください。

5編の中では、結城中佐の過去を探りつつ、“D機関”のネーミングの由来に迫る話が興味深かったです。帯や折り込みの新刊案内に「結城の過去が明らかに!?」「結城中佐の過去が、ついに暴かれる!?」と“?”付きで書かれているとおり、そんなに簡単に過去が暴けるはずもなし。(^^;)
暴かれた過去が仕込まれたウソだったのか、それもと事実でありながらウソと思わせる仕込みをしてあったのか。結局どちらとも分からない辺りが“魔王”たる所以なのでしょう。

さすがにもう続きはないのでしょうか。できればもっと読みたいな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

華泰茶荘の八宝パフェ

渋谷の道玄坂にある『華泰茶荘』。ここの茶館に行ってみたいと思いつつ、なかなか機会がありませんでした。渋谷ってあまり行かないからなぁ~。(^^;
しかし、今回は行く気満々!カメラも準備してバッチリさ!・・・と思ったら、カメラ忘れた。orz 肝心の写真がないではないか。(;´д`)トホホ…

注文したのは季節限定の“八宝パフェ”です。茶葉ゼリーにマンゴーアイスとライチシャーベット。ブラックタピオカ、蓮の実、無花果、そして白いキクラゲがたっぷり。シコシコ歯ごたえのキクラゲ~。甘いよ~。(笑)
アイスなどが乗っているのでパフェなんだけど、その下は台北で食べた具がたっぷりのゼリーのようです。ボリュームは日本仕様・・・といっても結構お腹一杯に。(^m^; 蓮の実も無花果も美味しかった。少し台北に行った気分になりました♪
次はランチかアフタヌーンティーセットもいいな。(o^-^o)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

ミエルレコード with OTOWA

渋谷で開催されている「ミエルレコード with OTOWA」という展示を見に行ってきました。Otowa_1 ※本日の写真は全てクリックで拡大します。なお、店内の写真撮影とblog掲載については、お店の方に許可をいただきました。

紙テープに開けた穴で曲を奏でるタイプのオルゴールなのですが、その紙テープにマンガを描いてしまおうという発想が斬新です。「漫画×紙巻きオルゴール」という副題が、それを表しています。

展示してあるオルゴールは、すべて試聴できます。曲優先でイラストやマンガを合わせたもの、マンガ優先で台詞や小物を穴にしてメロディーを奏でるもの等、様々でした。Otowa_2 全部欲しくなるくらい楽しかったのですが、けっこう良いお値段なので2つで我慢。(^^;) ふかさくえみさんの「蒼海ドロップス」と、オカヤイヅミさん(? 作品に作者名が書いてない!Σ(゚д゚;) )の「アルプス一万尺」です。あ、もちろんオルゴール本体も一緒に買いました。音階の線が引かれた紙テープと穴開けパンチも付いているので、自分でテープを作ることも出来ますよ。

Otowa_5「蒼海ドロップス」はマンガ優先で、イラストに合わせて穴が開けてあります。 それだけでなく、作家さんがちゃんと作曲して、しっかりメロディーになっているのがスゴイ! 穴の形も○だけでなく☆や◇など、イラストに合わせてあります。
お話もほんわか不思議系で、しかも効果音付き! つい何度も読んでしまいます。ヽ(´▽`)/

Otowa_3_2「アルプス一万尺」の方は曲優先で、歌に合わせてマンガが展開します。前半は無音部分の間を作ってストーリーを進めつつ、後半は曲のテンポが上がってノリノリに。マンガの流れに合わせてハンドルを回す速度を調整するのも楽しいです。

この楽しさは、実際にオルゴールを回してみないと伝わりません。今週末まで開催されていますので、お近くの方は是非お出かけください。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

「魔法使いのハーブティー」読了

表紙で釣られることが多いメディアワークス文庫さん。
作品紹介文も面白そうだったので読んでみました。

シングルマザーの母親が亡くなった後、親戚をたらい回しにされた主人公。夏休みの間だけ預けられた伯父さんの下で心休まる日常を過ごしつつ、人生の岐路に立つことで自分を見直すお話し。
「夏目友人帳」等々よくある話ですが、関わる人々を次々と癒していくストーリーは「ほんわか」という表現がピッタリ。
疲れたときにハーブティー代わりに読むと良さそうです。

Book_1

残念なのはイラストが少ないこと。表紙と目次前の挿し絵の2枚しかありませんよ。orz
ストーリーが良かったのでワンフェスの新作に推したいところですが、これじゃぁなぁ。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

シュレーディンガー生誕126周年

今日のGoogleさんは超カワイイ!Neko

シュレーディンガーの猫の誕生日...じゃなくて、シュレーディンガーさん生誕126年だそうです。

理系にめっぽう弱い私がこのお話を知ったのは2006年のこと。とあるアニメを通してでした。
早いもので、7年も経つんですね。
それにしてもシュレーディンガーの猫のイラストはいつも可愛いなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

ポワラーヌ昭盛堂

新しいパン屋さんの開拓~!
以前から北府中の晴見町商店街にあるパン屋さんが美味しいという評判を聞いていました。しかし、昔ながらの商店街らしく定休日が日曜・祝日ということで、なかなかタイミングが合わなくて行けず仕舞いでした。
昨日、やっと行けましたよ。Syouseido_1 パンの種類が多く、初めてなので何を買おうか悩んじゃいました。調理パンと子供向けの甘めのパンが多く、我が家の好みの硬めのパンは少な目でした。
で、買ったのがこちら。Syouseido_2 おむすび型のは米粉のパンに明太子入りで、海苔を巻いています。その下のはずんだ入り。トトロのはチョコクリーム、ペンギンのは酸味のあるフルーツクリームが入っています。左上に見切れているだけで写真を取り忘れましたが、甘くないパンも3つほど。
柔らかめの生地ですが、どのパンもとても美味しかったです。そして、この手のパン屋さんにしてはお値段が控えめなのも魅力!(^^;)
yukkayaも美味しいのですが、ちょっと種類が少なので続けて通うと飽きがきてしまいます。パンの種類が豊富なこちらのお店を開拓できたのは嬉しいです。

次は、テレビで紹介されたというチーズ入りのバゲットや、種類の豊富な調理パンなども試してみたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

WFの打ち上げ~♪

秋葉原でお友達ディーラーさんとワンフェスの打ち上げをしてきましたぁ。楽しかったよ~ん。ヽ(´▽`)/
Orenchi_1 ・・・と、その前に久しぶりのアキバを散策。しかし、あまりの暑さにもう行き倒れるかと思いました。orz 昨今の省エネ対応のためか、どこのお店に入ってもあまり涼しくない。夏休みだからかコミケ前日で上京者が多いからなのか、平日の昼間なのに混んでるし。orz orz 慣れない私はあえなく撃沈。待ち合わせ時間まで、お茶を飲みながら本を読んでました。何のために早めにアキバに行ったのやら。(^^;

Orenchi_2 さて、打ち上げの方は友人お薦めのオレンチにて、美味しい料理とワインで盛り上がりました。このタコとアボカドのマリネもいいけど、豚ローストをパクチーバターで食べたのも美味しかった。パクチー好きにはいいっすよ。(^Q^) ・・・というか、どれもワインが進みます。いやー幸せ♪

Orenchi_3 話も盛り上がりましたよ~。イベントの話もそうだけど、アニメとか普段普通の人と出来ない話が尽きることなく出来る幸せは、なんとも言い難いもので。いえ、相手や自分が“普通”ではないと言っている訳じゃなくて、“普通”だけど・・・“普通”出来ない話で・・・。まぁ、オタ話に花が咲きまくったということです。f(^^;
さぁ、しっかり充電もしました。次のワンフェスに向けて私も始動しましょう。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

音具ワークショップ

今のマンションに引っ越す前、八王子に住んでいた頃のことです。
お隣の多摩センターにあるパルテノン多摩で開催されていた「音具ワークショップ」という市民講座に参加していました。“音遊人”を名乗る多田広巳氏が講師となり、様々な材料から“音具(おんぐ)”と名付けられた楽器を作って楽しむ講座でした。
フォルクローレに興味を持った時にタイミング良くケーナを作る講座があったので参加してみたのをきっかけに、経費削減で講座がなくなるまで数年に渡ってお世話になりました。

その時に作った音具を集めてみましたよ。
※こちらの写真はクリックで拡大します。Ongu “ふらっと”と“ぶらっと”の二人分とはいえ、いっぱい作ったねぇ。(^^;)

Ongu_2

今回、思うところがあって多田さんの本を引っ張り出してきた訳ですが、せっかくなので「音具」カテゴリーを作って、一つずつ紹介していきたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

How to make G.K.(13)

「HowTo」カテゴリでキットを作る13回目、いよいよガレージキット最大の難関(?)「3.表面処理 (2)気泡埋め」です。

専門の業者が真空脱泡機を使って複製したものは別ですが、アマチュアが自然注型(いわゆる“手流し”)で複製したキットはどうしても気泡が入ってしまいます。m(_ _)m
これもガレージキットの醍醐味と諦めて、地道に埋めていただくしかありません。

で、気泡には大きく2種類あります。
型の中でキャストの巡りが悪くて抜けきらない空気が残ってしまったものと、キャストが湿気等で発泡してしまったものです。
前者は毛先や指先などの細い部分や、複雑に入り組んだ服のシワなどに0.5~2mmくらいの大きめの気泡が残ります。
後者はキャストが炭酸のように発泡した結果、型取りの際に上になっていた面に0.1~0.3mmくらいの細かい気泡が沢山できます。通常の気泡と区別するため「微細気泡」とか「エアインチョコ」と呼ばれます。こちらは細かくてサフを吹かないと見えないことが多いので、次回以降サフを吹いてから処理したいと思います。

というわけで、今回は前者の普通の気泡を埋めましょう。
こちらは比較的修正しやすいです。
主なやり方は2通り。パテで埋める方法と、パーツを切り出した際に捨てずに取っておいたゲートやランナーで埋める方法です。

気泡は球形をしていて、大概の場合は表面より奥が広くなっています。Howto_13_1  このままでは奥まで綺麗に埋められないので、まずは入口を広げます。Howto_13_2 面にある気泡はナイフで丸く抉ります。角にある気泡は切り込みを入れるようにナイフで切り出します。穴を広げた後は、埋め忘れないように再度印を付けておきます。Howto_13_3

パテを使う場合はポリパテ(モリモリ)で埋めます。隙間ができないように少し盛り上げるくらいが良いと思います。
隙間ができちゃったら再びパテを盛れば良いのですが、二度手間はイヤなものですからね。Howto_13_4 ランナーを使う場合は、広げた気泡の形に合わせてランナーを削り、瞬間接着剤で接着します。Howto_13_5 パーツの角の方がやりやすいですが、ランナーを丸く削っておけばパーツ面の丸い気泡も埋めることができます。

パテや接着剤が硬化したら、ナイフやヤスリで削って整えます。Howto_13_6削る時はゲートの時と同様に、パーツの曲面を意識してください。削りすぎたらパテを盛るところからやり直せば大丈夫です。
気泡の数が多いと大変ですが、気泡埋め自体はそれほど難しい作業ではないと思います。

長くなってきたので、前々回に「気泡埋めと一緒に」と先送りしておいたパーツの合わせ目の隙間の修正については、さらに次回へ先送りします。(^^;)
一回で作業を終わらせたい(終わらせられるくらい気泡が少ない)場合は、次回のHowTo記事を待ってから気泡処理をしてください。気泡埋めが一回じゃ終わらなそうな場合は、次回まで目に付く気泡を埋めながらお待ちください。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

ベストカープラス

ベストカープラスがスバル特集を組んだ2013年8月18日増刊号を購入しました。
7月18日の発売だったらしいですが、私が情報を知ったのが8月2日(情報源はこちらのblog)でした。
amazon、楽天、bk1などネット系では既に完売。週末もなんだかんだと買いに行けず。
昨日、立ち読みでボロボロになった本屋の店頭在庫をかろうじて確保してきました。

表紙はボロボロですが、内容は素晴らしいです。そして分量も多い!
新井選手による歴代名車(360、1300G、初代アルシオーネ、アルシオーネSVX)のインプレッション、三本氏が語るスバルを作ったキーマンたち、歴代スバル車の総選挙、等々。取材には“あの”社長も協力されているようです。
※本日の写真はクリックで拡大します。Bestcarplus_1 記事は「サンバーに人生を捧げた」という開発者の方や、航空宇宙カンパニーにまで及びます。その他、EyeSightの開発経緯が3ページでまとめてあったり、自転車や望遠鏡を含む変わり種スバルを並べてあったり、読み応え十分。
Bestcarplus_2 とても紹介しきれないので、目次を載せておきますね。

既に入手は困難となりつつありますが、本屋で見つけたら押さえておくことをお勧めします。多少ボロボロだったとしても。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

ワンフェス2013夏~ぶらっと見てある記~

今回は前日に5時間も寝られたので気力十分。普段よりじっくり見てきました。・・・とは言っても自卓を離れられる時間には限りがあるので駆け足にならざるを得ず、ネットでレポートを見ると見落としてるディーラーさんの多さに愕然としますが。
そんな中でも“ぶらっと”が注目したディーラーさんをご紹介。
本日の写真は全て拡大します。

Wf2013s_12 今回のイチオシはいきなりメカ系。8-23-06【三ツ枝製作所】さんのオリジナルメカ達。丸みの効いた人型ロボと、道具感たっぷりの二足歩行メカが独特の世界観を醸し出しています。
Wf2013s_13 「オリジナルですか?」と訊くと、「オリジナルの小説に挿し絵を付けて、それを立体化しました」とのこと。なんというマルチプレーヤー! 本当はキットが欲しかったのですが、せっかくなら小説を読んでから一番気に入ったメカを選ぼうと、今回は小説を購入。既刊4巻で構想では10巻くらいになりそうだとか。1巻のみ子供向けを意識して書いたので作風が違うとのことなので、とりあえず1・2巻を買ってみました。

Wf2013s_14 メカ+フィギュアでは8-17-06【Take Ten】さんの「風ちゃんのダウンヒル入門」が格好良い+カワイイで良かったです。幕張に移った直後くらいにアダルトエリアで見かけたディーラーさんですが、今回は一般エリアにいらっしゃいました。キャラのぷにっとした感じは健在で、デフォルメした自転車と綺麗に纏まっています。ディーラーの方とお話ししたのですが、やはりデフォルメして自転車に乗せるのは相当苦労したとのこと。そうですよね、“ふらっと”が作った自転車少女はペダルが真っ直ぐじゃなくなってましたから。(^^;)

さて、ここからはフィギュアをメインにしたディーラーさんです。
Wf2013s_15
6-21-02【THE HITMAN】さんは、うちと同じ「はいたい七葉」からニーナ、ラーナ、イーナの3人を作られていました。背景の沖縄民家から飛び出してきたようなキャラに躍動感があります。

Wf2013s_16_2 4-02-16【あくちんふぃらめんと】さんは「機動戦艦ナデシコ劇場版」より喪服のルリルリ。
今でも新作を作られる方がいらっしゃることにナデシコ人気の健在を確認できました。
そういえば新劇場版の噂が出ていましたが、どうなったんだろう...。

Wf2013s_17 5-04-14【造形工房 一葉亭】さんは、うちの「Sake from Japan」の作家さんの作品「ハクメイとミコチ」よりハクメイさん。
そのまま立体にするにはちょっと太めなキャラを絶妙なバランスでシェイプアップされています。

Wf2013s_18
8-26-01【K2b】さんの「キトゥン」は、地面に映った影がベースになっているという、シンプルながら格好良く纏まった作品でした。
手前に置かれた値札が邪魔で、撮影の方向が限定されてしまうのが残念でしたが。ちなみにうちの展示では、値札をフィギュアの奥に置くようにしています。これはこれで背景に写りこんで邪魔と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、手前に置いて撮影方向によってはフィギュアを隠すよりマシじゃないかと思っています。どっちが良いんでしょうねぇ?

ちょっとだけ企業エリアも見てきました。
Wf2013s_24
まずは3-12【ユニオン・クリエイティブ】さんの「水曜どうでしょう」フィギュア多数。今年の祭ではフィギュアがたくさん出そうです。
後ろに撮影禁止のどうでしょう班4人の胸像が写り込んじゃっていますので、一部モザイク掛けておきます。どのフィギュアも(モザイク分含めて)なかなか良さげです。
Wf2013s_25
 Wf2013s_26
藤やん座頭市と白雪姫は、もろにネタかぶり! 座頭市はともかく、白雪姫は負ける気がしない?

企業エリアで目立っていたのは壁の向こうから覗く巨人の頭!
Wf2013s_19
遠目にも気持ち悪さ全開で、「進撃の巨人」の人気の高さが窺えます。

そして、一般エリア側にはみ出した格好の海洋堂のプール。
Wf2013s_20
今回センムが大はしゃぎしていたヤツですね。
往年の海洋堂にあったという伝説のプールの再現というのもあるのでしょうが、昔を懐かしむようになったらお仕舞いですよ。海洋堂さんは前を見て突っ走ってこそだと思うのですが。

さて、一般ディーラーエリアに戻ってもう少し。
Wf2013s_21
6-21-01【あとりえカルロス】さんといえば、前回は版権手続きに不手際があったとかで、ブリアレオスをかぶってガンプラを作ってました。今回はしっかり版権モノが展示されていました。中でも「わたモテ」の“もこっち”が良かったなぁ。

Wf2013s_225-01-08 【team agyou】さんは「閃乱カグラ 」より美乃里の可愛らしいビネット。知り合いの金属加工業の方に作ってもらったというハムスターのチャーム付き。
動きと表情がとても好みでした。惜しむらくは私が「閃乱カグラ」を知らないこと。(^^;)

Wf2013s_23
最後は7-17-05【トウダイデモクラシー】さんの「フェノメノ」より美鶴木夜石。冬目キャラですよ! ぶっちゃけ「フェノノメ」も分からないのですが\(^o^)/、こういうマイナーなキャラが並ぶのこそワンフェスの醍醐味ですよね。

今回のレポートは以上。さぁ、次のワンフェスに向けてマイナー路線を探っていきますか。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

WF2013夏~ふらっと見てある記~

なるべく会場を見て回りたいと“宝の地図(事前チェックマップ)”片手に端から順に見ていったつもりでしたが、結局あっちこっち虫食いのようにしか見ていませんでした。orz まぁ、いつものことだよ。(ノ_-。)
ガルガン・コンペ見たさに企業ゾーンも行ったし、頑張ったよ!自分。(えー!) なんかあっちは別世界って気がしました。なんていうか、手作り感が無くて・・・。そりゃ~企業だもんね。(笑)
さて、今回の注目ディーラーさんです。本日の写真は全て拡大します。

【8-17-15 TKのハコニワ
Wf2013s_7 迫力の4体セット。躍動感が半端ないです。お友達に3D出力もお願いしたとか。手作業と機械出力の長所を上手く合わせられています。さ・す・が!の一言に尽きます。(^-^)

【5-21-15 兎は亀】
Wf2013s_8 うちの新作と同じ“人類は衰退しました”から‘わたしと妖精さん’です。妖精さんも可愛いですが、わたしちゃんがすっごく良いのですよ。このイラスト覚えています。私もこれを作ろうかと思ったことがありました。止めといてよかった~。あはは。(;´▽`A``

【7-08-04 オーバードライヴ,5-22-07 リサセッズ
Wf2013s_9 豊月様に扮した夏目くん。なびく頭飾りや着物がとてもステキです。展示のみだったのが残念です。orz
となりがバイオリンを弾く女の子。(^^; すみません、元ネタが分かりません。でも、派手な動きや装飾はなくても、雰囲気が良くて好きです。こういうのを造形力というのでしょうか。((w´ω`w))

【6-27-09 うねり階段,5-25-08 one】
Wf2013s_10 ‘Q’の胸像です。カッコイイ。自分も作ってみたい。そう思う作品でした。いや~ホント、カッコイイ。
もうひとつが“サイコパス”の‘槙島聖護’です。凄く似ていると思う。もし私がアニメにはまっていたら買っていたと思う。しかし、アニメが・・・。orz

【6-14-12 G-E+,6-26-01 Elemusik
Wf2013s_11 ラストはオリジナル2点。左の‘すずらん’の柔らかい造型と何気ないポーズが気に入りました。半透明の衣装もいいですよね。憧れます。
もう一つは原型展示でした。今後販売されるのかもしれません。元ネタのイラストと一緒に展示されていました。人形の手足に人魚のしっぽ・・・不思議な造型で惹かれました。

レポもまとめて、これで本当に私の夏が終わった・・・。さー次に向けて始動しよう!まだ次回作を決めてないけど。(笑) 多分、ギリギリまでウダウダ言っていると思います。いつものように・・・。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

カミキリムシ発見

「お昼を食べにちょっと外出」と自転車で出かけた道すがら、カミキリムシを発見しました。メガネかけて無くても、動く物には敏感です。
Kamikiri_1 ピントがぁぁぁ。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 でも、一応カミキリムシと分かる・・・よね。(^^; カミキリムシって種類が多いらしいですが、私が子供の頃から見ているのはこれだと思います。黒くて白の斑模様。
そう、子供の頃、夏に窓を開けていると網戸でゴンって音がして、見るとカミキリムシがくっついてるということが多々ありました。兄と捕まえて、無理矢理紙を切らせてました。r(^ω^*))) 紙が切れるからカミキリムシなんだよ・・・ねぇ?

Kamikiri_2 さて、自転車も通るような道にいたのでは潰されてしまうので、近くの草むらに連れて行きました。元気でなー!子供に掴まるなよぉー。無理矢理紙切らされるぞー!(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

洗車と芝刈り

先週、幕張の駐車場で朝から晩まで潮風にさらされたので洗車してきました。Bf20130802_1 本当はもっと早く洗いたかったのですが、休暇はワンフェス前に使っちゃうので仕方なく。(^^;)

前に洗車したのはいつだったかと振り返ると...昨年のスバミ前!?Σ( ̄ロ ̄lll) ってことは約8カ月ぶりかぁ。例年なら春には洗車するのですが、今年は忙しかったからなぁ。Bf20130802_2 まぁ、屋根付き駐車場のおかげで雨に濡れないので、埃はかぶってもワックスの効きは残っていたようで。次の洗車は冬前かな。

そして、こちらも放置状態だった庭の手入れもしました。
芝は伸び放題、雑草は茂り放題。午後から初めて日没コールドで終了としました。

ワンフェス準備でやりたくても出来なかったことがたくさん溜まっているので、一つずつこなしていかないと。
とは言え今日はもうクタクタです。さて、明日は何をしましょうか。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

fgのランキングで3位に!

昨日fgに掲載した「妖精さんのお茶会」が、デイリーランキングで3位になりました!
始めてトップページのランキング表示に画像を載せてもらえました。(^-^)vFg_3 ※画像はクリックで拡大します。

ワンフェス前の怒濤の新作ラッシュをはずしているとはいえ、それはそれで嬉しいことです。まぁ、どうせすぐ落ちるでしょうけど。(^^;)

1年ほど前、fgがリニューアルに失敗した後の考察として、fgとtinamiの閲覧度合いを比較したことがありました。
今回は詳細な閲覧数を控えていなかったので感覚的な物になりますが、fgとtinamiの違いで何となく感じたことがあります。
・tinamiはWF Mapやワンフェスタグによる新着作品表示など、ユーザーの取り込みが上手
・fgは日常的に安定してモデラーの閲覧がある
ということです。

ワンフェス直前にfgとtinamiに登録したイーナは、閲覧数の初動はtinamiの方が3倍くらい上でした。特設ページによる支援の賜物でしょう。
しかし、ワンフェス後に登録した妖精さんは、fgの閲覧の方が2倍以上となっています。そして、イーナのワンフェス後の閲覧数の伸びもfgの方が多いのです。っていうか、tinamiはほとんど増えてない...orz

tinamiは、コミケ前で本命のイラストに閲覧の中心が移っているというのもあるのでしょう。が、やはり造型のメインはfgなんだろうと改めて感じました。
もちろん、tinamiしか見ていないユーザーさんもいらっしゃるでしょうから、両方に載せるようにはしますけどね。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

イベントでの出来事

“面白いこと&嬉しいこと”を小出しで引き延ばしてるようでなんですが、ここでドドーンと出しましょう。もういろいろ詰まってますので。(なにが?笑)

Wf2013s_4

まず最初は、“Sake from Japan”の元絵を描かれた漫画家、樫木祐人さんの来訪です。(≧∇≦)
自己紹介をしてくださったというのに、あまりにビックリして理解できませんでした。いや~もう再販も2回目だったので、見に来ていただけるとは思ってませんで。失礼しました。f(^^; あの時はとにかく焦ってしまって、サインをもらうのを忘れてしまった。orz
提出した完成品は樫木さんの元に飾られていると言うことでした。サンプル提出は大切な義務ですが、最終的にどうなったかはやっぱり気になります。それが作者の方に渡るのが、本当に一番嬉しいことです。作って良かったなぁと改めて思いました。

さて、その後イーナを買ってくださった方が、実は“はいたい七葉”のアニメ制作関係者さんとのこと。名刺もいただき、いろいろお話しさせていただきました。
なんとマブヤーも作っているとか。沖縄は特撮もアニメもレベル高いですよ~。(o^-^o)

そしてラストは・・・。
Wf2013s_5 時々あるのですが、商業原型依頼というやつです。受けられますか?的な話をされていきます。(だからって本当に来たことはないんですよ。orz)
そして今回も可愛いですね~と褒めていただきました。日本で一番有名なネコのグッズを売ってる会社です。そこで世界で一番有名なネズミのフィギュアも作っているそうで。(笑)
Wf2013s_6_2 「いや~可愛いなぁと思って。特にこのアヒルが。」
・・・Σ( ̄ロ ̄lll) えぇっアヒルですかぁ~。(笑)
アヒルのご用がございましたら、是非当方にご一報ください。(^^; 

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »